CEDEC 2011 「ARG:プラットフォームに依存しない新しい遊び方」八重尾スライド

1,835 views

Published on

CEDEC 2011 セッション
「ARG: プラットフォームに依存しない新しい遊び方」
http://cedec.cesa.or.jp/2011/program/GD/C11_P0160.html

講演者:
 IGDA日本ARG専門部会 八重尾昌輝
 エレメンツ 石川淳一

これは八重尾の発表資料です。
その他の資料は以下のページを参照してください。
http://warg.igda.jp/archive/cedec2011-arg

Published in: Entertainment & Humor
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,835
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
330
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

CEDEC 2011 「ARG:プラットフォームに依存しない新しい遊び方」八重尾スライド

  1. 1. CEDEC2011 ARG  プラットフォームに依存しない   新しい遊び方 セミナー中の 講師  撮影・録音は 八重尾昌輝   ご自由にどうぞ 石川淳一
  2. 2. 講演者紹介 八重尾 昌輝    フリーでARG制作・運営を行うクリエイター。IGDA SIG-ARG世話人もやっています。映画会社や地方自治体などクライアントからの依頼に合わせてゲームデザインを行うかたわら、講演や執筆を通してARGの啓蒙活動と育成を目指し活動しています。 Twitter: myaeo Facebook: 八重尾昌輝 Mail: argjpn@gmail.co.jp
  3. 3. 講演者紹介 石川 淳一 有限会社エレメンツ取締役社長。『大戦略』『天下統一』シリーズなどSLGを中心にゲームデザイン、ディレクター、プロデューサーを担当。 
1999年有限会社エレメンツ創立。最近はシリアスゲームやARGなど新しいジャンルのゲーム製作に乗り出し Twitter: ele_junています。 Facebook:石川淳一
  4. 4. ARG紹介 ARGに関する説明を行うため、今から資料を皆さんにお配りします。
  5. 5. ARGの源 ARGは、プレイヤーが自らの行動に よって作るゲームです。プレイヤーが積極的に行動するほど楽しくなります。 ARGは、 結果のみを求めるものではなく 過程を楽しむゲームです。
  6. 6. クレジット 制作:エレメンツ 出演者     SIG-ARG 探偵 運営:エレメンツ 鈴木コウヤ(E-pin企画)     SIG-ARG     E-pin企画 助手     ラ・シタデール 岡部たかし(E-pin企画) 今回の内容に関するフォロー資料は 下記のURLにアップする予定です!http://warg.igda.jp/archive/cedec2011-arg
  7. 7. ARGの要素 今回の体験で目指したこと    ・日常空間がゲーム空間に変わる  ・ソーシャルコミュニティを形成する  ・トランスメディアを利用する      
  8. 8. 日常空間がゲーム空間に CEDEC2011会場という日常空間を ARGによってゲーム空間に変化。 現実にある空間はどこであってもゲームの舞台にできる。
  9. 9. ソーシャルコミュニティ 見知らぬ参加者同士が ARGを遊ぶために 情報交換を行った。共通の目的のため集まったソーシャルコミュニティの形成
  10. 10. トランスメディアの利用 日常的に接している媒体を そのままゲーム空間で利用できる。トランスメディアストーリーテリングの手法 複数の媒体を利用して ストーリーを補完する。
  11. 11. 事例紹介:I  love  bees Halo2のプロモーションとして行われたARG。・現実が舞台 全米何百カ所にも仕掛けられたGPS座標の場所が示され、特定の時間に行くことで電話ボックスからメッセージを聞くことができた。・ソーシャルコミュニティ フォーラムを通してプレイヤー同士が交流を行い、Haloを知らない層にまで波及した。・トランスメディア インターネットサイト、Eメール、電話ボックス、携帯電話など、数多くのメディアを横断する形で展開が行われた。 
  12. 12. 事例紹介:元気ARG「ぼくらの選 択」 群馬県利根郡みなかみ町のプロモーションとして行われたARG。・現実が舞台 みなかみ町で起こった問題を解決するため、都内に仕掛けられたGPS座標を追うことで映像を見ることができた。・ソーシャルコミュニティ フォーラムを通してプレイヤー同士が交流を行い、それぞれ知恵を出し合うことで解決策を導きだした。・トランスメディア インターネットサイト、Eメール、iPhoneアプリなどを利用した展開が行われた。 

×