SlideShare a Scribd company logo

JIRA Agileを活用したアジャイル開発実践事例 #AUGJ

JIRA Agileを活用したアジャイル開発実践事例 #AUGJ http://augj.connpass.com/event/16226/

1 of 52
Download to read offline
Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved.
JIRA Agileを活用したアジャイル開発実践事例
2015/07/23(木)
グロースエクスパートナーズ株式会社
ITアーキテクト 関 満徳
第15回 Tokyo Atlassian ユーザーグループ @Yahoo!Japan #augj
Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved.
本セッションの概要
• アジャイル開発とは?
• JIRA Agile とは?
• 開発現場では、どう活用してるか?
困ったことや試行錯誤したこととは?
• まとめ
Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved.
本セッションのゴール
• JIRA Agile で出来ることが、1つ以上わかる
• はじめてアジャイル開発を、JIRA Agile を
活用して進める際、最初に考慮すべきポイント
が何かがわかる
Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved.
グロースエクスパートナーズ
• 略 称 :GxP
• 主戦場 :SI
• 開発基盤:アトラシアン製品
• 本日はアトラシアンエキスパートとしてではなく!
SIの現場における、アトラシアン製品の
ヘビーユーザーとしてのお話をします!!
3
Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved.
アジェンダ
• アジャイル開発とは?
• JIRA Agile とは?
• 開発現場では、どう活用してるか?
困ったことや試行錯誤したこととは?
• まとめ
Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved.
アジェンダ
• アジャイル開発とは?
• JIRA Agile とは?
• 開発現場では、どう活用してるか?
困ったことや試行錯誤したこととは?
• まとめ

Recommended

ドメイン駆動設計 本格入門
ドメイン駆動設計 本格入門ドメイン駆動設計 本格入門
ドメイン駆動設計 本格入門増田 亨
 
GOの機械学習システムを支えるMLOps事例紹介
GOの機械学習システムを支えるMLOps事例紹介GOの機械学習システムを支えるMLOps事例紹介
GOの機械学習システムを支えるMLOps事例紹介Takashi Suzuki
 
SSII2021 [TS1] Visual SLAM ~カメラ幾何の基礎から最近の技術動向まで~
SSII2021 [TS1] Visual SLAM ~カメラ幾何の基礎から最近の技術動向まで~SSII2021 [TS1] Visual SLAM ~カメラ幾何の基礎から最近の技術動向まで~
SSII2021 [TS1] Visual SLAM ~カメラ幾何の基礎から最近の技術動向まで~SSII
 
クラウド環境でのセキュリティ監査自動化【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
クラウド環境でのセキュリティ監査自動化【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】クラウド環境でのセキュリティ監査自動化【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
クラウド環境でのセキュリティ監査自動化【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】DeNA
 
意見が出ない振り返りからチームを自己組織化に近づけたふりかえり改善事例 #agilejapan
意見が出ない振り返りからチームを自己組織化に近づけたふりかえり改善事例 #agilejapan意見が出ない振り返りからチームを自己組織化に近づけたふりかえり改善事例 #agilejapan
意見が出ない振り返りからチームを自己組織化に近づけたふりかえり改善事例 #agilejapanYahoo!デベロッパーネットワーク
 
ドメイン駆動開発 勉強会 ①
ドメイン駆動開発 勉強会 ①ドメイン駆動開発 勉強会 ①
ドメイン駆動開発 勉強会 ①Kakeru Kikuchi
 
形式手法と AWS のおいしい関係。- モデル検査器 Alloy によるインフラ設計技法 #jawsfesta
形式手法と AWS のおいしい関係。- モデル検査器 Alloy によるインフラ設計技法 #jawsfesta形式手法と AWS のおいしい関係。- モデル検査器 Alloy によるインフラ設計技法 #jawsfesta
形式手法と AWS のおいしい関係。- モデル検査器 Alloy によるインフラ設計技法 #jawsfestay_taka_23
 
こわくない Git
こわくない Gitこわくない Git
こわくない GitKota Saito
 

More Related Content

What's hot

TensorFlow XLAは、 中で何をやっているのか?
TensorFlow XLAは、 中で何をやっているのか?TensorFlow XLAは、 中で何をやっているのか?
TensorFlow XLAは、 中で何をやっているのか?Mr. Vengineer
 
シリコンバレーの「何が」凄いのか
シリコンバレーの「何が」凄いのかシリコンバレーの「何が」凄いのか
シリコンバレーの「何が」凄いのかAtsushi Nakada
 
Deep Learningによる超解像の進歩
Deep Learningによる超解像の進歩Deep Learningによる超解像の進歩
Deep Learningによる超解像の進歩Hiroto Honda
 
Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩
Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩
Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩kiita312
 
ドメイン駆動設計 ( DDD ) をやってみよう
ドメイン駆動設計 ( DDD ) をやってみようドメイン駆動設計 ( DDD ) をやってみよう
ドメイン駆動設計 ( DDD ) をやってみよう増田 亨
 
【DL輪読会】HexPlaneとK-Planes
【DL輪読会】HexPlaneとK-Planes【DL輪読会】HexPlaneとK-Planes
【DL輪読会】HexPlaneとK-PlanesDeep Learning JP
 
「関心の分離」と「疎結合」 ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら
「関心の分離」と「疎結合」   ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら「関心の分離」と「疎結合」   ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら
「関心の分離」と「疎結合」 ソフトウェアアーキテクチャのひとかけらAtsushi Nakamura
 
PyData.Tokyo Meetup #21 講演資料「Optuna ハイパーパラメータ最適化フレームワーク」太田 健
PyData.Tokyo Meetup #21 講演資料「Optuna ハイパーパラメータ最適化フレームワーク」太田 健PyData.Tokyo Meetup #21 講演資料「Optuna ハイパーパラメータ最適化フレームワーク」太田 健
PyData.Tokyo Meetup #21 講演資料「Optuna ハイパーパラメータ最適化フレームワーク」太田 健Preferred Networks
 
Scala、DDD、Akkaで立ち向かう 〜広告配信システムに課せられた100msの制約〜
Scala、DDD、Akkaで立ち向かう 〜広告配信システムに課せられた100msの制約〜Scala、DDD、Akkaで立ち向かう 〜広告配信システムに課せられた100msの制約〜
Scala、DDD、Akkaで立ち向かう 〜広告配信システムに課せられた100msの制約〜MicroAd, Inc.(Engineer)
 
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!mosa siru
 
ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本
ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本
ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本kazuki kumagai
 
Redisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法についてRedisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法についてYuji Otani
 
OSS強化学習フレームワークの比較
OSS強化学習フレームワークの比較OSS強化学習フレームワークの比較
OSS強化学習フレームワークの比較gree_tech
 
「速」を落とさないコードレビュー
「速」を落とさないコードレビュー「速」を落とさないコードレビュー
「速」を落とさないコードレビューTakafumi ONAKA
 
実運用して分かったRabbit MQの良いところ・気をつけること #jjug
実運用して分かったRabbit MQの良いところ・気をつけること #jjug実運用して分かったRabbit MQの良いところ・気をつけること #jjug
実運用して分かったRabbit MQの良いところ・気をつけること #jjugYahoo!デベロッパーネットワーク
 
Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)NTT DATA Technology & Innovation
 
Istioサービスメッシュ入門
Istioサービスメッシュ入門Istioサービスメッシュ入門
Istioサービスメッシュ入門Yoichi Kawasaki
 
世界一わかりやすいClean Architecture
世界一わかりやすいClean Architecture世界一わかりやすいClean Architecture
世界一わかりやすいClean ArchitectureAtsushi Nakamura
 
フロー効率性とリソース効率性について #xpjug
フロー効率性とリソース効率性について #xpjugフロー効率性とリソース効率性について #xpjug
フロー効率性とリソース効率性について #xpjugItsuki Kuroda
 

What's hot (20)

TensorFlow XLAは、 中で何をやっているのか?
TensorFlow XLAは、 中で何をやっているのか?TensorFlow XLAは、 中で何をやっているのか?
TensorFlow XLAは、 中で何をやっているのか?
 
シリコンバレーの「何が」凄いのか
シリコンバレーの「何が」凄いのかシリコンバレーの「何が」凄いのか
シリコンバレーの「何が」凄いのか
 
Deep Learningによる超解像の進歩
Deep Learningによる超解像の進歩Deep Learningによる超解像の進歩
Deep Learningによる超解像の進歩
 
Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩
Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩
Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩
 
ドメイン駆動設計 ( DDD ) をやってみよう
ドメイン駆動設計 ( DDD ) をやってみようドメイン駆動設計 ( DDD ) をやってみよう
ドメイン駆動設計 ( DDD ) をやってみよう
 
【DL輪読会】HexPlaneとK-Planes
【DL輪読会】HexPlaneとK-Planes【DL輪読会】HexPlaneとK-Planes
【DL輪読会】HexPlaneとK-Planes
 
「関心の分離」と「疎結合」 ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら
「関心の分離」と「疎結合」   ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら「関心の分離」と「疎結合」   ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら
「関心の分離」と「疎結合」 ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら
 
Google Cloud で実践する SRE
Google Cloud で実践する SRE  Google Cloud で実践する SRE
Google Cloud で実践する SRE
 
PyData.Tokyo Meetup #21 講演資料「Optuna ハイパーパラメータ最適化フレームワーク」太田 健
PyData.Tokyo Meetup #21 講演資料「Optuna ハイパーパラメータ最適化フレームワーク」太田 健PyData.Tokyo Meetup #21 講演資料「Optuna ハイパーパラメータ最適化フレームワーク」太田 健
PyData.Tokyo Meetup #21 講演資料「Optuna ハイパーパラメータ最適化フレームワーク」太田 健
 
Scala、DDD、Akkaで立ち向かう 〜広告配信システムに課せられた100msの制約〜
Scala、DDD、Akkaで立ち向かう 〜広告配信システムに課せられた100msの制約〜Scala、DDD、Akkaで立ち向かう 〜広告配信システムに課せられた100msの制約〜
Scala、DDD、Akkaで立ち向かう 〜広告配信システムに課せられた100msの制約〜
 
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
 
ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本
ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本
ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本
 
Redisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法についてRedisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法について
 
OSS強化学習フレームワークの比較
OSS強化学習フレームワークの比較OSS強化学習フレームワークの比較
OSS強化学習フレームワークの比較
 
「速」を落とさないコードレビュー
「速」を落とさないコードレビュー「速」を落とさないコードレビュー
「速」を落とさないコードレビュー
 
実運用して分かったRabbit MQの良いところ・気をつけること #jjug
実運用して分かったRabbit MQの良いところ・気をつけること #jjug実運用して分かったRabbit MQの良いところ・気をつけること #jjug
実運用して分かったRabbit MQの良いところ・気をつけること #jjug
 
Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
 
Istioサービスメッシュ入門
Istioサービスメッシュ入門Istioサービスメッシュ入門
Istioサービスメッシュ入門
 
世界一わかりやすいClean Architecture
世界一わかりやすいClean Architecture世界一わかりやすいClean Architecture
世界一わかりやすいClean Architecture
 
フロー効率性とリソース効率性について #xpjug
フロー効率性とリソース効率性について #xpjugフロー効率性とリソース効率性について #xpjug
フロー効率性とリソース効率性について #xpjug
 

Similar to JIRA Agileを活用したアジャイル開発実践事例 #AUGJ

外部委託から内製化アジャイルへの切替支援を通してわかったこと #augj
外部委託から内製化アジャイルへの切替支援を通してわかったこと #augj外部委託から内製化アジャイルへの切替支援を通してわかったこと #augj
外部委託から内製化アジャイルへの切替支援を通してわかったこと #augj満徳 関
 
【Sgt2016】Agile人材の評価とキャリアプラン
【Sgt2016】Agile人材の評価とキャリアプラン 【Sgt2016】Agile人材の評価とキャリアプラン
【Sgt2016】Agile人材の評価とキャリアプラン Ryota Inaba
 
Why startups need "Lean Startup" & "Design Sprint"?
Why startups need "Lean Startup" & "Design Sprint"?Why startups need "Lean Startup" & "Design Sprint"?
Why startups need "Lean Startup" & "Design Sprint"?Takaaki Umada
 
チケット駆動開発によるプロジェクトの活性化
チケット駆動開発によるプロジェクトの活性化チケット駆動開発によるプロジェクトの活性化
チケット駆動開発によるプロジェクトの活性化Makoto SAKAI
 
XP祭り2014「アジャイルを手放して得られたこと」
XP祭り2014「アジャイルを手放して得られたこと」 XP祭り2014「アジャイルを手放して得られたこと」
XP祭り2014「アジャイルを手放して得られたこと」 Yusuke Suzuki
 
すくすくスクラム要求開発入門(公開用).Key
すくすくスクラム要求開発入門(公開用).Keyすくすくスクラム要求開発入門(公開用).Key
すくすくスクラム要求開発入門(公開用).KeyEiichi Hayashi
 
[G-Tech2014講演資料] 汎用プラクティスとしてのアジャイル開発 - グローバルナレッジ
[G-Tech2014講演資料] 汎用プラクティスとしてのアジャイル開発 - グローバルナレッジ[G-Tech2014講演資料] 汎用プラクティスとしてのアジャイル開発 - グローバルナレッジ
[G-Tech2014講演資料] 汎用プラクティスとしてのアジャイル開発 - グローバルナレッジTrainocate Japan, Ltd.
 
Azure DevOps × スクラム で実現するプロダクト開発のポイント #dotnetlab #jazug
Azure DevOps × スクラム で実現するプロダクト開発のポイント #dotnetlab #jazugAzure DevOps × スクラム で実現するプロダクト開発のポイント #dotnetlab #jazug
Azure DevOps × スクラム で実現するプロダクト開発のポイント #dotnetlab #jazug満徳 関
 
Product Ownership~NTTデータと楽天それぞれの文脈でのサービスづくり、人づくり、チームづくりの取り組み
Product Ownership~NTTデータと楽天それぞれの文脈でのサービスづくり、人づくり、チームづくりの取り組みProduct Ownership~NTTデータと楽天それぞれの文脈でのサービスづくり、人づくり、チームづくりの取り組み
Product Ownership~NTTデータと楽天それぞれの文脈でのサービスづくり、人づくり、チームづくりの取り組みshibao800
 
人間と話す: Lean Customer Development (Lean Startup Update 2015)
人間と話す: Lean Customer Development (Lean Startup Update 2015)人間と話す: Lean Customer Development (Lean Startup Update 2015)
人間と話す: Lean Customer Development (Lean Startup Update 2015)Takaaki Umada
 
アジャイル基礎再考
アジャイル基礎再考アジャイル基礎再考
アジャイル基礎再考Kanu orz
 
現場実践主義としてのリーン開発とアジャイル
現場実践主義としてのリーン開発とアジャイル現場実践主義としてのリーン開発とアジャイル
現場実践主義としてのリーン開発とアジャイルRakuten Group, Inc.
 
アジャイルコーチになって3ヶ月で学んだこと
アジャイルコーチになって3ヶ月で学んだことアジャイルコーチになって3ヶ月で学んだこと
アジャイルコーチになって3ヶ月で学んだことGraat(グラーツ)
 
はじめてのアジャイル
はじめてのアジャイルはじめてのアジャイル
はじめてのアジャイルYoshihito Kuranuki
 
GMOテクノロジーブートキャンプ2015(アジャイル編)
GMOテクノロジーブートキャンプ2015(アジャイル編)GMOテクノロジーブートキャンプ2015(アジャイル編)
GMOテクノロジーブートキャンプ2015(アジャイル編)Arata Fujimura
 
CEDEC2015講演 チーム開発をスムーズにするために
CEDEC2015講演 チーム開発をスムーズにするためにCEDEC2015講演 チーム開発をスムーズにするために
CEDEC2015講演 チーム開発をスムーズにするためにTakafumi Ikeda
 
スタッフ部門のカイゼン×IT
スタッフ部門のカイゼン×ITスタッフ部門のカイゼン×IT
スタッフ部門のカイゼン×ITKazutaka Sankai
 
AgileTourOsaka2011 関係者に理解してもらえるアジャイル開発にむけて
AgileTourOsaka2011 関係者に理解してもらえるアジャイル開発にむけてAgileTourOsaka2011 関係者に理解してもらえるアジャイル開発にむけて
AgileTourOsaka2011 関係者に理解してもらえるアジャイル開発にむけてShuji Morisaki
 

Similar to JIRA Agileを活用したアジャイル開発実践事例 #AUGJ (20)

外部委託から内製化アジャイルへの切替支援を通してわかったこと #augj
外部委託から内製化アジャイルへの切替支援を通してわかったこと #augj外部委託から内製化アジャイルへの切替支援を通してわかったこと #augj
外部委託から内製化アジャイルへの切替支援を通してわかったこと #augj
 
ユーザー事例紹介:ソフトウェア開発でのJIRA活用実践!
ユーザー事例紹介:ソフトウェア開発でのJIRA活用実践!ユーザー事例紹介:ソフトウェア開発でのJIRA活用実践!
ユーザー事例紹介:ソフトウェア開発でのJIRA活用実践!
 
【Sgt2016】Agile人材の評価とキャリアプラン
【Sgt2016】Agile人材の評価とキャリアプラン 【Sgt2016】Agile人材の評価とキャリアプラン
【Sgt2016】Agile人材の評価とキャリアプラン
 
Why startups need "Lean Startup" & "Design Sprint"?
Why startups need "Lean Startup" & "Design Sprint"?Why startups need "Lean Startup" & "Design Sprint"?
Why startups need "Lean Startup" & "Design Sprint"?
 
チケット駆動開発によるプロジェクトの活性化
チケット駆動開発によるプロジェクトの活性化チケット駆動開発によるプロジェクトの活性化
チケット駆動開発によるプロジェクトの活性化
 
XP祭り2014「アジャイルを手放して得られたこと」
XP祭り2014「アジャイルを手放して得られたこと」 XP祭り2014「アジャイルを手放して得られたこと」
XP祭り2014「アジャイルを手放して得られたこと」
 
すくすくスクラム要求開発入門(公開用).Key
すくすくスクラム要求開発入門(公開用).Keyすくすくスクラム要求開発入門(公開用).Key
すくすくスクラム要求開発入門(公開用).Key
 
[G-Tech2014講演資料] 汎用プラクティスとしてのアジャイル開発 - グローバルナレッジ
[G-Tech2014講演資料] 汎用プラクティスとしてのアジャイル開発 - グローバルナレッジ[G-Tech2014講演資料] 汎用プラクティスとしてのアジャイル開発 - グローバルナレッジ
[G-Tech2014講演資料] 汎用プラクティスとしてのアジャイル開発 - グローバルナレッジ
 
Azure DevOps × スクラム で実現するプロダクト開発のポイント #dotnetlab #jazug
Azure DevOps × スクラム で実現するプロダクト開発のポイント #dotnetlab #jazugAzure DevOps × スクラム で実現するプロダクト開発のポイント #dotnetlab #jazug
Azure DevOps × スクラム で実現するプロダクト開発のポイント #dotnetlab #jazug
 
ソフトウェア品質向上の 変 2015江戸~今、改革のとき~ 20150204
ソフトウェア品質向上の 変 2015江戸~今、改革のとき~ 20150204ソフトウェア品質向上の 変 2015江戸~今、改革のとき~ 20150204
ソフトウェア品質向上の 変 2015江戸~今、改革のとき~ 20150204
 
Product Ownership~NTTデータと楽天それぞれの文脈でのサービスづくり、人づくり、チームづくりの取り組み
Product Ownership~NTTデータと楽天それぞれの文脈でのサービスづくり、人づくり、チームづくりの取り組みProduct Ownership~NTTデータと楽天それぞれの文脈でのサービスづくり、人づくり、チームづくりの取り組み
Product Ownership~NTTデータと楽天それぞれの文脈でのサービスづくり、人づくり、チームづくりの取り組み
 
人間と話す: Lean Customer Development (Lean Startup Update 2015)
人間と話す: Lean Customer Development (Lean Startup Update 2015)人間と話す: Lean Customer Development (Lean Startup Update 2015)
人間と話す: Lean Customer Development (Lean Startup Update 2015)
 
アジャイル基礎再考
アジャイル基礎再考アジャイル基礎再考
アジャイル基礎再考
 
現場実践主義としてのリーン開発とアジャイル
現場実践主義としてのリーン開発とアジャイル現場実践主義としてのリーン開発とアジャイル
現場実践主義としてのリーン開発とアジャイル
 
アジャイルコーチになって3ヶ月で学んだこと
アジャイルコーチになって3ヶ月で学んだことアジャイルコーチになって3ヶ月で学んだこと
アジャイルコーチになって3ヶ月で学んだこと
 
はじめてのアジャイル
はじめてのアジャイルはじめてのアジャイル
はじめてのアジャイル
 
GMOテクノロジーブートキャンプ2015(アジャイル編)
GMOテクノロジーブートキャンプ2015(アジャイル編)GMOテクノロジーブートキャンプ2015(アジャイル編)
GMOテクノロジーブートキャンプ2015(アジャイル編)
 
CEDEC2015講演 チーム開発をスムーズにするために
CEDEC2015講演 チーム開発をスムーズにするためにCEDEC2015講演 チーム開発をスムーズにするために
CEDEC2015講演 チーム開発をスムーズにするために
 
スタッフ部門のカイゼン×IT
スタッフ部門のカイゼン×ITスタッフ部門のカイゼン×IT
スタッフ部門のカイゼン×IT
 
AgileTourOsaka2011 関係者に理解してもらえるアジャイル開発にむけて
AgileTourOsaka2011 関係者に理解してもらえるアジャイル開発にむけてAgileTourOsaka2011 関係者に理解してもらえるアジャイル開発にむけて
AgileTourOsaka2011 関係者に理解してもらえるアジャイル開発にむけて
 

More from 満徳 関

なんちゃってアジャイルをアジャイルにした話 ~ライトニングトーク版~ #xpjug
なんちゃってアジャイルをアジャイルにした話 ~ライトニングトーク版~ #xpjugなんちゃってアジャイルをアジャイルにした話 ~ライトニングトーク版~ #xpjug
なんちゃってアジャイルをアジャイルにした話 ~ライトニングトーク版~ #xpjug満徳 関
 
XPプラクティスをオンラインで体験しよう!計画ゲーム(ストーリーの作成、リリース計画) #xpjug
XPプラクティスをオンラインで体験しよう!計画ゲーム(ストーリーの作成、リリース計画) #xpjugXPプラクティスをオンラインで体験しよう!計画ゲーム(ストーリーの作成、リリース計画) #xpjug
XPプラクティスをオンラインで体験しよう!計画ゲーム(ストーリーの作成、リリース計画) #xpjug満徳 関
 
Agile Tech EXPO mini #0 - 僕らが伝えたいあじゃてく - #agiletechexpo
Agile Tech EXPO mini #0 - 僕らが伝えたいあじゃてく - #agiletechexpoAgile Tech EXPO mini #0 - 僕らが伝えたいあじゃてく - #agiletechexpo
Agile Tech EXPO mini #0 - 僕らが伝えたいあじゃてく - #agiletechexpo満徳 関
 
Q思考 シンプルな問いで本質をつかむ思考法 ITコンサルタントへの第一歩シリーズ #eLV勉強会
Q思考 シンプルな問いで本質をつかむ思考法 ITコンサルタントへの第一歩シリーズ #eLV勉強会Q思考 シンプルな問いで本質をつかむ思考法 ITコンサルタントへの第一歩シリーズ #eLV勉強会
Q思考 シンプルな問いで本質をつかむ思考法 ITコンサルタントへの第一歩シリーズ #eLV勉強会満徳 関
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ:正しい疑問をもつ技術 #eLv勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ:正しい疑問をもつ技術 #eLv勉強会【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ:正しい疑問をもつ技術 #eLv勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ:正しい疑問をもつ技術 #eLv勉強会満徳 関
 
制約を外そう!XPからその先へ #xpjug
制約を外そう!XPからその先へ #xpjug制約を外そう!XPからその先へ #xpjug
制約を外そう!XPからその先へ #xpjug満徳 関
 
Visual Studio 2019 / Visual Studio Code + Live Shareではじめるモブ・プログラミング #vs2019
Visual Studio 2019 / Visual Studio Code + Live Shareではじめるモブ・プログラミング #vs2019Visual Studio 2019 / Visual Studio Code + Live Shareではじめるモブ・プログラミング #vs2019
Visual Studio 2019 / Visual Studio Code + Live Shareではじめるモブ・プログラミング #vs2019満徳 関
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~セルフブランディング戦略~
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~セルフブランディング戦略~【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~セルフブランディング戦略~
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~セルフブランディング戦略~満徳 関
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~システム思考(SystemThinking)②~ #elv勉強会 「システム原型図」を使ってビジネスに影...
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~システム思考(SystemThinking)②~ #elv勉強会 「システム原型図」を使ってビジネスに影...【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~システム思考(SystemThinking)②~ #elv勉強会 「システム原型図」を使ってビジネスに影...
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~システム思考(SystemThinking)②~ #elv勉強会 「システム原型図」を使ってビジネスに影...満徳 関
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~システム思考(SystemThinking)①~ 「因果ループ図」を使ってビジネスに影響を与える変数を見...
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~システム思考(SystemThinking)①~ 「因果ループ図」を使ってビジネスに影響を与える変数を見...【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~システム思考(SystemThinking)①~ 「因果ループ図」を使ってビジネスに影響を与える変数を見...
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~システム思考(SystemThinking)①~ 「因果ループ図」を使ってビジネスに影響を与える変数を見...満徳 関
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案③~ #elv勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案③~ #elv勉強会【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案③~ #elv勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案③~ #elv勉強会満徳 関
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案②~ 課題候補を課題にするために
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案②~ 課題候補を課題にするために【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案②~ 課題候補を課題にするために
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案②~ 課題候補を課題にするために満徳 関
 
プロダクトオーナーがエンタープライズアジャイルで抱える苦悩と対処 #eaug
プロダクトオーナーがエンタープライズアジャイルで抱える苦悩と対処  #eaugプロダクトオーナーがエンタープライズアジャイルで抱える苦悩と対処  #eaug
プロダクトオーナーがエンタープライズアジャイルで抱える苦悩と対処 #eaug満徳 関
 
知識集約型の製品開発においてプロダクトオーナーがやるべき3つのこと #agilejapan #agilejapannagasaki #agilejapan...
知識集約型の製品開発においてプロダクトオーナーがやるべき3つのこと #agilejapan #agilejapannagasaki #agilejapan...知識集約型の製品開発においてプロダクトオーナーがやるべき3つのこと #agilejapan #agilejapannagasaki #agilejapan...
知識集約型の製品開発においてプロダクトオーナーがやるべき3つのこと #agilejapan #agilejapannagasaki #agilejapan...満徳 関
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案①~ #elv勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案①~ #elv勉強会【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案①~ #elv勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案①~ #elv勉強会満徳 関
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案③~ 課題立案10本ノック #eLV勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案③~ 課題立案10本ノック #eLV勉強会【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案③~ 課題立案10本ノック #eLV勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案③~ 課題立案10本ノック #eLV勉強会満徳 関
 
ヘビプロのすゝめ XP祭り2018 LTトーク #xpjug
ヘビプロのすゝめ XP祭り2018 LTトーク #xpjugヘビプロのすゝめ XP祭り2018 LTトーク #xpjug
ヘビプロのすゝめ XP祭り2018 LTトーク #xpjug満徳 関
 
エンジニアのためのプロダクトマネジメント入門 XP祭り2018 #xpjug
エンジニアのためのプロダクトマネジメント入門 XP祭り2018 #xpjugエンジニアのためのプロダクトマネジメント入門 XP祭り2018 #xpjug
エンジニアのためのプロダクトマネジメント入門 XP祭り2018 #xpjug満徳 関
 
[終日研修資料] 企画担当者のためのリーン・アジャイル・プロダクトマネジメント集中特訓講座 ~課題発見からバックログ作成へ~ #postudy
[終日研修資料] 企画担当者のためのリーン・アジャイル・プロダクトマネジメント集中特訓講座 ~課題発見からバックログ作成へ~ #postudy[終日研修資料] 企画担当者のためのリーン・アジャイル・プロダクトマネジメント集中特訓講座 ~課題発見からバックログ作成へ~ #postudy
[終日研修資料] 企画担当者のためのリーン・アジャイル・プロダクトマネジメント集中特訓講座 ~課題発見からバックログ作成へ~ #postudy満徳 関
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~自分ブランディング戦略~ #eLV勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~自分ブランディング戦略~ #eLV勉強会【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~自分ブランディング戦略~ #eLV勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~自分ブランディング戦略~ #eLV勉強会満徳 関
 

More from 満徳 関 (20)

なんちゃってアジャイルをアジャイルにした話 ~ライトニングトーク版~ #xpjug
なんちゃってアジャイルをアジャイルにした話 ~ライトニングトーク版~ #xpjugなんちゃってアジャイルをアジャイルにした話 ~ライトニングトーク版~ #xpjug
なんちゃってアジャイルをアジャイルにした話 ~ライトニングトーク版~ #xpjug
 
XPプラクティスをオンラインで体験しよう!計画ゲーム(ストーリーの作成、リリース計画) #xpjug
XPプラクティスをオンラインで体験しよう!計画ゲーム(ストーリーの作成、リリース計画) #xpjugXPプラクティスをオンラインで体験しよう!計画ゲーム(ストーリーの作成、リリース計画) #xpjug
XPプラクティスをオンラインで体験しよう!計画ゲーム(ストーリーの作成、リリース計画) #xpjug
 
Agile Tech EXPO mini #0 - 僕らが伝えたいあじゃてく - #agiletechexpo
Agile Tech EXPO mini #0 - 僕らが伝えたいあじゃてく - #agiletechexpoAgile Tech EXPO mini #0 - 僕らが伝えたいあじゃてく - #agiletechexpo
Agile Tech EXPO mini #0 - 僕らが伝えたいあじゃてく - #agiletechexpo
 
Q思考 シンプルな問いで本質をつかむ思考法 ITコンサルタントへの第一歩シリーズ #eLV勉強会
Q思考 シンプルな問いで本質をつかむ思考法 ITコンサルタントへの第一歩シリーズ #eLV勉強会Q思考 シンプルな問いで本質をつかむ思考法 ITコンサルタントへの第一歩シリーズ #eLV勉強会
Q思考 シンプルな問いで本質をつかむ思考法 ITコンサルタントへの第一歩シリーズ #eLV勉強会
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ:正しい疑問をもつ技術 #eLv勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ:正しい疑問をもつ技術 #eLv勉強会【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ:正しい疑問をもつ技術 #eLv勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ:正しい疑問をもつ技術 #eLv勉強会
 
制約を外そう!XPからその先へ #xpjug
制約を外そう!XPからその先へ #xpjug制約を外そう!XPからその先へ #xpjug
制約を外そう!XPからその先へ #xpjug
 
Visual Studio 2019 / Visual Studio Code + Live Shareではじめるモブ・プログラミング #vs2019
Visual Studio 2019 / Visual Studio Code + Live Shareではじめるモブ・プログラミング #vs2019Visual Studio 2019 / Visual Studio Code + Live Shareではじめるモブ・プログラミング #vs2019
Visual Studio 2019 / Visual Studio Code + Live Shareではじめるモブ・プログラミング #vs2019
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~セルフブランディング戦略~
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~セルフブランディング戦略~【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~セルフブランディング戦略~
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~セルフブランディング戦略~
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~システム思考(SystemThinking)②~ #elv勉強会 「システム原型図」を使ってビジネスに影...
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~システム思考(SystemThinking)②~ #elv勉強会 「システム原型図」を使ってビジネスに影...【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~システム思考(SystemThinking)②~ #elv勉強会 「システム原型図」を使ってビジネスに影...
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~システム思考(SystemThinking)②~ #elv勉強会 「システム原型図」を使ってビジネスに影...
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~システム思考(SystemThinking)①~ 「因果ループ図」を使ってビジネスに影響を与える変数を見...
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~システム思考(SystemThinking)①~ 「因果ループ図」を使ってビジネスに影響を与える変数を見...【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~システム思考(SystemThinking)①~ 「因果ループ図」を使ってビジネスに影響を与える変数を見...
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~システム思考(SystemThinking)①~ 「因果ループ図」を使ってビジネスに影響を与える変数を見...
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案③~ #elv勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案③~ #elv勉強会【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案③~ #elv勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案③~ #elv勉強会
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案②~ 課題候補を課題にするために
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案②~ 課題候補を課題にするために【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案②~ 課題候補を課題にするために
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案②~ 課題候補を課題にするために
 
プロダクトオーナーがエンタープライズアジャイルで抱える苦悩と対処 #eaug
プロダクトオーナーがエンタープライズアジャイルで抱える苦悩と対処  #eaugプロダクトオーナーがエンタープライズアジャイルで抱える苦悩と対処  #eaug
プロダクトオーナーがエンタープライズアジャイルで抱える苦悩と対処 #eaug
 
知識集約型の製品開発においてプロダクトオーナーがやるべき3つのこと #agilejapan #agilejapannagasaki #agilejapan...
知識集約型の製品開発においてプロダクトオーナーがやるべき3つのこと #agilejapan #agilejapannagasaki #agilejapan...知識集約型の製品開発においてプロダクトオーナーがやるべき3つのこと #agilejapan #agilejapannagasaki #agilejapan...
知識集約型の製品開発においてプロダクトオーナーがやるべき3つのこと #agilejapan #agilejapannagasaki #agilejapan...
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案①~ #elv勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案①~ #elv勉強会【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案①~ #elv勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案①~ #elv勉強会
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案③~ 課題立案10本ノック #eLV勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案③~ 課題立案10本ノック #eLV勉強会【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案③~ 課題立案10本ノック #eLV勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~課題の仮説立案③~ 課題立案10本ノック #eLV勉強会
 
ヘビプロのすゝめ XP祭り2018 LTトーク #xpjug
ヘビプロのすゝめ XP祭り2018 LTトーク #xpjugヘビプロのすゝめ XP祭り2018 LTトーク #xpjug
ヘビプロのすゝめ XP祭り2018 LTトーク #xpjug
 
エンジニアのためのプロダクトマネジメント入門 XP祭り2018 #xpjug
エンジニアのためのプロダクトマネジメント入門 XP祭り2018 #xpjugエンジニアのためのプロダクトマネジメント入門 XP祭り2018 #xpjug
エンジニアのためのプロダクトマネジメント入門 XP祭り2018 #xpjug
 
[終日研修資料] 企画担当者のためのリーン・アジャイル・プロダクトマネジメント集中特訓講座 ~課題発見からバックログ作成へ~ #postudy
[終日研修資料] 企画担当者のためのリーン・アジャイル・プロダクトマネジメント集中特訓講座 ~課題発見からバックログ作成へ~ #postudy[終日研修資料] 企画担当者のためのリーン・アジャイル・プロダクトマネジメント集中特訓講座 ~課題発見からバックログ作成へ~ #postudy
[終日研修資料] 企画担当者のためのリーン・アジャイル・プロダクトマネジメント集中特訓講座 ~課題発見からバックログ作成へ~ #postudy
 
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~自分ブランディング戦略~ #eLV勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~自分ブランディング戦略~ #eLV勉強会【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~自分ブランディング戦略~ #eLV勉強会
【eLV】ITコンサルタントへの第一歩シリーズ ~自分ブランディング戦略~ #eLV勉強会
 

Recently uploaded

HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdfHarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdfMatsushita Laboratory
 
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)NTT DATA Technology & Innovation
 
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)Kanta Sasaki
 
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHubK Kinzal
 
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdfAyachika Kitazaki
 
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみんscikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみんtoshinori622
 
00001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_2024022700001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_20240227ssuserf8ea02
 
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 

Recently uploaded (8)

HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdfHarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
 
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
 
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
 
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
 
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
 
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみんscikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
 
00001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_2024022700001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_20240227
 
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
 

JIRA Agileを活用したアジャイル開発実践事例 #AUGJ

  • 1. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. JIRA Agileを活用したアジャイル開発実践事例 2015/07/23(木) グロースエクスパートナーズ株式会社 ITアーキテクト 関 満徳 第15回 Tokyo Atlassian ユーザーグループ @Yahoo!Japan #augj
  • 2. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 本セッションの概要 • アジャイル開発とは? • JIRA Agile とは? • 開発現場では、どう活用してるか? 困ったことや試行錯誤したこととは? • まとめ
  • 3. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 本セッションのゴール • JIRA Agile で出来ることが、1つ以上わかる • はじめてアジャイル開発を、JIRA Agile を 活用して進める際、最初に考慮すべきポイント が何かがわかる
  • 4. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. グロースエクスパートナーズ • 略 称 :GxP • 主戦場 :SI • 開発基盤:アトラシアン製品 • 本日はアトラシアンエキスパートとしてではなく! SIの現場における、アトラシアン製品の ヘビーユーザーとしてのお話をします!! 3
  • 5. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. アジェンダ • アジャイル開発とは? • JIRA Agile とは? • 開発現場では、どう活用してるか? 困ったことや試行錯誤したこととは? • まとめ
  • 6. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. アジェンダ • アジャイル開発とは? • JIRA Agile とは? • 開発現場では、どう活用してるか? 困ったことや試行錯誤したこととは? • まとめ
  • 7. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. アジャイル開発とは 6
  • 8. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. アジャイル開発とは いきなりまとめますが • アジャイル開発とは –提供したい価値を「小さく」「素早く」届ける ための仕組み –小さい失敗を重ねて大きく成功するための考え方 • 実際のプロジェクトに適用するには –現在のプロジェクトで出来ていないことを課題と して見える化し、一つずつ改善する 7
  • 9. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. アジャイル開発とは ポイントを1つに絞ると • アジャイル開発を円滑にすすめるためには –『プロジェクトの現状の見える化』をどれだけ 継続的に出来るかが重要 8Nonaka Scrum Creating Knowledge with Users – 平鍋健児 - http://www.slideshare.net/hiranabe/nonaka-scrum-creating-knowledge-with-users
  • 10. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. アジェンダ • アジャイル開発とは? • JIRA Agile とは? • 開発現場では、どう活用してるか? 困ったことや試行錯誤したこととは? • まとめ
  • 11. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. JIRA Agileとは 10
  • 12. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. JIRA Agile とは いきなりまとめますが • JIRA Agile とは –プロジェクトの現状の見える化の中でも、特に 『開発の現状の見える化』の手間を最小限に抑えて 『開発者が開発に集中』する環境を支援する道具 11JIRA Agile by Atlassian for JIRA Cloud, JIRA Server - https://marketplace.atlassian.com/plugins/com.pyxis.greenhopper.jira JIRA AGILE 6.2 IS GONNA BE EPIC! – http://blogs.isostech.com/atlassian-tools/greenhopper-6-2-gonna-epic/ JIRA – tracking projects in an Agile way - http://blog.daviddemartini.com/archives/4093
  • 13. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. アジェンダ • アジャイル開発とは? • JIRA Agile とは? • 開発現場では、どう活用してるか? 困ったことや試行錯誤したこととは? • まとめ
  • 14. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 開発現場では、どう活用してるか? 困ったことや試行錯誤したこととは? 13
  • 15. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 今回紹介する事例の概要(1/2) • 顧客がエンドユーザーに提供するWebサービス +クライアントアプリをSIerとして開発・提供 • GxPと共に仕様決め • GxPの開発基盤に顧客もユーザーとして参加 • JIRA+JIRA Agile+JIRA Capture+Stash +Confluence+Crowd を共同利用 14
  • 16. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 今回紹介する事例の概要(2/2) • 開発規模:GxP 10人+顧客 4人=14人(ピーク時) • 期間:2012/12-2015/07 • チケット数:約2,100 • スプリント回数:50回 –プロトタイプ作成時:2週間/1スプリント –ピーク時:1週間/1スプリント –保守フェーズ:1ヶ月/1スプリント 15
  • 17. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 開発プロセスとツールの関係 16 ビジネス 価値 朝会 リリースバーンダウン スプリント グルーミング グルーミング 運用 バックログ スプリント バックログ オポチュニティ バックログ プロダクト バックログ 受け入れ テスト グルーミング 運用のサイクル 顧客からの フィードバック 問い合わせ アラート インシデント イベント管理 顧客 依頼・要望 問題・検討 リスク 起票 課題 課題管理 シナリオ ユーザー ストーリー 運用要件 要件管理 業務要件 プロダクト バックログ スプリント バックログ 実装管理 構成管理 リリース管理 発行インストーラー リリース可能な 動くサービスの 積み上げ Git連携
  • 18. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. プロジェクト立ち上げ時の状況 • 顧客はアジャイル開発やスクラムを知らない • 顧客は JIRA / JIRA Agile / Confluenceを 知らない • 顧客は Git を知らない 17
  • 19. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. プロジェクト立ち上げ時の状況 • 顧客はアジャイル開発やスクラムを知らない • 顧客は JIRA / JIRA Agile / Confluenceを 知らない • 顧客は Git を知らない • とりあえず、細かいことは全部こちらでやる ので、まずはやりましょう!から始めた • 起票の仕方と、課題の探し方だけ最初に教えた 18
  • 20. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. まず最初にやったこと • 必要な『課題フィルター』をひたすら作った • 『ダッシュボード』をホーム画面にした –オンライン/オフラインでの打ち合わせの 起点をダッシュボードにした –打ち合わせ中にたどり着きたい情報は すべてダッシュボードからたどれるようにした →電話や対面での打ち合わせが円滑に! 19
  • 21. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 現在のダッシュボード 20 ダッシュボード
  • 22. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 現在のダッシュボード 21 【フィルター】 リリースノート一覧 ※コンポーネントで絞り込み 【ガジェット】 バーンダウンチャート 【ガジェット】 作成済み vs 解決済みグラフ ※最近追加された課題 【フィルター】 顧客着手中課題一覧 ※コンポーネントで絞り込み 【ガジェット】 JIRA Agile ウォールボード ※自分の課題で絞り込み 【フィルター】 最近追加された課題一覧 【ガジェット】 Agileヘルスガジェット 【フィルター】 お気に入りフィルター 【アクティビティストリーム】 ※自社メンバーで絞り込み 【アクティビティストリーム】 ※顧客メンバーで絞り込み
  • 23. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 開発の現状の見える化 開発の進め方をざっくりまとめると • やりたいことを洗い出す • 今回やること、次やること、その後…を決める • 仕様を決める • 開発する • テストする • 顧客が確認する • 次やることを決める 22
  • 24. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 開発の現状の見える化 JIRA Agileを活用して見える化した場合 • やりたいことを洗い出す • 今回やること、次やること、その後…を決める • 仕様を決める • 開発する • テストする • 顧客が確認する • 次やることを決める 23
  • 25. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. やりたいことを洗い出す • 案件毎の大きなテーマ単位で、課題を作成 –課題タイプは『エピック』を指定 • ユーザーストーリーの単位で、課題を作成 –課題タイプは『ストーリー』を指定 –関連するエピック課題に属させる –ストーリー課題は、必要に応じて工程の数だけ作成 » [要件検討] » [設計] » [開発] » [テスト] [顧客テスト] 24
  • 26. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. やりたいことを洗い出す 25 エピック プラン
  • 27. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. やりたいことを洗い出す 26 エピック課題
  • 28. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. やりたいことを洗い出す 27 エピック課題 エピックの 基礎情報 エピックに関する概要 エピックの各工程毎に 課題タイプ「ストーリー」を作成 バックログに 溜まる
  • 29. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 開発の現状の見える化 JIRA Agileを活用して見える化した場合 • やりたいことを洗い出す • 今回やること、次やること、その後…を決める • 仕様を決める • 開発する • テストする • 顧客が確認する • 次やることを決める 28
  • 30. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 今回やること、次…を決める • それぞれのストーリー課題に対して、 いつやるかを決めて、スプリントに設定 » [要件検討] » [設計] » [開発] » [テスト] 29 [要件検討] XXXXXXXXXXXXXXXX [設計] XXXXXXXXXXXXXXXX [開発] XXXXXXXXXXXXXXXX [テスト] XXXXXXXXXXXXXXXX
  • 31. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. スプリントは並行稼動 30 1週目 仕様決め 0 仕様決め 2週目 開発者ジョイン 1 開発 0 仕様決め 3週目 テスタージョイン 2 テスト 1 開発 0 仕様決め 4週目 顧客テスタージョイン 3 顧客確認 2 テスト 1 開発 0 仕様決め 5週目 全員ジョイン 0 仕様決め 3 顧客確認 2 テスト 1 開発 6週目以降 ループ・・・・・ 1 開発 0 仕様決め 3 顧客確認 2 テスト
  • 32. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. スプリントは並行稼動 • 初回リリースまで –スプリント0:やること決める&仕様決め –スプリント1:エンジニアが開発 –スプリント2:テスターがテスト –スプリント3:顧客によるテスト&リリース判定 –スプリントn:複数分のスプリントをまとめて リリース • 保守フェーズの場合 –ひたすら開発&できたら即お客様に確認依頼 31 スプリントごとに 関わるロールが異なる が、空き時間はない!
  • 33. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. [参考]優先順位の決め方(1/2) • 優先順位付けの判定基準 1. 各要求について費用対効果を分析し、もたらされる 価値が最も高い要求を優先 2. 実装後に進捗や成功が早く確認できる要求を優先 3. 各要求を実現するプロジェクトについて、失敗する リスクが高いものを優先 4. 最も簡単に実装できそうな要求を優先 5. 法規制やポリシーを遵守する必要があるものについて、 それに関する要求を優先 6. 他の要求との関係上、分析や実装が急がれる要求を優先 7. ステークホルダーの合意がとれた要求から順に分析、実装 8. 緊急性の高い要求を優先 32Business Analysis教科書 BABOK CCBA - http://www.amazon.co.jp/dp/4798124826/
  • 34. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. [参考]優先順位の決め方(2/2) • 優先順位付けにおいて注意すべきこと 1. 交渉の余地のない要望に対して、優先順位を高くつけて しまいがち 2. ステークホルダーが、難しい選択を嫌がったり代替案を 検討する必要性を認めない場合、また、要求すべてに 高い優先順位をつけるよう強いてきた場合、ステーク ホルダーの意見に従わざるを得なくなることがある 3. 非現実的な代替案が出された場合、選択の余地がなく 優先順位の付けようがなくなる 4. ソリューション開発チームが、ある要求に対して 実装の難易度や複雑さを過大評価してしまう 33Business Analysis教科書 BABOK CCBA - http://www.amazon.co.jp/dp/4798124826/
  • 35. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 開発の現状の見える化 JIRA Agileを活用して見える化した場合 • やりたいことを洗い出す • 今回やること、次やること、その後…を決める • 仕様を決める • 開発する • テストする • 顧客が確認する • 次やることを決める 34
  • 36. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. スプリントをまわす 35 作業
  • 37. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. スプリントをまわす 36 クイックフィルター 作業 作業前のタスク ・オープン ・再オープン ・保留 進行中のタスク ・設計中 ・開発中 ・テスト中 解決済みのタスク ・設計完了 ・開発完了 ・テスト完了 クローズしたタスク ・設計レビュー済 ・最終マージ済 ・テスト確認済
  • 38. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. スプリントをまわす • ブランチの管理 –『[開発]課題』ごとに、ブランチを作成 –『顧客確認』単位ごとに、ブランチを作成 » 開発者によるブランチのマージは、運用上禁止 » プルリクエストによるソースコードレビュー後、 『顧客確認用ブランチ』へマージ ▸ Stash + JIRA Agile の組み合わせが最強! –『リリース』単位ごとに、ブランチを作成 » リリース判定の結果OKが出た課題は、 『リリース用ブランチ』へマージ 37
  • 39. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. スプリントをまわす 38 コミットメッセージは、 『JIRAの課題番号 + 半角スペース + 実装内容』を記載
  • 40. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. スプリントをまわす • テスト/顧客テスト –テスト結果のエビデンスや気になったことは、 テスト課題のコメントに記載 » Webサイトのテスト結果でNGの場合、 指摘事項は『JIRA Capture』を使って記録 39
  • 41. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. スプリントをまわす • テスト/顧客テスト –テスト結果のエビデンスや気になったことは、 テスト課題のコメントに記載 » Webサイトのテスト結果でNGの場合、 指摘事項は『JIRA Capture』を使って記録 40 [ポイント] 事前にテンプレー トを作成して共有 しておく ↓ 起票の度に各項目 を入力する手間が 省ける
  • 42. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 開発の現状の見える化 JIRA Agileを活用して見える化した場合 • やりたいことを洗い出す • 今回やること、次やること、その後…を決める • 仕様を決める • 開発する • テストする • 顧客が確認する • 次やることを決める 41
  • 43. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 開発の現状の見える化 42 プラン
  • 44. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 開発の現状の見える化 43 Version エピック バックログ スプリント クイックフィルター プラン それぞれのスプリントや バックログに、すでに 入っている課題の 入れ替えを行う
  • 45. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 開発の現状の見える化 44 レポート
  • 46. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. アジェンダ • アジャイル開発とは? • JIRA Agile とは? • 開発現場では、どう活用してるか? 困ったことや試行錯誤したこととは? • まとめ
  • 47. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. まとめ 46
  • 48. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. まとめ • アジャイル開発を円滑にすすめるためには –『プロジェクトの現状の見える化』をどれだけ 継続的に出来るかが重要 • JIRA Agile とは –プロジェクトの現状の見える化の中でも、特に 『開発の現状の見える化』の手間を最小限に抑えて 『開発者が開発に集中』する環境を支援する道具 47
  • 49. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. コンタクト先 URL Blog http://fullvirtue.com/ Twitter https://twitter.com/fullvirtue 是非フォローしてください! Facebook https://www.facebook.com/fullvirtue Email fullvirtue@gmail.com 資料公開場所 http://slideshare.net/fullvirtue/ これまで登壇してきた資料はこちらで公開しています!是非ご覧ください! 登壇者のご紹介 48 グロースエクスパートナーズ株式会社 ITアーキテクト エンタープライズ向けのIT業界にて、企画から開発運用および新規事業 立ち上げに関与。現職は、エンタープライズ向けの新規サービス立ち上げ 支援ITコンサルタントおよびITアーキテクト。 これまで、顧客に価値をもたらすITサービスを提供し続けられることを 目標としたワークショップ型セッションに数多く登壇。超初心者のための ITスクール『TECH GARDEN SCHOOL』を毎週土曜日運営する かたわら講師としても活躍。アジャイル開発やスクラム、プロダクト マネジメント、Visual Studio / Microsoft Azureに関わるコミュニティ の数々の主催またはコアメンバーとして積極的に活動中。 関 満徳 せき みつのり
  • 50. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 最後に • GxPではエンジニアを募集しています! http://www.gxp.co.jp/recruit/how-to-apply.html • 本日紹介したような環境で一緒に働きませんか? 49
  • 51. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. 50 ご清聴ありがとうございました
  • 52. Copyright© Growth xPartners, Inc. All rights reserved. CONFIDENTIAL  本文書は、グロースエクスパートナーズ株式会社が著作権その他の権利を有する営業秘密(含サプライヤー等第三者が権利を有するもの) です。  当社の許可なく複製し利用すること、また漏洩することは「著作権法」「不正競争防止法」によって禁じられております。  本資料内の社名・製品名は各社の登録商標です。 51