Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

of

ふりかえりをステップアップ Slide 1 ふりかえりをステップアップ Slide 2 ふりかえりをステップアップ Slide 3 ふりかえりをステップアップ Slide 4 ふりかえりをステップアップ Slide 5 ふりかえりをステップアップ Slide 6 ふりかえりをステップアップ Slide 7 ふりかえりをステップアップ Slide 8 ふりかえりをステップアップ Slide 9 ふりかえりをステップアップ Slide 10 ふりかえりをステップアップ Slide 11 ふりかえりをステップアップ Slide 12 ふりかえりをステップアップ Slide 13 ふりかえりをステップアップ Slide 14 ふりかえりをステップアップ Slide 15 ふりかえりをステップアップ Slide 16 ふりかえりをステップアップ Slide 17 ふりかえりをステップアップ Slide 18 ふりかえりをステップアップ Slide 19 ふりかえりをステップアップ Slide 20 ふりかえりをステップアップ Slide 21 ふりかえりをステップアップ Slide 22 ふりかえりをステップアップ Slide 23 ふりかえりをステップアップ Slide 24 ふりかえりをステップアップ Slide 25 ふりかえりをステップアップ Slide 26 ふりかえりをステップアップ Slide 27 ふりかえりをステップアップ Slide 28 ふりかえりをステップアップ Slide 29
Upcoming SlideShare
My First XP Project 〜10年前の俺へ〜
Next

7 Likes

Share

ふりかえりをステップアップ

2014/3/26(水)に実施した、豆ナイトで使用した資料です。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

ふりかえりをステップアップ

  1. 1. ふりかえりをステップアップ KPT(けぷと) ⇒ KPTA(けぷた) 2014/3/26 1Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc. 株式会社永和システムマネジメント コンサルティングセンター センター長 天野勝 http://sec.tky.esm.co.jp/
  2. 2.  本セッションのポイント  KPTふりかえりの基本的な進め方の確認  KPTふりかえりの成果が上がらない理由の考察  KPTふりかえりの成果を上げるための施策の紹介  KPTを拡張したKPTAフレームワーク  内容  講師の背景紹介  KPTふりかえりの基本  KPTの成果が上がらない理由  ステップアップ1:知識を増やす  ステップアップ2:意見を出しやすくする  ステップアップ3:アクションしやすくする 2Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 概要
  3. 3. 講師の背景紹介 2014/3/26 3Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.
  4. 4. 講師紹介  天野 勝(あまの まさる) @amapyon  (株)永和システムマネジメント コンサルティングセンター センター長  オブジェクト指向、アジャイル開発、開発現場の活性化をテーマに、ファシリ テーションを活用したコンサルティング、セミナーに従事。  経歴  1995年 電機メーカの情報システム部門  2002年10月より現職  コミュニティ活動  オブラブ 事務局長、アジャイルプロセス協議会 編集委員、日本XPユーザグループ 運営委 員、日本ソフトウェアテストシンポジウム 実行委員、プロジェクトファシリテータ協会 副理事、 ETロボコン審査委員  著書  『これだけ!KPT』『eXtreme Programmingテスト技法』『正しく学ぶソフトウエア設計』  訳書  『リーン開発の本質』『アジャイルソフトウェア開発スクラム』 4Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26
  5. 5. 会社紹介  株式会社 永和システムマネジメント(http://www.esm.co.jp)  本社:福井県福井市  1980年創業、2002年東京事務所開設  金融、医療、オブジェクト指向 を使ったシステム開発  コミュニティ活動や、 書籍の執筆・翻訳に積極的 5Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 福井県福井市
  6. 6. 時期 出来事 2002年9月 • アリスターコーバーンのワークショップで、KPTを知る 2003年5月 • 実業務でKPTを実践 2003年6月 • アジャイル開発のコンサルティングの中で、KPTふりかえりの ファシリテータを実践 2004年7月 • アジャイル開発の研修のコンテンツとしてKPTを実施 2005年2月 • プロジェクトファシリテーションのコンセプト公開 2006年1月 • KPTふりかえりの研修を開発 2006年6月 • 「ふりかえりガイド」公開 2007年1月 • KPTふりかえりを中心とした「カイゼン入門コース」研修を開発 2008年7月 • プロジェクトファシリテーションの導入コンサルティング 「チームファシリテーション」のサービス開始 2013年8月 • 「これだけ! KPT」出版 6Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 私のKPT年表
  7. 7. KPTふりかえりの基本 2014/3/26 7Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.
  8. 8. KPTの概要  Keep、Problem、Tryの観点で物事を整理する 思考フレームワーク  Keep:続けること  Problem:不満点  Try:試すこと  「けぷと」と発音する  「けぇぴぃてぃ」と発音する人もいる  ふりかえりによく使われる  テーマ欄を追加して使うこと が多い 8Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 ふりかえりと相性の良い単純な思考フレームワーク Keep Problem Try 出典:『アジャイルソフトウェア開発』 日本語訳は様々なバリエーションがあります。 表現のしかたで、意見の内容や出方が変化しま すので、用途に応じで工夫してください。 テーマ 必要に応じて 「テーマ」欄を追加
  9. 9. テーマ:作業を効率的に行うために KPTのステップ(基本形) 9Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 Keep Try Problem (2) 不満点、問題点 (4)Problemに効きそうな改善策 (3)Keepを強化する改善策 (1)続けたいこと、良いこと 開始前に深呼吸する 机の上を片付ける ●焦ったら、深呼吸する ●迷ったら、アラームを挙げる ●.... ●作業場所が狭い ●迷うことが多い ●.... ●机の上を片付ける ●立って行う ●荷物はイスの上に置く ●事前に何をするか、確認 する ●.... ●開始前に深呼吸する (6)試すことを選択、 合意する (5)工夫したいこと (1')試してみてうまくいったこと/続けたいこと
  10. 10. KPTによるナレッジサイクル 10Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 KPTで定期的にふりかえると、ナレッジが蓄積されていく Keep Problem Try 良い行動のナレッジ が蓄積され、 さらに強化される
  11. 11. ふりかえりとは  過去の学びを、未来に活かすこと  学びには、経験から得られる気づきを含む  カイゼンサイクル「P-D-C-A」のC-A(-P)に相当  Plan:計画  Do:実行  Check:評価(Study:学習)  Act:改善(Adapt:適応)  繰り返すことで、次第に成長する 11Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 ふりかえりは、いつでも、どこでも、だれでも行える ※カイゼンサイクルは、デミングサイクルや、シューハートサイクルとも呼ばれる。
  12. 12. KPTでカイゼンサイクル(PDCA)をまわす 12Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 KPTを繰り返すことで、改善サイクルがまわる Keep Problem Try Plan Check Do Act
  13. 13. ふりかえり会とは  チームとしてよりよくなるために、チーム会議として ふりかえりを行う  気づきの共有、学びの共有  アクションの合意  継続(定期的に頻繁に実施)して行う 13Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 チームの未来を、チーム自身で考える会議
  14. 14. KPTの成果が上がらない理由 2014/3/26 14Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.
  15. 15. 理由 対処法 ・成果を期待しすぎる ・「少しでも改善されればもうけもの」と 考える ・チームとして向かうべき方向、達成す べき目標がない、あってもメンバーが納 得していない ・「困った状態」にする 例)人を異動する ・定期的に行なわない ・定期的なスケジュールを前もって決め る・頻繁に行なわない ・ファシリテータに任せすぎる ・チームメンバーがファシリタティブに場 に関わる 15Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 KPTの成果が上がらない理由 [1/2]
  16. 16. 理由 対処法 ・自己完結する(自分でProblemを出して、 自分でTryを考える。他人のProblemに 関心を示さない) ・他の人の意見を聞けるようにする ・考える時間をとらない ・独りで考える時間と、チームで考える 時間を分ける ・アクションを実行する時間がとれない ・計画する時間を設け、計画にアクショ ンを取り込む ・アクションを決めない ・アジェンダに「アクションを決める」時間 を追加する ・KPTにこだわりすぎる ・自分たちに馴染むように工夫する 16Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 KPTの成果が上がらない理由 [2/2]
  17. 17. ステップアップ1 知識を増やす 2014/3/26 17Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.
  18. 18. 書籍/ドキュメントを読む 18Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 消費税が5%のうちにお買い上げください 無料1,400円+税 http://ObjectClub.jp/community/pf#materialhttp://www.amazon.co.jp/dp/4799102753
  19. 19. ステップアップ2 意見を出しやすくする 2014/3/26 19Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.
  20. 20. 付箋の活用 付箋を使うと、意見をだしやすく、整理もしやすい ノリのついてい る方向に沿って 剥がすノリのついて いる部分 ノリのついて いる部分 ノリのついてい る方向に向かっ て剥がす めくれ上がってしまっ て、内容が見にくく、 剥がれやすい しっかりとひっつき、 剥がれにくい 2014/3/26 Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc. 20
  21. 21. 付箋を使った例 21Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 青:1回目 黄:2回目 ●:採用 ×:不採用
  22. 22. Keep • 今後も続けたいことはなんですか? • どんな良かったことがありましたか? • なぜ、うまくいった/よかったのでしょうか? • ほかの人にちょっと自慢したいことや、褒めてもらいたいことはありますか? • 他の人のここが良かったというところはなんですか? • 前と変えてみたところはありましたか? Problem • 気になることや、困ったことはありましたか? • 何かガマンしていることはありますか? • 「もっとできた」と思っていることは、どんなことですか? • チームで決めたルールで、守れなかったことはありましたか? • 目標の到達をさまたげることは、どんなことですか? • ムダに感じることは、どんなことですか? • 理想と異なることは、どんなことですか? Try • そのKeepの本質は何ですか? • そのKeepをよりうまく行うには、何をすればよいですか? • そのProblem少しでも改善するには、何をすればよいですか? • そのProblemをすべて取り払うには、何をすればよいですか? • そのProblemが無くせないとしたら、何をすればよいですか? • 目標に近づくためには、何をすればよいですか? 22Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 質問をする
  23. 23. KPTを現場に合うように置き換える 対象 頻度 KPTの置き換え バスケットボールチーム ・試合毎 ・Keep:良いところは? ・Problem:もうちょっと頑張れたと思 うところは? ・Try:次はどうする? ピアノの練習 ・毎週 ・Keep:練習した時間 ・Problem:遊んだ時間 ・Try:来週の練習時間 夏休みの宿題 ・毎週 ・Keep:がんばったこと ・Problem:だめだったこと ・Try:次にがんばること 23Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 置換え次第で、多くの状況でも使える
  24. 24. ステップアップ3 アクションしやすくする 2014/3/26 24Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.
  25. 25. ふりかえり会のタイムテーブル(例) 25Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 目安時間(分) 内容 2 アジェンダを確認する 1 グラウンドルールを確認する 5 テーマを決める 5 前回から今回までの活動を確認する 5 前回のTryを確認する 5 前回のProblemを確認する 5 前回のKeepを確認する 5 Keepを付箋紙に書く 8 Keepを共有する 2 Keepを整理する 5 Problemを付箋紙に書く 12 Problemを共有する 3 Problemを整理する 7 Tryを付箋紙に書く 13 Tryを共有する 5 Tryを整理する 15 Tryを選択する 15 Tryをアクションに落とし込む 2 アクションに合意する 合計:120 目安時間(分) 内容 5 前回のTryとProblemを確認する 5 KeepとProblemを付箋紙に書く 10 KeepとProblemを共有する 10 Tryを付箋紙に書く 10 Tryを共有する 10 Tryを選択する 10 Tryをアクションに落とし込み合意する 合計:60 目安時間(分) 内容 5 前回のTryとProblemを確認する 5 KeepとProblem、Tryを付箋紙に書く 10 KeepとProblem、Tryを共有する 10 Tryを選択し合意する 合計:30 じっくりバーション しっかりバーション ざっくりバーション
  26. 26. KPTA(けぷた) 26Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 Actionまでを一連の流れで考えることで行動につなげやすい Keep ●焦ったら、深呼吸する ●迷ったら、アラームを挙げる Try ●荷物はイスの上に置く ●手順書を作成する ●作業する場所を移動する ●材料を使う順に並べる Problem ●作業場所が狭い ●作業に迷いがある ●作業の導線が複雑 テーマ:作業を効率的に行うために Action ●ケースを用意する[天野:10/9まで] ●作業順にケースを並べる ●材料をケースに小分けする 実施するTryを、実行 可能なアクションまで 具体化する
  27. 27. 最後に 2014/3/26 27Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.
  28. 28. チームファシリテーション 28Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26 チームでリズムに乗って、見える化で仕事を進める Plan ・週計画会 Do ・朝会 Check ・ふりかえり会 Act ・ふりかえり会 上位計画 Done Keep Try Problem KPT DoneToDo Doing Done タスクボード 成果物 報告 バーンダウンチャート 計画作りガイド 朝会ガイド ふりかえりガイド 見える化ガイド 参考:「プロジェクトファシリテーション」 http://ObjectClub.jp/community/pf/#material
  29. 29. お問い合わせ  本資料に関するお問い合わせは下記までお願いし ます。 sales@esm.co.jp twitter @esmsec 株式会社永和システムマネジメント コンサルティングセンター http://sec.tky.esm.co.jp/ 29Copyright (c) 2006-2014 Eiwa System Management, Inc.2014/3/26
  • TsuyoshiOkawa

    Oct. 27, 2015
  • shiratorishiratori

    Sep. 18, 2015
  • TakafumiNaka

    Jun. 11, 2015
  • KazuhiroTakehana1

    Jan. 7, 2015
  • tomo154

    Dec. 10, 2014
  • ynm379

    Apr. 24, 2014
  • MakotoSAKAI

    Mar. 26, 2014

2014/3/26(水)に実施した、豆ナイトで使用した資料です。

Views

Total views

2,930

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

243

Actions

Downloads

0

Shares

0

Comments

0

Likes

7

×