No035 02-suc3rum-20121201

538 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
538
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

No035 02-suc3rum-20121201

  1. 1. すくすくスクラム 第35回  プロダクトオーナー⼀一⽇日体験 〜~プロダクトオーナーシップについて(公開⽤用資料料)〜~ セントラルソフト  はやしえいいち13年4月18日木曜日 1
  2. 2. 参加の意識識について13年4月18日木曜日 2
  3. 3. どんな⼈人 •スクラムしている⼈人 •してない⼈人 •スクラムマスター •プロダクトオーナー13年4月18日木曜日 3
  4. 4. プロダクトオーナーシップ13年4月18日木曜日 4
  5. 5. シップ? •リーダーシップ •スポーツマンシップ •オーナーシップ13年4月18日木曜日 5
  6. 6. •リーダーシップ 一人の人間がその他の人間から服従、信頼、尊敬、忠 誠、協力を得られるような方法で人間の思考、計画、 行動を指揮でき、かつそのような特権を持てるように なる技術及び才能を指す。(ウィキペディア)13年4月18日木曜日 6
  7. 7. •スポーツマンシップ スポーツマンシップは、スポーツのルールを遵守してゲ ーム(競技)を行っていくうえでの根本的な姿勢をいう ものである13年4月18日木曜日 7
  8. 8. •オーナーシップ 「オーナーシップ」とは、個人と組織、個人と仕事と の関係を示す概念で、担当する仕事を 自分自身の課 題 と主体的に捉え、強い情熱と責任感を持って取り組 む姿勢のこと。 与えられた職務やミッションに対する自発性、経営に 対する当事者意識、参画意識などがオーナーシップを 形成する要素です。(コトバンク)13年4月18日木曜日 8
  9. 9. •-‐‑‒ship 【接尾辞】 名詞につけて状態・身分・職・任期・技量・手腕など を示す名詞を造る.13年4月18日木曜日 9
  10. 10. POの4象限13年4月18日木曜日 10
  11. 11. POの4象限 あり方 責任、立場 PBL Ready 時間 技術、知識13年4月18日木曜日 11
  12. 12. POの4象限 あり方 責任、立場 PBL Ready 時間 What 技術、知識 How13年4月18日木曜日 12
  13. 13. POの4象限 PBL Ready あり方 ステークホルダに対する 責任、立場 チームとステークホルダ 立場と責任 に対する立場と責任 PBLメンテナンス 時間 ユーザーストーリー チームへの表現力 モデリング 技術とのバランス感覚 コミュニケーション力 見通す力 技術、知識13年4月18日木曜日 13
  14. 14. 要求の基本 戦略 オペレーション ビ ジ ビジネス戦略 ビジネスオペレーション ネ 表(価値) What  How 裏(実現) ス What 表(価値)   裏(実現) How シ ス システム要求 システム設計 テ ム 表(価値) What  How 裏(実現) 要求開発アライアンス 資料より13年4月18日木曜日 14
  15. 15. スクラムでは 戦略 オペレーション ビ ジ ビジネス戦略 ビジネスオペレーション ネ 表(価値) What  How 裏(実現) ス What 表(価値)   裏(実現) How シ ス ユーザーストーリーなど タスク テ (バックログ項目) ム 表(価値) What  How 裏(実現)13年4月18日木曜日 15
  16. 16. 顧客潜在 主な責任部分 ニーズ 表(価値) What  戦略 オペレーション POの 調整範囲 ビ ジ How 裏(実現) ネ 経営層 業務担当 ス 表(価値) What  How 裏(実現) What 表(価値)   裏(実現) How シ イノベーション   ス テ SMの プロダクトオーナー 開発チーム ム 調整範囲 表(価値) What  How 裏(実現) スクラムマスター13年4月18日木曜日 16
  17. 17. POの4象限 戦略 システム開発 時間 要求定義13年4月18日木曜日 17
  18. 18. POの4象限 抽象度 戦略 システム開発 時間 要求定義13年4月18日木曜日 18
  19. 19. ウォーターフ POの4象限 ォール ビジネス戦略 要件定義 システム設計 システム開発 構築 戦略 システム開発 時間 要求定義13年4月18日木曜日 19
  20. 20. POの4象限 PBL Ready スプリント PBL作成 スプリント スプリント スプリント 通常のスクラムの抽象度 (ユーザーストーリーレベル) 戦略 システム開発 要求定義13年4月18日木曜日 20
  21. 21. プロダクトや組織の性質 POの4象限 によって適切なPBLの 抽象度が違う。 PBL Ready 戦略や要求を検証しな がら回す場合。 要求が決まっていて、作 成だけを回す場合。 ビジネス戦略 要求定義 システム開発13年4月18日木曜日 21
  22. 22. POの4象限 イテレーション イテレーション イテレーション イテレーション ビジネスレベルで小 さく検証繰り返し。リ ーンスタートアップ的ア プローチ 時間 戦略 システム開発 要求定義13年4月18日木曜日 22
  23. 23. POの4象限 PBL Ready 現実にはいくつかの抽 象度レベルの繰り返し を組み合わせる。 ビジネス戦略 要求定義 システム開発13年4月18日木曜日 23
  24. 24. POの4象限 あり方 責任、立場 PBL Ready 時間 POのあり方の全体像 今日扱うところ から、今回扱う場所の 位置づけを意識して参 加してください。 技術、知識13年4月18日木曜日 24
  25. 25. ではワークショップを お楽しみください。13年4月18日木曜日 25

×