Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

横浜オープンデータデイ2014企画概要書1月27日版

4,288 views

Published on

  • Be the first to comment

横浜オープンデータデイ2014企画概要書1月27日版

  1. 1. 横浜インターナショナルオープンデータデイ 2014 企画概要書 20140127 主催:横浜インターナショナルオープンデータデイ実行委員会    横浜オープンデータソリューション発展委員会
  2. 2. 開催趣旨 昨年の横浜オープンデータデイ ←オープンデータ活用アプリで街歩き 横浜オープンデータソリューション発展委員会では、世界 中の国や都市などの公共機関が取り組んでいるオープン データ政策をサポートし、公共データ利用を促進するため のイベント「インターナショナルオープンデータデイ」に 参加します。 2014年2月22日(土)に世界で同日開催される「インター ナショナルオープンデータデイ」は、昨年は世界102地域、 国内8地域で開催されました。今年はそれ以上の参加地域 が見込まれ、国内だけでも約30地域が参加します。 当日は、産・官・学・民、さまざまな立場の方々がオープ ンデータを通じて街や地域と向き合い、仲間を作り、新た な一歩を踏み出す機会です。各地の関心や社会課題などに 応じて、公共データを活用したアプリケーション開発や、 データの発掘・公開、可視化や分析などを行います。公共 データを社会課題の解決や街づくり、ビジネスなどに幅広 く活用していくきっかけにしていきましょう。 横浜会場では、開催にあたって産・官・学・民、各主体の 皆様に参画をお願いし、実行委員会を組織して推進してい きます。 横浜オープンデータデイへのご参加をお待ちしております。 横浜オープンデータソリューション発展委員会 ↑オープンデータ利活用のアイデアを出し合うアイデアソン ■What’s International Open Data Day? http://odhd14.okfn.jp/ 世界中で70を越える都市がエントリーし、日本では横浜の他、 札幌/東京/千葉/名古屋/京都/鯖江/会津若松/青森など 現在24都市での開催が予定されています。以下のサイトに開催 都市のリストがあります。 http://okfn.jp/2014/01/16/iodd2014-2/ http://wiki.opendataday.org/2014/City_Events 以下のサイトで、昨年度のopen data dayで各地で行われたイベ ントが紹介されています。 http://odhd13.okfn.jp/
  3. 3. 全体構成フロー図 日時:2月22日(土)午前10時~午後6時   場所:横浜港大さん橋   国際客船ターミナル CIQプラザ等   主催:横浜オープンデータソリューション       発展委員会   横浜オープンデータデイ実行委員会       後援:横浜市 等(予定) 基本コンセプト 横浜開港の地「大さん橋」から世界最先端のIT国家・日本のハブとな る「データ・ポート横浜」を世界に発信 金沢区育なび.net    アイデアソン   金沢  金沢区役所・2月5日 横浜北部防災 アイデアソン   横浜  東京都市大学横浜キャンパス       2月10日      前夜祭(準備MTG)   プレ  大さん橋CIQプラザ      2月21日19:00 午   前 2.22  当日イベント AR街歩き・ワークショップ   (マリンタワー出発〜   あ 大さん橋) 分科会4 分科会2   総合   ハッカソン 分科会3 分科会1 ご オープンデータ×観光×横浜・神奈川 アイデアソン   12:30〜 ー 午   後 展 示 13:00〜   13:30   ブース出展者   ライトニング   ・トーク   あ   2020東京五輪に向けて(大さん橋会場)          午後1時~午後4時30分   2020東京五輪に向けて、横浜・神奈川の観光を盛り   上げるための県内自治体及び事業者によるアイデアソン エンディングイベント    (大さん橋CIQ会場) 10:00-­‐15:30 発表: 横浜 15:30-­‐16:00   審査:   16:00-­‐16:15   表彰   16:15-­‐16:30     年間活動報告、オープンデータデー各企画報告、   オープンデータデー宣言等   ウィキペディア   タウン横浜   10:00   集合・中央図書館   ▽横浜赤レンガ倉庫   ▽横浜能楽堂 ういき ▽大佛次郎記念館   ▽マリンタワー        14:00大さん橋着     Wikipedia編集     16:30〜18:00
  4. 4. 全体実施概要 開催目的 開催日 ・横浜開港の地「大さん橋」から世界最先端のIT国家・日本のハブとなる 「データ・ポート横浜」を世界に発信 2014年2月22日(土)午前10時〜午後6時(終了後に懇親会あり) 場所 横浜港大さん橋国際客船ターミナルCIQプラザ及び周辺地域 (マリンタワー、横浜市立中央図書館等) 主 催 横浜オープンデータソリューション発展委員会 横浜インターナショナルオープンデータデイ実行委員会 共 催 横浜港大さん橋国際客船ターミナル指定管理者 相鉄企業株式会社 後 援 (調整中)横浜市、神奈川県、リスト株式会社、株式会社野毛印刷社、大さん橋指定管理者相鉄 企業株式会社 、マイクロソフト、NTTデータ 協 力 横浜市立中央図書館(調整中) 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団(調整中) 広報計画 新聞等を中心とした各種媒体、ヨコハマ経済新聞等ネットメディア、Facebook、Twitterなどの ソーシャルメディアなどにより告知
  5. 5. 展開概要 分科会1 タイトル 分科会1:オープンデータ×観光×横浜・神奈川アイデアソン「2020東京五輪に向けて」 場 所 大さん橋CIQプラザ内 目 的 これまで主にオープンデータに関連して横浜で行ってきた文化観光に関する取り組み、市などが 提供するオープンデータ、それを用いたアプリをみた上で、横浜市+神奈川県下の各都市で文化 観光に関して可能なアプリ、必要なデータ、企画のアイディアを発展させる。2020年五輪も意識 する。 構 成 ■13:00 スタート ■13:00-13:15 挨拶、概要説明 ■13:15-13:45 ブース展示ライトニングトーク ■13:45-14:00 現状で使えるデータの紹介 ■14:00-16:30 アイディアソン、各班の発表 ■参加費:無料 関連データサ イト 横浜オープンデータポータル http://data.yokohamaopendata.jp/group/jrrk_yokohama 旧東海道ハッカソンデータ http://opendata.mods.jp/tokaido/ 参加定員 40名
  6. 6. 展開概要 分科会2 タイトル 分科会2:横浜オープンデータデイ・総合ハッカソン 場 所 大さん橋CIQプラザ内 目 的 子育て、防災、観光分野等において、オープンデータを活用したアプリを開発します。 事前に行われる、2つのアイデアソン、横浜市金沢区での「子育てサービスアイデア創造ワーク ショップ」や、横浜市青葉区での「横浜北部防災アイデアソン」等で出されたオープンデータ利 活用アイデア等を題材として、エンジニア・デザイナーなどが集い、アプリを作成します。 構 成 ■10:00 概要説明及び、オープンデータ利活用アイデアの紹介 ■10:30 開発テーマごとに、グループに分かれ開発開始 ■15:30 開発終了 各グループが開発したアプリのプレゼン開始 ■16:00 作品選考開始 ■16:15 受賞作品発表 ■16:30 終了 ■参加費:無料 関連サイト 金沢育なび.net http://kirakana.city.yokohama.lg.jp/ 横浜オープンデータポータル http://data.yokohamaopendata.jp/ 等 参加予定 人数 30人
  7. 7. 展開概要 分科会3 タイトル 分科会3:AR歴史街歩き 場 所 マリンタワー〜大さん橋CIQプラザ内 目 的 マリンタワーから大さん橋まで、ARアプリを使って、浮世絵、絵葉書などの歴史的画像を見ながら、 歴史街歩きを行う。さらに5m✕5mの古地図のガリバーマップに、ARマーカーやQRコードを貼り、 スマートフォンを通して歴史的画像などを体験したり、また、ラジコンヘリのAR Droneを用いて大 さん橋周辺を空撮した動画をARで見ることを可能にするという企画も準備中。 構 成 ■10:00-10:30 概要説明、アプリ説明(於マリンタワー2階) ■10:30 -11:30 AR歴史街歩き(出発 マリンタワー、到着 大さん橋) ■11:30-12:00 大さん橋会場で5m✕5mのARガリバーマップ、AR Droneデモを見る ■参加費:無料(保険料100円程度必要です。) ■実施概要 当日は、グループごとにガイド、およびiPadを持ったスタッフが随行する。したがって、iPhoneや Androidのスマートフォンなしでも参加可能。 iPhoneやAndroidをお持ちの方は、ARプラットフォームjunaio(無料)のダウンロードによって、当 日、「チャンネルへのアクセス情報だけで、直ちに「AR歴史街歩き」のためのアプリが使用可能に なる。 参加定員 30名
  8. 8. 展開概要 分科会4 タイトル 分科会4:Wikipedia Town ワークショップ 横浜 場 所 横浜市立中央図書館〜大さん橋CIQプラザ 目 的 Wikipedia Townワークショップは歴史や文化など、地域魅力資源についての取材を通じて、記事 や写真をWikipediaに投稿するワークショップです。実際に地域の歴史や文化に触れ、学んだこ とをウェブを通じて世界に向けて発信します。取材先施設ではそれぞれ施設スタッフによる施設 ツアーを敢行します。施設ツアーの後は見聞きした内容、撮影した写真をWikipediaにアップし ます。 構 成 ■取材対象・横浜能楽堂・横浜美術館 ・横浜赤レンガ倉庫 ・大佛次郎記念館      ・横浜マリンタワー(調整中) ■10:30 横浜市立中央図書館集合 ■10:30〜説明 Wikipediaの基本 ■11:00〜11:10 グループ分け、その後取材対象施設へ移動(グループごとに昼食) ■13:00 取材施設集合 ■13:00〜13:45 施設見学ツアー、その後大さん橋へ移動 ■〜16:00 大さん橋会場でWikipedia編集 ■参加費無料 参加予定 人数 40人
  9. 9. 展開概要 ブース展示・ポスターセッション タイトル ブース展示・ポスターセッション 場 所 大さん橋CIQプラザ ブース出展エリア 目 的 オープンデータを活用した行政・企業など様々な主体の活動を紹介します、活動内容についての ライトニングトークもあります。 構 成 ■12:30 スタート ■途中、隣接の「オープンデータ・アイデアソン会場」にてライトニングトークを開催 ■13:30 終了 ■1ブースに付き、3つ折りのパーテイション一つ、長テーブル一つ、椅子3つをご用意します。 参加予定 人数 15社/団体程度
  10. 10. 展開概要 会場ゾーニング ▽大さん橋CIQプラザ (各スペースはパーテイションなどで仕切ります) ステージ及び スクリーン ◆出展ブース基本構成 控 え ス ペ ー ス ア スイ ペデ ア スソ ン ハッカソンスペース 懇 親 会 パ Wikipedia TOWN スペース ー ト ル 約 32 メ ー 入 口 方 面 受 付 ・ 事 務 局 ー ・長テーブル1つ (1500☓600☓高さ700) 椅子3脚 ・3つ折りパーテイション (パネル等掲出可能) ブース展示スペース 約73メートル リハーサル・ VIP対応など テ 会 場
  11. 11. 運営体制 横浜 オープンデータ ソリューション 発展委員会 横浜 オープンデータデイ 実行委員会 ・共催 ・後援 ・協力 各自治体・企業・団体等 横浜オープン データデイ事務局 分科会1 オープンデータ× 観光× 横浜・神奈川 アイデアソン 分科会2 総合ハッカソン 分科会3 AR歴史街歩き 分科会4 Wikipedia Town ワークショップ 横浜 記録班 ・映像撮影 / 配信 ・写真 ・同行取材 ブース出展 ポスターセッ ション エンディング イベント
  12. 12. イベント制作スケジュール 作業項目 広報等 01月 ・後援等呼びかけ ・ブース出展呼びかけ ・告知開始 02月 前日 ・広報施策 ・プレスリリース 当日 ・取材対応 ・VIP対応 全体 分科会1 アイデアソン 分科会2 総合ハッカソン ・概要固める ・タイムキープ ・各分科会コーディネイト                         ・会場準備 ・タイムテーブル作成 ・ブース対応 ・全体MTG ・実行委員会編成 ・記録 ・事務局体制編成 ・エンディング ・記録班編成             ・懇親会 ・事前のアイデア抽出 ・実行段取り ・前日準備 ・実施 ・コア参加者、チームの準備 ・アイデア抽出 ・データカタログ調査 ・金沢区子育てアイデアソン ・横浜北部防災アイディアソン ・事前に参加者にアイデア共有 ・前日準備 ・実施 ・前日準備 ・実施 ・前日準備 ・実施 分科会3 AR歴史まちあるき 分科会4 Wikipedia TOWN ・AR写真等準備 ・取材対象セッティング ・取材対象資料等事前準備

×