Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

『Lean Diagramに学ぶProblem/Solution Fit』 in Club86 Start-up School 「起業家のためのエンジニア教室」

1,250 views

Published on

Published in: Technology

『Lean Diagramに学ぶProblem/Solution Fit』 in Club86 Start-up School 「起業家のためのエンジニア教室」

  1. 1. 「Lean Diagram」に学ぶ Problem/Solution Fit 2013年12月14日(土) @fullvirtue Copyright © @fullvirtue. All rights reserved.
  2. 2. 本日のセッションの概要について確認していきます 本日の概要 Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 2
  3. 3. 本日の概要(1/3) 開催案内より抜粋(1/1)  "Lean Diagram"とは – リーンスタートアップを実践する際の最初の1枚として、すべての アントレプレナーに使っていただきたいビジネスモデル検証ツール – スタートアップが最初に実施すべき"Problem/Solution Fit"に 集中できるよう、すべての仮説項目を必要最低限に絞り込んだツール Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 3
  4. 4. 本日の概要(2/3) 参加対象者(1/1)  リーンスタートアップに興味がある方  自分のアイデアの”Problem/Solution Fit”を確認したい  スタートアップを実際にしている方  新規事業に関わっている方、もしくはこれから関わる方  企画、マーケティングを担当している方 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 4
  5. 5. 本日の概要(3/3) 本セッションのゴール(1/1)  “Lean Diagram”の構造を把握する  “Lean Diagram”を一枚書いてみる  “Lean Diagram”を作成する上でのポイントを ワークショップを通じて体感する Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 5
  6. 6. おことわり(1/1) 今回の資料について(1/1)  今回の資料は、以下の資料を参考にしています。 私自身のオリジナルはほとんどありませんので、 ご了承ください。 – 「リーンスタートアップの図解付き解説トヨタのDNAを継ぐ新規事業マネジメントの極意」 » http://media.looops.net/naoto/2012/05/10/eric_ries / – 製品開発より先にプレスリリースを書いてみるのがAmazon流 » http://news.mynavi.jp/column/svalley/391/index.html – RUNNING LEAN 「Lean Canvas」 » http://www.amazon.co.jp/dp/1449305172/ – 「Lean Diagram」 » http://leandiagram.com/ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 6
  7. 7. ワークショップを効果的にやるために(1/5) ポストイットの正しいめくり方・貼り方(1/3) https://www.facebook.com/h.branddesign 7
  8. 8. ワークショップを効果的にやるために(2/5) ポストイットの正しいめくり方・貼り方(2/3) @kdmsnr さん作成ワークショップ資料より 8
  9. 9. ワークショップを効果的にやるために(3/5) ポストイットの正しいめくり方・貼り方(3/3) 自分の意見は声に出してから、 ポストイットに書いて貼る 書記や議事録係なんていません! @kdmsnr さん作成ワークショップ資料より 9
  10. 10. ワークショップを効果的にやるために(4/5) 模造紙の正しい貼り方(1/1) https://www.facebook.com/h.branddesign 10
  11. 11. ワークショップを効果的にやるために(5/5) ワークショップをよりよいものにするために(1/1) 失敗は最高のもと くだらない質問はない 学習は自己責任 楽しむ(Have a fun) @ebacky 氏 from すくすくスクラム 11
  12. 12. 今日のアジェンダ(1/1) Lean Diagramとは Lean Diagram作成デモ ワークショップ#1 ワークショップ#2 ワークショップ#3 ワークショップ#4 振り返り&ディスカッション まとめ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 12
  13. 13. Lean Diagramについて解説していきます Lean Diagramとは Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 13
  14. 14. Lean Diagramとは(1/5) 【参考】プロダクトマネジメントのライフサイクル(1/1) 現状分析 ポジションマップ ①プロダクトの開発 「リーンスタートアップの図解付き解説-トヨタのDNAを継ぐ新規事業マネジメントの極意」http://media.looops.net/naoto/2012/05/10/eric_ries/ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 14
  15. 15. Lean Diagramとは(2/5) 【参考】LeanやScrumを中心とした開発プロセス(1/1) 作業が問題無く 進んでいるかを 日々確認 ビジョン策定 優先順位に基づく 着手範囲の確定 要件検討 MVP 優先順位1 優先順位2 優先順位3 ・・・ タイムボックス 計画からレビューまで すぐにリリースできる くらいになっている 成果物 (動くソフトウェア) 作業一覧による 見える化 リリース実施 直近の実施内容を 決める ちゃんとできたかと ちゃんと進められたかを確認 できなかった分に ついては積み残し 次の着手内容や 優先順位は 都度見直しを実施 20XX/N月 ビジョン 策定 MVP 要件検討 N+1月 ・ N+2月 ・ ・ N+3月 ・ ・ N+4月 ・ ・ Ver1.0.0の開発 N+5月 ・ ・ N+6月 ・ ・ Ver1.1.0の開発 N+7月 ・ ・ N+8月 ・ ・ N+9月 ・ ・ ・ Ver1.2.0の開発 (Ver1.1.1) (Ver1.0.1) Ver1.1.0 ※バグフィックス版 ※バグフィックス版 Introduction to Scrum PPT http://www.mountaingoatsoftware.com/presentations/an-introduction-to-scrum Ver1.0.0 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 15
  16. 16. Lean Diagramとは(3/5) 【参考】最小単位(MVP)のビジネスモデル(1/2) 課題 (Problem) 既存の代替品 (Existing Alternatives) コスト構造 (Cost Structure) ソリューション (Solution) 主要指標 (Key Metrics) 独自の価値提案(UVP) (Unique Value Proposition) ハイレベルコンセプト (High-Level Concept) 圧倒的な優位性 (Unfair Advantage) チャネル (Channels) 顧客セグメント (Customer Segments) アーリーアダプター (Early Adopters) 収益の流れ (Revenue Streams) RUNNING LEAN 「Lean Canvas」 http://www.amazon.co.jp/dp/1449305172/ 16
  17. 17. Lean Diagramとは(4/5) 【参考】最小単位(MVP)のビジネスモデル(2/2) 課題 (Problem) ソリューション (Solution) 独自の価値提案(UVP) (Unique Value Proposition) 圧倒的な優位性 (Unfair Advantage) 顧客セグメント (Customer Segments) 提供価値 既存の代替品 (Existing Alternatives) コスト構造 (Cost Structure) ~製品~ 主要指標 (Key Metrics) ハイレベルコンセプト (High-Level Concept) ~市場~ チャネル (Channels) アーリーアダプター (Early Adopters) 収益の流れ (Revenue Streams) RUNNING LEAN 「Lean Canvas」 http://www.amazon.co.jp/dp/1449305172/ 17
  18. 18. Lean Diagramとは(5/5) 「課題構造」と「解決手段」の妥当性確認(1/1) 「Lean Diagram」http://leandiagram.com/ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 18
  19. 19. 参加者から出された課題について、 講師がその場でLean Diagramを作成していくというデモを行います。 この課題で作成して欲しいという方がおられましたら、 挙手してください。 Lean Diagram 作成デモ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 19
  20. 20. Lean Diagram 作成デモ(1/1) 課題:英語が上達しない(1/1) 上司へ英語で報告ができない 上司へ英語が話せるようになりたい 仕事が前に進まない 本人、会社負担(上司) 自動翻訳、代理報告者 実際にその場で作成した結果を掲載 ※あくまでも作成例です 痛み止め 痛み止め 教育費 教育にかけるお金がない 人件費のロス削減 えっ?英語ができないとクビ!? 外資系に買収されて、外人が上司になった Aビルの2Fのロビーに平日18時半 意思と無関係に発音の練習を強制的に させる機械を導入して、楽に英語発話 力が上達 機械を作る技術は特許取得済 http://leandiagram.com/ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 20
  21. 21. Lean Diagram 作成デモ(1/1) 課題:英語が上達しない(1/1) 上司へ英語が話せるようになりたい 第一顧客との打ち合わせに遅れる 事業部長・執行役員 実際にその場で作成した結果を掲載 ※あくまでも作成例です ホテルに熟女を派遣 痛み止め 第一顧客の近隣のホテルを借りる 近ければリカバリーが効きやすい 遅刻対象者にある程度の負担を強いる 時間・信頼貯金 あれ?部下がいない 解決手段で、第一顧客との 打ち合わせに確実に来る 寝坊しやすい部下しかいない 遅刻対象者の負担があまりない A社入口に24時半に現れる http://leandiagram.com/ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 21
  22. 22. Lean Diagram 作成デモ(1/1) 課題:英語が上達しない(1/1) 管理職がプログラマーと 上司へ英語が話せるようになりたい 意思疎通できない 管理職、部門長、事業部長、役員 実際にその場で作成した結果を掲載 ※あくまでも作成例です ? 痛み止め 伝言役を間に入れる 他にいい方法が思いつかない 考える時間を増やす ビジネススピードの向上、ロスの削減 あなたの実現したいサービスを、 自分の言葉で説明しませんか? InputとOutputのつなぎ方を 自分で設計できるようになる 企画に注力している間に IT業界に後れを取った 競合を味方にする A社の入口に平日18時半 http://leandiagram.com/ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 22
  23. 23. Lean Diagram 作成デモ(1/1) 課題:英語が上達しない(1/1) 上司へ英語が話せるようになりたい http://leandiagram.com/ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 23
  24. 24. 各テーブルごとに、自己紹介を行ってください (チームワークショップ) ワークショップ#1 24
  25. 25. 「自分の興味のある/やりたいビジネス・ 事業・サービス・企画」 のピッチ(発表:1分)の準備をしてください ※ルーム内にいる方に聞かれても大丈夫な内容にしてください (個人ワークショップ) ワークショップ#2 25
  26. 26. テーブル内で 「自分の興味のある/やりたいビジネス・事業・サービス・企画」 を、1人1分でピッチ(発表)してください 全員がピッチを行ってください (チームワークショップ) ワークショップ#3 26
  27. 27. テーブル内全員のピッチの中から、 人気投票で1位を決めてください 1位になった方の内容を元に 実際にLean Diagramを作ってください (チームワークショップ) ワークショップ#4 27
  28. 28. ワークショップ#4(1/1) 「課題構造」と「解決手段」の妥当性確認(1/1) 「Lean Diagram」http://leandiagram.com/ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 28
  29. 29. 今日気づいたことをポストイットに書き出し、 テーブル中央に置いたA3用紙に貼っていってください 今日の気づきをテーブルごとに共有してください 後日、全チームの振り返り結果をまとめたものをご連絡します 振り返り&ディスカッション Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 29
  30. 30. 今日お話したことを振り返ってみましょう まとめ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 30
  31. 31. 今日お話したこと(1/1) Lean Diagramとは Lean Diagram作成デモ ワークショップ#1 ワークショップ#2 ワークショップ#3 ワークショップ#4 振り返り&ディスカッション まとめ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 31
  32. 32. 皆様にお知らせがあります お知らせ Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 32
  33. 33. www.postudy.com ワークショップの資料をダウンロード可で公開中! 1.アジャイルとスクラム 2.ユーザーストーリーマッピング 3.プラグマティック・ペルソナ 4.ストーリーテリング ~概要~ 5.~ストーリーを生み出す~ 6.~ストーリーを共有する~ 7.~ストーリーを作る~ 8.~よい聞き手になるための学習~ 9.システム思考に学ぶ真の解決策 10.BABOKに学ぶ要求アナリシス 11.Product Management Bootcamp Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 12.The Specification Exerciseで仕様伝達 13.Fearless Journeyでパターンによる改善 14.Moving Motivatorsに学ぶモチベーション 15.Business Model Canvas 16.RUNNING LEANに学ぶLean Canvas 17.Lean Diagramに学ぶProblem/Solution Fit 18.The Wallet Projectに学ぶデザイン思考 19.ゲーミフィケーションに学ぶWebサービスの価値観 20.ゲームビジネスメソッドに学ぶ購買意思決定理論 21.ペーパープロトタイピングに学ぶユーザー中心設計 22.マシュマロチャレンジでチームビルディング 23.The Beer Gameで学ぶシステム思考 24.Product Discovery Teamに学ぶ成功するための Product Ownership 33
  34. 34. 詳細・お申込はこちら: http://scrumgatheringtokyo.org/2014/ 34
  35. 35. ご静聴ありがとうございました。 Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 35

×