Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Leap の初のメジャーアップデート! openSUSE Leap 15.0 リリース

450 views

Published on

openSUSE mini Summit 2018

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Leap の初のメジャーアップデート! openSUSE Leap 15.0 リリース

  1. 1. 2018/06/23 1/14 Leap の初メジャーアップデート!初メジャーアップデート!メジャーアップデート! openSUSE Leap 15.0 リリース 武山 文信
  2. 2. 2018/06/23 2/14 openSUSE Leap 15.0 ● Leap になってからの初メジャーアップデート!初メジャーアップデート!めての初メジャーアップデート!メジャーアップデート – 5月25日(金)リリースリリース – SUSE Linux Enterprise (SLE) 15 ベース(未リリース)リリース)リリース ● Leap: パッケージソースを共有してメンテナンス効率を上げる共有してメンテナンス効率を上げるしてメンテナンス効率を上げるメンテナンス効率を上げるを共有してメンテナンス効率を上げる上げるげる ● Tumbleweed: ローリング版版 ● 参考: Leap 15.0 の初メジャーアップデート!新機能と特徴と特徴特徴 https://ja.opensuse.org/Portal:15.0
  3. 3. 2018/06/23 3/14 バージョン番号番号 ● 42.1 (2015年11月リリースリリース), 42.2, 42.3 → 15.0 – SUSE Linux Enterprise は 12 から 15 へ ● 理由 – SLE と合わせる合わせるわせる – 13, 14: 縁起が悪いが悪い悪いい – openSUSE 13.1, 13.2 が悪いあった
  4. 4. 2018/06/23 4/14 ベースの初メジャーアップデート!更新 1/2 ● Kernel 4.12 – Upstream の LTS ではないが悪い、 SUSE のカーネルチームがメンテナンスが悪いメンテナンス – 4.4 LTS のと合わせるきに期待通りに 期待通りに りに期待通りに back ports が悪い行われなかったわれなかった ● 新しいバージョンから不具合修正などを取り込むことしいバージョンから不具合わせる修正などを取り込むことなどを共有してメンテナンス効率を上げる取り込むことり込むことむこと合わせる ● Systemd 234 – リソース管理・保護の仕組みが充実の仕組みが充実みが悪い充実 ● DynamicUser: UID, GID の動的生成 ● MemoryLimit: メモリー使用量制限 ● SystemCallFilter: システムがメンテナンスコール制限 ● MemoryDenyWriteExecute: 書き込み&実行可能なメモリーマップ制限き込むことみ&実行可能なメモリーマップ制限実行われなかった可能なメモリーマップ制限なメモリーマップ制限制限
  5. 5. 2018/06/23 5/14 ベースの初メジャーアップデート!更新 2/2 ● その初メジャーアップデート!他: – Python 3.6.5 ● Ansible が悪い Python 3 で動作する!する! – Ruby 2.5 – Java: OpenJDK 8, 10, 11 – GCC 7 – OpenSSL 1.1.0
  6. 6. 2018/06/23 6/14 新機能と特徴: Transactional updates 1/2 ● 複数のパッケージ更新を一度に更新して一度に適用するの初メジャーアップデート!パッケージ更新を一度に更新して一度に適用する一度に更新して一度に適用するに更新して一度に更新して一度に適用するに適用するする ● openSUSE Kubic 由来 – Tumbleweed ベースのコンテナホスト OS ● 従来の初メジャーアップデート!アップデートの初メジャーアップデート!問題 – パッケージ更新しいバージョンから不具合修正などを取り込むこと中は、プロセスが起動できないことがあるは、プ制限ロセスが悪い起が悪い動できないこと合わせるが悪いある ● 依存するライブラリが更新中のときするライブラリが悪い更新しいバージョンから不具合修正などを取り込むこと中は、プロセスが起動できないことがあるのと合わせるき – パッケージ更新しいバージョンから不具合修正などを取り込むこと中は、プロセスが起動できないことがあるに期待通りに サービスを共有してメンテナンス効率を上げる止めると、ダウンタイムが長くなるめると合わせる、ダウンタイムがメンテナンスが悪い長くなるくなる
  7. 7. 2018/06/23 7/14 ストレージ上のの初メジャーアップデート! データ 新機能と特徴: Transactional updates 2/3 ● Transactional updates では… ● 再起動後に障害があったときは、前の状態にロールバック可能に障害があったときは、前の状態にロールバック可能があったと特徴きは、前の状態にロールバック可能前の状態にロールバック可能の初メジャーアップデート!状態にロールバック可能にロールバック可能可能と特徴 – 特定のサービスが起動しないときに自動ロールバックも可能のサービスが悪い起が悪い動しないと合わせるきに期待通りに 自動ロールバックも可能も可能可能なメモリーマップ制限 ● ただし、前の状態にロールバック可能 – zypper in は使えない transactional-update pkg in を共有してメンテナンス効率を上げる使う – ルートファイルシステムがメンテナンスが悪い read only に期待通りに なる 現在の の初メジャーアップデート! / /.snapshot/NNN/ snapshot /usr/lib64/B /usr/lib64/C/usr/bin/A /usr/lib64/B /usr/lib64/C/usr/bin/A (1) Btrfs スナップショットを一度に更新して一度に適用する作り、現在のシステムにり、前の状態にロールバック可能現在の の初メジャーアップデート!システムにに 影響を与えずにパッケージを更新を一度に更新して一度に適用する与えずにパッケージを更新えずにパッケージを一度に更新して一度に適用する更新 (2) 再起動時に に / を一度に更新して一度に適用する更新した スナップショットに切り替えり替ええ New! New! 同じファイルはじファイルはファイルは 冗長にならないにならない
  8. 8. 2018/06/23 8/14 新機能と特徴: Transactional updates 3/3 Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on devtmpfs 986M 4.0K 986M 1% /dev tmpfs 994M 0 994M 0% /dev/shm tmpfs 994M 8.9M 985M 1% /run tmpfs 994M 0 994M 0% /sys/fs/cgroup /dev/vda2 17G 1.9G 13G 14% / /dev/vda2 17G 1.9G 13G 14% /var overlay 17G 1.9G 13G 14% /etc /dev/vda2 17G 1.9G 13G 14% /root /dev/vda2 17G 1.9G 13G 14% /srv /dev/vda2 17G 1.9G 13G 14% /boot/grub2/i386-pc /dev/vda2 17G 1.9G 13G 14% /.snapshots /dev/vda2 17G 1.9G 13G 14% /boot/grub2/x86_64-efi /dev/vda2 17G 1.9G 13G 14% /opt /dev/vda2 17G 1.9G 13G 14% /usr/local /dev/vda2 17G 1.9G 13G 14% /home /dev/vda2 17G 1.9G 13G 14% /tmp tmpfs 199M 0 199M 0% /run/user/1000
  9. 9. 2018/06/23 9/14 新機能と特徴: Firewalld ● SuSE Firewall2 から firewalld に – RHEL/CentOS でお馴染みのファイアウォール管理ソフトウェア馴染みのファイアウォール管理ソフトウェアみのファイアウォール管理ソフトウェア – 高機能なメモリーマップ制限なコマンドライン、GUI インタフェース $ firewall-cmd --permanent --add-service samba – 豊富なサービスサポート、動的な変更、なサービスサポート、動的な変更、... ● アップデートの初メジャーアップデート!人は手動では手動で 切り替えり替ええ必用する – SuSE Firewall 削除 – firewalld.service 有してメンテナンス効率を上げる効化
  10. 10. 2018/06/23 10/14 新機能と特徴: その初メジャーアップデート!他システムに周りり ● libstorage-ng (YaST Partitioner の初メジャーアップデート!バック可能エン番号ド) – Btrfs multi-device filesystems, bcache を共有してメンテナンス効率を上げるサポート – 残念ながらアップデート時の なが悪いらアップ制限デート時の の /etc/fstab 読み込みのみ込むことみの 不具合わせるが悪い発生中は、プロセスが起動できないことがある ● 暗号化ボリュームがメンテナンスなどを共有してメンテナンス効率を上げるインストーラーが悪い認識できずできず ● Chrony – ntpd を共有してメンテナンス効率を上げる置き換える新しい き換える新しい える新しいバージョンから不具合修正などを取り込むことしい NTP サーバー/クも可能ライアントデーモン – ntpdate コマンドも可能 chronyd -q (設定のサービスが起動しないときに自動ロールバックも可能)リリース -Q (表示のみ)でのみ)リリースで 置き換える新しい き換える新しい えられる
  11. 11. 2018/06/23 11/14 新機能と特徴: デスク可能トップ ● KDE 5.12 LTS – Plasma Wayland が悪い追加されたが、まだ実用に耐えずされたが悪い、まだ実用に耐えず実用に期待通りに 耐えずえず ● 日本語入力の候補ウインドウ、正しい位置に出ませんの候補ウインドウ、正しい位置に出ませんウインドウ、正などを取り込むことしい位置き換える新しい に期待通りに 出ませんません – ナイトカラーモード(Wayland のみ)リリース – KDE IM パネルウィジェットが悪いデフォルトで有してメンテナンス効率を上げる効に期待通りに ● ibus-ui-gtk3 と合わせる比較して、未実装な部分がいくつかありしてメンテナンス効率を上げる、未リリース)実装な部分がいくつかありな部分がいくつかありが悪いいくつかあり ● GNOME 3.26 – 規定のサービスが起動しないときに自動ロールバックも可能で X11 ではなく Wayland を共有してメンテナンス効率を上げる使用 – ナイトライトモード ● LibreOffice 6 ● Firefox Quantum – Rust で書き込み&実行可能なメモリーマップ制限かれた Servo コンポーネントで高速化
  12. 12. 2018/06/23 12/14 42.3 からあったけど… ● AppImage, Flatpack – デスクも可能トップ制限アプ制限リケーションコンテナ – ディストリビューションに期待通りに 依存するライブラリが更新中のときしない、ポータブルなパッケージと合わせるしてメンテナンス効率を上げる アプ制限リケーションを共有してメンテナンス効率を上げる配布する仕組みする仕組みが充実み – Fedora 用の RPM を共有してメンテナンス効率を上げる使わないと合わせるいけないと合わせるいうような場合わせるは 減ってくるってメンテナンス効率を上げるくる ● Flatpak の初メジャーアップデート!日本語入力 – Electron ベースのアプ制限リケーションはダメ(Slackと合わせるか)リリース ● https://github.com/flatpak/flatpak/issues/1671 – IBus のみサポート ● https://github.com/flatpak/freedesktop-sdk-images/issues/43
  13. 13. 2018/06/23 13/14 FLATHUB
  14. 14. 2018/06/23 14/14 今後に障害があったときは、前の状態にロールバック可能 ● openSUSE Leap 15.1 – SLE SP1 ベース – リリースは1年後くらいくらい

×