Fantasista Body Ver1 0

876 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
876
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
22
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Fantasista Body Ver1 0

  1. 1. “The Body of Fantasista” Fantasista Toastmasters Club 16th January, 2010
  2. 2. Table of Contents Standard Bylaws 項目 該当箇所 ファンタジスタって、どんなクラブ? とめて、考えて、練習して、実践するクラブ 例会種類:「ハレ」と「ケ」の例会 Article Ⅳ Sec.1, 変動プログラムの決定プロセス:公開コンペ 例会の進め方(1):プロデューサー制 例会の進め方(2):プロデューサー VS 教育担当 例会の進め方(3):例会の時間配分(イメージ) メンバーシップ&ゲストポリシー 入会条件・会費 Article Ⅲ Sec.1, 固定プログラム(1): 総合論評 固定プログラム(2): ファンタジスタモメンツ 準固定プログラム:アイスブレーキングセッション Article Ⅳ Sec.1, Article Ⅴ Sec.1, 3, 役員組織と議事進行手順 Article Ⅵ ファンタジスタ戦略・戦術マップ 変更履歴 2
  3. 3. What’s “Fantasista” ? ファンタジスタって、どんなクラブ? ■徹底的にトーストマスターズを楽しむ上級バイリンガルクラブ 目指すべきクラブの理想の姿 Vision “Be a Fantasista !” ビジョン ビジョンを実現する為の Mission メンバーの行動規範・使命 “Go for Toastmasters !” ミッション ビジョン・ミッションを Strategy 具現化する戦略 「とめて、考えて、練習して、実践する」 戦略 ハブ&スポーク戦略 具体的な Tactics 仕掛け・仕組み 「ハレ」と「ケ」の例会、公開コンペ、 戦術・打ち手 プロデューサー制 etc 1)“Toastmaster of Toastmaster” と言えるビジョンとミッションを持ったクラブ 2) 3H(Heart, Head, Hands)の視点を持って、学び、成長するクラブ 3) 従来の枠に縛られないで、徹底的に、自由闊達に学ぶクラブ ファンタジスタだからこそ出来るバリューを追求する! 3
  4. 4. 自由闊達に「とめて、考えて、練習して、実践する」クラブ • 通常例会では流してしまうことを「とめて、考えて、練習して、実践する」例会 • 通常クラブでは実施困難な「守・破・離」の「離」を意識した例会 • 公開コンペで選ばれたプロデューサーがテーマを掘り下げるブートキャンプスタイル • ここでの知見・学びはクラブで共有、蓄積し、各メンバーは、他でのTMや仕事、日 常生活で実践、展開 公開コンペ~例会の流れ ファンタジスタ版学びのPDCAサイクル やりたい人がやりたいことを提案出来る 例会で何気なく流れていることを 公開コンペ とめて、 クラブで学んだことを最大化する 公平にオープンに皆で決める 他のTMで、仕事、日常生活で 何故?どうして?と皆で掘り下げて 知見・学びの プロデューサー 実践する 考えて、 共有・展開 ・テーマ決定 トコトン掘り下げて学んでいく 自分の血となり肉となるまで ブートキャンプ 練習して、 スタイル例会 但し、トーストマスターズの枠からは、逸脱しない 4
  5. 5. 例会種類:「ハレ」と「ケ」の例会 ■ 通常のクラブとは異なる例会・プログラム体系 「ハレ」の例会 「ケ」の例会 日時 毎月第三土曜日 13:45-16:45 曜日固定開催 オプション ポジショニング クラブの正式例会 (実施有無はプロデューサーが決定) 内容 ワークショップ主体の例会 ハレの例会の補完 or 練習に特化した例会 名前の由来 祭りなどの「非日常」を示す 普段の生活である「日常」を示す クラブビジネス 実施 実施しない(動議は挙げられない) 1. クラブビジネス(会長主管) 例会構成 2. 変動プログラム(プロデューサー主管) 変動プログラムのみ(プロデューサー主管) 3. 固定プログラム(VPE主管) 第一候補: 渋谷(渋谷勤労福祉会館) ハレと同じだが、日時・場所は、プロデュー 場所 第二候補: 池袋(池袋勤労福祉会館) サーに裁量を不え、柔軟な対応も可とする 「ハレ」と「ケ」の例会ミックスで学びを深耕し、加速化させる 5
  6. 6. 変動プログラムの決定プロセス:公開コンペ ■やりたい人が、やりたいコンテンツを提案して、皆で決める 事前 プラン募集 レビュー 公開コンペ プランニング デ 例 立候補者 一 プ ・ ィ 質ス 会 決コ •スケジューリング 次 レ 疑カ 投 審 票 定ン ゼ 応ッ !テ •プログラム策定 立候補者 査 ン 答シ ン ョ ツ •プレゼンターアサイン ン •役割のアサイン Etc.. 1人で複数提案可 コンペ 一人あたりの割当時間は、 丌在投票可 但し、最大3カ月 締切まで 状況に応じて、都度設定 上位から枠を選べる アクティブ プロデューサー: 会員 オーガナイザー: VPE 企画を通した会員 • 公開コンペ 例会スケジュールを、半年単位で決める公開コンペ例会の実施 • 資格 アクティブ会員のみ公開コンペの応募、投票が可(ゲスト見学は可) • 提案内容 固定プログラムに関する提案や提案に関する応援スピーチも可 • プロセス ディスカッション・質疑応答に重きを置き • 決定方法 1位:3点、2位:2点、3位:1点で、上位から順に最大3カ月取れる • 緊急時 万一プロデューサーが履行出来ない場合、VPE に諮る (VPE判断) VPE が教育プログラムを決めるのではなく、皆で決める 6
  7. 7. 例会の進め方(1):プロデューサー制 ■プロデューサーが VPE に成り代わり、例会プログラムをコーディネート 通 VPM VPPR Treasurer Secretary SAA 常 - VPEよりアサイン の TMOD Role Takers - Role Takers との調整 ク 例会をセット - 教育プログラムの策定 ラ アップ! VPE - Role Takers のアサイン ブ •VPEが毎回の例会をセットアップ(場合によって、細かいフォローアップが必要) 当 教育プログラム のサポート プロデューサー よりアサイン プロデューサー又は、 メンバーシップ TMODよりアサイン サポート PRのサポート 必要資金の 拠出サポート 記録のサポート 会場確保の サポート ク Role ラ VPE TMOD Takers VPM VPPR Treasurer Secretary SAA ブ 担当プロデユーサー : コンペで企画を通した本人 全てをプロ デュース! アシスタントも 付けられる! 公開コンペ オーガナイザー: VPE •未経験・経験の浅いプロデューサーには、VPEよりアシスタントをアサインし、サポート体制を整える •全員が自分の役割の意義を確認、主体的に動き、リーダーシップを発揮、プログラムに貢献 プロジェクトマネジメント・ファシリテーションの力も磨く 7
  8. 8. 例会の進め方(2):プロデューサー VS 教育担当 項目 プロデューサー 教育担当 総合プログラムの アジェンダ含めて、作成 主 従 プロデューサーをサポート 策定 (権限委譲も可) 変動プログラム 主 全てをコーディネート 従 同上 固定プログラム 但し、変動プログラム遂行の為 プロデューサーのコンテンツが最大化 従 主 (含む準固定) の要望は言える されるよう配慮して作成 開会・閉会の部も含めて時間管 全体のバランスを見ながらの、アドバ 時間管理 主 従 理を。 イスとサポート 固定プログラムを除いて、自ら 役割アサイン 主 従 同上 コーディネート 特記事項#1 未経験、経験の浅いメンバーでも挑戦出来るアシスタントなどサポート体制を敷く 例会会場の確保は、SAA 管轄 特記事項#2 但し、ケの例会などで特別な場所を使用する場合は、プロデューサー主体で確保 特記事項#3 プロデューサーは、High Performance Leadership Program を用いる事を強く推奨 VPE に頼らず、リーダーシップの実践! 8
  9. 9. 例会の進め方(3):例会の時間配分(イメージ) *ハレの例会* *ケの例会* Time Dur. Activity Responsibility Time Dur. Activity Responsibility 時間 (分) 項目 担当 時間 (分) 項目 担当 会長 / 会長 / 13:45 15 開会の部 / Opening Session 19:15 2 開会の部 / Opening Session President President 教育プログラム:変動プログラム(前半) プロデューサー 教育プログラム:変動プログラム プロデューサー 14:00 70 19:17 100 Educational Program: Free (1st Half) Producer Educational Program: Free Producer 練習やハレの例会のフォローアップに特化 会長 / 15:10 10 休憩 20:57 3 閉会の部 / ClosingSession President 21:00 閉会 / Adjourned 教育プログラム:変動プログラム(後半) プロデューサー 15:20 60 Educational Program: Free (2nd Half) Producer • 公開コンペで勝ち取ったプログラム実施 • プロデューサー一人の仕切りでも、TMOD 準固定のアイスブレーキングが入ることもあり 総合論評者 的に役割アサインし、チームで実行も可 16:20 10 総合論評 / General Evaluation GE 16:30 7 ファンタジスタモメンツ / Fantasista Moments 会長 / President • コンテンツにより時間配分は、フレキシブ 16:37 8 閉会の部 / ClosingSession 会長 / President ルに設定される 16:45 閉会 / Adjourned 通常クラブとは異なる例会フォーマット 9
  10. 10. メンバーシップ&ゲスト・ポリシー ■絶対にブレてはいけない2つのファンタジスタの流儀 1. “You are always welcome !" •常にオープン、無理・強引な勧誘は一切行わない自発性重視の精神で 2. “三方よし" •「自分よし、相手よし、世間よし」の視点を忘れない(Win-Win-Win) *ゲスト訪問* • TM対象のクラブの為、ゲストも原則、TM限定とする(Reinstate(復帰)会員も含む ) • ゲストは、2回目まで見学無料、3回目以降は、1,000円/回の費用負担 • 入会せずにスキルビルディングを目的とした見学も可とし、上記の考えで運用する *メンバー出欠* • アクティブ会員は、事前に必ず担当プロデューサーに出欠連絡を行う(ケの例会も対象) • 無断欠勤を2回連続行った場合は、自動的にインアクティブ会員へ(動議可能とする為) • インアクティブからアクティブへの復帰は本人から役員へ申し出、役員会の確認後、変更 面白いと思えば、人は自然と集まる。人が集まればクラブは繁栄する 10
  11. 11. 入会条件・会費 ■ 入会条件 • トーストマスターであること(CC等の資格制限はなし) • クラブビジョンへの賛同 (=“The Spirit of Fantasista” への賛同) • 入会前に “The Spirit of Fantasista” を VPM が入会希望者に説明 • 最低2回のゲスト訪問 • 但し、2回目の訪問で入会表明しても、当日入会は行わない(次回以降) • 入会希望者は、入会の為に、プレゼンテーション・スピーチを行う • 1)何故、入会したいのか? 2) このクラブにどう貢献出来るか? を網羅 • 時間は、2-3分以内とする(論評と同じタイムフレーム) • 例会参加アクティブメンバーの2/3以上の賛同を得ること ■ 会費 • 入会金はなし、月会費1,000円で、半期に一度6,000円を徴収 • Reinstatement/Transfer(復帰・移籍)会員も同額 • インアクティブ会員の会費減額は行わない 入会するにも、ファンタジスタらしい流儀で 11
  12. 12. 固定プログラム(1):ファンタジスタ流 総合論評 ■「やった人に報いる」仕掛け - リコグニションと更なる成長へ *オブジェクティブ* • Role Taker に対するリコグニションとモチベーションアップの為の改善点と良い点 を積極的にフィードバック • クラブとしての例会・運営の品質向上とノウハウの蓄積・共有 *視点* • 例会を A Toastmaster’s Promise, Moments of Truth, DCP, The Spirit/Body of Fantasista の実現の視点で行う *手順* • VPE がセッションをセットアップ • 外の視点で客観化する為、ディストリクトオフィサーやゲストTMに依頼するのも手 • 従来の一人が総合論評を述べずに、全員参加型のフィードバックを推奨 • 受けたフィードバックを元に次回以降に反映(改善を実際に行い、 PDCAを回す) やった人には、リコグニションとフィードバックを(TMの真髄)12
  13. 13. 固定プログラム(2):ファンタジスタモメンツ ■ファンタジスタ版ブーケ&ブリックバットセッション *オブジェクティブ・内容* • 我々が目指すファンタジスタだと思える言動・態度に対するリコグニション並びに クラブ運営・例会の品質向上の為のブリックバットを皆で共有、ファンタジスタな 振る舞いのクラブ基準の共通認識醸成を目的とするセッション *手順* 1. Bouquet & Brickbats として、その例会でよかった点と改善点を皆で述べ合う 2. 1で挙がった Bouquet & Brickbatsから Fantasista Moments を選択 3. 時間については、状況に応じて調整(目安は、3-5分程度)、会長が執り行う 4. 基本的に毎回の「ハレ」の例会最後に行う ファンタジスタを意識し、体現する為の仕掛け 13
  14. 14. 準固定プログラム:アイスブレーキングセッション ■新入会員は、もう一度 PJ#1 アイスブレーカーを持ってスタート *オブジェクティブ* • クラブメンバーとの距離を近づける為に、アイスブレーカー・スピーチを行う • メンバーからフィードバックを受け取ることで、より自分のことを知る *手順* 1. 入会後、VPE はプロデューサーと連携し、速やかに本セッションをセットアップ 2. セッションは、スピーチとフィードバックセッションの2つで構成(言語は、日英可) 3. スピーチの部は、CCマニュアル PJ#1 に準拠して行う 4. フィードバックの部は、以下の通り、ファンタジスタオリジナルのスタイル • ファシリテーターは、スピーカー自らか若しくは専任の担当が行う • 360度フィードバックで、全員参加型でのフリースタイル • 時間は、状況により調整(目安:5-10分程度) • フィードバックの対象は、以下の2点とする ① スピーチに対する論評(従来のスタイル通り) ② スピーチを軸にした、スピーカー自身の人となりを含めたフィードバック 新入会員がファンタジスタになるためのセレモニー 14
  15. 15. 役員組織と議事進行手順 ■「小さな政府」、「Small is Beautiful」 の実践 *基本* • 役員会: 月一回実施 (状況によりSkype等を通じた電子会議も) • 任期: 7月から翌年6月までのフルタイムでの1年 • 選挙: 選挙は、原則5月の例会にて実施 *ポリシー* • Officer’s Role & Responsibilities を十分に理解をした上で、各メン バーに Delegation (権限委譲)を出来るところは行う • 管理業務は出来る限り軽く、メンバーが主体性を持てるクラブに • 属人的にならずに持続成長可能な仕掛け・仕組みを追求 *議事進行手順* • Robert’s rule of order に則り、クラブビジネスの処理を行う 最小にして最大の効果を狙う→レバレッジを効かす 15
  16. 16. ファンタジスタ戦略・戦術マップ ■ビジョン・ミッション実現の為の一貫性のある戦略・戦術・打ち手 ビジョン ビジョン: “Be a Fantasista !” ミッション ミッション: “Go for Toastmasters !” クラブ クラブ戦略: ハブ&スポーク戦略 「とめて、考えて、練習して、実践する」 戦略 機能・個別戦略 マーケティング 組織・インフラ 機能・個別 マーケティング・ミックス(4P) 戦略 STP 組織 IT (コミュニケーション・ マーケティング Place, Price & (運営形態) インフラ) Product (例会) Promotion スキミング戦略 付加価値・差別化・ “You are always “Small is Beautiful” ブルーオーシャン戦略 オープン戦略 Welcome” & “三方よし” “Delegation Model” “Web2.0” 従来のエリアでなく属性 公開コンペ FreeToastHost 例会の質で勝負 でセグメント プロデューサー制 アドミ業務の最小化 電子会議(Skype) 戦術・ 口コミ重視&Web活用 イノベーターとアーリーアダ 「ハレ」と「ケ」例会 会員への積極的なデリ 動画配信(YouTube) 打ち手 プターに絞る ブートキャンプ形式 渋谷&池袋に固定 ゲーション 資料配信(SlideShare) 毎月第三土曜PM 上級バイリンガル アイスブレーキング スカイプ会議 Photo配信(Picasa) 入会金無、月千円 CC等の資格制限無し 「守・破・離」を学ぶ グループウェア(ZOHO) 16
  17. 17. 変更履歴 Ver. 変更日 クラブ承認日 備考 1.0 2008/11/15 2008/11/15 作成 1.0 2009/1/16 2009/1/16 The Body of Fantasista として改訂 17

×