Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2013年7月22日[月]
建築学棟 8階スタジオスペース
中村文彦×藤掛洋子
ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして
対
話
⑨
ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 9899 中村文彦×藤掛洋子
人
間
中
心
の
都
市
計
画
と
国
際
援
助
中
村
 
僕
は
こ
の
都
市
イ
ノ
ベ
ー
シ
ョ
ン
研
究
院
の
研
究
院
長
を
や
っ
て...
ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 100101 中村文彦×藤掛洋子
も
う
ひ
と
つ
は
、
駅
前
広
場
を
つ
く
っ
た
研
究
の
前
か
ら
そ
う
な
ん
で
す
が
、
日
本
で
交
通
の
先
生
と
い
う...
ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 102103 中村文彦×藤掛洋子
国
際
協
力
の
現
場
に
関
わ
る
な
か
で
、
特
に
ジ
ェ
ン
ダ
ー
と
開
発
や
人
間
開
発
、
評
価
の
あ
り
方
に
興
味
を...
ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 104105 中村文彦×藤掛洋子
ミ
ク
ロ
の
視
点
/
マ
ク
ロ
の
視
点
藤
掛
 
対
象
地
域
の
人
々
の
視
点
を
大
切
に
し
た
開
発
計
画
が
大
切
だ
と...
ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 106107 中村文彦×藤掛洋子
て
い
る
効
用
は
、
数
学
的
に
考
え
る
と
も
の
す
ご
く
ミ
ク
ロ
な
話
に
な
っ
て
し
ま
い
ま
す
。
横
浜
駅
ま
で
行...
ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 108109 中村文彦×藤掛洋子
と
な
る
べ
き
彼
ら
・
彼
女
ら
は
病
院
に
す
ら
来
れ
な
い
、
と
い
う
こ
と
が
あ
る
わ
け
で
す
。
病
院
に
来
な
い...
ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 110111 中村文彦×藤掛洋子
る
。
三
次
元
加
速
度
計
を
つ
け
る
と
、
歩
い
て
行
っ
た
の
か
バ
ス
に
乗
っ
た
の
か
、
そ
れ
と
も
馬
で
行
っ
た...
ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 112113 中村文彦×藤掛洋子
べ
て
公
有
地
化
し
て
、
そ
れ
を
全
部
分
け
与
え
、
同
時
に
三
〇
年
ロ
ー
ン
を
組
ま
せ
る
ん
で
す
。
井
戸
も
与...
ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 114115 中村文彦×藤掛洋子
や
る
。
日
本
だ
と
、
二
〇
年
後
の
画
を
つ
く
り
、
一
〇
年
ぐ
ら
い
経
っ
た
ら
そ
れ
を
見
直
し
ま
す
が
、
い
つ...
ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 116117 中村文彦×藤掛洋子
て
い
る
こ
と
を
、
き
ち
ん
と
社
会
に
還
元
し
て
い
く
と
い
う
こ
と
を
し
て
い
か
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
と
思
っ...
ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 118119 中村文彦×藤掛洋子
そ
の
な
か
で
き
ち
ん
と
発
言
し
て
い
く
こ
と
が
大
事
だ
と
思
い
ま
す
。
日
本
は
市
民
社
会
が
成
熟
し
て
い
な...
ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 120121 中村文彦×藤掛洋子
そ
の
北
欧
の
方
々
の
話
は
、
人
間
の
価
値
観
を
変
え
て
い
か
な
い
と
い
け
な
い
ん
だ
け
れ
ど
も
、
そ
れ
を
ど...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

対話2012 2014(中村文彦x藤掛洋子)

509 views

Published on

対話2012 2014(中村文彦x藤掛洋子)

Published in: Business
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Be the first to like this

対話2012 2014(中村文彦x藤掛洋子)

  1. 1. 2013年7月22日[月] 建築学棟 8階スタジオスペース 中村文彦×藤掛洋子 ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 対 話 ⑨
  2. 2. ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 9899 中村文彦×藤掛洋子 人 間 中 心 の 都 市 計 画 と 国 際 援 助 中 村   僕 は こ の 都 市 イ ノ ベ ー シ ョ ン 研 究 院 の 研 究 院 長 を や っ て い ま す が 、 工 学 部 ・ 理 工 学 部 で 言 う と こ ろ の 都 市 基 盤 を 専 門 と し て い ま す 。 都 市 基 盤 と 言 う と わ か り に く い ん で す け れ ど も 、 学 問 分 野 で い う と 土 木 工 学 と な り ま す 。 土 木 工 学 に 対 す る イ メ ー ジ は 千 差 万 別 だ と 思 い ま す が 、 街 を つ く る 、 海 岸 で 津 波 が 来 る メ カ ニ ズ ム を 検 討 す る 、 あ る い は 埋 め 立 て 地 の 地 盤 の 沈 下 を 調 べ た り 、 土 砂 崩 れ の メ カ ニ ズ ム 、 ま た コ ン ク リ ー ト の 材 料 を 如 何 に 頑 丈 か つ 長 持 ち す る よ う に つ く る の か と い っ た 研 究 が 土 木 工 学 の 主 流 で す 。 私 が や っ て い る こ と は 、 そ れ ら と 比 べ る と 異 質 で 、 交 通 計 画 に つ い て 研 究 し て い ま す 。 交 通 と 一 言 で 言 っ て も 、 人 が 動 く 交 通 と 、 物 が 動 く 交 通 が あ り 、 そ れ に 加 え て 情 報 が 動 く 交 通 と が あ り ま す 。 私 は 特 に 、 人 が 動 く 交 通 の 問 題 に 興 味 が あ っ た の で 、 そ の 研 究 を ず っ と し て き ま し た 。 こ の 横 浜 国 立 大 学 に 来 る 前 は 東 京 大 学 に い ま し て 、 都 市 工 学 科 と い う 学 科 に い た の で す が 、 そ こ で の 自 分 の 研 究 は ど ん な テ ー マ だ っ た か と 言 う と 、 駅 前 広 場 の バ ス タ ー ミ ナ ル を 実 際 に つ く る と い う も の で し た 。 東 急 田 園 都 市 線 に 青 葉 台 駅 が あ り ま す が 、 一 九 八 七 年 か ら 改 修 工 事 を し て 、 た ま た ま そ の プ ロ ジ ェ ク ト に 参 加 さ せ て も ら い 、 三 、 四 年 後 に は 本 当 に バ ス タ ー ミ ナ ル を つ く る た め に い ろ い ろ な こ と を さ せ て も ら い ま し た 。 青 葉 台 駅 に 行 く と 、 ほ か の 駅 と は ち ょ っ と 違 う ん で す 。 た と え ば 、 横 断 歩 道 が バ ス 停 車 道 に は み 出 て い た り 、 あ る い は 無 駄 に 案 内 板 が 大 き か っ た り す る 。 僕 が 設 計 し た ん で す け ど ね 。 バ ス 会 社 は 、 バ ス の 乗 り 場 が 一 七 個 ほ し い と 言 い 、 で も そ ん な に つ く っ て し ま う と す ご く 歩 道 が 狭 く な っ て し ま う の で 、 一 三 個 の 数 で 足 り る よ う な 設 計 を し ま し た 。 僕 の 転 機 は 九 二 年 に 、 二 年 間 タ イ の バ ン コ ク に 住 ん で い た と き で す 。 東 大 の 助 手 を や り な が ら 、 タ イ に あ る ア ジ ア 工 科 大 学 の 教 員 も 二 年 間 務 め て い ま し た 。 ア ジ ア を 中 心 に 、 世 界 二 〇 ヶ 国 か ら 一 〇 〇 〇 人 の 大 学 院 生 が 集 ま る 大 学 で す 。 教 員 一 四 〇 名 で 、 日 本 か ら も 一 〇 人 く ら い 派 遣 さ れ 、 僕 も J I C A の 教 育 専 門 家 と し て 派 遣 さ れ て い た ん で す 。 正 直 に 言 い ま す と 、 タ イ に 行 く と 決 ま る ま で 、 タ イ が 何 処 に あ る か 私 は 知 ら な か っ た 。 き っ と イ ン ド シ ナ 半 島 の あ た り だ ろ う 、 と 。 い ま だ っ た ら 、 ベ ト ナ ム が あ っ て ラ オ ス が あ っ て カ ン ボ ジ ア が あ っ て と 言 え ま す が 、 実 際 に 行 っ て み て ア ジ ア の 交 通 の 勉 強 を し て み た ら 、 と て も 面 白 か っ た わ け で す 。 も の す ご く ダ イ ナ ミ ッ ク で 法 律 も な い の に 、 み ん な 上 手 に や っ て い る 。 同 時 に い ろ ん な 問 題 も あ っ て 、 こ れ は 勉 強 す る と 楽 し い ぞ と 思 い ま し た 。
  3. 3. ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 100101 中村文彦×藤掛洋子 も う ひ と つ は 、 駅 前 広 場 を つ く っ た 研 究 の 前 か ら そ う な ん で す が 、 日 本 で 交 通 の 先 生 と い う と 、 高 速 道 路 や 信 号 、 交 差 点 、 あ と 新 幹 線 と い っ た テ ー マ が 主 で 、 少 し ず れ た 人 た ち で も 流 行 っ て い る の は 路 面 電 車 や 地 下 鉄 な ど だ っ た の で 、 バ ス 研 究 と い う の は 極 め て 人 気 が あ り ま せ ん で し た 。 僕 の も と も と の 習 性 な ん で す が 、 人 気 の な い と こ ろ や 評 判 が 悪 い と こ ろ に や た ら と 自 分 の エ ネ ル ギ ー を 投 下 す る 癖 が あ る ん で す よ ね 。 そ れ で バ ス の 勉 強 を し て い て 、 タ イ か ら 帰 っ て き た 時 期 に 、 ブ ラ ジ ル の ク リ チ バ と い う 都 市 の 市 長 が 講 演 す る 機 会 が あ っ た ん で す 。 ブ ラ ジ ル の こ と は 何 も 知 ら な い ん で す が 、 ク リ チ バ と い う 街 を 自 分 は 見 て お か な け れ ば い け な い と 、 も の す ご く 直 感 的 に 一 目 惚 れ を し ま し た 。 人 口 一 三 〇 万 人 の 街 で バ ス を 生 か し て い る こ と 、 人 間 を 中 心 に 都 市 を 考 え て い る こ と 、 そ れ か ら 予 算 の 少 な い な か で 、 で き る だ け 知 恵 を 使 い な が ら ヨ ー ロ ッ パ に 負 け な い 美 し い 街 並 み を つ く っ て い る こ と 。 そ う い っ た こ と を も っ と 自 分 は 勉 強 し た い と 思 い 、 九 五 年 に ク リ チ バ に 行 き ま し た 。 た だ 、 当 時 の ク リ チ バ は 素 晴 ら し い 場 所 だ っ た の で す が 、 現 在 の ク リ チ バ は と て も ひ ど い 状 況 な ん で す 。 二 〇 〇 四 年 頃 か ら ブ ラ ジ ル 政 府 が 、 こ の 先 を 勝 ち 抜 い て い く た め に は 自 動 車 産 業 と エ ネ ル ギ ー 政 策 が 必 要 だ と い う こ と で 、 自 動 車 を 国 民 に 買 わ せ 、 燃 料 を ど ん ど ん 使 わ せ る と い う 政 策 を 推 進 し た こ と で 、 ク リ チ バ で も 車 が 増 え ま し た 。 そ れ に 対 す る 対 応 が 少 し 出 遅 れ て し ま っ た 結 果 、 ク リ チ バ は 移 動 す る の が す ご く 不 便 に な っ て し ま い 、 貧 し い 方 た ち は バ ス を 使 う け ど 、 ミ ド ル か ら 上 の 階 級 は バ ス を 使 わ な く な っ て し ま っ た 。 教 育 は 市 内 で し か さ れ て お ら ず 、 市 外 ま で 走 っ て い る バ ス に は 落 書 き や い た ず ら が ど ん ど ん 増 え て い る 、 と い う よ う な 問 題 が 起 き て い ま す 。 な の で 、 自 分 の 持 っ て い る 知 識 を 最 大 限 に 使 っ て 、 こ の ク リ チ バ が お か し く な っ て い る の を 戻 す た め に 、 微 力 な が ら 手 伝 い を い け な い と 思 い 、 ク リ チ バ で 客 員 教 授 も し て い ま す 。 藤 掛   私 は ち ょ う ど 中 村 先 生 が 九 二 年 に J I C A の 専 門 家 と し て ア ジ ア 工 科 大 学 に 赴 任 さ れ て い た と き に 、 民 間 企 業 を 辞 め 、 米 国 で 少 し 勉 強 し た あ と 国 際 協 力 事 業 団 ︵ 現 機 構 、 J I C A ︶青 年 海 外 協 力 隊 と し て パ ラ グ ア イ に 参 り ま し た 。 そ こ で パ ラ グ ア イ 農 牧 省 に 勤 務 を し た こ と を 皮 切 り に J I C A 専 門 家 と し て 再 び パ ラ グ ア イ 厚 生 省 、 そ の 後 は チ ュ ニ ジ ア 、 ペ ル ー 、 ホ ン ジ ュ ラ ス 、 グ ア テ マ ラ と い っ た 国 で 国 際 協 力 に 関 わ る 仕 事 を し て き ま し た 。 当 時 の 民 間 企 業 で は 、 総 合 職 と い う 制 度 が で き は じ め た 時 代 で し た し 、 私 も そ う い っ た 仕 事 の 流 れ の な か に い た の で す が 、 企 業 の 歯 車 に な る の に 少 し 疲 れ を 感 じ て い た と い う の も あ っ て ⋮ ⋮ そ う し た と き に 出 会 っ た 協 力 隊 を 皮 切 り に 国 際 協 力 の 現 場 を も っ と 知 り た い と 思 う よ う に な っ た ん で す 。
  4. 4. ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 102103 中村文彦×藤掛洋子 国 際 協 力 の 現 場 に 関 わ る な か で 、 特 に ジ ェ ン ダ ー と 開 発 や 人 間 開 発 、 評 価 の あ り 方 に 興 味 を 持 ち ま し た 。 J I C A の 仕 事 に も 必 ず 評 価 が つ い て き ま す 。 当 時 の 評 価 の 方 法 は 量 的 な 評 価 、 つ ま り ど れ だ け 収 量 が 上 が っ た か や 就 学 率 が 上 が っ た か 、 と い う こ と で し た 。 し か し 、 協 力 隊 も 専 門 家 も 現 地 に い る の は た い て い 二 ∼ 三 年 く ら い の 間 で 、 期 間 中 も 成 果 は あ る と 思 い ま す が 、 社 会 が 変 わ る の は 実 は そ の 活 動 期 間 が 終 わ っ た あ と と い う こ と も 多 い わ け で す 。 私 自 身 が 関 わ っ た パ ラ グ ア イ の 農 村 部 の 女 性 た ち の エ ン パ ワ ー メ ン ト 、 つ ま り 意 識 変 容 と い う 質 的 な 側 面 の 変 化 も 活 動 中 、 そ し て 活 動 の あ と と 徐 々 に 変 化 が 出 始 め た わ け で す が 、 当 時 、 こ の よ う な 質 的 な 変 化 を 評 価 で き る 仕 組 み が な か っ た わ け で す 。 学 生 時 代 に 受 け た 経 済 学 の 効 用 曲 線 や 効 用 最 大 化 と い う 授 業 に 疑 問 を 持 っ た こ と を 思 い 出 し ま し た 。 世 の な か に い ろ ん な 人 が い る の だ か ら 、 数 字 だ け で は 表 せ な い 局 面 と い う の が あ る の で は な い か と 沸 々 と 思 っ て た こ と を で す 。 そ の 思 い と パ ラ グ ア イ の 農 村 女 性 の エ ン パ ワ ー メ ン ト が 結 び つ い て 、 世 の な か に い ろ ん な 人 が い る の だ か ら 、 パ ラ グ ア イ の 農 村 女 性 た ち の 意 識 変 容 を 評 価 で き る よ う な 、 も う 少 し 違 う タ イ プ の 評 価 の 方 法 が あ っ て も 良 い の で は な い か と 思 っ た ん で す 。 そ れ で 、 も っ と 対 象 地 域 の 方 々 の 生 き 方 や 文 化 的 背 景 を 勉 強 し た い と 思 い 、 文 化 人 類 学 の 分 野 で 勉 強 を や り 直 し ま し た 。 す る と 、 や は り 文 化 人 類 学 は 面 白 い と 思 い 、 博 士 課 程 ま で 進 学 し て 文 化 人 類 学 の 視 点 に 依 拠 し た ﹁ ジ ェ ン ダ ー と 開 発 ﹂ と い う 分 野 で 博 士 号 を 取 り ま し た 。 で す の で 、 ど ち ら か と い う と 私 は 工 学 の 先 生 方 と 対 局 に あ る 、 と 思 う の で す が 、 中 村 先 生 と は す ご く 近 い こ と を や っ て い る と い う 感 覚 が あ り ま す 。 と い う の も 、 先 生 は 人 が ど う い う 暮 ら し 方 を し て い る の か と い う こ と を つ ね に 考 え て お ら れ る か ら で す 。 ク リ チ バ の 都 市 基 盤 も 、 人 間 が 中 心 に い る と い う こ と を 言 っ て お ら れ ま し た が 、 人 が 都 市 の な か で ど の よ う に 良 い 人 生 を つ く る の か と い う こ と は 、 私 も 追 い 求 め て い る こ と で あ り ま す 。 話 を 自 分 自 身 の 研 究 に 戻 し ま す と 、 数 字 だ け で は な く 、 人 々 の 意 識 変 容 も 可 視 化 す る 必 要 が あ る と 考 え 、 量 で は な く 質 的 な 変 化 を 可 視 化 す る 評 価 モ デ ル を 構 築 し 、 論 文 を 九 九 年 に 発 表 し ま し た 。 最 初 、 そ の 論 文 は 学 会 で す ご く ︵ 笑 ︶ 、 批 判 さ れ た わ け な ん で す が 、 二 〇 〇 二 年 く ら い か ら そ れ が 評 価 さ れ る よ う に な り 、 J I C A で も ホ ン ジ ュ ラ ス な ど の 貧 困 層 の 支 援 で 使 わ れ る よ う に な り ま し た し 、 N G O や 民 間 企 業 * と の 共 同 研 究 も は じ ま り ま し た 。 * 資 生 堂 と バ ン グ ラ デ ィ ッ シ ュ に お け る 農 村 女 性 の エ ン パ ワ ー メ ン ト に つ い て 共 同 研 究 を 開 始 。
  5. 5. ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 104105 中村文彦×藤掛洋子 ミ ク ロ の 視 点 / マ ク ロ の 視 点 藤 掛   対 象 地 域 の 人 々 の 視 点 を 大 切 に し た 開 発 計 画 が 大 切 だ と 考 え て い ま す が 、 住 民 参 加 型 の 開 発 を や る と 、 つ ま り 、 こ の 地 域 の A と い う 先 住 民 族 は そ の こ と に 納 得 し て い な い 、 B と い う 民 族 は こ う 言 っ て い る 、 そ れ で は ま ず は 住 民 参 加 型 の 開 発 手 法 を 用 い い っ た ん 集 ま っ て も ら っ て ⋮ ⋮ と い っ た よ う に や っ て い る と 、 時 間 は あ っ と い う 間 に 過 ぎ て し ま い 開 発 計 画 が ス ム ー ズ に 行 か な い こ と が あ り ま す 。 そ れ で も 人 を 中 心 に し た 援 助 や 開 発 を し た い と い う 思 い は つ ね に あ っ て 、 正 し い と 思 う こ と を 信 じ て 、 追 究 し 続 け る こ と も 必 要 だ と 考 え て い ま す 。 こ の 大 学 に 来 て ま だ 一 年 半 で す が 、 私 自 身 が こ れ ま で 勉 強 し て き た こ と や 体 験 し て き た こ と は 、 中 村 先 生 の 研 究 へ の 向 き 合 い 方 と 近 い と こ ろ に あ る の で は な い か と 思 っ て い ま す 。 人 間 中 心 の 援 助 の 政 策 を 、 都 市 開 発 や 農 村 開 発 の 専 門 家 と し て 一 緒 に 何 か で き る は ず だ と い う 確 信 が あ り ま す 。 中 村 先 生 は 私 の こ の 直 感 に つ い て ど の よ う に お 考 え で し ょ う か ? ︵ 笑 ︶ 中 村   そ も そ も 、 自 分 の い た 都 市 工 学 科 は き わ め て 変 な 場 所 な ん で す 。 歴 史 的 に は 、 昭 和 三 九 年 に 建 築 系 の 講 座 を 四 つ と 、 土 木 系 の 講 座 を 四 つ 設 け た と こ ろ な の で す が 、 計 画 コ ー ス の ほ う は 八 割 が 建 築 で 、 残 り が 土 木 で し た 。 入 っ て み る と 、 あ ま り 言 っ て は い け な い こ と で す が 、 お そ ら く 東 大 の 本 郷 キ ャ ン パ ス で 最 も 暇 な 場 所 で し た 。 午 後 の 演 習 を さ ぼ っ て も ま っ た く ば れ な い の で 、 麻 雀 を や っ て い る 。 で も 、 基 本 的 に 都 市 が 好 き だ っ た り 構 造 が 好 き だ っ た り と い う 思 い だ け は 持 ち 続 け て い て 、 大 学 院 に 行 く 頃 か ら だ ん だ ん と 真 面 目 に な っ て い っ た ん で す が 、 そ う し て 少 し ず つ わ か っ て き た こ と は 、 研 究 室 の 助 教 授 の 趣 味 が 文 化 人 類 学 だ っ た こ と で す 。 も の す ご く 難 し い 計 算 を た く さ ん や る ん だ け ど も 、 計 算 だ け で は な い こ と も や る 先 生 で し た 。 そ れ に 、 も う ひ と り の 教 授 の 趣 味 が お 城 だ っ た ん で す 。 天 守 閣 の ほ う で は な く 、 天 守 閣 の 土 台 が 好 き と い う 、 非 常 に マ イ ナ ー な 趣 味 を 持 っ て い た 。 土 木 の 人 な ん だ け れ ど 、 つ ね に も の の 見 方 と し て 、 マ ク ロ と ミ ク ロ が 必 要 だ と 考 え て い た 人 だ っ た ん で す 。 た と え ば 、 先 ほ ど の 効 用 最 大 化 で 言 う と 、 効 用 と い う の は 個 人 に よ っ て 違 う も の で す 。 つ ま り 、 こ こ に ﹁ い ろ は す ﹂ と ﹁ ポ カ リ ﹂ が あ り ま す が 、 い ま の 僕 が 、 そ れ ぞ れ に 対 し て 思 う 効 用 と い う の は 違 う わ け で す よ ね 。 こ の デ ザ イ ン が い い と か 、 こ の か た ち は 嫌 い と い っ た 効 用 が あ る と し て 、﹁ 客 観 / 主 観 ﹂ で 言 え ば 、 客 観 的 な こ と で 決 ま る 部 分 と 、 ま っ た く 決 ま ら な い 部 分 が そ こ に は あ る 。 決 ま ら な い 部 分 が あ る か ら 、 実 際 に 持 っ
  6. 6. ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 106107 中村文彦×藤掛洋子 て い る 効 用 は 、 数 学 的 に 考 え る と も の す ご く ミ ク ロ な 話 に な っ て し ま い ま す 。 横 浜 駅 ま で 行 く の に 電 車 で 行 く か 、 バ ス で 行 く か を 決 め る こ と も 、 た い て い は 電 車 で す が 、 ち ょ っ と 魔 が 差 し た り 迷 い が あ っ て バ ス を 使 う こ と も あ る の で 、 言 っ て し ま え ば 今 日 の 僕 と 明 日 の 僕 は 違 う か も し れ な い 。 そ う い っ た こ と が あ る こ と を 認 め る の が ミ ク ロ な 視 点 。 で も 、 そ の ミ ク ロ ま で 考 え て い る と き り が な い の で 、 た と え ば 平 均 的 に は 学 生 の 八 割 は 電 車 を 使 う と 集 計 し て し ま う の が マ ク ロ な 視 点 で す 。 そ の ミ ク ロ と マ ク ロ の 両 方 の 見 方 が で き な い と 、 都 市 計 画 は で き な い と そ の 先 生 に 言 わ れ ま し た 。 大 雑 把 に 見 る と き と 細 か く 見 る と き 、 時 間 軸 で 見 る と き と 空 間 で 見 る と き 、 と い う よ う に 、 つ ね に い ろ い ろ な 見 方 を 持 た な い と い け な い 。 だ か ら 、 ど ち ら か 片 方 に 割 り 切 る と 、 す っ と 論 文 も 書 け る ん で す が 、 そ の 両 方 を 考 え て い る の で な か な か 書 け な い ︵ 笑 ︶ 。 で も 、 つ ね に 平 均 値 は 見 な い と い け な い し 、 背 景 も 理 解 し な く て は い け な い の で 、 数 字 で 言 え る と こ ろ は 言 い な が ら 、 一 方 で 、 数 字 で は 言 え な い と こ ろ は 、 言 え な い か ら こ そ 無 視 す る こ と は 絶 対 許 さ れ な い と 考 え て い ま す 。 た と え ば 、 デ ー タ を 持 っ て き て 、﹁ 相 関 係 図 は こ う な り ま し た ﹂ と 学 生 が 言 っ た と す る 。 ﹁ そ れ で 何 が わ か っ た ? ﹂﹁ こ れ こ れ が 〇 ・ 九 ポ イ ン ト 高 い こ と が わ か り ま し た ﹂ ⋮ ⋮ 終 わ り 。 そ う な る と 、 ﹁ い や 、 よ く デ ー タ を 見 て ご 覧 、 一 〇 個 の デ ー タ が あ っ て 、 ひ と つ ず れ て る で し ょ う 、 ど う い う 理 由 で ず れ て い る の か 考 え た ? ﹂ と い う 展 開 で 、 僕 も ミ ク ロ と マ ク ロ の 視 点 に つ い て 教 え る こ と が で き る の で す が 、 で も 最 近 の 子 は 、 そ も そ も デ ー タ を 取 っ て こ な い ︵ 笑 ︶ 。 僕 は デ ー タ を 取 っ て き て 、 X 軸 と Y 軸 を 書 い た と き に 、 そ れ が ど う 散 ら ば っ て い る か に 興 味 が あ り ま す 。 い か に ま っ す ぐ な 線 に 乗 っ て い る の か と い う こ と よ り 、 な ぜ 散 ら ば っ て い る の か 、 そ こ に ど ん な こ と が あ る の か 、 そ れ を 僕 は ど う 解 釈 し て 、 次 に ど ん な テ ー マ を そ こ か ら 引 き 出 せ る の だ ろ う か と 考 え る こ と が 面 白 い ん で す 。 も ち ろ ん 、 効 用 最 大 化 も あ り で す が 、 効 用 は 個 人 に よ っ て 異 な る か ら こ そ 、 ど う い う メ カ ニ ズ ム で そ の 効 用 が 理 屈 に つ な が る の か と い う こ と は 、 や は り 考 え て い か な い と い け な い 。 藤 掛   た し か に 、 私 も 灌 漑 の 専 門 家 の 方 と 議 論 し て い た と き に 、 少 し 似 た よ う な 議 論 を し ま し た 。 ま っ す ぐ に 灌 漑 用 水 を ひ く と 、 た し か に 費 用 対 効 果 が 高 い か も し れ な い け れ ど 、 そ の 地 域 に ど う い う 人 が 住 ん で い て 、 女 性 が ど う い う 風 に 水 み を し て い て 、 そ こ に た と え ば カ ー ス ト 的 な 階 層 社 会 が あ れ ば 、 底 辺 に 住 ん で い る 人 が ど う い う と こ ろ で 水 の 利 用 を し て い る の か 、 と い う こ と を 調 べ る と 、 実 は ま っ す ぐ に ひ か な い ほ う が 利 便 性 が 高 い の で は な い か と い う こ と が あ っ た ん で す 。 そ れ に 、 た と え ば 社 会 的 弱 者 の 方 々 の 状 況 調 査 を す る た め に 、 病 院 に 通 う 人 た ち を 対 象 に ア ン ケ ー ト を 取 ろ う と し て も 、 そ も そ も 調 査 対 象 者
  7. 7. ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 108109 中村文彦×藤掛洋子 と な る べ き 彼 ら ・ 彼 女 ら は 病 院 に す ら 来 れ な い 、 と い う こ と が あ る わ け で す 。 病 院 に 来 な い ・ 来 れ な い 理 由 は 、 た と え ば 女 児 だ か ら 病 院 に い け な い と い う よ う な 社 会 的 ・ 文 化 的 な 背 景 も あ る わ け で す の で 、 そ こ ま で 見 込 ん で 調 査 を す る 必 要 が あ り ま す 。 で も 、 マ イ ノ リ テ ィ の 声 を 反 映 さ せ よ う と す る と 、 や は り 数 字 に な ら な い ん で す よ ね 。 社 会 科 学 の な か で は 質 的 調 査 や エ ス ノ グ ラ フ ィ ー と い っ た 手 法 が あ り ま す の で マ イ ノ リ テ ィ の 意 見 を 分 析 に 乗 せ る こ と は で き ま す 。 た だ 、 数 字 化 で き な い も の に つ い て 叙 デ イ ス ク リ プ テ イ ブ 述 的 な 状 況 分 析 は で き て も 、 そ も そ も 集 ま っ た デ ー タ が 少 な い と い う と き 、﹁ こ う い う 方 た ち へ の 社 会 的 配 慮 を し て ほ し い ﹂ と 土 木 工 学 の 方 た ち に 説 明 す る こ と は と て も 難 し い よ う に 思 い ま す 。 ど う い う デ ー タ を え れ ば 説 得 力 が あ る ん で し ょ う か ?   人 類 学 的 な デ ー タ で は 足 り な い 、 ジ ェ ン ダ ー 分 析 で は 足 り な い と よ く 言 わ れ る ん で す よ 。 中 村   本 来 的 に プ ロ ジ ェ ク ト を 動 か す ま で に プ ラ ン ニ ン グ す る 立 場 か ら す る と 、 最 初 に ス ペ ク ト ル と い う 、 ど れ く ら い の 範 囲 で 物 事 が 起 き そ う か を ま ず 決 め ま す 。 ア ン ケ ー ト か 何 か に 帰 依 し て ま ず 決 め る 。 い ま の お 話 で 言 う と 、 ア ン ケ ー ト を 取 っ て ま と め て 決 め る と 、 ほ か 意 見 は あ り ま せ ん と い う こ と に な っ て し ま う 。 そ う で は な く て 、 こ れ だ け の 範 囲 に 、 ど こ に 、 ど ん な も の が あ る の か 、 全 体 像 を 見 る と い う 作 業 は や は り 必 要 で 、 数 が 多 い か ら 重 視 す る と い う の は ひ と つ の 基 準 で す が 、 そ れ だ け で は な い と い う こ と で す よ ね 。 た だ 、 数 が 少 な い も の を 全 部 拾 う と い う の も 間 違 っ て い て 、 そ こ で プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル た ち の 判 断 能 力 が 試 さ れ る 。 な の で 、 こ こ を 重 視 す る と ど ん な こ と が 起 き る か 、 こ こ を 無 視 す る と 何 が 起 き る か と い う こ と を 一 生 懸 命 計 算 す る の が 僕 ら の 仕 事 な ん で す よ ね 。 現 場 で 本 当 に も の を 動 か す と き に は 、 ど れ が 真 実 か わ か ら な い ん で す よ 。 丁 寧 な 分 析 者 と い う の は 、 あ ら ゆ る 仮 定 を す べ き で す よ ね 。 質 問 の 答 と し て は 、 デ ィ ス ク リ プ テ ィ ブ な も の で あ れ 、 そ の 条 件 を も と に し た 、 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン / 仮 想 計 算 を エ ン ジ ニ ア 側 が す る と い う こ と で 、 コ ラ ボ レ ー シ ョ ン は で き る は ず で す 。 ラ テ ン ア メ リ カ で の 取 り 組 み 中 村   た だ 、 先 々 期 待 し て い る の は 、 こ れ だ け I T 機 器 が 進 む と 、 行 動 の 記 録 を 取 る こ と が 容 易 に で き る 点 で す 。 た と え ば 、 お 金 が か か り ま す が 、 ま ず 携 帯 電 話 を 使 え る よ う に す る 。 次 に 、 安 い の で い い か ら 、 G P S 機 能 と 三 次 元 加 速 度 計 の つ い た 携 帯 電 話 を 持 っ て も ら い ま す 。 そ う す る と 、 一 週 間 分 く ら い 、 ど こ に 行 っ た か と い う 記 録 が 全 部 デ ー タ に 取 れ
  8. 8. ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 110111 中村文彦×藤掛洋子 る 。 三 次 元 加 速 度 計 を つ け る と 、 歩 い て 行 っ た の か バ ス に 乗 っ た の か 、 そ れ と も 馬 で 行 っ た の か 、 す べ て わ か る ん で す 。 ア ン ケ ー ト を し な く て も 行 動 記 録 が 取 れ る 。 さ っ き の 藤 掛 さ ん の 話 で は な い で す け ど 、 実 際 、 水 み に は 誰 が ど う 行 っ て い る の か 。 水 み か ど う か は わ か ん な い け ど 、 毎 日 水 辺 に 行 っ て 、 二 〇 分 く ら い そ こ に い た あ と 帰 っ て く る と 、 水 み だ と 想 像 す る こ と が で き る 。 行 動 の デ ー タ か ら い ろ ん な こ と が 読 め て く る 。 ま ず は 行 動 に 出 て る こ と か ら デ ー タ 化 し て 、 何 か で き る か な と 実 は 思 っ て い ま す 。 た だ G P S 機 能 付 き の 携 帯 は 少 し 高 い 。 藤 掛   ま さ に い ま 中 村 先 生 が 仰 っ た よ う な 、 携 帯 電 話 か ら 行 動 を デ ー タ 化 す る と い う よ う な こ と を 、 ご く 一 部 的 に で す が 米 国 の 大 学 の 研 究 者 が す で に 試 験 的 に や っ て い る そ う で す 。 私 が 知 っ て い る 事 例 は 医 療 に 特 化 し て い る も の で す 。 そ の な か で 、 こ れ は 私 ぐ ら い の 技 術 で も で き る か な と 思 っ た の が 、 携 帯 電 話 の メ ッ セ ー ジ 機 能 を 使 っ て 、 病 院 に 名 前 と 年 齢 属 性 を 送 る と 、 病 院 が 電 子 カ ル テ に す る と い う も の で す 。 そ の 分 析 ソ フ ト を 使 っ て 、 あ る い は つ く っ て 、 患 者 さ ん と な り う る 方 々 の 属 性 や 病 気 の 状 況 を 把 握 し 、 そ こ に 医 療 支 援 が 合 理 的 に 入 っ て い く 。 中 村   本 来 的 に 、 I T 機 器 と い う も の は 、 い ま ま で で き な か っ た こ と が で き る 、 ド ラ え も ん 的 な イ メ ー ジ が あ り ま す が 、 本 当 に 深 刻 な の は ラ テ ン ア メ リ カ や 新 興 国 や 途 上 国 の 地 区 で す か ら 、 そ こ に 向 か っ て I T 機 器 を 投 入 す る と い う 提 案 を も っ と だ さ な い と い け な い 。 藤 掛   ひ と つ の 大 き な 素 晴 ら し い プ ロ ジ ェ ク ト の 根 っ こ が で き た と 思 い ま す 。 私 は パ ラ グ ア イ で 学 校 を つ く っ て お り 、 い ま 四 校 目 が で き て い ま す 。 五 校 目 は こ の 大 学 の 学 生 た ち が 自 ら 貯 め た お 金 を 持 っ て 建 て に 行 く と い う こ と を や っ て い る の で す が 、 中 村 先 生 が ク リ チ バ と 向 き 合 っ て お ら れ る そ の パ ッ シ ョ ン と い う の は ど こ か ら く る も の な ん で す か ?   学 び が 多 か っ た と い う こ と で す か ?   い ま は そ の ク リ チ バ の 状 況 が 悪 い た め 、 支 援 も し た い と 思 っ て い る わ け で す よ ね 。 中 村   最 初 は ク リ チ バ と い う 街 を 日 本 に 紹 介 し た い と い う 気 持 ち と 、 ク リ チ バ が ど う 変 化 し て い く の か 見 た い と い う 気 持 ち が あ り ま し た 。 そ の 根 本 が ど こ に あ る の か と 言 う と 、 た し か に 色 と り ど り の バ ス が 走 っ て い る と い う こ と も あ る ん で す が ︵ 笑 ︶ 、 な ん と 言 う ん で す か ね 、 た だ で は 倒 れ な い と い う 感 じ の 街 な ん で す よ 。 た と え ば 、 発 展 し て い く な か で 、 貧 困 層 の 方 々 の 流 入 が ど ん ど ん 増 え て い く 。 ど ん な 都 市 で も あ り 得 る ん で す が 、 そ れ で ス ラ ム 地 区 が で き る 。 そ の と き に 、 市 民 と し て 認 め て あ げ る 代 わ り に 、 市 民 と し て し っ か り 働 い て も ら お う と い う こ と で 、 不 法 占 拠 し た 土 地 を す
  9. 9. ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 112113 中村文彦×藤掛洋子 べ て 公 有 地 化 し て 、 そ れ を 全 部 分 け 与 え 、 同 時 に 三 〇 年 ロ ー ン を 組 ま せ る ん で す 。 井 戸 も 与 え て 、 ロ ー ン 組 ま せ て 、 そ の 代 わ り に 、 工 業 団 地 の ほ う に 緑 地 を つ く れ と 命 令 し て 、 そ れ で 緑 地 の 管 理 と い う 職 の 雇 用 を つ く り 、 給 与 か ら 天 引 き で 買 い 取 っ た 土 地 代 を 返 済 さ せ て い く ん で す 。 そ う い っ た 戦 略 を 市 役 所 主 導 で や っ て い る 。 藤 掛   す ご い で す ね 。 中 村   モ ノ レ ー ル の 視 察 に ク リ チ バ の 都 市 計 画 研 究 所 所 長 が 日 本 に 来 た ん で す が 、 当 時 は 小 泉 純 一 郎 が 総 理 大 臣 の 時 代 で 、 追 い 返 さ れ た と い う こ と が あ り ま し た 。 そ れ で 悔 し い か ら 、 じ ゃ あ モ ノ レ ー ル よ り い い バ ス を つ く ろ う と 彼 ら は 頑 張 っ た 。 痛 い 目 に あ っ た あ と の 立 ち 直 り 方 が か っ こ い い ん で す よ 。 ど う し て も 不 確 実 な こ と は 起 き ま す し 、 面 白 く な い こ と も 起 き る し 、 嫌 な こ と も 起 き る 。 そ の と き に 、 落 ち 込 ん で 凹 む ん だ け ど 、 そ こ か ら い 上 が る 。 日 本 で 仕 事 を し て い る と 、 そ う い う こ と は ま っ た く な く て 、 立 派 な 都 市 計 画 を 書 い て 、 画 が で き た ら そ れ で 終 わ り 。 な ん か こ う 、 深 刻 さ が な い ん で す よ ね 。 そ れ に 対 し て 、 打 ち の め さ れ て も 、 そ こ か ら 頑 張 っ て し ま う の が ク リ チ バ で す 。 そ れ が 、 都 市 の 本 当 の 力 、 都 市 を 支 え る 人 々 の 力 だ と 思 い ま す ね 。 た だ 、 一 九 九 二 年 の 地 球 サ ミ ッ ト で は 環 境 都 市 と し て も て は や さ れ た ク リ チ バ で は 、 現 在 は バ ン コ ク み た い に 渋 滞 し て い る 。 僕 が そ れ を ど う こ う し な く て も い い ん だ け ど 、 あ の 街 は き っ と ま た 四 、 五 年 で 立 ち 直 る と 思 い ま す 。 立 ち 直 る た め に 、 少 し で も お 手 伝 い が で き れ ば と 思 っ て い る だ け な の で 。 藤 掛   日 本 に は な い エ ネ ル ギ ー が れ て い る 、 そ ん な イ メ ー ジ で す か ね 。 中 村   も と も と は 建 築 家 で あ っ た ジ ャ イ メ ・ レ ル ネ ル と い う 方 が 、 そ れ を 引 っ 張 っ て い ま す 。 ス ラ ム 地 区 が ゴ ミ で れ て い る と き に 、 収 集 車 を 予 算 化 す る ん で す ね 。 そ れ で 、 ス ラ ム 地 区 に 収 拾 車 を 入 れ な い こ と で 、 予 算 が 浮 く 。 そ し て そ の お 金 を 使 っ て 、 ス ラ ム 地 区 の 入 口 ま で ゴ ミ を 分 別 し て 持 っ て 来 て く れ れ ば 、 バ ス の チ ケ ッ ト や 食 料 品 や 文 房 具 を あ げ る と い う プ ロ ジ ェ ク ト も あ り ま し た 。 そ う す る と 、 追 加 予 算 な し で 、 ス ラ ム 地 区 の ゴ ミ が 綺 麗 に な る と 。 こ う い う 知 恵 っ て 楽 し い で す よ 。 藤 掛   少 な い 予 算 の な か 、 格 差 は 是 正 さ れ る し 、 貧 困 層 も 立 ち 上 が る 。 中 村   そ う で す 。 も ち ろ ん 、 た く さ ん 失 敗 も し て い る ん で す よ ね 。 苦 労 も し て い る 。 い つ も 上 手 く い く わ け で は な い 。 で も 、 だ か ら こ そ な お さ ら 人 間 的 な 感 じ が し ま す 。 そ う い う 街 づ く り は 楽 し い な 、 と 思 い ま す 。 日 本 だ と 、 二 〇 年 後 に 向 け た 都 市 計 画 を し ま す が 、 彼 ら は 二 〇 年 後 な ん て つ く ら な い ん で す よ 。 次 の 五 年 は ど う す る 、 と い う 短 期 の 繰 り 返 し を
  10. 10. ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 114115 中村文彦×藤掛洋子 や る 。 日 本 だ と 、 二 〇 年 後 の 画 を つ く り 、 一 〇 年 ぐ ら い 経 っ た ら そ れ を 見 直 し ま す が 、 い つ ま で 経 っ て も そ ん な や り 方 で は も の は で き な い 。 で き な い か ら 、 だ ん だ ん 機 能 も 曖 昧 に な っ て い き 、 計 画 を つ く る こ と が 仕 事 に な っ て い る 。 そ れ は 嫌 だ な と 。 こ の 種 の 業 界 で 、 こ の 世 代 で 、 本 当 に も の を つ く ら せ て も ら っ た 人 は あ ま り い な い ん で す よ 。 駅 前 広 場 も 、 失 敗 し た 部 分 も い っ ぱ い あ り ま す が 、 も の が で き て 、 そ れ を ま た 直 し て い く と い う 作 業 は 楽 し い で す か ら 。 藤 掛   中 村 先 生 は ク リ チ バ か ら た く さ ん の こ と を 吸 収 さ れ て い る ん で す ね 。 私 も パ ラ グ ア イ の サ ン ト ド ミ ン ゴ と い う 村 で 、 私 が 外 部 者 と し て 介 入 さ せ て も ら っ た と き に ジ ャ ム 工 場 を つ く っ た り 幼 稚 園 を 一 緒 に つ く っ た り し ま し た 。 な い な い づ く し の 状 態 か ら 一 緒 に も の を つ く っ て い き な が ら 、 そ の 地 域 の 人 々 の 人 生 そ の も の に 関 わ ら せ て も ら い ま し た 。 そ し て 、 そ れ が 私 の 人 生 を 大 き く 変 え た と 思 う ん で す 。 実 は 私 は 大 学 の 教 員 に な り た い と い う 思 い は 若 か り し 頃 は ま っ た く あ り ま せ ん で し た 。 た だ パ ラ グ ア イ の 女 性 た ち が ド ラ ス テ ィ ッ ク に 変 わ っ て い く 様 を 研 究 し て 、 女 性 た ち の 生 き 様 を 博 士 論 文 に 書 か せ て い た だ き 博 士 号 を 取 得 し 、 そ の パ ラ グ ア イ の 農 村 女 性 た ち の エ ネ ル ギ ー は す ご い こ の よ う な 生 き 様 を 日 本 の 若 い 人 た ち に 伝 え た い と 思 い 、 教 員 に な り ま し た 。 私 自 身 も パ ラ グ ア イ の 農 村 の 人 々 に た く さ ん の エ ネ ル ギ ー を も ら い 、 多 く の こ と を 教 え ら れ ま し た 。 人 は ど の よ う に 生 き て い け ば い い の か と か 、 た っ た 一 回 の 人 生 を ど う や っ て 過 ご す の か と い っ た 根 源 的 な こ と を 考 え る 力 に な っ た と 思 い ま す 。 も ち ろ ん ひ と り ひ と り 違 っ て 、 い ろ い ろ な 生 き 方 が あ る と 思 う ん で す け れ ど も 、 パ ラ グ ア イ の 村 の 人 々 か ら は 、 日 本 人 が 失 っ て し ま っ た ︱ す ご く 平 た い 言 葉 で 恐 縮 で す け れ ど も ︱ も の を 、 学 ば せ て も ら っ た 気 が し ま す 。 サ ン ト ド ミ ン ゴ の 村 は 、 外 部 者 の 支 援 と 村 人 た ち の 努 力 で す ご い と こ ろ ま で い っ た ん で す 。 幼 稚 園 を つ く り 、 小 学 校 を つ く り 、 加 工 食 品 を つ く り ⋮ ⋮ 。 た だ 、 い ま は な か で 少 し も め ご と が 起 き て い て 、 ち ょ う ど ク リ チ バ の よ う な 感 じ と で も 言 え る の で し ょ う か 。 そ の 話 を す る と 、 時 間 が な く な っ て し ま い ま す の で 今 回 は や め て お き ま す が 、 そ の も め ご と に も 向 き 合 い た い と 思 っ て い ま す 。 別 の 意 味 で 村 か ら 目 が 離 せ な い 状 況 に な っ て い ま す 。 国 際 開 発 学 会 と い う も の が あ っ て 、 開 発 援 助 を 研 究 し た り 、 直 接 関 わ っ て い る 人 間 が 学 会 を 構 成 し て い ま す 。 私 は そ こ の 常 任 理 事 を さ せ て も ら っ て い ま す が 、 ﹁ 同 じ 場 所 を 二 〇 年 も し つ こ く 追 い か け て 、 さ ら に 学 校 ま で つ く っ て 、 そ し て さ ら に ま た 学 生 を 連 れ て 来 る の は お 前 だ け だ ﹂ と い つ も 学 会 員 や 会 長 に 言 わ れ て い ま す ︵ 笑 ︶ 。 た し か に そ う だ と 思 い ま す 。 で も 、 だ か ら こ そ 見 え る も の が あ る の で 、 そ こ で 学 ば せ て も ら っ
  11. 11. ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 116117 中村文彦×藤掛洋子 て い る こ と を 、 き ち ん と 社 会 に 還 元 し て い く と い う こ と を し て い か な け れ ば な ら な い と 思 っ て い ま す 。 都 市 イ ノ ベ ー シ ョ ン 研 究 院 に 求 め ら れ る 役 割 中 村   曲 が り な り に も ず っ と ク リ チ バ の こ と を 勉 強 し て き た 自 分 を 考 え て み る と 、 い ま 二 〇 代 の 学 生 た ち は と に か く 何 か や っ て み る と い い と 思 い ま す 。 僕 は ず っ と そ う や っ て 生 き て き て 、 ご 縁 が あ っ て こ の 大 学 に 来 て 、 二 〇 年 近 く や り 、 こ れ か ら ず っ と こ こ に い る だ ろ う と は 思 っ て い ま す が 、 横 国 の 学 生 た ち は ポ テ ン シ ャ ル が あ る 子 た ち な の で 、 の び の び さ せ て あ げ る の も 仕 事 だ ろ う し 、 都 市 交 通 の 勉 強 を 通 し て 、 街 づ く り と い う 仕 事 の 面 白 さ が 伝 わ れ ば と 思 っ て い ま す 。 藤 掛 先 生 は 、 自 分 の 教 え 子 の 学 生 た ち に ど う な っ て ほ し い と 思 っ て い ら っ し ゃ い ま す か 。 藤 掛   私 は 社 会 的 弱 者 の 声 も 含 め て 、 広 く 社 会 を 分 析 で き る 力 を 身 に つ け て ほ し い 、 量 的 な デ ー タ と 質 的 な デ ー タ を 用 い な が ら 開 発 援 助 や 復 興 支 援 の 現 場 の み な ら ず 、 企 業 で 活 躍 し て も ら い た い と 願 っ て い ま す 。 私 の 教 え 子 も 協 力 隊 に 参 加 し た り 、 開 発 援 助 の コ ン サ ル タ ン ト と し て 働 い て い た り い ま す 。 そ れ に 、 C S R ︵ 企 業 の 社 会 的 責 任 ︶ や B O P ︵ Baseofthe Pyramid ︶ ビ ジ ネ ス と い っ た 企 業 の 活 動 を 政 府 が 認 め て 補 助 金 を 出 す よ う な 仕 組 み が ど ん ど ん で き て い ま す し 、 J I C A は N G O に お 金 を 拠 出 す る よ う に も な っ て き て い ま す の で 、 そ う い う 場 で 活 躍 し て ほ し い 。 と に か く 市 民 社 会 が う ん と 力 強 く な っ て い か な い と 格 差 は 埋 ま ら な い 。 そ れ か ら 、 グ ロ ー バ ル 化 が 進 む な か で 、 ま す ま す 格 差 は 拡 が っ て い ま す 。 ラ テ ン ア メ リ カ で も 、 農 村 か ら 出 稼 ぎ に 来 た 人 た ち が 都 市 部 で 家 政 婦 を し て い た り 、 工 場 労 働 を し て い る 。 植 民 地 時 代 か ら 続 く 土 地 所 有 の 不 均 衡 や ほ か の さ ま ざ ま な 不 均 衡 に さ ら に 拍 車 が か か っ て い る 。 私 は そ ん な 格 差 は 是 正 し た い と 思 っ て い ま す 。 で は 開 発 援 助 関 係 者 や 企 業 の 方 に 対 し て 、 ど の よ う に 意 見 を 言 え る の か ?   ゼ ミ 生 た ち に は 社 会 的 ・ 文 化 的 な 側 面 に 配 慮 し な が ら 、 格 差 の 問 題 を 量 ・ 質 の 両 方 か ら 的 確 に 分 析 し 、 マ イ ノ リ テ ィ の 声 を き ち ん と 拾 っ て 、 議 論 で き る 、 そ う い う こ と に 取 り 組 め る 、 双 方 の 意 見 を つ な い で の ベ ー テ ィ ブ な こ と が で き る 、 マ ネ ジ メ ン ト 能 力 の あ る 人 に な っ て ほ し い の で 。 で す か ら 企 業 に 入 る 人 も い る で し ょ う し 、 国 際 協 力 に 関 連 す る 仕 事 に つ く 人 、 J I C A や N G O に 入 る 人 も い る で し ょ う 。 た と え ば 結 婚 し た 後 に パ ー ト ナ ー の 事 情 で 転 勤 を 余 儀 な く さ れ る こ と も あ る で し ょ う 。 そ の 場 合 も 、 市 民 と し て い ろ ん な 活 動 が あ り ま す の で 、
  12. 12. ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 118119 中村文彦×藤掛洋子 そ の な か で き ち ん と 発 言 し て い く こ と が 大 事 だ と 思 い ま す 。 日 本 は 市 民 社 会 が 成 熟 し て い な い と ず っ と 言 わ れ て い ま す が 、 社 会 を 多 面 的 に 分 析 し 、 発 信 し て い く こ と が で き る 、 そ の よ う な 人 間 が 増 え て い く 必 要 が あ り ま す 。 い ま 社 会 が 成 熟 し な い と 日 本 は こ れ か ら ど う な る の か と い う 問 題 も あ り ま す の で 、 政 府 系 で も 非 政 府 系 で も 民 間 企 業 で も 市 民 社 会 で も 活 躍 で き る 人 を 、 修 士 だ け で な く 学 部 か ら も 出 し た い と 思 っ て い ま す 。 そ れ が 私 の 目 指 す と こ ろ で し ょ う か 。 中 村   あ り が と う ご ざ い ま す 。 も の を 見 る 力 を 育 て た い と い う の が ひ と つ と 、 実 際 に も の を 動 か し て い く 力 と し て の 実 践 力 を 身 に つ け て い く 。 都 市 イ ノ ベ ー シ ョ ン で も 、 も っ と そ う い っ た 面 を 表 に 出 し て い っ た ら い い か も し れ な い で す ね 。 藤 掛   い ま 地 球 が 飽 和 状 態 で 、 い ろ い ろ な こ と に も し か し た ら 限 界 が あ る と 仮 に 考 え た と き 、 私 た ち は ど う す れ ば 良 い の か と 考 え ま す 。 ご 存 知 の よ う に M D G s ︵ Millennium DevelopmentGoals ︶ の 目 標 で あ っ た 二 〇 一 五 年 ま で に 世 界 の 貧 困 を な く す こ と は も う 不 可 能 と な り ま し た 。 国 際 開 発 学 会 で も 二 〇 一 二 年 に パ ネ ル ・ デ ィ ス カ ッ シ ョ ン を 行 い ポ ス ト M D G s に つ い て 議 論 し ま し た 。 そ の な か の 議 論 の ひ と つ に ﹁ 発 展 ﹂ と い う 概 念 を 辞 め て 、 途 上 国 の よ う な 暮 ら し 向 き に 先 進 国 が 向 か っ て い く よ う な 仕 組 み を つ く ろ う と い う も の が あ り ま し た 。 低 成 長 の な か で 経 済 活 動 を す る 北 欧 の よ う に 。 そ う い っ た 議 論 に 関 し て 、 先 生 は い か が で し ょ う か 。 中 村   発 展 や 成 長 と い っ た 言 葉 が 何 な の か と い う と こ ろ か ら い く と 、 一 般 的 に は 経 済 発 展 ・ 経 済 成 長 で あ っ て 、 G D P が 増 え て い く こ と が ﹁ 良 ﹂ だ と い う 枠 組 み を 持 っ て い る 限 り は 、 お 金 の け を 出 す た め に 消 費 を 促 し 続 け な い と い け な い 。 こ の 前 提 を 崩 さ な い 限 り 、 い ま の お 話 は な か な か う ま く い か な い と 思 い ま す 。 で も 、 北 欧 の 人 た ち の よ う な 生 き 方 と い う の は 少 し ア ジ ア 的 な 部 分 が あ る と 思 っ て い て 、 ﹁ 足 る 事 を 知 る ﹂ と い う 、 ﹁ 自 足 ﹂ と い う 概 念 が あ り ま す け れ ど も 、 よ り け る こ と に ギ ラ ギ ラ し て な い ん で す よ ね 。 む し ろ 、 日 常 を 楽 し む こ と に 価 値 を 見 出 し て い る 。 そ こ は も っ と 学 べ る だ ろ う と 思 い ま す 。 期 待 を 裏 切 る か も し れ ま せ ん が 、 ま だ ま だ つ く ら な け れ ば な ら な い も の 、 直 さ な け れ ば な ら な い も の は た く さ ん あ る ん で す よ 。 だ か ら 建 設 は 続 く ん で す 。 だ け ど 、 そ れ が 何 の た め に や っ て い る の か と い う ブ レ だ け が 問 題 で 、 金 持 ち を よ り 快 適 に す る た め に 仕 事 を し て い る の だ と す れ ば 、 そ れ は も う 要 ら な い だ ろ う し 、 そ う で は な く 、 い ま 困 っ て い る 人 た ち に 手 が 届 く 仕 事 を 自 分 た ち は イ ン フ ラ 側 、 あ る い は プ ラ ン ナ ー と し て 、 ど れ だ け や っ て い る の か 。 そ う い う 意 味 で の も の の つ く り 方 や 見 直 し 方 と い う 仕 事 は 、 ま だ ま だ 続 く と 思 い ま す 。 で も 、
  13. 13. ラテンアメリカにおける開発援助を手がかりにして 120121 中村文彦×藤掛洋子 そ の 北 欧 の 方 々 の 話 は 、 人 間 の 価 値 観 を 変 え て い か な い と い け な い ん だ け れ ど も 、 そ れ を ど う や っ て い け ば い い の か は わ か り ま せ ん 。 た だ 、 あ の 人 の ま ね を し て み よ う と い う こ と は あ る じ ゃ な い で す か 。 だ か ら 、 こ ん な 暮 ら し 方 も あ る ん だ よ と い う モ デ ル を い く つ も 見 せ る こ と は で き る 。 交 通 も そ う で 、 こ ん な バ ス の 使 い 方 が あ る こ と を 、 実 際 に ど こ か の 駅 で つ く る こ と で 、 人 々 に 提 示 し て い く こ と は で き る は ず だ と 思 い ま す 。 そ う い っ た こ と を 積 み 重 ね て い く と 、 質 的 な 満 足 度 は す ご く 高 い 街 を つ く れ る 。 そ う い う 街 に 変 え て い く た め の イ ン フ ラ の 組 み 直 し 方 や 、 交 通 の 仕 掛 け の 組 み 直 し が 、 お そ ら く 僕 た ち の 仕 事 だ と す れ ば 、 質 問 の 答 え と し て は 、 マ ク ロ 的 に 考 え つ つ 、 ミ ク ロ 的 に は ま だ つ く る と こ ろ は つ く る し 、 い ら な い と こ ろ は 壊 す と い う こ と を 、 上 手 に 組 み 合 わ せ て い く べ き だ ろ う と 思 っ て い ま す 。 藤 掛   ベ ト ナ ム の ホ イ ア ン と い う 街 に 行 っ た と き 、 す ご く 感 動 し た こ と が あ り ま し た 。 古 い 橋 や 住 居 が 残 さ れ て い て 、 そ こ に 世 界 中 の 観 光 客 が 集 ま っ て く る 。 い ま で も 、 京 都 の 下 町 を ち ょ っ と し た お 店 に 変 え た り す る よ う な こ と が 行 わ れ て い る の で 、 そ う い う 暮 ら し 方 は 日 本 の 良 さ で も あ る と 思 い ま す 。 完 全 に 個 人 的 な 好 み で す が 、 ど こ の 国 に も コ カ ・ コ ー ラ や ス タ ー バ ッ ク ス が あ る と い う の は 便 利 で す し 、 飲 ん で し ま い ま す が 、 一 方 で は や は り つ ま ら な い と 思 っ た り も し ま す 。 日 本 や パ ラ グ ア イ 、 メ キ シ コ 、 ペ ル ー 、 ホ ン ジ ュ ラ ス 、 グ ア テ マ ラ と い っ た 、 そ の 国 の 特 徴 を 残 す こ と が 大 事 で 、 中 村 先 生 が い ま 仰 っ た 街 の 形 成 も 、 私 の 考 え と 共 通 す る 部 分 が あ る よ う に 思 え ま す 。 中 村   い ま は 、 イ ン タ ー ネ ッ ト に よ っ て 知 り 得 も し な か っ た こ と 、 知 り た く も な か っ た こ と を 知 る こ と が で き る 時 代 な わ け で す か ら 、 行 っ た こ と も な い 国 の 写 真 が 見 え た り す る わ け で す よ ね 。 そ れ を う ま く 活 か す と 、 こ う い う も の を 残 す と い う 政 策 選 択 肢 も あ る ん だ と い う こ と が 見 え て く る 。 残 す こ と が つ ね に 良 い と は 限 り ま せ ん が 、 で も そ の 見 極 め を で き る 能 力 の あ る 人 を 育 て て い か な い と い け な い 。 そ う い っ た 人 た ち が 増 え て く れ ば 、 良 い も の は 残 り 、 良 く な い も の は 変 わ っ て い く と い う 、 当 た り 前 の こ と が ど ん ど ん 具 現 化 さ れ て い く 街 が で き る は ず で す 。 む し ろ 、 こ の 先 は そ う い っ た こ と を 、 歴 史 の あ る 途 上 国 の 都 市 部 で も っ と や っ て い か な い と い け な い 。 そ れ が 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ と ク リ エ イ テ ィ ビ テ ィ を 掲 げ る こ の 都 市 イ ノ ベ ー シ ョ ン 研 究 院 の 役 割 だ と 思 っ て い ま す 。

×