Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

プロダクトオーナーの道具箱 ~30以上ものプラクティスを使いこなそう~ XP祭り2016 #xpjug

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 37 Ad

プロダクトオーナーの道具箱 ~30以上ものプラクティスを使いこなそう~ XP祭り2016 #xpjug

Download to read offline

http://xpjug.com/xp2016-session-g4/

http://xpjug.com/xp2016-session-g4/

Advertisement
Advertisement

More Related Content

Viewers also liked (20)

More from 満徳 関 (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

プロダクトオーナーの道具箱 ~30以上ものプラクティスを使いこなそう~ XP祭り2016 #xpjug

  1. 1. マスター タイトルの書式設定 2016年09月24日(土)13:00-14:30 グロースエクスパートナーズ株式会社 ITアーキテクト 関 満徳@fullvirtue #xpjug #g4 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved.
  2. 2. 本セッションの概要 本日のセッションの概要について確認していきます Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 2
  3. 3. 本セッションの概要(1/5) 開催概要(1/1)  プロダクトオーナーの役割やアクティビティを整理した上 で、各アクティビティで活用できる30以上もの道具を一気 に紹介していきます。  その上で、プロダクトオーナーはこれらの道具をどのよう に活用し、チームを前に進めるべきなのか、一緒に議論し ていきましょう。 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 3 イベント申込サイトより抜粋
  4. 4. 本セッションの概要(2/5) 今日のゴール(1/1)  プロダクトオーナーの役割やアクティビティを 自分の言葉で説明できる  プロダクトオーナーとして役割を果たすには、 どうしたらいいかアイディアを持って帰る Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 4
  5. 5. No. 道具名 数 必須 備考 1 A3用紙 人数分×10枚前後 必須 2 サインペン(黒) 人数分 必須 裏写りしにくいペンならなおよい 3 紙用マッキー(8色) 島数分 任意 裏写りしにくいペンならなおよい 4 付箋(大きさは任意) 人数分 任意 5 6 7 8 9 10 本セッションの概要(3/5) 本ワークショップで使用するもの(1/1) Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 5
  6. 6. 本セッションの概要(4/5) 今回の資料について(1/2)  今回の資料は、以下を参考にしています。  スクラム現場ガイド スクラムを始めてみたけどうまくいかない時に読む本 – https://www.amazon.co.jp/dp/4839951993/  A Product Management Skills Map For Product Owners – http://www.mironov.com/pm-skills4po/  Agile Product Management with Scrum – http://pm.stackexchange.com/questions/4707/why-cant-the- scrummaster-and-the-project-manager-be-the-same-person Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 6
  7. 7. 本セッションの概要(5/5) 今回の資料について(2/2)  今回の資料は、以下を参考にしています。  Agile Product Ownership – http://pm.stackexchange.com/questions/4707/why-cant-the- scrummaster-and-the-project-manager-be-the-same-person  The Product Owner - Top 10 Responsibilities – https://dzone.com/articles/product-owner-top-10 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 7
  8. 8. 本セッションの概要 アジェンダ  13:05- プロダクトオーナーの役割とアクティビティ  13:50- プロダクトオーナーの道具箱  14:25- まとめ  14:30- 終了 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 8
  9. 9. 本セッションの概要 アジェンダ  13:05- プロダクトオーナーの役割とアクティビティ  13:50- プロダクトオーナーの道具箱  14:25- まとめ  14:30- 終了 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 9
  10. 10. プロダクトオーナーの役割と アクティビティ まずはおさらいからはじめましょう Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 10
  11. 11. ワークショップ#1 新しいA3用紙を取りだしてください A3用紙の左上に「■ プロダクトオーナーの役割」と 書いてください A3用紙に「プロダクトオーナーの役割」について、 自分の言葉で書いてください Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 11
  12. 12. ワークショップ#2 新しいA3用紙を取りだしてください A3用紙の左上に「■ プロダクトオーナーのアクティビティ」と 書いてください A3用紙に「プロダクトオーナーのアクティビティ」について、 思いつくすべてのアクティビティを書きだしてください ※アクティビティとは、ここでは「やること」という意味です Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 12
  13. 13. ワークショップ#3 2人1ペアになり、先ほど書いた 「■ プロダクトオーナーの役割」 「■ プロダクトオーナーのアクティビティ」 をお互い比べてみてください なにか気づいたことがあれば、気づいたことを書き足してください Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 13
  14. 14. ワークショップ#4 新しいA3用紙を取りだしてください A3用紙の左上に「■ アクティビティ関連図」と 書いてください 先ほど書いた 「プロダクトオーナーのアクティビティ」 のそれぞれを、時系列に並べたり、関係者を書き足すなどして、 アクティビティ間の関連がわかるような関連図を書いてください Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 14
  15. 15. ワークショップ#5 同じテーブルの人同士で、先ほど書いた 「■アクティビティ関連図」 をお互い比べてみてください なにか気づいたことがあれば、気づいたことを書き足してください Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 15
  16. 16. 本セッションの概要 アジェンダ  13:05- プロダクトオーナーの役割とアクティビティ  13:50- プロダクトオーナーの道具箱  14:25- まとめ  14:30- 終了 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 16
  17. 17. プロダクトオーナーの道具箱 道具箱とはいっても、知らないと使えないものばかり!? Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 17
  18. 18. ワークショップ#6 新しいA3用紙を取りだしてください A3用紙の左上に「■ アクティビティに対応したプラクティス」と 書いてください 先ほど書いた 「プロダクトオーナーのアクティビティ」 のそれぞれのアクティビティごとに、活用できる選択肢として存在する ツールや技法、プラクティスを、思いつく限り書き出してください Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 18
  19. 19. ワークショップ#7 同じテーブルの人同士で、先ほど書いた 「 ■ アクティビティに対応したプラクティス」 をお互い比べてみてください なにか気づいたことがあれば、気づいたことを書き足してください Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 19
  20. 20. プロダクトオーナーの アクティビティとプラクティス これまで世界各地で共有されてきた知見をおさらいしてみましょう Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 20
  21. 21. 役割 特徴 スクラムマスター • 信頼を醸成する • 問題に気づくよう促す • 影響力を通じてリーダーシップを発揮する • 人を相手にした仕事を好む • プレッシャーの中でも穏やかでいる プロダクトオーナー • 顧客の要望を聞いて、何が本当に求められているか判別できる • ステークホルダーや顧客と機能について合意できる • プロダクトマネジメントに熟練している • 基礎的な財務会計の経験がある • 開発中のアプリケーションが対象とする業界の経験がある チームメンバー • オープンなマインドの持ち主である • 改善したり人の改善を助けたりしたい • チーム指向である • 尊敬される • 謙虚である プロダクトオーナーの役割とアクティビティ(1/8) [参考]スクラムにおける役割(1/1) Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 21スクラム現場ガイド P098 表5-1 スクラムの役割と能力 https://www.amazon.co.jp/dp/4839951993/
  22. 22. プロダクトオーナーの役割とアクティビティ(2/8) [参考]スクラムの進め方(1/1) 22Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.MOUNTAIN GOAT SOFTWARE http://www.mountaingoatsoftware.com/scrum/figures
  23. 23. プロダクトオーナーの役割とアクティビティ(3/8) [参考]プロダクトオーナーのアクティビティ(1/6) 23Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.出典:MOUNTAIN GOAT SOFTWARE + Powerd by @nawoto @yattom http://www.mountaingoatsoftware.com/scrum/figures
  24. 24. プロダクトオーナーの役割とアクティビティ(4/8) [参考]プロダクトオーナーのアクティビティ(2/6)  Pragmatic Marketing Framework for Product Management Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 24A Product Management Skills Map For Product Owners (#1 of 3) http://www.mironov.com/pm-skills4po/
  25. 25. プロダクトオーナーの役割とアクティビティ(5/8) [参考]プロダクトオーナーのアクティビティ(3/6)  Phases of Product Management Disillusionment in waterfall development Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 25http://www.informit.com/articles/article.aspx?p=1393022&seqNum=3
  26. 26. プロダクトオーナーの役割とアクティビティ(6/8) [参考]プロダクトオーナーのアクティビティ(4/6)  Agile Product Management with Scrum Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 26http://pm.stackexchange.com/questions/4707/why-cant-the-scrummaster-and-the-project-manager-be-the-same-person
  27. 27. プロダクトオーナーの役割とアクティビティ(7/8) [参考]プロダクトオーナーのアクティビティ(5/6)  Agile Product Ownership Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 27http://www.mironov.com/pm-skills4po/ Product Owner
  28. 28. プロダクトオーナーの役割とアクティビティ(8/8) [参考]プロダクトオーナーのアクティビティ(6/6)  The Product Owner - Top 10 Responsibilities 1. Creates and MAINTAINS the Product Backlog. 2. Prioritizes and sequences the Backlog according to business value or ROI 3. Assists with the elaboration of Epics, Themes and Features into user stories that are granular enough to be achieved in a single sprint. 4. Conveys the Vision and Goals at the beginning of every Release and Sprint. 5. Represents the customer, interfaces and engages the customer. 6. Participates in the daily Scrums, Sprint Planning Meetings and Sprint Reviews and Retrospectives. 7. Inspects the product progress at the end of every Sprint and has complete authority to accept or reject work done. 8. Can change the course of the project at the end of every Sprint 9. Communicates status externally. 10. Terminates a Sprint if it is determined that a drastic change in direction is required. Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 28https://dzone.com/articles/product-owner-top-10
  29. 29. 本セッションの概要 アジェンダ  13:05- プロダクトオーナーの役割とアクティビティ  13:50- プロダクトオーナーの道具箱  14:25- まとめ  14:30- 終了 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 29
  30. 30. まとめ(1/1) 今日のゴール(1/1)  プロダクトオーナーの役割やアクティビティを 自分の言葉で説明できる  プロダクトオーナーとして役割を果たすには、 どうしたらいいかアイディアを持って帰る Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 30
  31. 31. お知らせ 皆さまにご案内があります Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 31
  32. 32. POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~のご紹介 POStudy(ぴーおーすたでぃ)とは(1/1)  アジャイルやDevOpsの時代の流れを汲んだ プロダクトマネジメントについて、もっと探究したい プロダクトオーナー/プロダクトマネージャーの為の コミュニティです。 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 32 チャネル URL 公式サイト http://postudy.com/ Slack https://postudyslack.herokuapp.com/ イベント情報メール通知 http://postudy.doorkeeper.jp/ Facebookグループ https://www.facebook.com/groups/postudy/ Twitter https://twitter.com/POStudySmile/ ハッシュタグ #postudy
  33. 33. Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 33 www.postudy.com へ今すぐアクセス! ワークショップの資料をダウンロード可で公開中! 1.アジャイルとスクラム 2.ユーザーストーリーマッピング 3.プラグマティック・ペルソナ 4.ストーリーテリング ~概要~ 5.~ストーリーを生み出す~ 6.~ストーリーを共有する~ 7.~ストーリーを作る~ 8.~よい聞き手になるための学習~ 9.システム思考に学ぶ真の解決策 10.BABOKに学ぶ要求アナリシス 11.Product Management Bootcamp 12.The Specification Exerciseで仕様伝達 13.Fearless Journeyでパターンによる改善 14.Moving Motivatorsに学ぶモチベーション 15.Business Model Canvas 16.RUNNING LEANに学ぶLean Canvas 17.Lean Diagramに学ぶProblem/Solution Fit 18.The Wallet Projectに学ぶデザイン思考 19.ゲーミフィケーションに学ぶWebサービスの価値観 20.ゲームビジネスメソッドに学ぶ購買意思決定理論 21.ペーパープロトタイピングに学ぶユーザー中心設計 22.マシュマロチャレンジでチームビルディング 23.The Beer Gameで学ぶシステム思考 24.Product Discovery Teamに学ぶ成功するための Product Ownership
  34. 34. Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 34 申込 開始 詳細・お申し込みはこちら! http://pmconf.jp/
  35. 35. Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 35 11月26日 (土)開催 詳細・お申し込みはこちら! https://postudy.doorkeeper.jp/events/52385
  36. 36. 本セッションの概要 アジェンダ  13:05- プロダクトオーナーの役割とアクティビティ  13:50- プロダクトオーナーの道具箱  14:25- まとめ  14:30- 終了 Copyright © POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~. All rights reserved. 44
  37. 37. ご静聴ありがとうございました! Copyright © @fullvirtue. All rights reserved. 45 コンタクト先 URL Blog http://fullvirtue.com/ Twitter https://twitter.com/fullvirtue 是非フォローしてください! Facebook https://www.facebook.com/fullvirtue Email fullvirtue@gmail.com 資料公開場所 http://slideshare.net/fullvirtue/ これまで登壇してきた資料はこちらで公開しています!是非ご覧ください! 関 満徳 せき みつのり グロースエクスパートナーズ株式会社 ITアーキテクト Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies

Editor's Notes

  • https://www.amazon.co.jp/dp/4839951993/
  • http://www.mironov.com/pm-skills4po/
  • http://www.informit.com/articles/article.aspx?p=1393022&seqNum=3
  • http://www.mironov.com/pm-skills4po/
  • http://www.mironov.com/pm-skills4po/
  • http://www.mironov.com/pm-skills4po/

    1. 作成し、プロダクトバックログを維持します。
    2. ビジネス価値やROIに応じて優先順位をつけ、バックログをシーケンス
    3. 叙事詩の精緻化とアシストは、ユーザー・ストーリーへのテーマと機能の十分な粒状の単一スプリントで達成されること。
    4. すべてのリリースおよびスプリントの開始時にビジョンと目標を伝えます。
    5. 顧客、インターフェイスを表し、顧客に係合します。
    6. 毎日スクラム、スプリント計画ミーティングとスプリントレビューや回顧展に参加しています。
    7. すべてのスプリントの終わりに製品の進行状況を検査し、受け入れるか、仕事が終わっ拒否するための完全な権限を有しています。
    8. すべてのスプリントの終わりにプロジェクトのコースを変更することができます
    9. 外部からステータスを通信します。
    10. 方向の急激な変化が必要であると判定された場合にスプリントを終了します。
  • メモして下さい
  • https://dzone.com/articles/product-owner-top-10

    1. 作成し、プロダクトバックログを維持します。 私は、これは、進行中の仕事以上の可能性が高いフルタイムの活動であるとして維持して強調しています。 何もソフトウェアの世界では一定ではありません、それはプロダクトオーナーがボールに彼/彼女の目を保つことが重要です。注:プロダクトバックログは、生産性を維持するためにチームのために、スプリント計画ミーティングの前に手入れをしなければなりません。
    2. 優先順位付けとビジネス価値やROIに応じてバックログをシーケンスは、(製品の所有者は、この被験者に関する書籍の多くを行うためのツールがたくさんある)プロダクトオーナーは、バックログは、前スプリント計画ミーティングに、配列決定が要求されます。 これは、各ユーザーストーリーは、相対的な重要度によって順序付けされなければならないことを意味しています。 これは、5高い優先度や5の媒体の優先順位を持つことは良いです。 これは、#2等である#1、そのユーザーの話です知っておくことが重要です
    単一のスプリントで達成するのに十分な粒状であるユーザーストーリーへの叙事詩、テーマと機能の精緻化と 3 アシスト 。 ユーザーストーリーは、最後の責任の瞬間に詳述されており、チームが必要とされる正確に理解するのに役立つようにスプリント計画ミーティング中にそこにプロダクトオーナーの責任です。
    4. すべてのリリースとスプリントの開始時にビジョンと目標を伝えます 。 プロダクトオーナーは、継続的にスプリントやリリース目標のチームを思い出させる必要があります。 これは、トラック上のチームを維持するのに役立ち、に対してそれらの活性と進捗状況を測定するためにチームのためにオーバーアーチ目安として機能します。
    5. 顧客、インターフェイスを表し、顧客に係合します 。 プロダクトオーナーは、継続的にチームが適切な製品を構築するため、それに期待ROIを提供されていることを確認するために、顧客や利害関係者を従事しなければなりません。 プロダクトオーナーは、すべてのスプリントの終わりに別の方向にチームを操縦する機会を持っているので、彼/彼女が必要な場合はちょうどそれを行う準備ができなければなりません。
    毎日スクラム、スプリント計画ミーティングとスプリントレビューやふりかえり6.参加しています。 上に行く多く、常に会議を逃すための口実は常にあります。 しかし、これらのスクラム儀式のそれぞれは、検査と適応するプロダクトオーナーのための別の機会です。 そして、これらの儀式で存在する結果として成功に等しいです。
    7. すべてのスプリントの最後に、製品の進捗状況を検査し、行われた仕事を受け入れるか拒否するための完全な権限を有しています 。 いずれかの完了または未行わニーズされていない作業は再優先順位付けや配列を決定します。 アジャイルPMが認識し、変化を理解し、製品チームは、風景の変化に適応確実にするために迅速なものである、それ競争、ターゲット市場やその他のこと。
    (あなたが本を読んで、伝統的なスクラムの方法論に従っている場合は30日)8. すべてのスプリントの終わりにプロジェクトのコースを変えることができます 。 プロダクトオーナーは完全に制御されているとスプリント界に完全に異なる方向にチームを導くことができます。 そして、良いアジャイルチームは限りプロダクトオーナーが自信を持って精通しているとして、この変更を歓迎します。
    9. 外部ステータスを通信します。 製品の所有者は、外の世界へのチームの声であり、コミュニケーションのすべてのチャネルが開いていることと、プロジェクトが成功するために必要なサポートの適切な量を持っていることを確認する必要があります。
    競技者がカウンタの応答を要求する新たなバージョンをリリースし、例えば方向の急激な変化が必要であると判断された場合 10. スプリントを終了します 。 これは、スクラムチームのためにかなり深刻なイベントです。 そして、これが「技術的には "何を意味するのか、その点が失われるまで、すべての作業がアップ行っていることです。 私はいずれにしてもスプリントの間にそれほどの時間が本当にそこではない、これは特に以来、私のキャリアの中で何回も行って見ていません。
    プロダクトオーナーの責任は面倒ですし、彼/彼女のためにカバーやたるみをピックアップして、チームの誰もありません。 ですから、プロダクトオーナーを選択している場合、賢明に選択し、違いが成功または失敗プロジェクト全体のか、状況の最悪で、会社の成功または失敗することができます。
  • http://www.slideshare.net/chassa/product-owner-survival-camp-intro
  • http://pm.stackexchange.com/questions/4707/why-cant-the-scrummaster-and-the-project-manager-be-the-same-person
  • http://www.informit.com/articles/article.aspx?p=1393022&seqNum=3
  • http://www.mironov.com/pm-skills4po/
    Pragmatic Marketing Framework for Product management
  • http://www.ba4all.nl/articles
  • https://www.targetprocess.com/blog/2009/07/mind-maps-scrum-extreme-programming-lean/
  • https://scalingsoftwareagility.wordpress.com/category/agile-product-manager/
  • http://pragmaticmarketing.com/resources/product-management-triad
  • http://brenthalliburton.com/how-to-hire-hiring-product-managers/
  • ・一人で考えきると、ろくなことがありません。人に助けを求め、みんなで考えましょう
    ・ドキュメントを共有したことは、アイデアをシェアしたことではありません。アイデアがみんなの頭の中で同一になったときにシェアしたと言えます
    ・可視化しよう。可視化をして指差してコミュニケーションをとっている行為自体が重要。記録が重要ではない。
    ・今やろう。今度やるじゃなくて今やれることを、助けを借りながら共同で実施しよう
    ・学ぶためにアプリケーションを作ろう。博打はやめよう
    ・頭であれだ、これだ考える前に、フィードバックを受けよう
    ・失敗を考えよう。早く失敗して学んで、最終的に成功しよう
    ・たくさんのものを素早く作るのは悪である
  • ペルソナには3種類あります

    プラグマティックペルソナ
    プラグマティックペルソナ+インタビュー
    3. ユーザリサーチ、インタビューからペルソナを作る

    1.2.3.の順番で時間がかかります。1. は想像でペルソナを作るやり方ですが、これだけでも
    若干ましですが、効果が薄いです。2. の場合は若干確度があがってきます。
    3. が本来の意味のペルソナです。
  • 例えば、ユーザさんに質問して、凄く面倒くさい操作をしていてもそれが「普通」と思っていれば問題にならない
    ユーザさんの主観的な視点で要求が語られるし、利害関係もからんでくる

    お医者さんは、クライアントの声を聞くけど、観察して、診断結果を下し、処置をする。

  • https://www.optimalworkshop.com/optimalsort.htm?gclid=CMuawoqKscUCFVSVvQodiVcAcA これは、分かりやすいページ
    http://www.usability.gov/how-to-and-tools/methods/card-sorting.html
    https://calvinsoon.wordpress.com/2009/05/18/flowchart-card-sorting/
  • http://usabilitygeek.com/paper-prototyping-as-a-usability-testing-technique/
  • http://usabilitygeek.com/paper-prototyping-as-a-usability-testing-technique/

    優先順位をつけるポイント
    ・ 先にビジョンやビジネスストラテジ、プロダクトの売りを明確にしておく

    ・ ビジネスストラテジの優先順位をつける
    ・ ターゲットの顧客とユーザを決める
    ・ ゴールとアクティビティを特定し、優先順位づけする
    ・ ストーリを選ぶ

    つまり、ストーリの優先順位づけは最後である。
  • ストーリが出来上がった時点で、ストーリを削減していないのは、まだ仕事がおわっていないということ。
    優先順位づけして、それが、最終的にリリースするものの中途半端なものではなく、小さく削減された、シャープなバージョンになるようにする。
    であるので、業務が回るかどうかはちゃんと考えておくこと。
  • 見積もりをするのは、リリースプランニングを実施するとき、

×