Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

現場の見える化で、チーム力を向上させる

9,893 views

Published on

9月22日(水)の『「無手勝流」から脱却せよ!
「ソフトウェア開発を成功に導くための三層プロセス」 』の講演資料です。
三層プロセスのオペレーションプロセスに相当するチームファシリテーションを紹介しています。
講演者:天野勝
http://sec.tky.esm.co.jp/2010/08/25/private_seminar11/

Published in: Technology
  • Be the first to comment

現場の見える化で、チーム力を向上させる

  1. 1. 1<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />現場の見える化で、チーム力を向上させる<br />~ チームファシリテーション ~<br />
  2. 2. 2<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />講演者紹介<br />天野 勝(あまの まさる)<br />オブジェクト指向、アジャイル開発、開発現場の活性化をテーマに、ファシリテーションを活用したコンサルティング、セミナーに従事。<br />2002年にKent BeckからTDDを教わる<br />著書:『eXtreme Programmingテスト技法』『正しく学ぶソフトウエア設計』<br />訳書:『リーン開発の本質』『アジャイルソフトウェア開発スクラム』<br />
  3. 3. 3<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />会社紹介<br />株式会社 永和システムマネジメント<br />本社は福井県福井市<br />金融、医療、オブジェクト指向を使ったシステム開発<br />1980年創業、2002年東京事務所開設<br />福井県福井市<br />
  4. 4. 4<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />チームファシリテーション (TF)<br />「開発チーム」の「日々の仕事」の進め方<br />
  5. 5. 開発チームの課題<br />5<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />POINT<br />指示待ち、連携ミスなどの課題が山積み<br />うちの連中は指示しないと動かないからなぁ・・・<br />そんな作業聞いてないし・・・知らなかったし・・・<br />
  6. 6. チームファシリテーション(TF)とは<br />チームとしての仕事術<br />チームでリズムに乗って、見える化で仕事を進める<br />自律的なチーム運営の仕組み<br />複数人で仕事をすることで、以下の効果が期待できる<br />メンバーが自律的に仕事に取り組める<br />仕事の進め方が共有される<br />業務の定型化、標準化が促進する<br />仕事の共有化が行える<br />連携ミスが減る<br />仕事量のばらつきを減らせる<br />6<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />POINT<br />TF = 自律的なチーム運営の仕組み<br />
  7. 7. 7<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />TFの最少セットの構成<br />POINT<br />実践は原則の上に成り立つ<br />実践<br />実践<br />朝会<br />週次計画<br />ふりかえり<br />タスクボード<br />具体的な実施項目。<br />原則<br />基本となる考え方。<br />原則<br />見える化<br />リズム<br />2010/9/22<br />
  8. 8. TFとPDCA<br />8<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />POINT<br />チームでリズムに乗って、見える化で仕事を進める<br />成果物<br />Plan<br />・週次計画<br />Do<br />・タスクボード<br />・朝会<br />報告<br />Keep<br />Try<br />Done<br />KPT<br />Problem<br />Done<br />ToDo<br />Doing<br />Done<br />Check<br />・ふりかえり<br />Act<br />・ふりかえり<br />上位計画<br />バーンダウンチャート<br />タスクボード<br />
  9. 9. 9<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />見える化でチーム力が向上する<br />現場の人の知恵と工夫が、さらに当事者意識促進する<br />POINT<br />「可視化」で現場が見える<br />チーム力<br />みんなで問題に気づく<br />みんなで改善策を実施する<br />みんなで改善策を練る<br />
  10. 10. 10<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />見える化<br />見える化とは、異常を見えるようにし、行動を誘発する仕組み、および活動のこと<br />メンバー間で共有する<br />見たくなくても眼に飛び込んでくる<br />五感に訴えかける<br />自発的な行動を促す<br />アイデアを出す、相互に確認しあう<br />カイゼンの道具<br />管理の道具ではない<br />現場主体の素早いフィードバックループを作る⇒チーム力が向上する<br />見える化=可視化+リズム<br />POINT<br />
  11. 11. 11<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />作業の見える化:タスクボード<br />仕掛かり中の作業<br />完了した作業<br />今週すべき作業<br />次週以降すべき作業<br />
  12. 12. 12<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />作業の見える化:タスクボード<br />やるべき作業を貼り出し、実施中か、完了かを示す<br />「ソフトウェアかんばん」と呼ばれることもある<br />読み取れること<br />どんな作業があるのか<br />だれがどの作業をやることになっているのか<br />だれがどの作業をやっているのか<br />仕掛り中のタスクが多い->他の作業の完了待ち<br />すべき作業量が人毎にばらつく->タスクの振り分け<br />進化系として<br />工数:面積、難易度:色、期限:位置<br />スナップショットなので、更新されているかどうかが判別しにくい<br />
  13. 13. 13<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />進捗の見える化:バーンダウンチャート<br />残作業量実績<br />期限<br />残作業量予定<br />
  14. 14. 14<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />進捗の見える化:バーンダウンチャート<br />マイルストーンまでの作業の予定線を引き、日々残作業量(実績線)をプロットする<br />バーンダウン(鎮火)<br />読み取れること<br />いつまでに、どれだけの仕事を完了させなくてはならないか<br />あと、どれだけの仕事を完了させなくてはならないか<br />どれだけの仕事が終わったかは読み取れない<br />このままのペースだと、期限までにどれだけ仕事が完了するのか<br />予定線の上側->進捗が遅れている->アクション<br />予定線の下側->進捗が進んでいる->アクション<br />
  15. 15. 15<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />リズム<br />活動のベースとなるリズムを設計する<br />POINT<br />チームのベースとなる活動のサイクルを設計し、それに合わせて活動すること<br />週次計画、朝会、ふりかえり<br />他の組織(上下左右)との情報連携も設計に盛り込む<br />活動を継続させる要となる<br />良い習慣づけ<br />リズムの例(時間割)<br />
  16. 16. 16<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />週次計画<br />1週間で行うことを、チームで考え、共有する<br />POINT<br />1週間毎に計画を詳細化<br />何を達成すべきか(ゴール)、何をすれば達成できるか(タスク)計画する<br />1週間(+α)だけを詳細化、遠い未来は、まだ詳細化しない<br />チーム全員で実施<br />1週間の作業<br />タスク<br />タスク<br />週のゴール<br />週次計画の例<br />タスク<br />日程<br />週のゴール<br />タスク<br />
  17. 17. 17<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />週次計画の例<br />・チームメンバー全員で見積もる<br />・見積もりをしながら、優先順位やリスクの確認を行う<br />
  18. 18. 18<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />朝会<br />毎朝、タスクボードの前で、全員で短い会議をする<br />POINT<br />その日に行うことを確認<br />昨日やったこと、今日やること、問題点の3点のみ報告<br />タスクボード、バーンダウンチャートの前で行なう<br />朝の仕事はじめが重要!<br />スタンドアップで15分 全員で、問題点の検討は2次会で人を絞って実施<br />朝会の例<br />PF実践編:朝会ガイドhttp://ObjectClub.jp/community/pf/<br />
  19. 19. 19<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />朝会のアジェンダ例<br />挨拶:「おはようございます」<br />※慣れてきたら司会は持ち回りがおすすめ<br />周知事項<br />バーンダウンチャート更新<br />個人報告<br />前日までの作業状況<br />当日に行う作業の予定<br />発生している/発生しそうな問題点<br />作業調整<br />作業の担当者を決める/決め直す<br />2次会の確認<br />掛け声:「今日も一日がんばりましょう」<br />
  20. 20. 20<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />ふりかえり<br />頻繁に、定期的に、ふりかえる<br />POINT<br />過去の学びを、未来に活かし、成長する<br />定期的にチーム全員で実施四半期、月、週、日<br />KPTがおすすめKeep、Problem、Try<br />PDCAサイクルのCA(P)<br />Plan:計画<br />Do:実行<br />Check:評価<br />Act:改善<br />ふりかえりの例(KPT)<br />PF実践編:ふりかえりガイドhttp://ObjectClub.jp/community/pf/<br />
  21. 21. 21<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />KPTの関連<br />(6)試すことを選択、同意する<br />Keep<br />●焦ったら、深呼吸する<br />●迷ったら、アラームを挙げる<br />●...<br />Try<br />●開始前に深呼吸する<br />●机の上を片付ける<br />●立って行う<br />●荷物はイスの上に置く<br />●事前に何をするか、確認する<br />●....<br />Problem<br />●作業場所が狭い<br />●迷うことが多い<br />●...<br />(1')試してみてうまくいったこと/続けたいこと<br />(4)Keepを強化する改善策<br />テーマ:作業を効率的に行うために<br />(1)続けたいこと<br />(5)試したいこと<br />(2) 問題点、工夫したいこと<br />(3)Problemに効きそうな改善策<br />
  22. 22. 22<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />頻繁にふりかえる<br />頻繁に小さくふりかえる方が、効果が高い<br />POINT<br />Keep<br />Try<br />業務<br />Problem<br />業務<br />業務<br />業務<br />
  23. 23. 23<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />チームファシリテーションが導入されるとどうなるのか<br />
  24. 24. 24<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />学習のサイクルができる<br />新しいことに取り組みやすくなる<br />変化に対応しやすい<br />新人が、早く一人前になる<br />Plan<br />Adapt<br />学習したことを活かして、      チームを変化させる<br />Do<br />学習できるように   計画を立てる<br />Study<br />経験から学習する<br />学習したことの効果を   試しながら仕事を行う<br />
  25. 25. 25<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />チーム力が向上する<br />仕事に対して前向きに取り組む<br />恐怖がない<br />淡々としている<br />労働時間のばらつきが少ない<br />ツールを自分たちに合わせる<br />
  26. 26. 26<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />参考資料<br />
  27. 27. 27<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />導入事例<br />
  28. 28. 28<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />基本情報<br />従業員数:約2,000名<br />対象:金融系システム開発・運用部門       約600名  + 関連会社       約150名<br />プロセス:準ウォータフォール<br />改善の推進事務局より、「現場を見える化して、チームワークを育成したい」<br />オーナーは部門長<br />
  29. 29. 29<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />導入プロセス<br />企画<br />立上げ<br />展開<br />事務局教育受講<br />キックオフ実施<br />推進者教育実施<br />推進事務局<br />TF実践<br />推進者教育実施<br />現場指導<br />導入戦略決定<br />現場指導<br />実践者教育実施<br />スケジュール決定<br />実践者教育実施<br />パイロットPJ選定<br />ガイドライン決定<br />キックオフ参加<br />パイロットPJ<br />推進者教育受講<br />TF実践<br />実践者教育受講<br />推進者教育受講<br />その他PJ<br />TF実践<br />実践者教育受講<br />
  30. 30. 30<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />見える化ツール紹介<br />
  31. 31. 31<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />作業の見える化:タスクボード<br />仕掛かり中の作業<br />完了した作業<br />今週すべき作業<br />次週以降すべき作業<br />
  32. 32. 32<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />作業の見える化:タスクボード<br />やるべき作業を貼り出し、実施中か、完了かを示す<br />「ソフトウェアかんばん」と呼ばれることもある<br />読み取れること<br />どんな作業があるのか<br />だれがどの作業をやることになっているのか<br />だれがどの作業をやっているのか<br />仕掛り中のタスクが多い->他の作業の完了待ち<br />すべき作業量が人毎にばらつく->タスクの振り分け<br />進化系として<br />工数:面積、難易度:色、期限:位置<br />スナップショットなので、更新されているかどうかが判別しにくい<br />
  33. 33. 33<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />タスクボードの例(人毎の作業を把握)<br />人毎のレーンを作ることで、誰に作業負荷がかかっているかが分かる<br />ToDo<br />Doing<br />Done<br />Aさん<br />Bさん<br />Cさん<br />Dさん<br />Eさん<br />Fさん<br />Gさん<br />
  34. 34. 34<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />タスクボード(共通タスクで平準化)<br />ToDo<br />Doing<br />Done<br />Aさん<br />Bさん<br />Cさん<br />Dさん<br />Eさん<br />Fさん<br />共通<br />作業に余裕のある人は、共通のタスクをこなすこで、負荷の平準化が促進される<br />作業負荷の高い人から、他の人でもできるタスクを共通タスクとして管理する<br />
  35. 35. 35<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />タスクボード(ToDoはすべて共通)<br />ToDo<br />Done<br />Doing<br />Aさん<br />Bさん<br />Cさん<br />Dさん<br />Eさん<br />Fさん<br />Gさん<br />タスクが終わったら、次のタスクをToDoから選んで作業する<br />
  36. 36. 36<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />タスクボードの進化例<br />仕事量の平準化を目指した例<br />ToDo<br />Doing<br />Done<br />ToDo<br />Doing<br />Done<br />Aさん<br />Aさん<br />Bさん<br />Bさん<br />Cさん<br />Cさん<br />共通<br />Step1:誰が何をしているかわかる<br />Step2:誰もが行える仕事が分かる<br />ToDo<br />Doing<br />Done<br />ToDo<br />Doing<br />Done<br />Aさん<br />共通<br />共通<br />Bさん<br />Cさん<br />Step3:仕事をするときに仕事を選ぶ<br />Step4:チームとして仕事に取り組む<br />
  37. 37. 37<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />タスクボードの例(魅せる化)<br />・プロジェクトメンバー外への魅せる化をしている<br />・Doingのエリアを小さくし、タスクの一個流しを基本としている<br />
  38. 38. 38<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />(協力:ヤマハモーターソリューション)<br />タスクボードの例<br />・保守フェーズでの変更依頼を一個流しになるように管理<br />・開発工程をそのままタスクボードとしている<br />
  39. 39. 39<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />タスクボードの例(日毎の管理)<br />・保守フェーズのプロジェクト<br />・曜日ごとにタスクが決まっていて、終わらないと後ろにタスクが移動する<br />・飛込みが合った場合は、優先順位を見直し、もれたタスクは下に落とす<br />
  40. 40. 40<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />タスクボードの例(時間割型)<br />
  41. 41. 41<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />タスクボードの例(Doneエリアの工夫)<br />
  42. 42. 42<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />バグの見える化:バグレゴ<br />(協力:チェンジビジョン)<br />
  43. 43. 43<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />バグの見える化:バグレゴ<br />バグの数や関係を立体的に表現(見える、触れる)<br />奥行:重要度(緊急度)<br />縦:バグの依存関係<br />造型:難易度<br />バグを隠さなくなる、発見したくなる<br />バグを作りたくなるわけではない<br />読み取れること<br />バグの傾向(直感的に読み取れる)<br />レゴを置く場所がなくなる->バグを放置している<br />聞き取れること<br />誰かがバグを見つけた、バグを退治した<br />
  44. 44. 44<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />FAQ<br />
  45. 45. 45<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />よくある質問(1)<br />Question<br />チーム全員で集まって、計画を立てたり、ふりかえる時間が取れません。どうしたらよいでしょうか?<br />Answer<br />チームの「時間割」を作って、計画や、ふりかえりの時間をあらかじめ確保しましょう。<br />
  46. 46. 46<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />よくある質問(2)<br />Question<br />それぞれが、目的の違う作業をしているので、タスクボードを使っても、タスクが個人間を移動することがなく、効果があまりないと思います。それでもタスクボードを導入するべきでしょうか?<br />Answer<br />属人性が高く、チームとして好ましくない、リスクの高い状態です。<br />リスク低減のためにもチームで計画を立てる時間を確保して、タスクの共有を行いましょう。<br />
  47. 47. 47<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />よくある質問(3)<br />Question<br />タスクを2時間程度のサイズに切り出すのが難しいのですが、どうしたらよいでしょうか?<br />Answer<br />最初は難しく感じますが、毎週、タスクに分けていれば次第に慣れて早くできるようになってきます。<br />
  48. 48. 48<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />よくある質問(4)<br />Question<br />タスクボードは、タスクを具体的な項目までブレイクダウンしないと使いにくいのですが、どうしたらよいでしょうか?<br />Answer<br />タスクを具体的な項目までブレイクダウンしてください。<br />
  49. 49. 49<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />よくある質問(5)<br />Question<br />タスクに付箋を使うのはもったいないのですが、どうしたらよいでしょうか?<br />Answer<br />マグネットシートに書いて、繰り返し使うというのはいかがでしょうか。<br />1時間の残業代(2,000円)で、75mm×75mmサイズの付箋紙(250円)ならば、800枚は買えます。エコロジーではないかもしれませんが、エコノミーです。<br />
  50. 50. 50<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />よくある質問(6)<br />Question<br />セキュリティ的に、仕事のことを貼りだしたまま帰るというのは、問題があるのですが、どうしたらよいでしょうか?<br />Answer<br />入館管理をしているので、問題無しとなっているところがあります。<br />セキュリティー的に問題のある情報は、暗号にするなどして対応しているところがあります。<br />模造紙を使い、帰りには丸めてロッカーにしまっているところがあります。<br />
  51. 51. 51<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />よくある質問(7)<br />Question<br />チームが2つの場所に別れているですが、それでも見える化ツールは使えるのでしょうか?<br />Answer<br />2つに分かれているのは、何か理由があってのことと考えられます。それぞれの場所ごとで使えるツールを使ってください。<br />アナログツールでは限界がありますので、ネットワークを使ったデジタルなツールを使ってみてはいかがでしょう。<br />
  52. 52. 52<br />Copyright (c) 2006-2010 Eiwa System Management, Inc.<br />2010/9/22<br />参考書籍<br />リーンソフトウエア開発著:メアリー・ポッペンディーク、トム・ポッペンディーク、訳:平鍋 健児、高嶋 優子、佐野 建樹<br />リーン開発の本質著:メアリー・ポッペンディーク、トム・ポッペンディーク、訳:高嶋 優子、天野 勝、監訳:平鍋 健児<br />アジャイルソフトウェア開発著:アリスター・コーバーン、訳:株式会社テクノロジックアート<br />アジャイルレトロスペクティブズ著:Esther Derby、Diana Larsen 、訳:角 征典<br />ザ・トヨタウェイ(上)(下)著:ジェフリー・K・ライカー、訳:稲垣 公夫<br />トヨタの元工場責任者が教える入門トヨタ生産方式著:石井 正光 <br />職場の「かんばん方式」トヨタ流改善術ストア管理著:松井 順一<br />

×