Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20170402 クルーグマン国際経済学

1,020 views

Published on

第1回クルーグマン経済学勉強会の資料です。

Published in: Economy & Finance
  • Be the first to comment

20170402 クルーグマン国際経済学

  1. 1. 第1回クルーグマン国際経済学勉強会 第1章 はじめに 第2章 世界貿易の外観 2017/04/02(日) FED事務局 1
  2. 2. 自己紹介 • お名前 • ご所属(可能な範囲で) • 本勉強会に参加したきっかけ及び本勉強会で学びたいこと 2
  3. 3. 目次 第1章 はじめに 第2章 世界貿易の外観 第3章 労働生産性と比較優位 第4章 特殊要素と所得分配 第5章 資源と貿易:ヘクシャー=オリーン・モデル 第6章 標準貿易モデル 第7章 規模の外部経済と生産の国際立地 第8章 グルーバル経済の企業:輸出判断、アウトソーシング、多国籍企業 第9章 貿易政策のツール 第10章 貿易政策の政治経済 第11章 発展途上国の貿易政策 第12章 貿易政策をめぐる論争 3
  4. 4. 国際貿易の重要性 • 輸出も輸入も長期的には上昇トレンドにある。国際貿易は経済全体に比べ、重要性がざっ と3倍に増えている。 →各国の資本市場のつながりが高まっている。 • 国際経済関係はアメリカにとって重要だが、他の国にとってはもっと重要だ。アメリカは、そ の規模と資源の多様性のおかげで、他のほとんどの国よりも貿易依存が低い。 4 図1.1 アメリカ国民所得の比率で示した輸出と輸入 図1.2 2011年における輸出入の国民所得比
  5. 5. 日本における輸出入のGDP比 5 -5% 0% 5% 10% 15% 20% 25% 30% 35% 40% 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 純輸出 輸出 輸入 輸入+輸出 出所:内閣府 http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/menu.html GDPに占める割合 • 日本におけるGDPに占める輸出入の割合はリーマンショック時に一時落ち込むも最 近は増加傾向にある。直近で下がっているのは原油価格の下落のため。 • GDPに占める輸出入の割合は30%〜35%前後で、アメリカよりも高い。
  6. 6. 国際経済学7つのテーマ 1. 貿易の利益 2. 貿易のパターン 3. どのくらい貿易するのがいいのか? 4. 国際収支 5. 為替レートの決定要因 6. 国際政策協調 7. 国際資本市場 6
  7. 7. 1.貿易の利益 • 国際経済学全ての中で、最も重要な洞察は、「貿易から利益が得られる」ということである。 • 貿易の原因 – [3章]片方の国があらゆるものの生産で効率が高く、効率性の低い国が低賃金でしか競争できない 場合ですら、貿易は双方の国に利益をもたらす – [5章]貿易は、地元に沢山ある資源を多めに使って製造される財を輸出し、地元にあまりない資源 を沢山使う製品を輸入することで、便益をもたらす • 国際移民と国際的な資金の貸し借りも相互に便益のある貿易の一種である。 – [4章]労働と財やサービスとの貿易 – [6章]現在の財を将来の財の約束と引き換えに取引する – [20章]株や債券などのリスク資産の国際的なやりとりは、各国ともその富を分散化し、所得の変動 を減らすことで全ての国に利益をもたらす • [4章〜6章]国は通常、国際貿易で利益を得るが、国際貿易がその国の中で特定の集団に 損害を与えることは十分にあり得る。 – 国際貿易は所得分配に大きく影響する。 7
  8. 8. 2.貿易のパターン • 国際貿易のパターン(誰が何を誰に対して売るの か?) – [3章]労働生産性の国際的な差異に基づく貿易の説明 – [5章]資本、労働、土地といったその国の資源の相対的な 供給と、そうした資源要素が各種の財にどれだけ使われ るかについての相互作用と貿易パターンに結びつけるも の – [7章、8章]ランダムな要素や規模の経済が国際貿易のパ ターンに影響する 8
  9. 9. 3.どのぐらい貿易をするのがいいのか? • 「どれだけの貿易を許容すべきか」というのは、最も重要な政策的テーマの一つ。 • [4章、5章]貿易は通常は各国の国内で極めて強い所得分配効果を持つことを示 す。 • [9章、10章]政府介入が経済にとって良い影響をもたらす場合を見極める費用便 益分析のフレームワークを導入する。 • [10章〜12章]国際貿易についての政策決定要因としては、国全体としての各種 利益指標よりは、国内の各種利益団体の相対的な力関係の方が大きいことを明 らかにする。 9 保護主義的な政策の 影響の分析 →通常は保護主義を 批判して、国際貿易 の自由化による長所 を示してきた。 1990年代 自由貿易は繁栄のた めの力というだけで なく、世界平和促進 の大きな力でもある という見方が出てき た。 「グローバル化」に反対 する国際政治運動が多 くの支持者を得るように なってきた。 反グローバル化運動は 自由貿易主義者に対 し、自分たちの見方の新 しい説明方法を探すよう に矯正した。 保護貿易と自由貿易の議論の変遷
  10. 10. 4.国際収支 • 貿易黒字は良いことで、貿易赤字は悪いことのなのだろうか? – 1998年の韓国の貿易黒字は経済金融危機により押し付けられたものであ り、そんな黒字を出さなければならなかったことを韓国人は大いに恨んでい た。 • 国際収支の意味を理解する。 – [8章]多国籍企業の海外直接投資を論じる場合 – [13章]国際取引を国民所得勘定に関連づける場合 – [17章〜22章]国際金融政策のほぼあらゆる文脈を論じる場合 10
  11. 11. 5.為替レートの決定要因 • 国際経済学と他の経済学分野との大きな違い →各国が通常は自国の通貨を持っているという点 • 現代経済史の大半を通じて、為替レートは市場で決まるのではなく、政 府行動で固定されていた。 – 第一次世界大戦前:ほとんどの通貨価値は、金を基準に固定されていた。 – 第二次世界大戦後の一世代:ほとんどの通貨の価値は、米ドルを基準に固定されてい た。 • 為替レートの決定要因 – [14章〜17章]変動為替レートの現代理論 – [18章]国定レートシステムの仕組み – [19章]別の為替レートシステムの歴史的なパフォーマンス – [21章]ヨーロッパ通貨連合などの通貨圏の経済学 11
  12. 12. 6.国際政策協調 • 国際経済学の根本的な問題 →各国にあれこれ命令できる世界政府がない中で、各国の国際貿易や金融 政策の間に容認できる程度の調和を生み出すにはどうしたらいいかを決め ること。 • [9章]GATT→WTOの仕組みの根拠について学ぶ。また、世界経済の中で 国際貿易に関する今のルールが今後生き残れるか、あるいは生き残る べきかについて考える。 • [19章]国際貿易政策についての協力は十分に確立した伝統だが、これ に対して国際マクロ経済政策の協調はもっと新しく、もっと不確実性の高 い話題である。国際マクロ協調政策とその経験の深まりを振り返る。 12
  13. 13. 7.国際資本市場 • 国際資本市場と国内資本市場の違い – 多くの国が外国投資にかける特別な規制に対応しなくてはならない。また、国内市場 の規制を回避する機会を与えたりもする。 • 国際資本市場の特別なリスク – 通貨変動 – 国のデフォルトリスク • 国際資本市場の重要性の増大とそこから生じる新たな問題 – [20章]グローバル資産市場の仕組み – [22章]発展途上国の外貨借入 13
  14. 14. 国際経済学:貿易と金融 14 貿易 金融 Focus Examples of Issue Part 第1部国際貿易理論 第2部国際貿易政策 第3部為替レートと開放経済マ クロ経済学 第4部国際マクロ経済政策 実物取引 物理的な財の移動や経済 リソースの実体的なコミッ ト 金融側 米ドルを外国が買ったりするよ うな金融取引の話 ヨーロッパの補助金付き農 業製品輸出をめぐるアメリ カとヨーロッパの紛争 ドルの外国為替価値が自由に 変動していいのか、それとも政 府の行動によって安定させた 方がいいのか
  15. 15. 国際経済学の分析対象 15 household household household household company company company company household household household household company company company company 国 国 国際経済学では、国家間 による貿易や資金の動き を分析する。 財やサービスの貿易 資金の流れ
  16. 16. ディスカッションテーマ 以下の国際経済学の7つのテーマで最も興味がある分野はど れになりますか? 1. 貿易の利益 2. 貿易のパターン 3. どのくらい貿易するのがいいのか? 4. 国際収支 5. 為替レートの決定要因 6. 国際政策協調 7. 国際資本市場 16
  17. 17. 目次 第1章 はじめに 第2章 世界貿易の外観 第3章 労働生産性と比較優位 第4章 特殊要素と所得分配 第5章 資源と貿易:ヘクシャー=オリーン・モデル 第6章 標準貿易モデル 第7章 規模の外部経済と生産の国際立地 第8章 グルーバル経済の企業:輸出判断、アウトソーシング、多国籍企業 第9章 貿易政策のツール 第10章 貿易政策の政治経済 第11章 発展途上国の貿易政策 第12章 貿易政策をめぐる論争 17
  18. 18. 誰が誰と貿易をするのか(アメリカ) 0 100,000 200,000 300,000 400,000 500,000 600,000 700,000 800,000 EU 中国 カナダ メキシコ 日本 ドイツ 韓国 イギリス フランス インド 台湾 イタリア スイス オランダ ブラジル アイルランド (単位:100万ドル)アメリカの主要相手国との貿易(2016年) • ドイツ、イギリス、フランスが他のヨーロッパの国よりもアメリカと貿易が多い。 →3カ国のGDPはヨーロッパ内で最も大きい →国の経済規模と輸出や輸入量との間には強い相関がある。 18
  19. 19. ヨーロッパ各国経済の規模と対米貿易額 • ドイツ:西ヨーロッパのGDPの20%をしめる。また、アメリカと西ヨーロッパ との貿易の中でも24%を占める。 • スウェーデン:ヨーロッパGDPの3.2%しか占めていなく、このことに応じて アメリカヨーロッパの貿易の中でも2.3%にしかなっていない。 19
  20. 20. 日本との貿易国 0 50,000 100,000 150,000 200,000 250,000 300,000 350,000 中国 米国 韓国 台湾 タイ オーストラリア ドイツ 香港 インドネシア マレーシア (単位:億円) • 日本との貿易国は1位が中国、2位が米国、そして、3位が韓国 となっており、貿易量は貿易国のGDPと距離に相関を持ってい るようだ。 20
  21. 21. 規模が大事:重力モデル • 国の経済規模とその輸出や輸入の量との間には強い実証的な関係がある。 :i国とj国の貿易額 :i国のGDP :j国のGDP :2国間の距離 • 規模の大きい経済は所得が高いので、輸入に使うお金も多くなる。また、多 様な製品を作るから、他の国の支出のうち集める割合も大きい。 →他の条件が同じならば、違う経済どうしの貿易は、どちらかの経済が大きけれ ば、それだけ大きくなる。 Tij = A ´Yi ´Yj / Dij Tij = A ´Y a i ´Y b j / Dc ij Tij Yi Yj Dij 21
  22. 22. 貿易を阻害するもの:距離、障壁、国境 • 貿易協定は国同士の公式な貿易障壁をなくすとはいえ、それで 国境が全く関係なくなることはない。 →カナダの各州がお互いに行う取引とアメリカの州を相手に行う取引 を比べると、他の条件が同じならば、自国内の州との取引の方がアメ リカの州との取引よりも多い。 • カナダとアメリカの国境は世界で最も解放された国境の一つな のに、貿易をかなり阻害するものになっている。経済学者達の 計算では、両国がまるで、2,400キロから4,000キロも離れている のと同じ抑止効果を持っているとしている。 • 国境はなぜこれほど大きなマイナス効果を持っているのか? →21章のテーマ。 カナダの州 貿易(対GDP比) 貿易(対GDP比) BC州からほぼ同距離 の州 アルバータ州 6.9 2.6 ワシントン州 サスカワチュワン 州 2.4 1.0 モンタナ州 マニトバ州 2.0 0.3 カリフォルニア州 オンタリオ州 1.9 0.2 オハイオ州 ケベック州 1.4 0.1 ニューヨーク州 ニューブランズ州 2.3 0.2 メイン州 ブリティッシュコロンビア州との貿易、対GDP比 22 国境貿易量と距離 • カナダとメキシコは同じ規模のヨーロッパ経済と比べてもアメリ カとの貿易がはるかに多い。 →主要な理由の一つは、カナダとアメリカの方が距離がずっと近い から。 • 一般的な推計だと、2国間の距離が1%増えると、両国の貿易は 0.7〜1%くらい低下する。 • カナダとメキシコは、アメリカの隣国というだけでなく、アメリカと の貿易協定、北米自由貿易協定の(NAFTA)の参加国でもある。
  23. 23. 世界貿易のパターンの変化 23 • 輸送、通信、インターネットの発達で、貿易量と距離との間の負の相関は小さく なったのだろうか。→答えはイエス。 • 世界貿易は第一次世界大戦に続く数十年に激増したが、その後、戦争と保護 主義で激減した。グローバル化が第1次世界大戦時の水準に戻ったのは、 1970年代初頭になってから。 • その後は、世界生産に占める世界貿易は空前の水準までに増えている。世界 貿易の価値の上場は、大半が生産のいわゆる「水平分業」と呼ばれるものの繁 栄と言える。
  24. 24. 何を貿易するのだろう 24 製造業製品, 53% サービス, 20% 農産物, 8% 燃料工業産 品, 19% 図2.6 世界貿易の構成(2011年) • 世界全体を見ると、国同士では、自動車、コンピューター、衣服などの工業製品をお互いに輸出しあって いる。 • サービスの輸出は伝統的な航空会社や海運企業の料金や、外国人から受け取る保険料、外国観光客 の支出等を含む。最近では、コールセンターやヘルプセンターが台頭してきている。 • 一方で、過去には一次産品が重要な役割を果たしていた。20世紀初頭のイギリスは、輸出は輸入は主 に一次産品だった。(表2.2) • もっと最近の変化としては、第三世界が製造業財の輸出を伸ばしてきたことが挙げられる。 • 第三世界という用語と発展途上国という用語は、世界の貧困国を指すもので、多くは第2次世界 大戦前にはヨーロッパの植民地だった。 図2.7 発展途上国の輸出入品構成の変化
  25. 25. サービスのオフショア化 25 非貿易財, 60% 公共行政, 2% その他サービス, 1% 個人サービス, 2% 教育/保健, 0% 専門サービス, 14% 小売/卸, 7% 製造業, 12% 鉱物、公共サービ ス、建設, 1% • 今の国際経済学でいちばん熱い論争の一つは、長距離で各種の軽座機能を実行できるようにして くれる情報技術が、新しい形の国際貿易を大幅に増やすかどうかというものである。 • これまである国の中で行っていたサービスが外国に移されると、この変化は「サービスのオフショア 化(サービスのアウトソーシング化)」と呼ばれる。 • アラン・ブラインダー「将来は、国際貿易での主要な区別というのは、『箱詰めできるもの』と『そうで はないもの』ではなくなる。むしろ、電子的に長距離から、品質の劣化なしに提供できるサービス と、そうでないサービスとの区別になるだろう。」 • その場にいる必要がある:棚の補充を行なうもの、看護師 • その場にいる必要がない:経理を行なうもの、レントゲン写真を読んでくれるレントゲン医師 • 図2.8:アメリカの雇用の60%は、顧客の近くで実施する必要がある仕事で貿易はできない。他 方、貿易できる4割に属する仕事は、製造業色よりはサービス雇用の方が多い。 →世界貿易に占める製造業の圧倒的なシェアは一時的かもしれない。長期的には電子的に配信され るサービスの方が世界貿易の中身として一番重要になるのかもしれない。 図2.8 貿易産業の雇用シェア 金融サービス ソフトウェア 検索サービス ニューヨーク シアトル カリフォルニア アメリカにおける長距離サービス サービス 都市
  26. 26. 古い法則は今でも使えるのか • 国際貿易の多くは変わったが、経済学者達が発見した基本的な原理は 今でも当てはまる。 • 一世紀前は各国の輸出は明らかにその国の気候と天然資源でほとんど 決まっていた。 • 他方、現在は人的資源や人間の作り出す資源(機会などの資本)の方が 天然資源より重要。 →貿易をめぐる政治的な争いは、輸入によって技能の価値が下がった労働 者たちをめぐるものとなった。 26
  27. 27. ディスカッションテーマ2 • (2.1)式によれば、2カ国間の貿易は全てGDPの積に比例する。すると世 界のあらゆる国のGDPが倍になったら、世界貿易は4倍になるということ だろうか? • Equation(2.1) says that trade between any two countries is proportional to the products of their GDPs. Does this mean that if the GDP of every country in the world doubles, world trade quadruple? • 一世紀前には、ほとんどのイギリス輸入品はかなり遠い場所から来てい た。北米、南米、アジアだ。今日では、ほとんどのイギリスの輸入品は他 のヨーロッパ諸国から来ている。これは、世界貿易を構成する財の種類 の変化という話にどう当てはまるだろうか? 27

×