Google+APIをさわってみる。

12,998 views

Published on

2012/03/10 九州GTUG in 鹿児島
「Google+APIをさわってみる。」

Published in: Technology
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
12,998
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
9,298
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Google+APIをさわってみる。

  1. 1. Google+ APIをさわってみる。 2012.03.10 九州GTUG in 鹿児島 野崎 弘幸
  2. 2. 自己紹介野崎 弘幸鹿児島企業に所属しています。日本Androidの会鹿児島支部長 / 運営委員 不定期でAndroidの勉強会やってます。 Android技術に関する勉強会。 アプリ作成の技術とか、組込みとか、 クラウドやHTML5のことも。
  3. 3. アジェンダ 使ってますか? Google+ Google+ APIについてGoogle+ APIをさわってみる。
  4. 4. 使ってますか? Google+
  5. 5. 情報流通の仕組みが
  6. 6. ビデオチャットが
  7. 7. モバイル連携が
  8. 8. デザインも Google+がカッコイイ理由:それはオリジナルMacintosh開発チームのアンディー・ハーツフェルド http://jp.techcrunch.com/archives/20110628google-plus-design-andy-hertzfeld/
  9. 9. Google+ API について
  10. 10. 2011年9 月15日Google+ API公開
  11. 11. ただし、いまのところ参照のみ。「本日までに投稿系が公開されればいいネタに!」と、思っていましたが、公開されず。残念・・・。 待ちましょう。
  12. 12. Google+ APIをさわってみる。
  13. 13. ということで、説明に入ります。 本日は、投稿系が公開された時にも備えて、OAuth2.0を使った、Google+ APIへのアクセス について説明します。
  14. 14. 各言語用のライブラリやサンプルが 用意されています。 https://developers.google.com/+/downloads/
  15. 15. けど、なるべく頼らずにやるべし。 OAuth2.0は、もともとがシンプル。 また、OAuth2.0は、facebook APIでも、mixi APIでも使ったりします。 自分で書いておいた方が、 後々サービスを作る時に便利かもしれません。
  16. 16. まずは、事前準備。Google APIs Consoleにアクセスして、Client ID、Client secretを発行して、 Redirect URIsを設定します。 https://code.google.com/apis/console/b/0/
  17. 17. このへんも目を通しておきましょう。https://developers.google.com/accounts/docs/OAuth2
  18. 18. それでは、作ります。 ここでは、phpでいきます。 マニュアルと合わせて、このページも参考に。天使やカイザーと呼ばれて » OAuth2.0によるGoogle+ APIのアクセス方法http://www.eisbahn.jp/yoichiro/2011/10/oauth2-0_google-api.html
  19. 19. 設定ファイルを作ります。
  20. 20. 認証部分を作ります。
  21. 21. 認証部分を作ります。 昨年末頃に、仕様変更があったみたい。これがないとrefresh_tokenが取れなかった。2/7に行われたGoogle API OAuth 2.0の仕様変更について - GeekFactory http://d.hatena.ne.jp/int128/20111210/1323534145
  22. 22. トークン取得部分を作ります。
  23. 23. 動かしてみます。 認証ページを開くと、Googleのページにリダイレクトされてまずは、アクセスの許可を聞いてきます。
  24. 24. トークン取得今回は、トークンの取得に成功するとセッションに access_tokenとrefresh_token を保持するようになっています。 この部分
  25. 25. プロフィール取得まずは、プロフィールを取得してみます。
  26. 26. ユーザー検索
  27. 27. あとは、同じ要領でいろいろと。 https://developers.google.com/+/api/
  28. 28. access _tokenの更新refresh_tokenを使って、更新します。
  29. 29. 更新系のAPIが、楽しみですね。
  30. 30. ご清聴ありがとうございました。

×