Visiting HPC 2013

810 views

Published on

2013年に研究施設で公開されたスパコンの見学記。
Tokyo OpenSolaris 勉強会での発表資料なので、
内容が Solaris/SPARC に偏ったものになっています(笑)

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Visiting HPC 2013

  1. 1. スパコン見学記
  2. 2. 理化学研究所一般公開• 理化学研究所は、毎年和光の施設を公開
  3. 3. 理研と言えば…• わかめ
  4. 4. 理研と言えば…• わかめ• スーパーコンピュータ!
  5. 5. 理研のスパコン• 理研は『京』以外にもスパコンを運用• RIKEN Integrated Cluster of Clusters(RICC)• 一般公開では、RICC も公開
  6. 6. • というわけで、理研の一般公開でスパコンを見てきた
  7. 7. RICC を見てきた
  8. 8. これが RICC だ!筐体の周囲は自由に散策できる!!っていうか、子供とかも来てるんだけど大丈夫か?
  9. 9. RICC の仕様• 超並列PCクラスタ (97.4TFLOPS)部– Fujitsu PRIMERGY RX200 S5 (1024nodes)• CPU: Intel Xeon 5570 (2.93GHz) X 2• Memory: 12GB• HDD: 500GB (RAID0, SAS)• OS: Linux
  10. 10. RICC の仕様• 超並列PCクラスタ (97.4TFLOPS)部– Fujitsu PRIMERGY RX200 S5 (1024nodes)• CPU: Intel Xeon 5570 (2.93GHz) X 2• Memory: 12GB• HDD: 500GB (RAID0, SAS)• OS: Linux
  11. 11. • 解散、解散~~~!
  12. 12. Disk Storage System…だと?
  13. 13. RICC の仕様• 磁気ディスク装置 (550TB) 部– File Server: SPARC Enterprise M9000• OS: Solaris• Filesystem: QFS+SRFS– RAID: Eternas 2000 Model200 X 24
  14. 14. RICC の仕様• 磁気ディスク装置 (550TB) 部– File Server: SPARC Enterprise M9000• OS: Solaris• Filesystem: QFS+SRFS– RAID: Eternas 2000 Model200 X 24
  15. 15. • 集合、集合~~!
  16. 16. SPARC Enterprise M9000 の仕様• SPARC64™ VII(or VII+)• 最大64プロセッサ(最大256コア、最大512スレッド)• 最大4TBメモリ• 複数システムボードでNUMA構成– Locality Group(lgroup)– Memory Placement Optimization(MPO)
  17. 17. RICC の仕様• 磁気ディスク装置 (550TB) 部– File Server: SPARC Enterprise M9000• OS: Solaris• Filesystem: QFS+SRFS– RAID: Eternas 2000 Model200 X 24
  18. 18. 構成ラックのほとんどがストレージたしか、3~4ラックあった筈
  19. 19. 多分この辺が SE M9000FCケーブルが、このラックに集約されている
  20. 20. 『京』(互換機)も見てきた
  21. 21. 小規模導入を可能にする構成ラック(ユニット構成も変更可能?)単位とかでも導入できるようになるらしい。CPU も FX10 からちょっとアップグレードされているような記載を見た記憶が…
  22. 22. 稼働中の『京』互換機ケーブリングっぽいのは、水冷チューブ
  23. 23. 『京』の仕様• SPARC 64 VIIIfx 8 コア 2GHz• OSはLinux
  24. 24. 『京』の仕様• SPARC 64 VIIIfx 8 コア 2GHz• OSはLinux
  25. 25. • ま、まぁ、わかってたけどね……
  26. 26. ちなみに Wikipedia によると…• 富士通の一般販売商品はPRIMEHPC FX10• 京との比較で、値段据え置きで、CPUの性能が2倍弱速くなった• ラックあたり96ノード• 1/8~1024ラックで販売• 50ラック程度で50~70億円1CPUあたり100万円強
  27. 27. 理研一般公開まとめ
  28. 28. まとめ• 手が触れる距離でスパコンを見学可能• 地下施設の巨大加速器とかも見学可能加速器マジでかい&恰好良い!• 理研一般公開は超おすすめ
  29. 29. スパコン見学記~終~
  30. 30. いつから、理研のスパコン見学だけだと錯覚していた?
  31. 31. スパコン見学記JAXA編
  32. 32. JAXA一般公開• JAXAは、毎年調布の研究施設を一般公開• 理研の一般公開日程と同じ頃らしい• 近隣の研究施設の一般公開も同時開催
  33. 33. JAXAのスパコンを見てきた
  34. 34. JAXAのスパコンシステム構成図
  35. 35. JAXAのスパコン構成• SPARC,SPARCあんどSPARC• Solaris,SolarisあんどSolaris
  36. 36. • これや!わいが見たかったのは、こないなスパコンシステムだったんや!
  37. 37. 計算機棟(その1)の施設構成
  38. 38. これはNECのベクトル機
  39. 39. この奥が(多分)SPARCシステム
  40. 40. 計算機棟(その2)の施設構成
  41. 41. こちらはFX1(SPARC)がみっちり!
  42. 42. JAXA一般公開まとめ
  43. 43. まとめ• JAXAのスパコンはすべてガラス越し– 理研がおおざっぱ過ぎ?• JAXAは風洞実験設備とか風洞実験設備とか風洞実験設備とか、規模のでかい施設が沢山– たしか、YS-11とかの展示も• JAXA一般公開は超おすすめ
  44. 44. スパコン見学記~終~

×