■30歳から
の
エンジニア

esehara shigeo
お前
誰だ
esehara shigeo
はてなid: nisemono_san
(はてなブログプロ 1年分)
twitter: @esehara
nana music, Inc.
Pythonista // Clojuren
エンジニア歴
2年
なのに
30歳からの
エンジニア?
再起動
受託開発期
● 基本は「新規開発」
● テスト駆動開発
● 振ってくる要件定義・仕様に対して設計を考え
て、それを実装する
● ガントチャートとチケットよる進捗管理
受託から
スタートアップへ
現在のミッション
●
●
●
●
●
●

ユニットテストないから書く(Jenkins入れる)
サーバー監視ツールを入れる(Munin入れる)
サーバー構成スクリプトを書く(Chefとか)
新しい人が来るからPythonを教える
運営とコミュニ...
変化
代表の気持ち
● サービスを安定化させたい
● 周囲の変化に対応させたい
● 妥当なユーザーの要望を反映させたい
運営・経営側が
「追加機能・要望」でしか
判断できないのは
仕方ない
問題は
技術的負債
最初の頃
● サーバーの何処と何処を弄ればわかんないし、
現状のサーバー設定が不透明
● サーバーの手順通りの設定辛い
● リファクタしないと突貫で作ったコードが溜まり
過ぎていてメンテが出来ない
● スタートアップの最初の頃は「まず作らなけれ...
喧嘩したいわけ
ではない
負債が貯まる
↓
スピードが落ちる
スピードが落ちる
↓
コストがかかる
ユーザーに
価値を素早く
届けたい
気持ちは一緒
ウッ
ユーザーの価値
とは……
WARNING
WARNING
WARNING
WARNING
WARNING
WARNING
エモゾーンに
突入します
各位避難
してください
(間奏)
ユーザーの価値はなんですか
見つけにくい
ものですか
要件の
中も
人月の
中も
探したけれど
見つからない
のに
まだまだ
探す気
ですか
それより皆で
考えませんか
ユーザーの中へ
ユーザーの中へ
行ってみたいと
おもいませんか
ルルルー
(繰り返し)
価値を届ける
●
●
●
●
●
●
●
●

ユーザーというのは遠い
経営者に価値を届けているか
戦略側に価値を届けているか
隣の開発者に価値を届けているか
未来の開発者に価値を届けているか
インターンに価値を届けているか
まだ見ぬ若者に価値...
価値を届ける(インターン)

お菓子はテンションがあがる!
価値を届ける(戦略側)

ログ解析結果をCSVで吐き出す
価値を届ける(経営側)

はてなブックマークで話題の奴を共有
価値を届ける(隣の開発者側)

Pythonを教える
価値を届ける(未来の開発者側)

GitHub issue採用
価値を届ける(まだ見ぬ仲間)

はてなブログ
最後に
自分から
自分に
価値を届ける
自分から自分へ価値を届ける
●
●
●
●

スキルが上がる(技術的価値)
「あいつ面白いぞ」と思われる(承認欲求)
メシをおごって貰える(金銭的価値)
何より自分が楽しい(享楽)
自分の価値は
常に消耗する
ドックイヤー
コモディティ化
私たちは常に
○○歳のエンジニアから
始めなければならない
悲劇?
No
私たちは常に
○○歳のエンジニアから
始めることが出来る
はてなのイベントなのでブログ的な話も
ブログは価値を届ける一つの手段
● ブログは仮説と検証を行うための一つ
の手段
● 炎上したら?→そこにクリティカルポイ
ントが存在している
●
ブログの書いた
内容は消耗する
しかし
貴方がブログのために
考え、書いたという過
程の価値は変わらない
だろう
はじめよう
30歳からのエンジニア──再起動編
30歳からのエンジニア──再起動編
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

30歳からのエンジニア──再起動編

3,933 views

Published on

30歳からのエンジニア──再起動編

  1. 1. ■30歳から の エンジニア esehara shigeo
  2. 2. お前 誰だ
  3. 3. esehara shigeo はてなid: nisemono_san (はてなブログプロ 1年分) twitter: @esehara nana music, Inc. Pythonista // Clojuren
  4. 4. エンジニア歴 2年
  5. 5. なのに 30歳からの エンジニア?
  6. 6. 再起動
  7. 7. 受託開発期 ● 基本は「新規開発」 ● テスト駆動開発 ● 振ってくる要件定義・仕様に対して設計を考え て、それを実装する ● ガントチャートとチケットよる進捗管理
  8. 8. 受託から スタートアップへ
  9. 9. 現在のミッション ● ● ● ● ● ● ユニットテストないから書く(Jenkins入れる) サーバー監視ツールを入れる(Munin入れる) サーバー構成スクリプトを書く(Chefとか) 新しい人が来るからPythonを教える 運営とコミュニケーションを取る 夢を語る
  10. 10. 変化
  11. 11. 代表の気持ち ● サービスを安定化させたい ● 周囲の変化に対応させたい ● 妥当なユーザーの要望を反映させたい
  12. 12. 運営・経営側が 「追加機能・要望」でしか 判断できないのは 仕方ない
  13. 13. 問題は 技術的負債
  14. 14. 最初の頃 ● サーバーの何処と何処を弄ればわかんないし、 現状のサーバー設定が不透明 ● サーバーの手順通りの設定辛い ● リファクタしないと突貫で作ったコードが溜まり 過ぎていてメンテが出来ない ● スタートアップの最初の頃は「まず作らなければ ならない」ので、ある程度までは正しい
  15. 15. 喧嘩したいわけ ではない
  16. 16. 負債が貯まる ↓ スピードが落ちる
  17. 17. スピードが落ちる ↓ コストがかかる
  18. 18. ユーザーに 価値を素早く 届けたい
  19. 19. 気持ちは一緒
  20. 20. ウッ
  21. 21. ユーザーの価値 とは……
  22. 22. WARNING WARNING WARNING
  23. 23. WARNING WARNING WARNING
  24. 24. エモゾーンに 突入します
  25. 25. 各位避難 してください
  26. 26. (間奏)
  27. 27. ユーザーの価値はなんですか
  28. 28. 見つけにくい ものですか
  29. 29. 要件の 中も
  30. 30. 人月の 中も
  31. 31. 探したけれど 見つからない のに
  32. 32. まだまだ 探す気 ですか
  33. 33. それより皆で 考えませんか
  34. 34. ユーザーの中へ
  35. 35. ユーザーの中へ
  36. 36. 行ってみたいと おもいませんか
  37. 37. ルルルー
  38. 38. (繰り返し)
  39. 39. 価値を届ける ● ● ● ● ● ● ● ● ユーザーというのは遠い 経営者に価値を届けているか 戦略側に価値を届けているか 隣の開発者に価値を届けているか 未来の開発者に価値を届けているか インターンに価値を届けているか まだ見ぬ若者に価値を届けているか そして自分に価値を届けているか
  40. 40. 価値を届ける(インターン) お菓子はテンションがあがる!
  41. 41. 価値を届ける(戦略側) ログ解析結果をCSVで吐き出す
  42. 42. 価値を届ける(経営側) はてなブックマークで話題の奴を共有
  43. 43. 価値を届ける(隣の開発者側) Pythonを教える
  44. 44. 価値を届ける(未来の開発者側) GitHub issue採用
  45. 45. 価値を届ける(まだ見ぬ仲間) はてなブログ
  46. 46. 最後に
  47. 47. 自分から 自分に 価値を届ける
  48. 48. 自分から自分へ価値を届ける ● ● ● ● スキルが上がる(技術的価値) 「あいつ面白いぞ」と思われる(承認欲求) メシをおごって貰える(金銭的価値) 何より自分が楽しい(享楽)
  49. 49. 自分の価値は 常に消耗する
  50. 50. ドックイヤー コモディティ化
  51. 51. 私たちは常に ○○歳のエンジニアから 始めなければならない
  52. 52. 悲劇?
  53. 53. No
  54. 54. 私たちは常に ○○歳のエンジニアから 始めることが出来る
  55. 55. はてなのイベントなのでブログ的な話も ブログは価値を届ける一つの手段 ● ブログは仮説と検証を行うための一つ の手段 ● 炎上したら?→そこにクリティカルポイ ントが存在している ●
  56. 56. ブログの書いた 内容は消耗する
  57. 57. しかし
  58. 58. 貴方がブログのために 考え、書いたという過 程の価値は変わらない だろう
  59. 59. はじめよう

×