Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

小地域におけるオーバーツーリズム傾向の評価と可視化 Assesing of 'Overtourism' at Small Areal Levels

訪日観光客の増加に伴い一部の観光地では、収容力を超えた観光客の殺到によって、交通渋滞や住環境に対するネガティブな効果がもたらされ、いわゆる「オーバーツーリズム」の問題が顕在化しつつある。本報告では、観光客の過度な集中と、それがもたらす負の効果との関係をSNSおよびレビューデータを用いて確認した。またオーバーツーリズム傾向とそのリスクを小地域において評価し、地図上に表現した。
Along with the increase in tourists visiting Japan, some tourist destinations are inundated with tourists exceeding their capacity. It had a negative effect on traffic congestion and the living environment. And the problem of so-called “overtourism” is becoming apparent. In this study, we confirmed the relationship between the excessive concentration of tourists and the negative effects they brought about using SNS and review data. The overtourism tendency and its risk were evaluated in a small area.

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

小地域におけるオーバーツーリズム傾向の評価と可視化 Assesing of 'Overtourism' at Small Areal Levels

  1. 1. 観光診断に資する「ビッグデータ」研究の内外動向 2019年10月19日 地理情報システム学会 1
  2. 2. 2 1.研究目的 目的は「オーバーツーリズムの状態を指標化する方法を検討すること。」 ・ただし、オーバーツーリズム(以下OT)現象の把握は一筋縄ではいかない。 【UNWTO 2018による指摘の中から】 ①入込数の多寡だけでなく、地域のキャパシティに左右される。 ②市全域の問題でなく、局所的に発生している。
  3. 3. 3 1.研究目的 キャパシティに関して TI > TC ? TI 旅行者による影響 (∝入り込み数) TC 観光地のキャパシティ Peeters, P.M.et al. (2018)p25 fig.2 【観光地のキャパシティ】 キャパシティは、エコロジカ ル、経済的、政治的、社会的、 心理的な側面によって拡縮す るものとして捉えられる。 →心理測定尺度や大規模な社 会調査で把握する問題 OVERTOURISM YES
  4. 4. 4 1.研究目的 局所性に関して ・最近の主なOT測定 1 McKinsey & Company(2017)COPING WITH SUCCESS 世界68都市 2 Roland Berger (2018) Protecting your city from overtourism 欧州52都市(左下) 3 Peeters, P.M.et al. (2018)欧州281領域(NUTS2 約80-300万人)(右下) 都市やそれより大きな集計単位で測定している!
  5. 5. 5 2.方法 ①データ収集:TripAdvisorに投稿された国内観光地のスコア付日本語レビュー 観光スポット別にレビュー(テキスト) とスコア(5段階)が投稿される。 日本語レビューの多くは、国内観光客 (近隣居住者含む)によるもの。 居住者と外国人観光客の中間的な意見 を想定。 データ収集 OT表現の 特定、抽出 OTレビュー の集計 OT傾向の 指標化 近隣居住者 国内観光客 外国人 観光客
  6. 6. 6 2.方法 ②OT表現の特定:OT的な状況を記述し、かつレビュースコアにネガティブな 効果を与えているものを「OT表現・語群」とする。 ③OTレビュー: 「OT表現・語群」 が含まれるものをOTレビューとする。 OT表現・語群の一例
  7. 7. 7 2.方法 ④OT化傾向の指標化:スポット別にOTレビューのスコアに対する引き下げ効 果を算出。 非OTレビュー OTレビュー 非 OT レ ビ ュ ー の ス コ ア 平 均 OT レ ビ ュ ー の ス コ ア 平 均 非OTレビュー数 OTレビュー数 OT効果量 減 点 効 果 総 レ ビ ュ ー 数 【不満の数】 OTレビュー数 OTレビューの比率 【不満の程度】 減点効果 【不満体験の大きさ】 OT効果量
  8. 8. 8 3.結果 レビューとスコアの分布(国内の全レビュー対象) OTレビューでは、スコア50(最高得点)の構成比は低い。 (スコアに対してネガティブに影響するOTレビューが上手く抽出されている)
  9. 9. 9 3.結果 レビューとスコアの分布(国内の全レビュー対象) 一般に総レビュー数が増加すれ ば、OT効果量も増加する。 ただスポット間のバラツキも大 きい。
  10. 10. 10 3.結果 OT率と減点効果の分布(レビュー数上位20観光スポット) またOT率が高いのに、減点効果はそれほどでもない場所。逆にOT率は低いが減点効果 はそれほどでない場所が存在する。
  11. 11. 3.結果 ・京都市の観光地区別OT効果量 11
  12. 12. 12 3.結果 小地域指標としての検討 OTレビュー数 1kmメッシュ OT率はバラツキが大きく、OTレビュー数 (上図)は広範囲に現れるため、そのま までは小地域指標として使用しにくい。
  13. 13. 13 3.結果 小地域指標としての検討 減点効果 1kmメッシュ 減点効果は、比較的特定の観光地に強 く現れる。 減点効果とOTレビュー数を掛け合わせ たOT効果量は妥当な指標だと思われる。
  14. 14. ・スコア付きレビューデータを用いてOT現象の局所的な出現状況を可視化する ことを試みた。 ・新たな視点として、広く浅いOT(OT率大、減点効果小)、狭く深いOT( OT 率小、減点効果大)の別があるらしいことが示唆された。 ・含意として少数の旅行者(居住者)にのみ認識されるOTについても注意を払 うべきだと思われる。 ・今回の手法を一般化して、OTに限らず旅行者の観光体験に対してネガティブ (ポジティブ)な効果をもたらす要因を抽出することが可能であるものと思わ れる。 ・今回、用いたデータからは、当然ながら居住者の生活満足度や外国人の訪日 体験の質に対してOTがもたらすネガティブな効果について把握できない。今後 の課題とする。 14 4.まとめ

×