Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

FIWARE for Smart Cities

404 views

Published on

都市を成長のエンジンに変える FIWARE

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

FIWARE for Smart Cities

  1. 1. FIWARE: transforming cities into engines of growth (都市を成長のエンジンに変える) Juanjo Hierro FIWARE Foundation CTO juanjose.hierro@fiware.org, @JuanjoHierro, @FIWARE www.slideshare.net/JuanjoHierro (Translated into Japanese by Kazuhito Suda k@fisuda.jp)
  2. 2. FIWARE コンセプト 1
  3. 3. 2 FIWARE: スマートなソリューションを構築するための オープンソース・プラットフォーム スマートなソリューションは、IoT に限らず、多くのさまざまなソースから データを収集し、実世界の“姿”を描き出し、その情報を処理・分析して、 現実世界に変化をもたらす望ましいインテリジェントな動作を実現します データ = コンテキスト情報 収集 動作 処理・分析
  4. 4. スマートなソリューションを実装するには、 大規模なコンテキスト情報の収集と管理が必要です 3 スマート・シティ Bus • Location • No. passengers • Driver • Licence plate Citizen • Birthday • Preferences • Location • ToDo list Shop • Location • Business name • Franchise • offerings # Smart Cities
  5. 5. スマートなソリューションを実装するには、 大規模なコンテキスト情報の収集と管理が必要です 4 Tractor • Location • Speed • Direction Crop • Humidity • Leaf area • Age Drone • Location • Battery level • Speed • Direction # Smart Agro スマート・アグリフード
  6. 6. スマートなソリューションを実装するには、 大規模なコンテキスト情報の収集と管理が必要です 5 # Smart Industry Tanker • Driver • Location • Max Volume • Current Level • Speed • Direction Gas Tank • Station • Max Volume • Current Level • Min Threshold • Temperature Station • Location • Owner • SLA スマート・インダストリー
  7. 7. 6 もし...
  8. 8. FIWARE: コンテキスト情報管理の標準を推進  FIWARE Context Broker テクノロジは、FIWARE NGSI API を実装しています。シンプルであり パワフルな、一般公開されているロイヤリティ・フリーのコンテキスト情報管理の標準 API です  シンプル: Webプログラマが一日で使用方法を学べる JSON を使用した RESTful API  パワフル: FIWARE NGSI はジオ・クエリをサポートし、Linked Data (JSON-LD) にもまもなく 対応 7 アプリケーション/サービス Bus • Location • No. passengers • Driver • Licence plate Citizen • Name-Surname • Birthday • Preferences • Location • ToDo list Shop • Location • Business name • Franchise • offerings コンテキスト情報 FIWARE NGSI API
  9. 9. デファクト・スタンダードの推進: クロス・ドメイン 8 FIWARE Context Broker テクノロ ジーは、新しい CEF* ビルディング・ ブロックとして選択されました 適時データ**の公開に関する 公的および民間セクターのソリュー ションを可能にします European Data portal は、 適時オープンデータを公開する機能 を組み込むように進化します ETSI は、2017年1月、スマート・ シティ・アプリケーションやそれ先を 対象としたクロス・セクタのコンテキ スト情報管理 (ISG CIM) に関する 新しい業界仕様グループを設立 しました NGSIv2は、CIM API を仕様化 する出発点でした: NGSI-LD FIWARE Context Broker は、 今後、NGSI-LD をサポートします GSMA は IoT ビッグデータ・ エコシステムのリファレンス・ アーキテクチャを公開しており、 モバイル事業者に推奨してい ます FIWARE NGSIv2は、IoT ビッグデータ・エコシステムを 提供する実装者がサポート するべきです ** right-time data* Connecting Europe Facility
  10. 10. 9 Context Broker 標準 API GET <Oauth token> http://<endpoint>/V2/entities/lamp1/attrs/presenceSensor/value センサ値を読み取ること は、エンティティの属性 を読み取ることと同じく らい簡単であるべきです “どんな低レベルの IoT プロトコルが使用されて いてもかまいません” “IoT デバイスとの 接続を処理する必要は ありません” IoT はイネーブラーであり、複雑さのために障壁はありません
  11. 11. エンティティの属性を 更新することで、 デバイスは動作します PUT <Oauth token> http://<endpoint>/V2/entities/crop1/attrs/watering/value “on” IoT はイネーブラーであり、複雑さのために障壁はありません 10 Context Broker 標準 API “どんな低レベルの IoT プロトコルが使用されて いてもかまいません” “IoT デバイスとの 接続を処理する必要は ありません”
  12. 12. FIWARE: IoT プラットフォームとの関係  FIWARE は、IoT レベルで標準の戦いを解決しようとするのではなく、今日、標準が存在しな い場所に標準をもたらします: コンテクスト情報管理  FIWARE は、今日の様々なIoTプロトコルに対応するために、コンポーネントを提供するか、 または既存のIoTプラットフォームと統合できます 11 FIWARE Context Broker FIWARE NGSI API (ノース・バウンド・インタフェース) IoT Agent-1 IoT Agent-2 IoT Agent-n IoT Agent Manager create/monitor FIWARE Backend IoT Device Management (サウス・バウンド・インタフェース) OPC UA MQTTIETF CoAP OMA LWM2M FIWARE IoT プラットフォー ム・コンポーネントまたは Context Broker テクノロジ への接続をサポートする 代替 IoT プラットフォーム
  13. 13. Open data publication コンテキスト情報を収集できると、 有用なFIWAREイネーブラーを使用することができます 12 Advanced Web-based UI (AR, 3D) Data/Apps visualization Big Data AnalysisComplex Event Processing Multimedia processing IoT-enabled Context Information Management
  14. 14. スマート・シティのための FIWARE 13
  15. 15. FIWARE: スマート・シティをトランスフォーメーションの旅 に導きます 14 1 2 3 • サイロに効率性をもたらす垂直 ソリューション (一部はIoT対応) • オープンデータとしての 履歴データ • 情報は依然として垂直サイロに あり、全体像はない 効率的かつオープン データ・エコノミー へのサポート • サードパーティ・データの有効 活用もできるプラットフォーム としてのシティ • 革新的なビジネスモデル • マルチサイド市場を可能にする オープンで商業的なデータ 4 • 様々な垂直サービスからの"適時" のコンテキスト情報を収集する 水平プラットフォーム • 共通情報モデル • スマート・シティのガバナンス ・ソリューション 真にスマート 適時オープン・データ を解き放つ • サードパーティに公開される適 時コンテキスト情報 • 認可とアクセス制御 (API管理) • オープン・イノベーション・ エコシステム *適時 : Right-time
  16. 16. スマート・シティ: ここでの私たちの都市は 15 Yes! あなたの都市は、すでに効率的で オープンな都市かもしれません…. …しかし、あなたの都市が 目指すべき場所に移動する ための旅はまだあります • サイロに効率性をもたらす垂直 ソリューション (一部はIoT対応) • オープンデータとしての 履歴データ • 情報は依然として垂直サイロに あり、全体像はない 効率的かつオープン
  17. 17. スマート・シティ: トランスフォーメーションの旅 16 1 2 • サイロに効率性をもたらす垂直 ソリューション (一部はIoT対応) • オープンデータとしての 履歴データ • 情報は依然として垂直サイロに あり、全体像はない 効率的かつオープン • 様々な垂直サービスからの"適時" のコンテキスト情報を収集する 水平プラットフォーム • 共通情報モデル • スマート・シティのガバナンス ・ソリューション 真にスマート
  18. 18. FIWARE:スマート・シティのリファレンス・アーキテクチャ  垂直サイロを破って、都市で 起こっていることの全体像を 提供するコンテキスト情報管 理レイヤーを構築します  垂直ソリューション間の 相互運用性  データの統合  垂直ソリューション  IoT ネットワーク  処理 / 分析  適時と履歴のコンテキスト・ データを大規模に処理し分析 することを可能にします 17
  19. 19. 24カ国以上に117以上の都市が 関わっています。 共通の採用を促進することに同 意しています 原則: • 共通 API: FIWARE NGSIv2 • 互換性のあるオープン・ データ公開プラットフォーム • データモデルの定義に おけるコラボレーション IET-City (IoT 対応スマートシ ティ) フレームワーク内で世界 規模で最も関連性の高いスマ ートシティ・プラットフォー ムのイニシアチブの1つとして 認識されています TM Forum は、FIWARE と協力して、 スマート・シティのエコシステムを有効 にして接続するための重要なビルディ ングブロックを提供しています TM Forum は、都市におけるコンテキ スト情報へのリアルタイム・アクセスの ための FIWARE NGSIv2 をサポートし ています TM Forum と FIWARE は、データ・マ ーケットプレイス・プラットフォームのコ ンポーネントの開発に協力しています デファクト・スタンダードの推進: スマート・シティ 18
  20. 20. 都市の共通情報モデルを推進しています  ポータブル・ガバナンス・ソリュー ション  追加または交換が容易な 垂直ソリューション  都市間のベスト・プラクティスの 共有が容易になります  スマートシティは、投資するのが より魅力的なマーケットになります 19
  21. 21. 適時オープン・データ を解き放つ • サードパーティに公開される適 時コンテキスト情報 • 認可とアクセス制御 (API管理) • オープン・イノベーション・ エコシステム スマート・シティ: トランスフォーメーションの旅 20 1 2 3 • サイロに効率性をもたらす垂直 ソリューション (一部はIoT対応) • オープンデータとしての 履歴データ • 情報は依然として垂直サイロに あり、全体像はない 効率的かつオープン • 様々な垂直サービスからの"適時" のコンテキスト情報を収集する 水平プラットフォーム • 共通情報モデル • スマート・シティのガバナンス ・ソリューション 真にスマート
  22. 22. ...都市のコンテキスト情報の一部はサードパーティに "適時" 提供 されます  潜在的または適時のオープン・デー タを解き放ちます  共有データに関するオープン・イノ ベーション・エコシステム  起業家にとって魅力的なマーケット としてのスマート・シティ 21
  23. 23. FIWARE: 潜在的または適時のオープン・データを解き放ち ます  Context Brokerレイヤ の FIWARE NGSI ク エリにマッピングする "適時データセット" の 公開をサポート  公開リソース (データ セット) に対するアク セス権の取得を管理す る機能  公開リソースに関する フィードバックを収集 するためのユーザおよ び開発者とのインター フェース 22
  24. 24. FIWAREの事例 : フロント・ランナーのスマート・シティに よるカーナビゲーション 23 • カー・ナビゲーターは、 都市別に公開されている駐車スペースに 関する状況情報を表示できます スペイン・サンタンデール市 ポルトガル・ポルト市 • ナビゲータ・システムは、 ドライバを目的地に案内するのではなく、 利用可能な駐車スペースを近くに案内します 。
  25. 25. スマート・シティ: トランスフォーメーションの旅 24 1 2 3 • サイロに効率性をもたらす垂直 ソリューション (一部はIoT対応) • オープンデータとしての 履歴データ • 情報は依然として垂直サイロに あり、全体像はない 効率的かつオープン データ・エコノミー へのサポート • サードパーティ・データの有効 活用もできるプラットフォーム としてのシティ • 革新的なビジネスモデル • マルチサイド市場を可能にする オープンで商業的なデータ 4 • 様々な垂直サービスからの"適時" のコンテキスト情報を収集する 水平プラットフォーム • 共通情報モデル • スマート・シティのガバナンス ・ソリューション 真にスマート 適時オープン・データ を解き放つ • サードパーティに公開される適 時コンテキスト情報 • 認可とアクセス制御 (API管理) • オープン・イノベーション・ エコシステム *適時 : Right-time
  26. 26. コンテキスト情報管理標準の存在は、ドメイン間で情報を共有する 機会をもたらします  さまざまなドメインのシステムによって実行されるプロセスは、共通のコンテキスト 情報管理レイヤに基づいてデータを交換し、標準の API と共有情報モデルのサポート を提供することができます  アクセス制御ポリシーにより、コンテキスト情報の所有者は、誰が何時にアクセスで きるかを管理できます (データの主権) 25 Smart Factory Smart Bank Smart Retail Smart Home Smart City standard Context Information Management layer Smart Services
  27. 27. ... 既存のオープン・データ・プラットフォームは、 データ・マーケットプレースにトランスフォームすることができ、 どのアクターもデータを共有して何かを得ることができます 26  データエコノミーを可能にする都市  都市は外部から追加データを取得し、 より良い洞察につげることができます  FIWAREは、最も広く使用されているオー プン・データ・プラットフォーム “CKAN” を拡張し、データ・マーケット・プレイス に変えます  “適時”データセットとしてのコンテキスト API クエリ  アクセス権取得の管理  データセットへの価格設定 (権利取得の価格と従量課金)
  28. 28. FIWARE: データのエコノミーを可能にする  サードパーティによ るリソースの公開を 可能にする  アクセス権の取得に 価格を割り当て、ペ イ・パー・ユースの スキーマ定義を可能 にする機能  Open TMForum API に基づいたオファリ ングを管理する Biz Framework 27
  29. 29. FIWARE 事例: サードパーティのデータを使用して、フロントランナー のスマート・シティを通じたカーナビゲーションの充実 28 • カーナビは、都市から発行された利用可能な駐車場 に関する情報や、アクセス権を取得したサードパー ティからの他のデータを表示することができます • ドライバーが同意すれば、車は都市とスピード情報 を共有することができます スペイン・サンタンデール市 ポルトガル・ポルト市 • ユーザはスマート・ホーム・システムからの 提案を受け取ることができます ("あなたが到 着する前に暖房をオンにしたいですか?") • ユーザは、車から利用されたデータや提案の 周りに開発されたアプリを支払った可能性が あります(周囲の割引レストラン)
  30. 30. 29 リファレンス・アーキテクチャ – Open APIs 共通情報モデル 都市をデータ・エコノミーを可能にする プラットフォームに変えるための道を拓く
  31. 31. 30 実行する時です! 先進の OASC 都市 App 1 App i City 1 City 2 City 3 City k City n City 1 City 2 City 3 City n 課題 1 課題 m マーケットへの移行 (都市とソリューション / プラット フォーム・プロバイダーが協力して、 選択した課題の共通情報モデルを 定義します) 共通情報モデル
  32. 32. FIWARE: テクノロジーだけではありません  ミッション:ロイヤリティフリーでインプリメンテーション主導型 のソフトウェア・プラットフォーム標準の周りにオープンな持続 可能なエコシステムを構築し、複数の分野で新しいスマート・ アプリケーションの開発を容易にします  Pillars: 31 eHealth tourism Transport, Mobility and Logistics e-government Smart Energy Grid … スマート・アプリケーションの開発に最適な オープンソース・プラットフォームです イノベーションが起こり、ユーザがFIWARE技術 を試すことができるミーティング・ポイントです 資金提供を促し、技術を使用して、起業家の ビジネスを加速します 同じビジョンと熱意を共有している地域にも 広がります 地域レベルでのコミュニティの発展を支援し、 サポート、トレーニング、認定を提供します
  33. 33. 32
  34. 34. FIWARE Foundation ミッション 33 FIWARE Foundation FIWARE Foundation は、FIWAREテクノ ロジーとそれを取り巻くコミュニティ全体に 力を与え、プロモーション、増強、保護、 検証によって FIWARE ミッションを達成す るのに役立つ共有リソースを提供する 法的独立団体です 全体的な FIWARE ミッション パブリック、ロイヤリティ・フリー、実装主導 型のソフトウェア・プラットフォーム標準の 周りにオープンな持続可能なエコシステム を構築し、複数の分野で新しいスマート・ アプリケーションの開発を容易にします
  35. 35. 34 http://www.fiware.org
  36. 36. Thank you! http://fiware.org Follow @FIWARE on Twitter Juanjo Hierro FIWARE Foundation CTO juanjose.hierro@fiware.org www.slideshare.net/JuanjoHierro

×