Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

POStudy Conference 2012 - プラグマティック・ペルソナ

1,255 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

POStudy Conference 2012 - プラグマティック・ペルソナ

  1. 1. POStudy Day 2013 Spring in Tokyoプラグマティック・ペルソナ2012年11月04日(日)POStudy@fullvirtueCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.POStudyConference
  2. 2. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.今日のアジェンダ(1/1)第5回各チーム振り返り結果ご紹介第6回各チーム振り返り結果ご紹介ワークショップ #1ワークショップ #2プラグマティック・ペルソナ 解説ワークショップ #3ワークショップ #4ワークショップ #5ワークショップ #6振り返り&ディスカッション2
  3. 3. おことわり(1/1)今回の資料について 今回の資料は、以下の資料を参考にしています。私自身のオリジナルはほとんどありませんので、ご了承ください。 ワークショップの内容は、Jeff Pattonさんが作成した資料および @kawaguti さんが翻訳した資料に加えて、構成について @kawaguti さんの協力を頂きました。3
  4. 4. 第5回各チーム振り返り結果ご紹介前回の振り返り結果をご紹介します4
  5. 5. 第5回各チーム振り返り結果ご紹介(1/6)Aチーム(1/1) Keep– 全テーブルの内容を共有できた– 隠れたニーズに気づいた– 最初に絵を描くことが良かった– ペルソナの属性をマインドマップで洗い出してた Problem– 1回でペルソナを完成しなかった– 具体的な業務へのヒントが欲しかった– 絵心がないよ– 笑笑はどうかと思う Try– プラグマティックペルソナを完成させたい– 失敗事例を知りたい– 絵ではなく、写真素材を使うのはどうか5
  6. 6. 第5回各チーム振り返り結果ご紹介(2/6)Bチーム(1/1) Keep– 進行がしっかりしている– あっという間の90分– プラグマティック・ペルソナの定義は何となくわかった– 経験者と初心者を交ぜるのは続けましょう– なごやかムード– いろいろな意図で参加している人がいることがわかった– 参加意図が違っても、同じ方向で話し合うことが出来る– 参加者の情報共有– ワークショップ結果を見て回れてよかった– おもしろかった Problem– ワークショップの意図がわからない→まだ途上だからだと期待します– 同僚に「何をやったか」伝えにくい– 頭の整理が出来ていない– 配付資料を読む時間が欲しい– 資料は来たときに配ってくれてもよかったかも(読む時間が取れるので)– タイプではなく職業でリストされてた→投票できない Try– どういった意見(ペルソナタイプ)が多かったかは、集計しておいて欲しい– 次も参加して結末知りたい、必ず参加– 遅刻しないようにしましょう– 違うネタでもう1度やってみたい– 川口さん、次回は来てください 6
  7. 7. 第5回各チーム振り返り結果ご紹介(3/6)Cチーム(1/1) Keep– イラストを描くのが面白かった→視点の違いがわかった→Openになった(気持ちが開いた)→下手でも気にならなかった– 時間配分が良かった– おやつごちそうさま– 出だしのマラソンネタよかった problem– 説明の時間が不足していた→★を描くのか正を描くのか– 正ではなく++++の方が逆でも書ける– アウトプットがイメージと違った– 今回のワークショップが、どうペルソナに繋がるのかわからない Try– ++++を使おう– 前編・後編(中編?)とかがはじめにわかると良い7
  8. 8. 第5回各チーム振り返り結果ご紹介(4/6)Dチーム(1/1) Keep– 絵で自己紹介– 大阪のホテルの話が面白かった(リラックス)– 他の人の考えが見れた– 時間は良かった Problem– 開始が遅れた 緊張した– 続きが気になる 絵はハードルが上がる– ネタ大会になってる– 票の多いアイディアが何の意味を持つかわからない– 資料をじっくり読む時間が欲しかった– 課題がわかりにくい– 自分が行った結果が良かったのか分からない Try– その回の中で個人にフィードバックを返す– Blog書くまでが勉強会です– 次回も参加– プラグマティック・ペルソナをした後どんな工程があるのか説明する– 絵の上手い・下手がわかりにくくなるように、クレヨンで絵を描く→気持ち的に絵を描きやすくなる– 早く来れるようにする8
  9. 9. 第5回各チーム振り返り結果ご紹介(5/6)Eチーム(1/2) Keep– 参加者枠多くて助かった– 初めてだったけど会ったことある人がけっこういた– 柔軟な遅刻対応– 歩き回るとリフレッシュできる– 道に迷ったけどちゃんと着いた– 会場の広さがちょうどいい– 他のチームの人が洗い出したものを見れるというのは新たな発見があっていいです!– おかし まんじゅううまい– 懇親会安いらしい– みんなの発想が面白い– 川口さん 川口さんキター! Skypeで参加– 絵を描くのは楽しい ヘタだけど– プラグマティック の意味がわかった problem– 欠席者多い キャンセル率高い 雨– お腹空いた なんかモヤモヤ– まだよくわからない– 正直プラグマティックの有り無しがわからない– 傘をどこに置いたらいいか分からない– お水欲しかったなー– 余興の大阪マラソンの報告があまりなかった(短かった)– 関さんの説明が一度聞いただけでは理解できなかった、ごめんなさい– 絵描けなかった、ごめんなさい– つぶやいてる人少ない– WSのアウトラインが分かりづらかった– WSの目的があまり理解できなかった– 絵が下手、絵が怖い 字が汚い9
  10. 10. 第5回各チーム振り返り結果ご紹介(6/6)Eチーム(2/2) Try– 食べてから来ましょうね→7分目ぐらいで– 川口さんの紙見て復習しよう– 川口さん次来てね– 天気 体調 仕事– プラグマティック・ペルソナを復習しよう– お水準備– WSのアウトラインを初めに説明してください– 関さんにもう少し楽になって貰えるように何かしたい– 絵を描こう!– 練習しよう!– 今日の内容を復習するFチーム(1/1) Keep– はじめまして 山田さん– 企画→ペルソナ→ユーザーストーリー→流れがわかった– 比較的ゆったりできた(相対的) problem– プラグマティック・ペルソナとワークショップの関連性が「?」– ワークショップの密度が薄い– ペルソナ立てる前の仮説止まりでワークショップが終わった– うちわ必要なかった Try– 知らない人と交ざっていきたい– more ペルソナ作成– 遅刻しない!!10
  11. 11. 第6回各チーム振り返り結果ご紹介前回の振り返り結果をご紹介します11
  12. 12. 第6回各チーム振り返り結果ご紹介(1/12)Aチーム(1/2) テーマ– AmazonのようなEコマースサイトの利用者12
  13. 13. 第6回各チーム振り返り結果ご紹介(2/12)Aチーム(2/2) Keep– お菓子美味しかった– 苦しみながらも星四つ– Amazonのすごさを思い知った– 時間が短いながらも形になった Problem– ユーザータイプの作成時、効果が不明– 時間がタイト– 笑い大事– 顔と名前を一致させよう– 自分たちの広がりがなかった Try– 予習しよう– ユーザータイプの擬人化時にイメージしやすいよう「名前」と「年齢」を決める– 復習をしよう– 自分の携わっている業務で実践13
  14. 14. 第6回各チーム振り返り結果ご紹介(3/12)Bチーム(1/2) テーマ– こくちーず等のIT勉強会を利用する人14
  15. 15. 第6回各チーム振り返り結果ご紹介(4/12)Bチーム(2/2) Keep– ペルソナ体験できた– 顔の絵 変蔵がリアル リアルな話– リアルの経験を聴けた– ダメ人間じゃない人を対象にした– かわいそうな設定は人気– マクドナルド採用された– おかし たい焼き Problem– ネタ仕込めなかった ★少ない– 川口さんいない– 30代の気持ちになれない– 右下をもっと議論したかった– ContextとAboutの違いがわからない– 初参加なのに勉強不足– テーマ選択難しい Try– タイムキーパーをする– 予習– 実践あるのみ– ワールドカフェ形式でテーブルオーナー置いて説明するとか良いかも– 考えやすいテーマを事前に考える– 漢字練習15
  16. 16. 第6回各チーム振り返り結果ご紹介(5/12)Cチーム(1/2) テーマ– マクドナルド利用者16
  17. 17. 第6回各チーム振り返り結果ご紹介(6/12)Cチーム(2/2) Keep– みんなにウケてた 笑いを取れた– さみしい人がウケる– 最後までやりきれた– あいまいなイメージが具体的になった– 会社に戻っても出来そうな気分になった– キレイにまとまった&完成した– 意外と思いつきでアイディアを出してもまとまった problem– ペルソナの選び方について考えられなかった– 価値 ○○についてをもう少し充実– Valuesをあまり出せなかった– 矢久さん哀しすぎ Try– 矢久さん頑張れ– 矢久さん応援ペルソナ– 矢久さんのバージョンアップさらにブラッシュアップする– 意外と形になったので、数をこなしてみたい– 明るい人を作ってみよう– 明るいユーザーをペルソナする– バリエーションを持たせたペルソナ作り17
  18. 18. 第6回各チーム振り返り結果ご紹介(7/12)Dチーム(1/2) テーマ– IT部門が存在しない総務の人18
  19. 19. 第6回各チーム振り返り結果ご紹介(8/12)Dチーム(2/2) Keep– 概要をつかみやすい設定– 新しい人への配慮がしっかりしている– プラグマティックペルソナをよりよく理解出来た(※5回参加)– 絵がナイス– 大まかに作業の流れは理解できた– 19時開始の方が出社時間的に嬉しいです– 途中休憩なしでも気にならなかった– 集中出来た– テーブル別のテーマはよかった– 別のテーブルを見るのが楽しい Problem– 選んだテーマが微妙だった!?– 詳細をつかみにくい設定– ファシリテーターを特に置かなかった– テーマの候補が人とシチュエーションが入り交じっててわかりにくかった– 各パートが駆け足でアイディアを出し切れていない– 詳細を書き出すのに苦労した– それぞれ書き出すべき内容が十分にはわからなかった Try– 人格とシチュエーションを分けて考える– ファシリテーターを置いてみよう– ユーザーのタイプをもっと書く– 犬のペットとフランス料理– 来年も来ます 川口さん来て! 19
  20. 20. 第6回各チーム振り返り結果ご紹介(9/12)Eチーム(1/2) テーマ– スマートフォンユーザー20
  21. 21. 第6回各チーム振り返り結果ご紹介(10/12)Eチーム(2/2) Keep– 楽しい– 二次元マッピングにするとやりやすい– グループ毎にテーマを選べたのが、他のチームの別のテーマも見れて良かった– 「ニート太郎」が生まれた– チームでかなり共通のイメージが出来た– 事前のテーマ決めアンケートが良かった– ミニたい焼きおいしかったです! Problem– コシルと痛みがよく分かりません– タイプが細くなりすぎる– クラスタに出来ない– クラスタどこまでやればいいか分からない– クラスタの選び方は?優先度が分からない– いくつクラスタ化すればよいのか?– 価値や影響がスムーズに出せなかった Try– 価値のところで、新しい価値を出したい– ペルソナのイメージは写真にしたい– 2個3個プラグマティック・ペルソナを作りたい– 次はあえて作りにくいテーマを選んでみて、どうなるのか見てみたい– キャラクター化しにくい– イメージしにくい– テーマ、クラスタでやってみて、何が難しいのか知りたい21
  22. 22. 第6回各チーム振り返り結果ご紹介(11/12)Fチーム(1/2) テーマ– マクドナルド利用者22
  23. 23. 第6回各チーム振り返り結果ご紹介(12/12)Fチーム(2/2) Keep– 題材をチームで決められたので、イメージしやすく取り組みやすかった– チームの中に1人絵が上手い人がいると、WSが進んでいい♪– 手元に資料があってわかりやすかった– 他のチームの内容をじっくり見れた– アイディアがたくさん出た– いろんなユーザータイプが出た(多くの幅広い意見・視点があった)– テーマがハマった– アイディアがたくさん出た– タケハラさんが絵が上手でイメージが沸いた Problem– About,Context,Implicationsが混ざった– SGT2011のJeff PattonのWSでのサンプルを探したがなかなか見つからず時間がかかった– 一部皆との意見出しの時に集中できず時間を無駄にした Try– テーマを統一した方がよかったかも– 切替が大変– サービスをある程度絞っておく– WSはスタンドアップしたほうがよかったかも– 資料を熟読して事前に予習したい– ユーザータイプ→クラスタリングをもっと時間かけてしっかりやりたい23
  24. 24. ワークショップ#1今日家を出てから/仕事が終わってからこの会場に来るまでに使った交通手段を利用中のあなたの様子を、絵に描いて表現してください(個人ワークショップ)24
  25. 25. ワークショップ#2各チームごとに改めて自己紹介を行ってください先ほど描いた絵も同時に見せて反応を伺ってください(チームワークショップ)25
  26. 26. プラグマティック・ペルソナ解説Jeff Patton氏が作成したプラグマティック・ペルソナの説明資料、および @kawaguti 氏が翻訳した日本語版を元に、プラグマティック・ペルソナについて解説します26
  27. 27. ワークショップ#32人1組で、語り手と聞き手の役割を決めてください語り手は、POStudy Conference 2012に参加した理由を話し、聞き手はそれをA4用紙に記載してください終わったら、役割を交代して、同じ事を行ってください(ペアワークショップ)27
  28. 28. ワークショップ#44人1組でディスカッションしながら、POStudy Conference 2012に参加する人のタイプについて、思いつく限り列挙していってください列挙する際は、配付資料の1ページ目右下にあるサンプルの形式で、模造紙1枚に1ユーザータイプを描いてください(ペアワークショップ)28
  29. 29. ワークショップ#5A4用紙とペンを持ってすべてのテーブルをまわり、自分のテーブルのペルソナに足りなかった観点や、新たに気づいた観点があれば、A4用紙に追記してくださいまたその時に見ていたペルソナに「★」をつけてください(個人ワークショップ)29
  30. 30. ワークショップ#6「★」を一番多く描いて貰えたペルソナを発表して頂きましょう。(全員)30
  31. 31. 振り返り&ディスカッション今日気づいたことをテーブルごとに共有してください各チームでの振り返り結果を、配布したA3用紙に記載してください次回、全チームの振り返り結果をまとめたものをご連絡します31
  32. 32. まとめ今日お話したことを振り返ってみましょう32
  33. 33. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.今日お話したこと(1/1)第5回各チーム振り返り結果ご紹介第6回各チーム振り返り結果ご紹介ワークショップ #1ワークショップ #2プラグマティック・ペルソナ 解説ワークショップ #3ワークショップ #4ワークショップ #5ワークショップ #6振り返り&ディスカッション33
  34. 34. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 34ご静聴ありがとうございました。

×