Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
体験!マシュマロ・チャレンジでチームビルディング~振り返り結果~2012年02月13日(月)特別回 POStudy@fullvirtue1Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights res...
POStudyのご紹介(1/3)POStudy(プロダクトオーナーシップ勉強会)とは(1/1) 日本のITサービス業界において「プロダクトマネジメント」という分野が欠落していると言われています。そんな中で、いかに「プロダクトオーナーシップ」を...
POStudyのご紹介(2/3)POStudyの情報を得るには(1/1)3Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.Question Answer / URLイベント情...
POStudyのご紹介(3/3)過去に実施してきたテーマ(1/1)4Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第1回 2011/09/16(金) ...
体験!マシュマロ・チャレンジでチームビルディング振り返り結果ご紹介各テーブルそれぞれの振り返り結果を紹介します5
各チーム振り返り結果ご紹介(1/5)Aチーム(1/2) Keep– とっても楽しかった(成功と失敗をしたけど)– 設計通りには立たなかったが、設計よりも立つことを優先したお陰で1回目は絶妙なバランスで成功できた– なごやかに進んだ– 最低ライ...
各チーム振り返り結果ご紹介(2/5)Aチーム(2/2) Try– △をいっぱい作る– とことん作ってみる– 再演する– 次回こそはもう少しチームの人と意見を出し合い、3~4分毎に改善する話をしたい– もう少し作り方について合意する– 会社でや...
各チーム振り返り結果ご紹介(3/5)Bチーム(1/1) Keep– しゃべるとムードが良くなる– 無理と思った3F建てにチャレンジして成功した チャレンジすべし– 3回目でもやると気づきがある– 三本の矢理論 Problem– プロトタイプ...
各チーム振り返り結果ご紹介(4/5)Cチーム(1/1) Keep– 1回目は0cmで残念だったけど、2回目は見事なマシュマロタワーできました– 2回とも成功した。話が上手くまとまった– 成功体験を活かしたものづくり– 何度も試す気持ち– 下か...
各チーム振り返り結果ご紹介(5/5)Dチーム(1/1) Keep– 言い争いなくなごやかにやれた– 役割分担して時間を意識して作業することの大切さを知った– 楽しく学べた!– マシュマロおいしかった! Problem– もう少し土台をしっか...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

『体験!マシュマロ・チャレンジでチームビルディング』振り返り結果 特別回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜

3,658 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

『体験!マシュマロ・チャレンジでチームビルディング』振り返り結果 特別回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜

  1. 1. 体験!マシュマロ・チャレンジでチームビルディング~振り返り結果~2012年02月13日(月)特別回 POStudy@fullvirtue1Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  2. 2. POStudyのご紹介(1/3)POStudy(プロダクトオーナーシップ勉強会)とは(1/1) 日本のITサービス業界において「プロダクトマネジメント」という分野が欠落していると言われています。そんな中で、いかに「プロダクトオーナーシップ」を発揮していくかについて、普段の生活や仕事を通して自己成長を重ねていく為のヒントを提供していきます。– 【オフライン】» 東京・沖縄を中心にワークショップ形式の勉強会を通じて「参加者同士で議論」を行い「情報交換」をすることで互いに有益な場を作っていきます。– 【オンライン】» ワークショップを中心とした動画・静止画コンテンツを配信していきます。2Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  3. 3. POStudyのご紹介(2/3)POStudyの情報を得るには(1/1)3Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.Question Answer / URLイベント情報のメール通知を受け取りたいときは?POStudy用のDoorKeeperへメンバー登録してください!次回以降の告知やお知らせがメールで届きます。http://postudy.doorkeeper.jp/過去の資料を閲覧したり、参加レポートを参照したいときは?以下のPOStudy公式サイトにて過去の資料や今後の予定等を公開しています。https://sites.google.com/site/spostudy/ツイートする時のハッシュタグは?以下のハッシュタグをお使いください!#postudyPOStudyの最新情報が欲しい、or 参加者と議論をしたいときは?POStudyのFacebookグループへご参加ください!https://www.facebook.com/groups/postudy/Twitterによるお知らせを購読したいときは?POStudyのTwitterアカウントをフォローしてください!https://twitter.com/POStudySmile/
  4. 4. POStudyのご紹介(3/3)過去に実施してきたテーマ(1/1)4Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第1回 2011/09/16(金) アジャイルとスクラム 9名第2回 2011/09/30(金) ユーザーストーリーマッピング ~前編~ 18名第3回 2011/10/14(金) ユーザーストーリーマッピング ~後編~ 19名第4回 2011/10/28(金) ユーザーストーリーマッピング ~再演~ 31名第5回 2011/11/11(金) プラグマティック・ペルソナ 26名第6回 2011/11/25(金) プラグマティック・ペルソナ ~再演~ 22名第7回 2012/01/27(金) ストーリーテリング ~概要~ 16名第8回 2012/02/10(金) 体験!The Specification Exerciseで仕様伝達 18名特別回 2012/02/13(月) 体験!マシュマロ・チャレンジでチームビルディング -第9回 2012/02/24(金) ストーリーテリング ~ストーリーを生み出す~ -
  5. 5. 体験!マシュマロ・チャレンジでチームビルディング振り返り結果ご紹介各テーブルそれぞれの振り返り結果を紹介します5
  6. 6. 各チーム振り返り結果ご紹介(1/5)Aチーム(1/2) Keep– とっても楽しかった(成功と失敗をしたけど)– 設計通りには立たなかったが、設計よりも立つことを優先したお陰で1回目は絶妙なバランスで成功できた– なごやかに進んだ– 最低ラインを確保出来る策を作っておく– おもしろかった– チームの方向性はまとまっていた– 試してみることが有効であった Problem– やっぱり自分の頭が硬かったなぁ– 2回目は設計を優先してしまって、高さを低くする変更に切り替えるのが遅すぎて時間足りず、失敗に終わった– テープの粘着力が悪すぎる(泣)– テープに頼ると弱すぎる– 絵心がない– 結局ビッグバン– ビッグバンテストが失敗– 力加減が難しくて壊してしまった– パスタが折れる– 思ったより材質が弱く、折れたりつかなかったりした– 2~3人でやるとバラつきが出る?– プロトタイプでもやり直せなかった– リリース判断が難しかった 6
  7. 7. 各チーム振り返り結果ご紹介(2/5)Aチーム(2/2) Try– △をいっぱい作る– とことん作ってみる– 再演する– 次回こそはもう少しチームの人と意見を出し合い、3~4分毎に改善する話をしたい– もう少し作り方について合意する– 会社でやってみようと思う– 材質を把握してから始める– 細かい作業が得意な人が組み立てメインでやった方がよい?(チームでそこを見極める)– きっちり分担して作業すべきだった(なんとなくなぁなぁで作業を進めてしまった)7
  8. 8. 各チーム振り返り結果ご紹介(3/5)Bチーム(1/1) Keep– しゃべるとムードが良くなる– 無理と思った3F建てにチャレンジして成功した チャレンジすべし– 3回目でもやると気づきがある– 三本の矢理論 Problem– プロトタイプ⇔リファインする/しないの判断が難しい 時間切れ、リスクなど– 各アイテムの使い方に思い込みを持ってしまっていた– 強力な粘着テープがあれば・・・– パスタが憎くなった 当分食べたくない– 2回目であっても材料の違いを考慮せず苦戦した– 自由な発想がなかなか出にくい– チームメンバーとの設計・意識に差がある状態に気づくのが遅かった Try– 職種・役職問わずやってもらいたい– 新人研修でやってみまーす– 堅実な方法を取ってしまったが、もっと柔軟なタワーもやってみたい– グループでゴールを統一することで、プロセスの質が良くなる– 息子にやらせてみます– 年の差あるチームでチャレンジ– 4階建ての塔8
  9. 9. 各チーム振り返り結果ご紹介(4/5)Cチーム(1/1) Keep– 1回目は0cmで残念だったけど、2回目は見事なマシュマロタワーできました– 2回とも成功した。話が上手くまとまった– 成功体験を活かしたものづくり– 何度も試す気持ち– 下から上にかけて量を徐々に減らしていく problem– 早く終わりすぎた?– 挑戦せずに手堅くやった– 考えがまとまらないうちに作るとダメ– 失敗を恐れない– いろんな形態を試さなかった Try– あともう1パスタ– もっと無茶な組み方もやりたい– 成功の積み重ね– チームを信じる– クリエイティブな形を試す9
  10. 10. 各チーム振り返り結果ご紹介(5/5)Dチーム(1/1) Keep– 言い争いなくなごやかにやれた– 役割分担して時間を意識して作業することの大切さを知った– 楽しく学べた!– マシュマロおいしかった! Problem– もう少し土台をしっかり作ればよかった– 2回目が0cmだった Try– 達成へのプロセスを明確にする– 時間配分を考える– できあがりの全体像を全員がイメージする必要がある– 土台作りにもっと力とアイディアが必要– 今度は確実に!10

×