Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

プロダクトオーナーの道具箱 ~30以上ものプラクティスを使いこなそう~ XP祭り2016 #xpjug

1,867 views

Published on

http://xpjug.com/xp2016-session-g4/

Published in: Internet
  • Be the first to comment

プロダクトオーナーの道具箱 ~30以上ものプラクティスを使いこなそう~ XP祭り2016 #xpjug

  1. 1. マスター タイトルの書式設定 2016年09月24日(土)13:00-14:30 グロースエクスパートナーズ株式会社 ITアーキテクト 関 満徳@fullvirtue #xpjug #g4 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved.
  2. 2. 本セッションの概要 本日のセッションの概要について確認していきます Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 2
  3. 3. 本セッションの概要(1/5) 開催概要(1/1)  プロダクトオーナーの役割やアクティビティを整理した上 で、各アクティビティで活用できる30以上もの道具を一気 に紹介していきます。  その上で、プロダクトオーナーはこれらの道具をどのよう に活用し、チームを前に進めるべきなのか、一緒に議論し ていきましょう。 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 3 イベント申込サイトより抜粋
  4. 4. 本セッションの概要(2/5) 今日のゴール(1/1)  プロダクトオーナーの役割やアクティビティを 自分の言葉で説明できる  プロダクトオーナーとして役割を果たすには、 どうしたらいいかアイディアを持って帰る Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 4
  5. 5. No. 道具名 数 必須 備考 1 A3用紙 人数分×10枚前後 必須 2 サインペン(黒) 人数分 必須 裏写りしにくいペンならなおよい 3 紙用マッキー(8色) 島数分 任意 裏写りしにくいペンならなおよい 4 付箋(大きさは任意) 人数分 任意 5 6 7 8 9 10 本セッションの概要(3/5) 本ワークショップで使用するもの(1/1) Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 5
  6. 6. 本セッションの概要(4/5) 今回の資料について(1/2)  今回の資料は、以下を参考にしています。  スクラム現場ガイド スクラムを始めてみたけどうまくいかない時に読む本 – https://www.amazon.co.jp/dp/4839951993/  A Product Management Skills Map For Product Owners – http://www.mironov.com/pm-skills4po/  Agile Product Management with Scrum – http://pm.stackexchange.com/questions/4707/why-cant-the- scrummaster-and-the-project-manager-be-the-same-person Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 6
  7. 7. 本セッションの概要(5/5) 今回の資料について(2/2)  今回の資料は、以下を参考にしています。  Agile Product Ownership – http://pm.stackexchange.com/questions/4707/why-cant-the- scrummaster-and-the-project-manager-be-the-same-person  The Product Owner - Top 10 Responsibilities – https://dzone.com/articles/product-owner-top-10 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 7
  8. 8. 本セッションの概要 アジェンダ  13:05- プロダクトオーナーの役割とアクティビティ  13:50- プロダクトオーナーの道具箱  14:25- まとめ  14:30- 終了 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 8
  9. 9. 本セッションの概要 アジェンダ  13:05- プロダクトオーナーの役割とアクティビティ  13:50- プロダクトオーナーの道具箱  14:25- まとめ  14:30- 終了 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 9
  10. 10. プロダクトオーナーの役割と アクティビティ まずはおさらいからはじめましょう Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 10
  11. 11. ワークショップ#1 新しいA3用紙を取りだしてください A3用紙の左上に「■ プロダクトオーナーの役割」と 書いてください A3用紙に「プロダクトオーナーの役割」について、 自分の言葉で書いてください Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 11
  12. 12. ワークショップ#2 新しいA3用紙を取りだしてください A3用紙の左上に「■ プロダクトオーナーのアクティビティ」と 書いてください A3用紙に「プロダクトオーナーのアクティビティ」について、 思いつくすべてのアクティビティを書きだしてください ※アクティビティとは、ここでは「やること」という意味です Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 12
  13. 13. ワークショップ#3 2人1ペアになり、先ほど書いた 「■ プロダクトオーナーの役割」 「■ プロダクトオーナーのアクティビティ」 をお互い比べてみてください なにか気づいたことがあれば、気づいたことを書き足してください Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 13
  14. 14. ワークショップ#4 新しいA3用紙を取りだしてください A3用紙の左上に「■ アクティビティ関連図」と 書いてください 先ほど書いた 「プロダクトオーナーのアクティビティ」 のそれぞれを、時系列に並べたり、関係者を書き足すなどして、 アクティビティ間の関連がわかるような関連図を書いてください Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 14
  15. 15. ワークショップ#5 同じテーブルの人同士で、先ほど書いた 「■アクティビティ関連図」 をお互い比べてみてください なにか気づいたことがあれば、気づいたことを書き足してください Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 15
  16. 16. 本セッションの概要 アジェンダ  13:05- プロダクトオーナーの役割とアクティビティ  13:50- プロダクトオーナーの道具箱  14:25- まとめ  14:30- 終了 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 16
  17. 17. プロダクトオーナーの道具箱 道具箱とはいっても、知らないと使えないものばかり!? Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 17
  18. 18. ワークショップ#6 新しいA3用紙を取りだしてください A3用紙の左上に「■ アクティビティに対応したプラクティス」と 書いてください 先ほど書いた 「プロダクトオーナーのアクティビティ」 のそれぞれのアクティビティごとに、活用できる選択肢として存在する ツールや技法、プラクティスを、思いつく限り書き出してください Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 18
  19. 19. ワークショップ#7 同じテーブルの人同士で、先ほど書いた 「 ■ アクティビティに対応したプラクティス」 をお互い比べてみてください なにか気づいたことがあれば、気づいたことを書き足してください Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 19
  20. 20. プロダクトオーナーの アクティビティとプラクティス これまで世界各地で共有されてきた知見をおさらいしてみましょう Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 20
  21. 21. 役割 特徴 スクラムマスター • 信頼を醸成する • 問題に気づくよう促す • 影響力を通じてリーダーシップを発揮する • 人を相手にした仕事を好む • プレッシャーの中でも穏やかでいる プロダクトオーナー • 顧客の要望を聞いて、何が本当に求められているか判別できる • ステークホルダーや顧客と機能について合意できる • プロダクトマネジメントに熟練している • 基礎的な財務会計の経験がある • 開発中のアプリケーションが対象とする業界の経験がある チームメンバー • オープンなマインドの持ち主である • 改善したり人の改善を助けたりしたい • チーム指向である • 尊敬される • 謙虚である プロダクトオーナーの役割とアクティビティ(1/8) [参考]スクラムにおける役割(1/1) Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 21スクラム現場ガイド P098 表5-1 スクラムの役割と能力 https://www.amazon.co.jp/dp/4839951993/
  22. 22. プロダクトオーナーの役割とアクティビティ(2/8) [参考]スクラムの進め方(1/1) 22Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.MOUNTAIN GOAT SOFTWARE http://www.mountaingoatsoftware.com/scrum/figures
  23. 23. プロダクトオーナーの役割とアクティビティ(3/8) [参考]プロダクトオーナーのアクティビティ(1/6) 23Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.出典:MOUNTAIN GOAT SOFTWARE + Powerd by @nawoto @yattom http://www.mountaingoatsoftware.com/scrum/figures
  24. 24. プロダクトオーナーの役割とアクティビティ(4/8) [参考]プロダクトオーナーのアクティビティ(2/6)  Pragmatic Marketing Framework for Product Management Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 24A Product Management Skills Map For Product Owners (#1 of 3) http://www.mironov.com/pm-skills4po/
  25. 25. プロダクトオーナーの役割とアクティビティ(5/8) [参考]プロダクトオーナーのアクティビティ(3/6)  Phases of Product Management Disillusionment in waterfall development Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 25http://www.informit.com/articles/article.aspx?p=1393022&seqNum=3
  26. 26. プロダクトオーナーの役割とアクティビティ(6/8) [参考]プロダクトオーナーのアクティビティ(4/6)  Agile Product Management with Scrum Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 26http://pm.stackexchange.com/questions/4707/why-cant-the-scrummaster-and-the-project-manager-be-the-same-person
  27. 27. プロダクトオーナーの役割とアクティビティ(7/8) [参考]プロダクトオーナーのアクティビティ(5/6)  Agile Product Ownership Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 27http://www.mironov.com/pm-skills4po/ Product Owner
  28. 28. プロダクトオーナーの役割とアクティビティ(8/8) [参考]プロダクトオーナーのアクティビティ(6/6)  The Product Owner - Top 10 Responsibilities 1. Creates and MAINTAINS the Product Backlog. 2. Prioritizes and sequences the Backlog according to business value or ROI 3. Assists with the elaboration of Epics, Themes and Features into user stories that are granular enough to be achieved in a single sprint. 4. Conveys the Vision and Goals at the beginning of every Release and Sprint. 5. Represents the customer, interfaces and engages the customer. 6. Participates in the daily Scrums, Sprint Planning Meetings and Sprint Reviews and Retrospectives. 7. Inspects the product progress at the end of every Sprint and has complete authority to accept or reject work done. 8. Can change the course of the project at the end of every Sprint 9. Communicates status externally. 10. Terminates a Sprint if it is determined that a drastic change in direction is required. Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 28https://dzone.com/articles/product-owner-top-10
  29. 29. 本セッションの概要 アジェンダ  13:05- プロダクトオーナーの役割とアクティビティ  13:50- プロダクトオーナーの道具箱  14:25- まとめ  14:30- 終了 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 29
  30. 30. まとめ(1/1) 今日のゴール(1/1)  プロダクトオーナーの役割やアクティビティを 自分の言葉で説明できる  プロダクトオーナーとして役割を果たすには、 どうしたらいいかアイディアを持って帰る Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 30
  31. 31. お知らせ 皆さまにご案内があります Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 31
  32. 32. POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~のご紹介 POStudy(ぴーおーすたでぃ)とは(1/1)  アジャイルやDevOpsの時代の流れを汲んだ プロダクトマネジメントについて、もっと探究したい プロダクトオーナー/プロダクトマネージャーの為の コミュニティです。 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 32 チャネル URL 公式サイト http://postudy.com/ Slack https://postudyslack.herokuapp.com/ イベント情報メール通知 http://postudy.doorkeeper.jp/ Facebookグループ https://www.facebook.com/groups/postudy/ Twitter https://twitter.com/POStudySmile/ ハッシュタグ #postudy
  33. 33. Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 33 www.postudy.com へ今すぐアクセス! ワークショップの資料をダウンロード可で公開中! 1.アジャイルとスクラム 2.ユーザーストーリーマッピング 3.プラグマティック・ペルソナ 4.ストーリーテリング ~概要~ 5.~ストーリーを生み出す~ 6.~ストーリーを共有する~ 7.~ストーリーを作る~ 8.~よい聞き手になるための学習~ 9.システム思考に学ぶ真の解決策 10.BABOKに学ぶ要求アナリシス 11.Product Management Bootcamp 12.The Specification Exerciseで仕様伝達 13.Fearless Journeyでパターンによる改善 14.Moving Motivatorsに学ぶモチベーション 15.Business Model Canvas 16.RUNNING LEANに学ぶLean Canvas 17.Lean Diagramに学ぶProblem/Solution Fit 18.The Wallet Projectに学ぶデザイン思考 19.ゲーミフィケーションに学ぶWebサービスの価値観 20.ゲームビジネスメソッドに学ぶ購買意思決定理論 21.ペーパープロトタイピングに学ぶユーザー中心設計 22.マシュマロチャレンジでチームビルディング 23.The Beer Gameで学ぶシステム思考 24.Product Discovery Teamに学ぶ成功するための Product Ownership
  34. 34. Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 34 申込 開始 詳細・お申し込みはこちら! http://pmconf.jp/
  35. 35. Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 35 11月26日 (土)開催 詳細・お申し込みはこちら! https://postudy.doorkeeper.jp/events/52385
  36. 36. 本セッションの概要 アジェンダ  13:05- プロダクトオーナーの役割とアクティビティ  13:50- プロダクトオーナーの道具箱  14:25- まとめ  14:30- 終了 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 44
  37. 37. ご静聴ありがとうございました! Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 45 コンタクト先 URL Blog http://fullvirtue.com/ Twitter https://twitter.com/fullvirtue 是非フォローしてください! Facebook https://www.facebook.com/fullvirtue Email fullvirtue@gmail.com 資料公開場所 http://slideshare.net/fullvirtue/ これまで登壇してきた資料はこちらで公開しています!是非ご覧ください! 関 満徳 せき みつのり グロースエクスパートナーズ株式会社 ITアーキテクト Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies

×