Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Qontextual v2

109 views

Published on

「Qontextual(コンテクスチュアル)」

コンテキスト、つまり文脈を読み取るAI検索エンジンを搭載したFAQシステム/チャットボットQの紹介

Published in: Data & Analytics
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Qontextual v2

  1. 1. | 2 こんなお悩みを抱えていませんか? FAQを用意しているのに、 同じような質問を 他の人から何度も受ける。 過去FAQツールや チャットボットを導入したけれど、 実際に使いこなすことができずに 頓挫してしまった。 コールセンターにおける オペレーターの回答精度や 業務効率を上げたい。 問い合わせ対応に1日の業務時間の大半が 取られてしまう… 回答の精度が低く、 どんどん使われないツールになっていった… 新人オペレーターとベテランの間に 質問の回答品質に差がある…
  2. 2. | 3 QontextualとはDX推進初期の至上命題である、デジタル/AIによる業務効率化を実現する、 コンテクスト、つまり「文脈をよみとる検索エンジン」です。 Qontextualなら解決できます! キーワード検索 (インデックス) 類似語検索 (機械学習) 文脈検索 (深層学習) 技術 価値
  3. 3. | 4 Qontextualが選ばれる理由 文脈を理解するAIを搭載し、 意味の近しい言葉/文を検索できます。 FAQツールでは検索するキーワードに対して、質問の回答 にキーワードが完全一致している必要があることが多く あります。 QontextualはAIの中でも先進的な技術を活用することで、 話し言葉でも文脈を理解して回答が表示されるため、問 い合わせユーザーにストレスなく欲しい情報を表示する ことが可能です。
  4. 4. | 5 Qontextualが選ばれる理由 Q&Aを記載したExcelを アップロードするだけで、 最短当日から利用可能。 初期設定や学習にかかる時間はゼロ! AIを使ったFAQツールで多い課題は、初期設定や 学習期間が必要なため、導入までに時間がかかること。 Qontextualでは、質問と答えなど2列のデータをExcelやCSV でアップロードするだけで最短当日から利用が可能です。
  5. 5. | 6 Qontextualが選ばれる理由 すべての問い合わせ記録を スコアリング。 回答の精度を 簡単に改善できます。 Qontextualでは回答精度のスコアリングを確認できるの で、学習をAIに任せるだけでなく、問い合わせの記録 から自分で回答精度を改善することもできます。 スコアの低い回答の内容を修正することで、よくある 質問に対してより問い合わせ内容にマッチする回答を 作ることができます。
  6. 6. | 7 活用例 社内FAQ検索の高度化 ナレッジの蓄積と共有 コールセンターの業務効率化 社内FAQやヘルプデスク業務自体を代 替し効率化。リソースの再配分をする ことで組織としての生産性を格段に高 めます。 優秀な営業マンや、社内のハイパフォーマー の業務ノウハウを会社の資産としてナレッジ 化。シェアすることで組織全体のパフォーマ ンスを底上げします。 オペレーターが問い合わせ内容に対し て迅速かつ適切に回答できるようにな り、機会損失の減 少に繋がります。オ ペレーターのリテンション効果も。
  7. 7. | 8 他社サービスとの比較 「コンテクスト、つまり文脈をよみとる」独自 のアルゴリズムにより、導入当初から高い精度 を実現 辞書登録、カテゴリ分類等の準備が不要で、Q &Aリストがあれば最短でアカウント発行当日 から利用可能 検索文と提示Questionの履歴とマッチングス コアをもとに改善や追加が必要な質問が特定で き、維持・改善がしやすい 導入費用:なし ランニングコスト:月額10万円〜 分岐型のルールベースのサービスが多く、自由 に問い合わせ出来ないことがある 検索でも「キーワード」と「辞書」をベースに しており、返答が返ってこないケースが多い 事前の辞書登録、カテゴリ分類等が必須で、 Q&Aリストがあっても、初期設計や学習に工数 がかかり、本格的な使用までに1-2ヶ月要する レポート機能で検索ログや利用状況の分析が あっても、改善への示唆がない 導入費用:50-200万 ランニングコスト:月額20万〜 精度 導入工数/ スピード 運用改善 コスト ⇔ ⇔ ⇔ ⇔ 他社サービス
  8. 8. | 9 導入までの流れ 最短2〜3営業日で開始可能 お問い合わせ 申し込み アカウント発行 FAQ データ準備 ご利用開始
  9. 9. | 10 Qontextualの料金体系 管理者向け各種機能 • Q&A登録 • 利用履歴の分析 • ユーザIP制限 • 他システム接続用のAPI発行 データセット数 ✔ ✔ 月額50万円*(税抜) スタンダード 10パッケージ 1 10 ✔✔ 月額10万円*(税抜) ユーザー向けUI • Web検索UI • チャットボット形式UI 導入コスト:ゼロ ※最低利用期間12ヶ月。データセット当たり月間検索回数が10,000回以上の場合、 超過分は10円/回の従量分を頂戴させていただきます(別途お見積りによる固定費化もご相談可能です) ✔ トライアル(1カ月) 1 ✔ 無料
  10. 10. | 11 日本語以外の7ヶ国語(英中韓独仏伊西)での質問対応を、 それぞれの言語のQ&Aデータをご準備いただくだけで実現可能です (ご参考) 多言語対応も
  11. 11. | 12 https://qontextual.jp/
  12. 12. | 13

×