Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
経験に基づく、 
UIデザイナーの必要性 
BASE株式会社CTO 
藤川真一
自己紹介 
• 藤川真一(えふしん) 
• 2000年製造業からネット業界に転職 
• 2006年paperboy&co. (現GMOペパボ社) 
ショッピングモールサイト「カラメル」責任者 
• 2007年Twitterの携帯向けクライアント...
UIデザイナーという職種名がなかった頃…
1.営業部門でクリティカルな仕様が決まっている 
2.もう言っちゃったから、今更やめられない 
3.案の定、制作部門が不満タラタラ 
4.納得いかないので、自分たちのコストで作り直し 
(アーキテクチャ不在、作った階段を自ら壊す) 
5.開発チ...
2004年Web設計への葛藤
Webサイトの設計に求められると思われる能力 
1.コンテンツの内容まで踏み込んだユーザビリティを考えた画面設計能力 
2.ビジュアルデザインと同義の情報配置能力 
3.動的ページの場合、矛盾なく低い工数を実現するシステム設計、クライ 
アント...
当時問題点だと思っていたこと 
• 「設計」の重要性がそこまで認知されてない 
誰もWebサイトの実現性に責任を持てない状況。 
• スキルセットが不足してる人材 
(デザイナーorディレクター)に 
「とりあえず」アサインされてしまう不幸
そういうの、 
ぶっちゃけ今でもありますよね?
当時、役割として必要だなって思ってたこと 
• 情報の設計= Web UIデザインに 
責任を持つ人の必要性 
• プリセールス& ポストセールスに関わる 
(受託の場合) 
• チームの一員の立場で、Webサイトが目標と 
するフィロソフィー...
でも、すべてができる人材を求めてるわけじゃない 
職業分野として、fixしてるとは思ってない。 
(そもそも本当に 
職業(not 職人)として成立するのか?)
BASEではどう考えているか? 
・成果への原資として、ビジュアルデザインスキル必須 
・そして論理的思考 
(順序立てて物事を考えられ、ちゃんと説明できる) 
・すごく詳しい人、か、すごく興味がある人 
「お母さんでも使えるネットショップ」 ...
http://engineer.typemag.jp/article/fshin33
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

UI crunch 登壇資料 20141128

11,236 views

Published on

2014.11.28 UI Crunch プレゼン資料

Published in: Internet
  • Be the first to comment

UI crunch 登壇資料 20141128

  1. 1. 経験に基づく、 UIデザイナーの必要性 BASE株式会社CTO 藤川真一
  2. 2. 自己紹介 • 藤川真一(えふしん) • 2000年製造業からネット業界に転職 • 2006年paperboy&co. (現GMOペパボ社) ショッピングモールサイト「カラメル」責任者 • 2007年Twitterの携帯向けクライアント モバツイを開発 • 2013年BASE株式会社顧問 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 後期博士課程入学 • 2014年BASE株式会社取締役CTO就任
  3. 3. UIデザイナーという職種名がなかった頃…
  4. 4. 1.営業部門でクリティカルな仕様が決まっている 2.もう言っちゃったから、今更やめられない 3.案の定、制作部門が不満タラタラ 4.納得いかないので、自分たちのコストで作り直し (アーキテクチャ不在、作った階段を自ら壊す) 5.開発チームがとばっちりをうけるw
  5. 5. 2004年Web設計への葛藤
  6. 6. Webサイトの設計に求められると思われる能力 1.コンテンツの内容まで踏み込んだユーザビリティを考えた画面設計能力 2.ビジュアルデザインと同義の情報配置能力 3.動的ページの場合、矛盾なく低い工数を実現するシステム設計、クライ アントスクリプトの知識、興味 4.後の工程で困らない設計図面、仕様書を書く能力 5.効果的なページリンクの構造 6.デザイントレンド、システムトレンドを取り入れられる豊富なWebの 知識、アンテナ。 求められる能力は、単純な技術者とかビジュアルデザイナーの枠では納まら ないところに人材育成の難しさがあると思われる。 多くの結果として、デザイナー的側面か技術者的側面のいずれかに傾倒して いくだろう。 ここで問題にしたいところは、個々の不足能力を補うため、積極的に他の人 に求めるよう動いてくれれば良いわけだが、 故意、無意識に関わらず、無責任モードに入り込んでしまうとタチが悪い。
  7. 7. 当時問題点だと思っていたこと • 「設計」の重要性がそこまで認知されてない 誰もWebサイトの実現性に責任を持てない状況。 • スキルセットが不足してる人材 (デザイナーorディレクター)に 「とりあえず」アサインされてしまう不幸
  8. 8. そういうの、 ぶっちゃけ今でもありますよね?
  9. 9. 当時、役割として必要だなって思ってたこと • 情報の設計= Web UIデザインに 責任を持つ人の必要性 • プリセールス& ポストセールスに関わる (受託の場合) • チームの一員の立場で、Webサイトが目標と するフィロソフィーを円滑に実現する役割 (楽しさ= UX、ユーザビリティ、実用性) ↑ココにそんな人材いなくね?説が集中する
  10. 10. でも、すべてができる人材を求めてるわけじゃない 職業分野として、fixしてるとは思ってない。 (そもそも本当に 職業(not 職人)として成立するのか?)
  11. 11. BASEではどう考えているか? ・成果への原資として、ビジュアルデザインスキル必須 ・そして論理的思考 (順序立てて物事を考えられ、ちゃんと説明できる) ・すごく詳しい人、か、すごく興味がある人 「お母さんでも使えるネットショップ」 +「物を売るたのしさ」 BASEというチャレンジの中で、会社と自分とを 一緒に成長させたい人に参加して欲しい。
  12. 12. http://engineer.typemag.jp/article/fshin33

×