土日でさっさとサービスを作る

828 views

Published on

株式会社マリーチ用小勉強会資料 :: http://www.marici.co.jp/

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
828
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

土日でさっさとサービスを作る

  1. 1. 土日でさっさと サービスを作る Esehara shigeo 株式会社マリーチ社内勉強会用スライド
  2. 2. 突然ですが サービス 作ってますか
  3. 3. 最近作ってるもの http://bookable.jp
  4. 4. コミット 土日に集中
  5. 5. 最近の動向 来客ユーザー(=赤)は減ってるが、一人あたりページを見る回数は増えている(黄色)
  6. 6. 今回は 作ってみて 思ったことを 適当に話します
  7. 7. 開発の軌跡 ● アイデアを人に話してみる→いけそう ● プロトタイプを作る ● 知人と一緒にデザインを作成する ● ブログを書いて定期的に集客
  8. 8. 最初のコミット
  9. 9. モチベーションと時間 ● アイデアを思い付いて「イケる」と思った瞬間から、 動くものの時間が長いと、いつの間にかモチベー ションが下がりまくる ● なので単純なものから作る
  10. 10. シンプルとは
  11. 11. 最近思うこと ● 画面が増えると実装が増える ● 扱うデータベースが増えると実装が増える ● クライアント側がリッチになると実装が増える これらを踏まえて、「最小限」にする
  12. 12. 大切なこと
  13. 13. 作らない
  14. 14. 「作らない」とは? 機能を揃えてから リリースしようとすると 死ぬ
  15. 15. 「作らない」とは? 最初の構想通りに 作ろうと思うと 死ぬ
  16. 16. 「作らない」の基本 ● アイデアを考える ● 試作を作る →結果が画面に直接反映されるものを作る ● それで面白いならそうする →いい意味での適当さ
  17. 17. 雪だるま方式 ● まず最初に集めたデータを表示してみる ● 意外と表示してみたら面白いぞ ● じゃあ取り合えずこれを基本に公開するか →そのあとに機能を徐々に増やしていく (次は本にレビューを付けるページとか考えてい る)
  18. 18. 最初の一歩 ● 画面で動くやつ作る(割と楽しい) ● そこから何が出来るのか考える ● 足りないところはあとで考える ● 知人の反応を見る ● あとはトライアンドエラー(と計測)
  19. 19. ご清聴ありがとうございました

×