Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

『プラグマティック・ペルソナ ~再演~』第6回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜

2,324 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

『プラグマティック・ペルソナ ~再演~』第6回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜

  1. 1. プラグマティック・ペルソナ~再演~2011年11月25日(金)第6回 POStudy@fullvirtue1Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  2. 2. POStudyのご紹介(1/3)POStudy(プロダクトオーナーシップ勉強会)とは(1/1) 日本のITサービス業界において「プロダクトマネジメント」という分野が欠落していると言われています。そんな中で、いかに「プロダクトオーナーシップ」を発揮していくかについて、普段の生活や仕事を通して自己成長を重ねていく為のヒントを提供していきます。– 【オフライン】» 東京・沖縄を中心にワークショップ形式の勉強会を通じて「参加者同士で議論」を行い「情報交換」をすることで互いに有益な場を作っていきます。– 【オンライン】» ワークショップを中心とした動画・静止画コンテンツを配信していきます。2Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  3. 3. POStudyのご紹介(2/3)POStudyの情報を得るには(1/1)3Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.Question Answer / URLイベント情報のメール通知を受け取りたいときは?POStudy用のDoorKeeperへメンバー登録してください!次回以降の告知やお知らせがメールで届きます。http://postudy.doorkeeper.jp/過去の資料を閲覧したり、参加レポートを参照したいときは?以下のPOStudy公式サイトにて過去の資料や今後の予定等を公開しています。https://sites.google.com/site/spostudy/ツイートする時のハッシュタグは?以下のハッシュタグをお使いください!#postudyPOStudyの最新情報が欲しい、or 参加者と議論をしたいときは?POStudyのFacebookグループへご参加ください!https://www.facebook.com/groups/postudy/Twitterによるお知らせを購読したいときは?POStudyのTwitterアカウントをフォローしてください!https://twitter.com/POStudySmile/
  4. 4. POStudyのご紹介(3/3)過去に実施してきたテーマ(1/1)4Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第1回 2011/09/16(金) アジャイルとスクラム 9名第2回 2011/09/30(金) ユーザーストーリーマッピング ~前編~ 18名第3回 2011/10/14(金) ユーザーストーリーマッピング ~後編~ 19名第4回 2011/10/28(金) ユーザーストーリーマッピング ~再演~ 31名第5回 2011/11/11(金) プラグマティック・ペルソナ 26名第6回 2011/11/25(金) プラグマティック・ペルソナ ~再演~ -第7回 2012/01/27(金) ストーリーテリング ~概要~ -
  5. 5. 事前アンケート結果(1/2)プラグマティック・ペルソナの– スマートフォンのアプリ開発– オフィスの昼ご飯体験– かんがえときます– 前回出てないのでよく分からないです…– コンシューマ向けPCのプラグマティックペルソナ-多分受講者内に業界人がいない-受講者がそれなりに得意な分野– あえてのデジタルじゃないものというのもありだと思います。食品とか。– 勉強会検索サービス:皆、共通に興味がありそうだから– アジャイル開発を導入しようとしている大手ベンダ対象となるテーマ– (1)amazonのようなEコマースサイト– (2)TSUTAYAオンライン配信のようなサイト(出来ればなにか新しいテーマがあると面白いかもしれません)– ★(3)Cookpadみたいなお料理レシピ投稿サイト、だけど昨今の弁当族向けに特化した内容のサイトとか。– (4)市民ランナー向けのレース情報提供サイト(すでにありますが、もっと進んだやつ)。且つランナー間での情報交換とか、オフ会とかのサポートとか。– what,who,howと言うところを深堀したい– 食品メーカーの営業ニッチですね。。。なんでもOKです。– 空気が読めないので、うまく言えないかも知れませんが、何か実サービスを例にしてしまったらわかりやすいように思いました。もしくは、受託のありそうな案件例とか。5
  6. 6. 事前アンケート結果(2/2)プラグマティック・ペルソナの– パットンがやったナビ系– 樽本さんがやった旅行サイト– CSPO研修で行ったアイデア出しから– その他 告知ーず、食べログなど、使っていそうなアプリだとイメージしやすいかな。– 電車の利用者。SNS(twitter等)の利用者。– Twitter利用者はどんな人か?– 国内のスマートフォンユーザで、アプリとしてゲームを楽しみたいと思っているユーザ。– 高級温泉旅館の予約システム高級とか温泉とかの制約を設けることで、ペルソナを限定しやすいかと思いました。対象となるテーマ– スマートフォンユーザーとか?– twitterサービスの利用者– マクドナルド利用者– ディズニーランドの入園者– atnd.orgの利用者6
  7. 7. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.今日のアジェンダ(1/1)第5回の復習第5回各チーム振り返り結果ご紹介ワークショップ #1ワークショップ #2プラグマティック・ペルソナ 解説ワークショップ #3ワークショップ #4ワークショップ #5ワークショップ #6振り返り&ディスカッション7
  8. 8. おことわり(1/1)今回の資料について 今回の資料は、以下の資料を参考にしています。私自身のオリジナルはほとんどありませんので、ご了承ください。 ワークショップの内容は、Jeff Pattonさんが作成した資料および @kawaguti さんが翻訳した資料に加えて、構成について @kawaguti さんの協力を頂きました。8
  9. 9. 第5回の復習いきなり本題に入る前に、前回までの復習をしましょう9
  10. 10. 第5回で行った進め方の紹介第5回は、「プロダクトオーナー勉強会の参加者」をテーマにプラグマティック・ペルソナについてまずは簡単に全体的な流れを5つのワークショップに分けて実施しました10
  11. 11. 第5回各チーム振り返り結果ご紹介前回の振り返り結果をご紹介します11
  12. 12. 第5回各チーム振り返り結果ご紹介(1/6)Aチーム(1/1) Keep– 全テーブルの内容を共有できた– 隠れたニーズに気づいた– 最初に絵を描くことが良かった– ペルソナの属性をマインドマップで洗い出してた Problem– 1回でペルソナを完成しなかった– 具体的な業務へのヒントが欲しかった– 絵心がないよ– 笑笑はどうかと思う Try– プラグマティックペルソナを完成させたい– 失敗事例を知りたい– 絵ではなく、写真素材を使うのはどうか12
  13. 13. 第5回各チーム振り返り結果ご紹介(2/6)Bチーム(1/1) Keep– 進行がしっかりしている– あっという間の90分– プラグマティック・ペルソナの定義は何となくわかった– 経験者と初心者を交ぜるのは続けましょう– なごやかムード– いろいろな意図で参加している人がいることがわかった– 参加意図が違っても、同じ方向で話し合うことが出来る– 参加者の情報共有– ワークショップ結果を見て回れてよかった– おもしろかった Problem– ワークショップの意図がわからない→まだ途上だからだと期待します– 同僚に「何をやったか」伝えにくい– 頭の整理が出来ていない– 配付資料を読む時間が欲しい– 資料は来たときに配ってくれてもよかったかも(読む時間が取れるので)– タイプではなく職業でリストされてた→投票できない Try– どういった意見(ペルソナタイプ)が多かったかは、集計しておいて欲しい– 次も参加して結末知りたい、必ず参加– 遅刻しないようにしましょう– 違うネタでもう1度やってみたい– 川口さん、次回は来てください 13
  14. 14. 第5回各チーム振り返り結果ご紹介(3/6)Cチーム(1/1) Keep– イラストを描くのが面白かった→視点の違いがわかった→Openになった(気持ちが開いた)→下手でも気にならなかった– 時間配分が良かった– おやつごちそうさま– 出だしのマラソンネタよかった problem– 説明の時間が不足していた→★を描くのか正を描くのか– 正ではなく++++の方が逆でも書ける– アウトプットがイメージと違った– 今回のワークショップが、どうペルソナに繋がるのかわからない Try– ++++を使おう– 前編・後編(中編?)とかがはじめにわかると良い14
  15. 15. 第5回各チーム振り返り結果ご紹介(4/6)Dチーム(1/1) Keep– 絵で自己紹介– 大阪のホテルの話が面白かった(リラックス)– 他の人の考えが見れた– 時間は良かった Problem– 開始が遅れた 緊張した– 続きが気になる 絵はハードルが上がる– ネタ大会になってる– 票の多いアイディアが何の意味を持つかわからない– 資料をじっくり読む時間が欲しかった– 課題がわかりにくい– 自分が行った結果が良かったのか分からない Try– その回の中で個人にフィードバックを返す– Blog書くまでが勉強会です– 次回も参加– プラグマティック・ペルソナをした後どんな工程があるのか説明する– 絵の上手い・下手がわかりにくくなるように、クレヨンで絵を描く→気持ち的に絵を描きやすくなる– 早く来れるようにする15
  16. 16. 第5回各チーム振り返り結果ご紹介(5/6)Eチーム(1/2) Keep– 参加者枠多くて助かった– 初めてだったけど会ったことある人がけっこういた– 柔軟な遅刻対応– 歩き回るとリフレッシュできる– 道に迷ったけどちゃんと着いた– 会場の広さがちょうどいい– 他のチームの人が洗い出したものを見れるというのは新たな発見があっていいです!– おかし まんじゅううまい– 懇親会安いらしい– みんなの発想が面白い– 川口さん 川口さんキター! Skypeで参加– 絵を描くのは楽しい ヘタだけど– プラグマティック の意味がわかった problem– 欠席者多い キャンセル率高い 雨– お腹空いた なんかモヤモヤ– まだよくわからない– 正直プラグマティックの有り無しがわからない– 傘をどこに置いたらいいか分からない– お水欲しかったなー– 余興の大阪マラソンの報告があまりなかった(短かった)– 関さんの説明が一度聞いただけでは理解できなかった、ごめんなさい– 絵描けなかった、ごめんなさい– つぶやいてる人少ない– WSのアウトラインが分かりづらかった– WSの目的があまり理解できなかった– 絵が下手、絵が怖い 字が汚い16
  17. 17. 第5回各チーム振り返り結果ご紹介(6/6)Eチーム(2/2) Try– 食べてから来ましょうね→7分目ぐらいで– 川口さんの紙見て復習しよう– 川口さん次来てね– 天気 体調 仕事– プラグマティック・ペルソナを復習しよう– お水準備– WSのアウトラインを初めに説明してください– 関さんにもう少し楽になって貰えるように何かしたい– 絵を描こう!– 練習しよう!– 今日の内容を復習するFチーム(1/1) Keep– はじめまして 山田さん– 企画→ペルソナ→ユーザーストーリー→流れがわかった– 比較的ゆったりできた(相対的) problem– プラグマティック・ペルソナとワークショップの関連性が「?」– ワークショップの密度が薄い– ペルソナ立てる前の仮説止まりでワークショップが終わった– うちわ必要なかった Try– 知らない人と交ざっていきたい– more ペルソナ作成– 遅刻しない!!17
  18. 18. ワークショップ#1皆様から頂いたテーマ案から、今日のワークショップのテーマを決めましょうテーブルごとに、今日ワークショップをやるテーマを決めてください(チームワークショップ)18
  19. 19. ワークショップ#2各チームごとに改めて自己紹介を行ってください(チームワークショップ)19
  20. 20. プラグマティック・ペルソナ解説Jeff Patton氏が作成したプラグマティック・ペルソナの説明資料、および @kawaguti 氏が翻訳した日本語版を元に、プラグマティック・ペルソナについて解説します20
  21. 21. ワークショップ#3ポストイットを使って、テーマにあったユーザーのタイプについてブレインストーミングを実施してください21
  22. 22. ワークショップ#4ユーザーのタイプを擬人化してくださいファシリテーター役を1人決めて、ユーザーのタイプ1つ1つについて、ファシリテーターがディスカッションを主導してください22
  23. 23. ワークショップ#5ペンを持ってすべてのテーブルをまわり、これはいいね!と思った観点について「★」をつけてください(個人ワークショップ)23
  24. 24. ワークショップ#6「★」を一番多く描いて貰えたペルソナを発表して頂きましょう(全員)24
  25. 25. 振り返り&ディスカッション今日気づいたことをテーブルごとに共有してください各チームでの振り返り結果を、配布したA3用紙に記載してください次回、全チームの振り返り結果をまとめたものをご連絡します25
  26. 26. まとめ今日お話したことを振り返ってみましょう26
  27. 27. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.今日お話したこと(1/1)第5回の復習第5回各チーム振り返り結果ご紹介ワークショップ #1ワークショップ #2プラグマティック・ペルソナ 解説ワークショップ #3ワークショップ #4ワークショップ #5ワークショップ #6振り返り&ディスカッション27
  28. 28. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 28ご静聴ありがとうございました。

×