Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

My First XP Project 〜10年前の俺へ〜

1,345 views

Published on

アジャイルジャパン 初心者向けセミナー

Published in: Software

My First XP Project 〜10年前の俺へ〜

  1. 1. ∼10年前の俺へ∼ 木下 史彦 (株)永和システムマネジメント f-kinoshita@esm.co.jp NECソリューションイノベータ本社; 2015-11-27(Fri) Agile Japan 初心者向けセミナー My First XP Project
  2. 2. ごめん なさい
  3. 3. 空気が読め ていません でした
  4. 4. 対象条件を 満たしてい ません
  5. 5. 気を取り直して
  6. 6. ∼10年前の俺へ∼ 木下 史彦 (株)永和システムマネジメント f-kinoshita@esm.co.jp NECソリューションイノベータ本社; 2015-11-27(Fri) Agile Japan 初心者向けセミナー My First XP Project
  7. 7. 木下史彦 株式会社永和システムマネジメント アジャ イル事業部 事業部長。 2005年頃からエ クストリーム・プログラミングを開発現場 で実践。2010年には「価値創造契約」を 提唱し、ソフトウェア受託開発の新しい形 を示した。 ソフトウェアの利用者への《共 感》と《アジャイルなプロセス》と《妥協 のないエンジニアリング》をもって、お客 さまに価値を提供し続けることを目指して いる。 Web日記 : http://fkino.net
  8. 8. Agenda ✓ 10年前の事例 ✓ 実践したプラクティス ✓ 反省点 ✓ チャレンジしていきたいこと ✓ 10年間をふりかえって
  9. 9. Goals ✓ 開発の現場の雰囲気を感じ取ってください ✓ 開発を楽しくするための気づきを共有しま しょう ✓ 開発の楽しさを顧客満足に結びつける方法 を考えていきましょう
  10. 10. 事例 ✓ 某B2C営業支援システム ✓ 10名 ✓ 5ヶ月 ✓ Seasar2(S2Dao、 S2OpenAMF) ✓ Flash ✓ Oracle ✓ 某CRMシステム検討プロ ジェクト ✓ 4名 ✓ 4ヶ月 ✓ Seasar2(S2Dao、 S2Axis) ✓ Flex ✓ Oracle
  11. 11. 紹介するプラクティス ✓ プロジェクトルーム ✓ かんばん ✓ イテレーション計画 ✓ ニコニコカレンダー ✓ 週40時間 ✓ お菓子 ✓ イテレーション打ち上げ
  12. 12. ✓ 専用のプロジェクトルームとミーティング スペース プロジェクトルーム
  13. 13. プロジェクトルーム
  14. 14. プロジェクトルーム 重要
  15. 15. かんばん ✓ 情報共有 ✓ 見える化 ✓ タスクカードを 作業の種類毎に 色分け ✓ 凝ったタスクカー ドより付箋紙 ✓ 達成感=>やる気
  16. 16. 見える化 重要
  17. 17. イテレーション計画 ✓ 1イテレーション=2週間 ✓ 見積り単位は「理想日」 ✓ イテレーション開始時にベロシティを宣言 ✓ イテレーションの区切りは水曜日か木曜日 ✓ ポイント=>やりたいタスクを自分で選ぶ
  18. 18. イテレーション計画 ✓ やりたいタスクが重なったら・・・
  19. 19. イテレーション計画
  20. 20. ダーツ 重要
  21. 21. ニコニコカレンダー ✓ ● ● ● ✓ シールの種類を増やす ✓ 会話が生まれる
  22. 22. シール 重要
  23. 23. 週40時間 ✓ 残業はしたくないけど残業手当は欲しいよ ね
  24. 24. きっぷ ✓ デフォルト残業30時間(見なし残業) ✓ 1枚30分 ✓ 残業をすればきっぷを箱に入れる ✓ 仕方ないときはリーダーがきっぷを発行 ✓ 残ったきっぷ=残業手当
  25. 25. 就業規則 勝手に 変更してます
  26. 26. お菓子 ✓ 一緒にお菓子を買いに行く ✓ 買ってきたお菓子をみんなに配る ✓ 良い点=>コミュニケーション、労い ✓ 悪い点=>太る
  27. 27. お菓子 ✓ XPに最適なお菓子は? ✓ スナック菓子は手が汚れる ✓ みんなに配るので、小袋に入ってるせんべ い系がよい ✓ 太ってきたら、チョコレートダイエット
  28. 28. お菓子 重要
  29. 29. イテレーション打ち上げ ✓ 飲み会 ✓ 良い点=>コミュニケーション ✓ 悪い点=>お金が無くなる
  30. 30. イテレーション打ち上げ
  31. 31. イテレーション打ち上げ 木下>2週間に1回飲みに行ってます 平鍋さん> 基本ですね
  32. 32. 飲み会 基本
  33. 33. XPをはじめてよかったこと こうやっていると、 ここだけでひとつの 会社みたいですね。
  34. 34. XPをはじめてよかったこと ✓一体感 ✓高揚感 ✓ワクワク感
  35. 35. ソフトウェア開発 の現場で涙を流し そうになったこと、 ありますか?
  36. 36. 感動 重要
  37. 37. 前半まとめ ✓ ソフトウェア開発って本来は楽しいもの ✓ デスマでも楽しい開発というのはある ✓ 驚きと感動のある現場
  38. 38. しかし
  39. 39. 問題提起 ✓ 現場が楽しければそれでいいのか? ✓ 無くならないデスマーチ。 ✓ 顧客の要件を十分に満たせていない。 ✓ 重要な判断やリスクを顧客に押しつけてい る。
  40. 40. 反省 ✓ XP、XPと騒いで、プラクティスをなぞる ことに精一杯だった。
  41. 41. 反省 ✓ 自分たちが楽しいだけなら、それは
  42. 42. XPごっこ
  43. 43. これからは 顧客重要
  44. 44. Tryしたいこと (10年前) ✓ (お客さまと一緒に) 計画ゲーム ✓ 継続可能なペース ✓ トリアージ ✓ お客さまの時間、予算、品質、スコープを コントロール ✓ お客さまをプロジェクトルームへご招待 ✓ 仲間内で2週間に1回飲みに行くなら、お 客さまとも同じペースで飲みに行く
  45. 45. ✓ 開発の楽しさと顧客満足を結びつけたい ✓ 現場の活力が顧客に伝わるようなチーム 夢
  46. 46. Goals ✓ 開発の現場の雰囲気を感じ取ってください ✓ 開発を楽しくするための気づきを共有しま しょう ✓ 開発の楽しさを顧客満足に結びつける方法 を考えていきましょう
  47. 47. 10年後 (現在) ✓ (お客さまと一緒に) 計画ゲーム ✓ 継続可能なペース ✓ トリアージ ✓ お客さまの時間、予算、品質、スコープを コントロール ✓ お客さまをプロジェクトルームへご招待 ✓ 仲間内で2週間に1回飲みに行くなら、お 客さまとも同じペースで飲みに行く
  48. 48. 10年って 結構いろいろ できる
  49. 49. できるようになった理由 ✓ アジャイル開発に対する世の中の理解が進 んだ ✓ アジャイル開発を一緒にやる仲間が増えた ✓ Agile Japan の貢献も大きい(お世辞 じゃなく真剣に)
  50. 50. これからの10年 ✓ コミュニティを中心にお客さま(システムを 利用する人)を開発者(システムを使う人) の境界線がどんどんなくなっていく
  51. 51. 『エクストリームプログラミング』日本語新訳版への推薦の言葉より 今日のアジャイルジャパン

×