Kii Cloud 勉強会 #2
〜 ちょっと使ってみよう 〜
自己紹介
●
●
●
●
●

深見 浩和(@fkm)
つい最近までKiiのなかのひと
Androidアプリ作ったり
サーバーのコード書いたり
このアイコンのひと →
復習:どんなことできるの?
●
●
●
●
●

ユーザー管理
グループ管理
データ管理
プッシュを送ったり
その他もろもろ
今日の目標
● 簡単メモ帳アプリを作ってみよう
● アプリにユーザー登録/ログイン機能を
つけよう
● メモを登録/取得してみよう
アプリの構成
ステップ1 開発者登録
https://developer.kii.com
で開発者登録しましょう
● メールアドレスとパスワード
ステップ2 アプリプロジェクト作成
Eclipseで、新しいAndroidアプリプロジェクトを作り
ましょう
作ったら、AndroidManifest.xmlに
<uses-permission android:name="android.
p...
ステップ3 アプリ情報登録
ポータルで、アプリの情報を
登録してみましょう
● アプリ名
● サーバーの場所(今回は日本)
● プラットフォーム(Android)
ステップ4 SDKをダウンロード
ポータルから、Android用のSDK
(Cloud SDK)をダウンロードし、
アプリのlibsフォルダにいれましょう
ステップ5 登録機能の実装
「登録」ボタンを押したら、
Kii Cloudにユーザーを作ってみよう
ヒント:
登録はKiiUser#register()メソッド
ステップ5 実装例
private void performSignup() {
String username = getUsername();
String password = getPassword();
KiiUser user = ...
ステップ6 ログイン機能の実装
「ログイン」ボタンを押したら、
Kii Cloudにログインしてみよう
ヒント:
ログインはKiiUser#login()メソッド
ステップ6 実装例
private void performLogin() {
String username = getUsername();
String password = getPassword();
KiiUser.logIn(ne...
ステップ7
の前に。。。
バケツとスコープ
Kii Cloudでは、データ(KiiObject)は
バケツ(KiiBucket)の中に保存される
バケツとスコープ
バケツ(KiiBucket)には名前がついている
バケツ(KiiBucket)には所有者がいる
● アプリ全体
● 特定のグループ
● 特定のユーザー
バケツとスコープ
KiiBucketインスタンスを作る
● Kii.bucket(“appInfo”)
○ 所有者は「アプリ全体」

● group.bucket(“users”)
○ 所有者は指定したグループ

● KiiUser.getCu...
ステップ7 データの登録
1行メモをKiiObjectにいれて、
アップロードしてみよう
ヒント:
バケツの所有者は誰が適切だろう?
ステップ7 実装例
private void addNote(final String text) {
KiiObject object = KiiUser.getCurrentUser().bucket(BUCKET_NAME).
objec...
ステップ8 データの取得
とりあえず、全部取得してみよう
ヒント:
バケツ内のKiiObjectを検索するには、
KiiBucket#query(KiiQueryCallback, query)
を使います
ステップ8 実装例(1 / 2)
private void fetchNotes() {
KiiBucket bucket = KiiUser.getCurrentUser().bucket(BUCKET_NAME);
// 条件組み立て
Ki...
ステップ8 実装例(2 / 2)
@Override
public void onQueryCompleted(
int token, KiiQueryResult<KiiObject> result, Exception exception)...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Kii cloud 勉強会 #2

2,426 views

Published on

Kii Cloud 女子部の勉強会で使用した資料に、実装例を付け足したものです。

最初は実装例を見つつ実装してみるのがいいかもしれません

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
2,426
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
799
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Kii cloud 勉強会 #2

  1. 1. Kii Cloud 勉強会 #2 〜 ちょっと使ってみよう 〜
  2. 2. 自己紹介 ● ● ● ● ● 深見 浩和(@fkm) つい最近までKiiのなかのひと Androidアプリ作ったり サーバーのコード書いたり このアイコンのひと →
  3. 3. 復習:どんなことできるの? ● ● ● ● ● ユーザー管理 グループ管理 データ管理 プッシュを送ったり その他もろもろ
  4. 4. 今日の目標 ● 簡単メモ帳アプリを作ってみよう ● アプリにユーザー登録/ログイン機能を つけよう ● メモを登録/取得してみよう
  5. 5. アプリの構成
  6. 6. ステップ1 開発者登録 https://developer.kii.com で開発者登録しましょう ● メールアドレスとパスワード
  7. 7. ステップ2 アプリプロジェクト作成 Eclipseで、新しいAndroidアプリプロジェクトを作り ましょう 作ったら、AndroidManifest.xmlに <uses-permission android:name="android. permission.INTERNET"/> を追加しましょう
  8. 8. ステップ3 アプリ情報登録 ポータルで、アプリの情報を 登録してみましょう ● アプリ名 ● サーバーの場所(今回は日本) ● プラットフォーム(Android)
  9. 9. ステップ4 SDKをダウンロード ポータルから、Android用のSDK (Cloud SDK)をダウンロードし、 アプリのlibsフォルダにいれましょう
  10. 10. ステップ5 登録機能の実装 「登録」ボタンを押したら、 Kii Cloudにユーザーを作ってみよう ヒント: 登録はKiiUser#register()メソッド
  11. 11. ステップ5 実装例 private void performSignup() { String username = getUsername(); String password = getPassword(); KiiUser user = KiiUser.builderWithName(username).build(); user.register(new KiiUserCallBack() { @Override public void onRegisterCompleted( int token, KiiUser user, Exception exception) { if (exception != null) { return; } } }, password); }
  12. 12. ステップ6 ログイン機能の実装 「ログイン」ボタンを押したら、 Kii Cloudにログインしてみよう ヒント: ログインはKiiUser#login()メソッド
  13. 13. ステップ6 実装例 private void performLogin() { String username = getUsername(); String password = getPassword(); KiiUser.logIn(new KiiUserCallBack() { @Override public void onLoginCompleted( int token, KiiUser user, Exception exception) { if (exception != null) { return; } // 成功時の処理 } }, username, password); }
  14. 14. ステップ7 の前に。。。
  15. 15. バケツとスコープ Kii Cloudでは、データ(KiiObject)は バケツ(KiiBucket)の中に保存される
  16. 16. バケツとスコープ バケツ(KiiBucket)には名前がついている バケツ(KiiBucket)には所有者がいる ● アプリ全体 ● 特定のグループ ● 特定のユーザー
  17. 17. バケツとスコープ KiiBucketインスタンスを作る ● Kii.bucket(“appInfo”) ○ 所有者は「アプリ全体」 ● group.bucket(“users”) ○ 所有者は指定したグループ ● KiiUser.getCurrentUser().bucket(“inbox”) ○ 所有者は「ログイン中のユーザー」
  18. 18. ステップ7 データの登録 1行メモをKiiObjectにいれて、 アップロードしてみよう ヒント: バケツの所有者は誰が適切だろう?
  19. 19. ステップ7 実装例 private void addNote(final String text) { KiiObject object = KiiUser.getCurrentUser().bucket(BUCKET_NAME). object(); object.set(FIELD_NOTE, text); object.save(new KiiObjectCallBack() { @Override public void onSaveCompleted( int token, KiiObject object, Exception exception) { if (exception != null) { return; } } }); }
  20. 20. ステップ8 データの取得 とりあえず、全部取得してみよう ヒント: バケツ内のKiiObjectを検索するには、 KiiBucket#query(KiiQueryCallback, query) を使います
  21. 21. ステップ8 実装例(1 / 2) private void fetchNotes() { KiiBucket bucket = KiiUser.getCurrentUser().bucket(BUCKET_NAME); // 条件組み立て KiiQuery query = new KiiQuery(); query.sortByDesc("_modified"); bucket.query(new KiiQueryCallBack<KiiObject>() { /* Callbackの中身は次ページ */ }, query); }
  22. 22. ステップ8 実装例(2 / 2) @Override public void onQueryCompleted( int token, KiiQueryResult<KiiObject> result, Exception exception) { if (exception != null) { return; } List<KiiObject> resultList = result.getResult(); List<String> list = new ArrayList<String>(resultList.size()); for (KiiObject object : resultList) { list.add(object.getString(FIELD_NOTE, "Empty")); } setItems(list); // Adapterにセット }

×