Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

POStudy Day 2013 Spring in Tokyo - ストーリーテリング 〜ストーリーを作る〜

490 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

POStudy Day 2013 Spring in Tokyo - ストーリーテリング 〜ストーリーを作る〜

  1. 1. POStudy Day 2013 Spring in Tokyo 振り返り結果 ストーリーテリング ~ストーリーを作る~ 2013年04月07日(日)POStudy @fullvirtue Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. POStudy Day in Tokyo Spring
  2. 2. 振り返り結果ご紹介 気づき – ストーリーがループしていくという考え方がわかって よかった – 書く内容に自信が持てなかった どうすればよかったのか – 短い時間でもけっこう書ける – 現実的な話ができて、創造力がとても刺激された – 英雄的構造はストーリーの世界観の粒度が自由で、 拡張性・応用性が高そう – 気持ちも書けるのが特徴 – 貼って整理したものを口頭で伝えるのは難しい – 正解を考えずに突き進むことも大事 – 各項目の名称にこだわりすぎない方が良い – サービス作りや改善を行うときは、単位の効果だけで はなく、一連の流れを考えておかないと右往左往する – 日常からかけはなれたストーリーの方が広がりやすい – 選んだテーマはあくまでもきっかけで、そこから どういうストーリーを作るかは自由だと気づいた – 何気ないことでも構造化すると興味深くなる – アイディアやストーリーの軸を作るまでは時間が かかった →出来てしまえばすぐに楽にできる – 主人公ほか関係者の動きを入れたら話の深さが出 た – 絵が分かりやすく、楽しくなる – 波はどこも立つ。立てねばならぬ時がある。 そこは悩むが自分を追い詰めても無駄。 明るく聞こう – ここおかしいよね、とかを自然に言えるのは必要 – 一つの視点ではなく、複数の視点で書いている グループをみて、そういうのもありか!と目から 鱗でした – 文字だけよりも図解の方が理解しやすい – リーダー的存在不足は深刻だ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 2
  3. 3. 振り返り結果ご紹介 感想 – 気づきがいっぱいありました – 文字になることで次の何かになれるみたいな気づき – どう収束すればよかったんだろう? – モノやサービスを見る新しい視点を得られた – ふわっとしすぎなワークショップ – どのマスに何が入るかが意外と難しい – ハーダブルコード? – テーマはわかりやすくシンプルな方が、 ワークショップセッションはやりやすいね – 「きっかけ」「はじまり」「試練」の区別がつきにく かった – 大枠のストーリーに使える? – 解釈の幅が広いので目的を明確にしないと使いづらい – 発表は楽しい – エンジニア以外の人が見たらどうだったんだろう? – 構造と前提<テーマ>には相性がある – やり方、使う方法がよくわからないまま進めてみ た 失敗してもいいつもりでやってみたので、 チームビルディングは甘かった – ポジティブ、ネガティブの場合分けの使い方が 参考になった – 人のアイディアを聞くのは面白い – 発表を見ていたら、構造をハックしようとしてい るチームがいて、参考になった – 自分の業務とかけ離れたワークは、最初まごつく – 手法の一つとして、型にはめてかんがえるという 事が勉強になった – 日常世界に戻った後、どうしたらよいのか – どんなササイなことでもテーマを作ればそれっぽ くなるのでは – いろいろなテーマで話せるツールだと思った – 説明むずかしい – やってみないとわからない Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 3
  4. 4. 振り返り結果ご紹介 Keep – 現実的でリアルな話だったので意見出しやすかった (自分事だった) – 現場でのポジショニングが違う人同士でも 活発にディスカッションできた – 読者、目的、主人公を意識する – 分類はそれぞれ – 具体的なエピソード大事 4
  5. 5. 振り返り結果ご紹介 Problem – 絵が欲しかった – 6つのくくりにとらわれて、上と下の視点分けを 忘れてた – 6つのエリアそれぞれに何を書いて良いかわからなかっ た – 説明を受けても、6つのエリアに書くことが一度でしっ くる形で理解出来なかった – 付箋に書き出した後の整理をする時間を持てなかった – 上下を分ける真ん中の線を太くすればよかった – 完璧を目指すより、まず終わらせるべきだった – 初め何をすればよいか理解出来ず、スタートが遅れた – 発散だけで意見の収束を実施できなかった →最後にチーム内で本のストーリーにまとめて 意識合わせる時間があると良い – 発散できたけど、収束できなかった気がする – 書く時にポストイットの色分けをする余裕はなかった – ブレストだけで時間が終わってしまった まとめるフェーズが大事そうだ – どの項目に何を書くのか?で迷うところがある – 意見が余り出せず、メンバーに申し訳なかった – ワークの目的を理解できていなかった – 悩んで時間をつぶしてしまった – ストーリーの組み立てが難しかった – 日常生活と非日常生活を区別せずに書いて いたので失敗した テーマが難しかった – ストーリーを考えるのは難しい – 単語にとらわれすぎてイメージが難しい – 抽象的なことを具体的に考えるのが難しかった – ストーリーに沿って進めたときにどんなことが 起きるかを複数考えず、広がらなかった – 効果的な使いどころがイメージしにくかった – 先にオチを用意出来ればよかったと後悔 5
  6. 6. 振り返り結果ご紹介 Try – 2~3回まわしたいね 人を引きつけるストーリーになるまで – 「アプリ開発」をやる想定です、など制限があった方 がやりやすいかも – 1チームの発表毎に関さんからのフィードバックなどが あると学びがより深まるかもです – サービスから考えてストーリーにするのも面白そう – 英雄的構造についてもう少し理解を深めたい – 英雄的構造をどう使うのか?使えるのか?という 事を考えたい – 製品開発以外の業務改善、生活習慣改善に使える 6

×