Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
はじめてのRuby
自己紹介
山下 弥香(やました 
みか)
休日は、Co-Edoで趣味の
iOSアプリ開発をしていま
す。
Facebook

https://
www.facebook.com/
mika.yamashita.357
好きなもの:スープカレー
一日レジ
ちょうど昨日初めてつくっ
たiPhoneアプリがリリー
スされました。
無料なので、もしよかっ
たら、ダウンロードして
みてください。
https://
itunes.apple.com/jp/
app/yi-rireji/
id95...
参考書籍
「たのしいRuby」第4版
高橋 征義 (著), 後藤 裕蔵
(著), まつもと ゆきひろ (監修)
ソフトバンククリエイティブ
(2013/6/4)
Rubyとは
Rubyは、純国産のオブジェクト指向スクリプト
言語です。
スクリプト言語なので、コンパイルの必要がな
い。そのまま実行できる。
Rubyでは、あらゆる値はすべて「オブジェク
ト」です。1, 2, 3……といった数字や、"Hell...
Hello,Ruby.
「print(“Hello, Ruby.n”)」をテキストエディ
タで入力し、「helloruby.rb」のファイル名で
保存。

コンソールを起動して、上記ファイルを保存した
フォルダに移動し、実行。
コマンド入力例(...
print(“Hello, Ruby.n”)
“Hello, Ruby.n”という文字列オブジェ
クトを引数にして、printメソッドを呼び
出している。

※Rubyでは、あらゆるものがオブジェ
クト。
「n」は改行コード

「print」と...
メソッドを作ろう
「Hello,Ruby.」と出力されるメソッドを作る

# def メソッド名

def hello

# 実行したい処理 

print “Hello,Ruby.n” 

end

# 作成したhelloメソッドの実行 

...
クラスを作ろう(1)
class Hello

#initialize(初期化)メソッド

def initialize(myname = “Ruby”)

@name = myname

end

#インスタンスメソッド

def hello...
クラスを作ろう(2)
#インスタンスを作成(デフォルト値)

ruby = Hello.new()

#インスタンスメソッドの実行

ruby.hello 



#引数を指定した場合

bob = Hello.new("Bob")

bob....
クラスを作ろう(3)
出力結果

>Hello,Ruby

>Hello,Bob
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

はじめてのRuby

863 views

Published on

2015-01-11 に コワーキングスペース茅場町 にて開催されたRuby on Rails / Ruby ビギナーズ勉強会 第1回にて、発表した資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

はじめてのRuby

  1. 1. はじめてのRuby
  2. 2. 自己紹介 山下 弥香(やました  みか) 休日は、Co-Edoで趣味の iOSアプリ開発をしていま す。 Facebook
 https:// www.facebook.com/ mika.yamashita.357 好きなもの:スープカレー
  3. 3. 一日レジ ちょうど昨日初めてつくっ たiPhoneアプリがリリー スされました。 無料なので、もしよかっ たら、ダウンロードして みてください。 https:// itunes.apple.com/jp/ app/yi-rireji/ id951282820?mt=8
  4. 4. 参考書籍 「たのしいRuby」第4版 高橋 征義 (著), 後藤 裕蔵 (著), まつもと ゆきひろ (監修) ソフトバンククリエイティブ (2013/6/4)
  5. 5. Rubyとは Rubyは、純国産のオブジェクト指向スクリプト 言語です。 スクリプト言語なので、コンパイルの必要がな い。そのまま実行できる。 Rubyでは、あらゆる値はすべて「オブジェク ト」です。1, 2, 3……といった数字や、"Hello" といったテキストもすべてオブジェクト。
 なので、その値を扱う上で必要なメソッド等が 予め組み込まれています。
  6. 6. Hello,Ruby. 「print(“Hello, Ruby.n”)」をテキストエディ タで入力し、「helloruby.rb」のファイル名で 保存。
 コンソールを起動して、上記ファイルを保存した フォルダに移動し、実行。 コマンド入力例(ファイルをデスクトップに保存した場合)
 cd Desktop
 ruby helloruby.rb 実行例
 Hello,Ruby.
  7. 7. print(“Hello, Ruby.n”) “Hello, Ruby.n”という文字列オブジェ クトを引数にして、printメソッドを呼び 出している。
 ※Rubyでは、あらゆるものがオブジェ クト。 「n」は改行コード
 「print」と違い、「puts」の場合は、 出力される文字列の最後に自動的に改行 コードが追加される。
  8. 8. メソッドを作ろう 「Hello,Ruby.」と出力されるメソッドを作る
 # def メソッド名
 def hello
 # 実行したい処理 
 print “Hello,Ruby.n” 
 end
 # 作成したhelloメソッドの実行 
 hello() 「#」以降はコメントになる。
  9. 9. クラスを作ろう(1) class Hello
 #initialize(初期化)メソッド
 def initialize(myname = “Ruby”)
 @name = myname
 end
 #インスタンスメソッド
 def hello
 print “Hello,#{@name}”
 end
 end
  10. 10. クラスを作ろう(2) #インスタンスを作成(デフォルト値)
 ruby = Hello.new()
 #インスタンスメソッドの実行
 ruby.hello 
 
 #引数を指定した場合
 bob = Hello.new("Bob")
 bob.hello
  11. 11. クラスを作ろう(3) 出力結果
 >Hello,Ruby
 >Hello,Bob

×