第3回LODチャレンジデー in 東海 海外におけるオープンデータの最新動向

679 views

Published on

2013-08-24に行われた 第3回LODチャレンジデー in 東海での資料.

Published in: Technology
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
679
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

第3回LODチャレンジデー in 東海 海外におけるオープンデータの最新動向

  1. 1. 海外における オープンデータの最新動向 ROIS&LODI 加藤文彦 2013-08-24 第3回LODチャレンジデー in 東海 1
  2. 2. Open Data 2
  3. 3. データやコンテンツがオープンであるというの は,クレジット表示と/またはライセンスの継承を するくらいの条件で,誰もが自由に利用,再利 用,再配布できるということである. The  Open  Defini+on  -­‐  h.p://opendefini+on.org 3
  4. 4. http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2013/05/09/executive-order-making-open-and-machine-readable-new-default-government- 4
  5. 5. http://project-open-data.github.io/ 5
  6. 6. https://www.gov.uk/government/publications/open-data-charter/g8-open-data-charter-and-technical-annex 6
  7. 7. Principle 1: Open Data by Default •注: 以後の訳は適当なので原文要参照 • https://www.gov.uk/government/publications/open-data- charter/g8-open-data-charter-and-technical-annex •全ての政府データはオープンに公開さ れることが原則であり,非公開には法 的理由を必要とする 7
  8. 8. Principle 2: Quality and Quantity • タイムリーで広範囲かつ正確な高品質なオープンデータをリリ ース.可能な限りオリジナルで無変更の最も良い粒度で. • 誰もが理解可能な平易ではっきりとした言葉で書かれるべ き.翻訳が容易に. • 消費者がデータの強み,弱み,解析時の制限,セキュリティ 要件,データ処理方法等を理解できるように,データについ て良く説明する • 可能な限り早くデータを公開して,ユーザのフィードバック をもらい,継続的な改善をしてクオリティを保てるようにす る. 8
  9. 9. Principle 3: Usable by All • データを可能な限りオープンな形式で公開する. 広範囲な目的のために広範囲のユーザに向けて公 開する. • 可能な限り多くのデータを公開する.現在自由な アクセスができないものに対しては自由なアクセ スを許すことを推奨する.複数の形式でデータを 公開するようにすると,コンピュータによって処 理したり人々が理解したりできるようになる. 9
  10. 10. Principle 4: Releasing Data for Improved Governance • 技術的な専門知識や経験をG8各国,そ して他の国にも共有する.そうすること で世界中であらゆる人々がオープンデー タの恩恵を得られる. • データ収集,標準,公開プロセス,その 他のあらゆるプロセスをオンラインで文 書化して,透明性を保つ. 10
  11. 11. Principle 5: Releasing Data for Innovation • オープンデータのリテラシーを向上し,オ ープンデータの価値を開くようにオープン データ推進分野で動いている市民社会組織 やアプリケーション開発者を促進する. • 機械可読な形式でデータを提供することで 未来の世代のデータイノベーターに力を与 える. 11
  12. 12. 12
  13. 13. 13
  14. 14. 14
  15. 15. http://datameti.go.jp 15
  16. 16. by DPADM/UMU, OGDCE Toolkit 16
  17. 17. 17
  18. 18. 18
  19. 19. 19
  20. 20. 20
  21. 21. Forget Big Data, Small Data is the Real Revolution Rufus  Pollock,  Founder  and  co-­‐Director  of  the  Open  Knowledge  Founda<on h=p://blog.okfn.org/2013/04/22/forget-­‐big-­‐data-­‐small-­‐data-­‐is-­‐the-­‐real-­‐revolu<on/ 21
  22. 22. http://5stardata.info/ja/ 22
  23. 23. https://certificates.theodi.org/ 23
  24. 24. https://certificates.theodi.org/datasets/42/certificates/31 24
  25. 25. https://certificates.theodi.org/about 25
  26. 26. Civic Hacking 26
  27. 27. http://codeforamerica.org/ 27
  28. 28. http://codeforamerica.org/projects/ 28
  29. 29. http://codeforeurope.net/ 29
  30. 30. http://code4japan.org/ 30
  31. 31. https://data.cityofchicago.org/ 31
  32. 32. http://digital.cityofchicago.org/index.php/open-data-applications/ 32
  33. 33. https://github.com/chicago 33
  34. 34. http://hackforchange.org/ 34
  35. 35. http://opendataday.org/ 35
  36. 36. https://opendataday.crowdmap.com/main 36
  37. 37. http://odhd13.okfn.jp/ 37
  38. 38. 38
  39. 39. まとめ •世界中でオープンデータは規定路線 •日本もG8でサインした以上進む予定 •いかに市民や企業と協働していけるか が一つの •今日のようなイベントを地道にやって いくことが大切 39
  40. 40. Twitter: @fumi1 Email: fumi@fumi.me 40

×