Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

POStudy Day 2013 Spring in Okinawa - 振り返り結果 - 体験!fearless journeyでパターンによる改善

564 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

POStudy Day 2013 Spring in Okinawa - 振り返り結果 - 体験!fearless journeyでパターンによる改善

  1. 1. POStudy Day 2013 Spring in Tokyo 振り返り結果 体験!Fearless Journeyで パターンによる改善 2013年06月29日(土)POStudy @fullvirtue Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. POStudy Day in Okinawa Spring
  2. 2. 振り返り結果ご紹介 気づき – 解決カードの解釈の幅 – 解決方法の組み合わせができる – カードがあることによって、解決方法が可視化される – 解決方法の合意が高まる – 解決策のキーワードについても自分の解釈と違う 見方が学べる – 会社のリアルな課題でやってみたい – 課題の解決方法はたくさんある – もっとも難しい課題が明確になる – 自分と違う見方や解釈からまた新たな考えが浮かぶ – 限られた5枚の戦略カードの中から多少こじつけてでも 解決策を選ぶのは、よい頭の体操になった – 一つの問題にも様々な切り口があることを発見できる – メンバー内で言葉の定義が一致していた – 共有・発散・構造化・決定のプロセスが短時間で 楽しめる – アイディアの融合、グループの合意形成が スムーズに体験できる – 課題と解決が大量に出てくるのでブラッシュ アップできる – 自分が持っていないアイディアが最初からある – 似た課題でも解決パターンが複数ある – パスの出目で絶対にゴールできないパターンも あり得る – 同じ問題に別々の角度から解決策を探せる – 障害物が具体的だとカードを選びやすい – なるべく具体的に書く – 解決策を決定するときの取捨選択が難しい – みんな本当に納得しているのか – 障害の洗い出し方で精度が決まる気がする – 自分の書いた障害を改めてみると、同じことを いい回ししているだけだった...orz Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 2
  3. 3. 振り返り結果ご紹介 気づき – 戦略カードには汎用的に使えるものと使えないものが あった – 1枚のカードでは解決できなさそうだったけど、 違うカードと組み合わせると解決できるようになった – 慣用句の表現が何を意図するか明確にする – 問題の全体ではなく、個々の障害にフォーカスして 考える – 2つのカードを組み合わせることで、解決策が具体的に なる 外部に相談→電子フォーラム – 最初にやりながらの説明をしてもらったので わかりやすい – カードを選択するとき、なんか違うよなーって思って いても、なぜ違うか説明できず、採用の合意になって しまう – 引いた道順カードがどんどんゴールから離れていく 不安があった – 開始と成功の間にマス目の紙かシートがあるといい – 予想していなかった問題に驚かされた – 2回ゴールできてよかった – 今までパターンとして考えていなかったことが カードでわかった – パターンにすると解決が早いことがわかった – 解決策の組み合わせが有効だった – ちょうちょの意味が不明w – 裏面から見えて、次障害が有/無がわかると おもしろくない – 障害物の量は2/3くらいがいいのでは? – 連続で障害物が白紙なのはおもしろくない – シャッフル大事 – 解決策をどのように使うか考えるのが楽しい Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 3

×