Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Julia is your friend (Japanese)

297 views

Published on

Julia は Lisperの友達です。
このスライドは関西 Lisp ユーザー会で発表したジョークスライドです。

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Julia is your friend (Japanese)

  1. 1. Julia is your friend fu7mu4@関西Lispユーザー会
  2. 2. fu7mu4 • 主に関西Lispユーザー会と姫路IT系勉強会に参加 • 「Eclipseはじめました」ネタでEclipse Lisp※を紹介し た。ごめんなさい • ※IDEとは関係ない
  3. 3. 1.0.1 is released !
  4. 4. Julia • https://julialang.org/ • https://github.com/JuliaLang/julia • MIT License
  5. 5. “Why we created Julia ?” says • まず、ゆるいライセンスのオープンソースで、Cの速度と Rubyの動的さが欲しい。Lispのような真のマクロが使え る同図象性のある言語で、Matlabのように分かりやすい 数学の記述をしたい。Pythonのように汎用的に使いたい し、Rの統計処理、Perlの文字列処理、Matlabの線形代 数計算も要る。シェルのように簡単にいくつかのパーツを つなぎ合わせたい。チョー簡単に習えて、超上級ハッカー も満足する言語。インタラクティブに使えて、かつコンパ イルできる言語が欲しい。
  6. 6. “Why we created Julia ?” says • まず、ゆるいライセンスのオープンソースで、Cの速度と Rubyの動的さが欲しい。Lispのような真のマクロが使え る同図象性のある言語で、Matlabのように分かりやすい 数学の記述をしたい。Pythonのように汎用的に使いたい し、Rの統計処理、Perlの文字列処理、Matlabの線形代 数計算も要る。シェルのように簡単にいくつかのパーツを つなぎ合わせたい。チョー簡単に習えて、超上級ハッカー も満足する言語。インタラクティブに使えて、かつコンパ イルできる言語が欲しい。
  7. 7. “Why we created Julia ?” says • まず、ゆるいライセンスのオープンソースで、Cの速度と Rubyの動的さが欲しい。Lispのような真のマクロが使え る同図象性のある言語で、Matlabのように分かりやすい 数学の記述をしたい。Pythonのように汎用的に使いたい し、Rの統計処理、Perlの文字列処理、Matlabの線形代 数計算も要る。シェルのように簡単にいくつかのパーツを つなぎ合わせたい。チョー簡単に習えて、超上級ハッカー も満足する言語。インタラクティブに使えて、かつコンパ イルできる言語が欲しい。 Common Lisp使ったら?
  8. 8. Julia is popular by google trends
  9. 9. Julia is popular
  10. 10. fibo in julia & C function fibo(n) if n < 2 return n else return fibo(n - 1) + fibo(n - 2) end end long long fibo(long long n){ if (n < 2) { return n; } else { return fibo(n - 1) + fibo(n - 2); } } 型推論+LLVM JITコンパイラ スクリプト 静的に型を宣言+GCC コンパイル
  11. 11. fibo in cl/scheme (defun fibo(n) (if (< 2 n) n (+ (fibo (- n 1) (fibo (- n 2)))) (define (fibo n) (if (< 2 n) n (+ (fibo (- n 1)) (fibo (- n 2))))) sbcl (common lisp) コンパイル chez scheme (scheme) + JIT コンパイラ
  12. 12. speed of fibo(50) compiler/interpreter seconds gcc with -O3 [v6.3] 39.317 gcc with -O2 [v6.3] 46.095 julia [v1.0.1] 60.066 gcc with -O0 [v6.3] 77.021 chez scheme [v9.5] 111.660 sbcl [v1.3.14] 252.521
  13. 13. Julia is your friends
  14. 14. Julia is your friend(Demo) • Just run on Julia with special option
  15. 15. Julia julia interactive mode
  16. 16. Femtolisp julia with ̶lisp option
  17. 17. Femtolisp • https://github.com/JeffBezanson/femtolisp • Lisp-1 (Scheme ?) • 小さくて、単純で、埋め込みしやすい • Julia の内部で パーサーとして使用 • 作者がJuliaの原作者の一人 • 問題があればすぐに修正される
  18. 18. の話でしたね
  19. 19. Julia is your friend • インタプリタ、コンパイルあり • レキシカルスコープ • 型宣言はなくてもよいが、型宣言もできる • 値に型がある、変数にはない • 関数は First Classオブジェクト • CLOSライクなメソッド(generic function)
  20. 20. シンボル julia> :foo :foo julia> typeof(ans) Symbol julia> :foo == Symbol(“foo”) true
  21. 21. 文字列とパース julia> prog = "1 + 1" "1 + 1" julia> ex1 = Meta.parse(prog) :(1 + 1) julia> ex2 = Expr(:call, :+, 1, 1) :(1 + 1)
  22. 22. パースとS式 julia> ex3 = Meta.parse("(4 + 4) / 2") :((4 + 4) / 2) julia> Meta.show_sexpr(ex3) (:call, :/, (:call, :+, 4, 4), 2)
  23. 23. `(,a b) julia> a = 1; julia> ex = :($a + b) :(1 + b) julia> ex = :(a in $:((1,2,3)) ) :(a in (1, 2, 3))
  24. 24. (eval ``(,x)) julia> x = :(1 + 2); julia> e = quote quote $x end end quote #= none:1 =# $(Expr(:quote, quote #= none:1 =# $(Expr(:$, :x)) end)) end julia> eval(e) quote #= none:1 =# 1 + 2 end
  25. 25. Exprを返す関数 julia> function math_expr(op, op1, op2) expr = Expr(:call, op, op1, op2) return expr end math_expr (generic function with 1method) julia> ex = math_expr(:+, 1, Expr(:call, :*, 4, 5)) :( 1 + 4 * 5) julia> eval(ex) 21
  26. 26. マクロ julia> macro sayhello (name) return :( println(“Hello ”, $name)) end @sayhello (macro with 1 method) julia> @sayhello(“関西Lispユーザー会”) “Hello 関西Lispユーザー会”
  27. 27. マクロディスパッチ julia> macro sayhello () return :( println(“Hello , Everyone”)) end @sayhello (macro with 1 method) JuliaではCLOSのメソッドと同じで 同名で引数が異なるマクロを定義できる
  28. 28. macroexpandマクロ julia> @macroexpand @sayhello “name” :((println)(“Hello “, “name”)
  29. 29. 名前衝突もある • Common Lispのマクロ • Schemeでいう伝統的マクロ • 名前の衝突を回避する必要がある • 新しいシンボルをローカルにする • 新しいグローバルシンボルはgensym関数で生成
  30. 30. まとめ • Julia ユーザーは Lispユーザー(Femtolisp使ってる) • Julia は J式 • Julia is your friend (=LisperはJuliaをすぐ使える)

×