Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
リーンスタートアップ・ワークショップ
in Kobe Dream Field
2014/5/7
榎 真治
shinji.enoki@gmail.com
This work is licensed under a Creative Commons...
2
アジェンダ
イントロダクション: 15分
自己紹介
ゴールの確認
リーンスタートアップの簡単な紹介
ワークショップ: 120分
仮説を考える
フィードバックを得て、再検討する
発表する
振り返り: 15分
振り返りと質疑
リーンスタートアッ...
3
自己紹介
LibreOfficeコミュニティ
LibreOffice日本語チーム(主にイベントで活動)
関西LibreOffice勉強会
その他のコミュニティ
大阪リーンスタートアップ勉強会主催
日本UNIXユーザ会幹事
KOFスタッフ、L...
4
LibreOfficeとは
統合オフィスソフト
ワープロ、表計算、プレゼンテーション(今プレゼンしている)、
データベース、図形描画
オープンソース
自由に利用、改変、配布できる
無料でwebからダウンロードできる
様々な環境で動作
Win...
5
今日のゴール
構築-計測-学習を短いサイクルで回してみて
新規ビジネスを進めるリーンスタートアップを感じる
(このやり方を活用してもらえたらうれしい)
6
リーンスタートアップの簡単な説明
7
そもそも
新規ビジネスを立ち上げる際、
どうすればよいか最初はわからない
やみくもにやっても、うまくいかない
不確実な中で、起業をマネジメントする手法の1つが
リーンスタートアップ
8
検証による学び アイデア
製品データ
学ぶ 構築する
計測する
いかにすばやく回して学ぶか
9
顧客のニーズからスタートする
顧客のニーズ
(課題)
最小限の製品
そのニーズって本当にあるの? その製品でニーズを満たせるの?
仮説を立てて、検証する
10
うまくいきそうになかったら...
検証の結果うまくいきそうにない場合に方向転換する
顧客へのインタビューでニーズが確認できなかった時
最小限の製品を見せても反応がよくない時
お金になりそうにない時
この方向転換をピボットと呼ぶ
あらたな仮...
11
やってみよう!
12
ニーズと製品の仮説を立てる
2-3人1組になって抱えている課題を聞く:10分
課題とターゲットに対して
どのような製品やサービスで解決するかを考える:5分
質問した方、された方、それぞれが1人で考える
エレベータピッチを1人30秒で行う
...
13
どうやって仮説を立てる?
行動を観察する
インタビューや行動を観察してニーズや課題を探す
自分や周りの人の課題を探す
もっとも簡単で、深い情報が集められる
課題に対して、ペルソナをつくってみる
架空の人物を想定して、課題を解決するシナリオ...
14
リーンキャンバス
ソリューション 独自の価値提案課題 圧倒的な優位性 顧客セグメント
コスト構造 収益の流れ
主要指標 チャネル
アーリーアダ
プター
既存の代替品
主な課題
3つくらい
他の人とコミュニケーションする際に便利
抜け漏れチ...
15
エレベータピッチについて
対象顧客はどんな人々か?
顧客ニーズはどのようなものか?
製品名は何にするか?
その製品はどの市場分野に属しているか?
最大の長所はなにか?
競合製品はなにか?
際立った差別化要因はなにか?
参考書籍:「ゲームス...
16
エレベータピッチのテンプレート
(顧客ニーズ)を欲している
(対象顧客)向けの
(製品名)は
(市場分野)の製品で
(最大の長所)を持っている
(競合相手)とは違い
この製品には(際立った差別化要因)がある
テンプレートはあくまで抜け漏れ...
17
グループ分け
学年順に1列にならんで順番に1-3を割り振る
言われた数字のグループに行く
18
仮説を掘り下げる
グループで1つ仮説を選んで、グループで議論する:20分
誰かがピッチしたものでも、新たに作っても良い
リーンキャンバスは使っても使わなくても良い
仮説のストーリーをエレベータピッチする
1グループあたり2分
どのように計...
19
休憩
20
仮説を検証する:30分
顧客候補に聞きにいく
会場を出て周りで聞く
電話して聞く
プランを再検討する
21
発表
フィードバックを受けて今後どうするかを発表
どのようなフィードバックを得たのか
1グループ2分
22
振り返り
23
KPTと質問を書き出す:5分
付箋にKPTの内容と質問を書き出して貼る
Keepから順に書く。いくつ書いてもOK
1枚の付箋に1つだけ書く
Keep(よかったこと)
Problem(課題だったこと)
Try(挑戦したいこと)
24
KPTを整理、質問受付
25
リーンスタートアップのおさらい
リーンスタートアップは不安定な新規ビジネスを
マネジメントする手法
構築-計測-学習のループを素早く回す
インタビューや最小限の製品(MVP)などで計測して、
仮説を検証する
外に出て直接フィードバックを受...
26
お勧めの参考書籍
トヨタ生産方式 (ISBN:978-4478460016)
リーンの大本になった考え方
アントレプレナーの教科書 (ISBN:978-4798117553)
リーンスタートアップの原点
顧客開発手法
リーンスタートアップ...
27
Thank you!
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

リーンスタートアップ・ワークショップinKDF_2014-05-07

1,168 views

Published on

学生さん向けに、リーンスタートアップのワークショップをやってみた際の資料です。
「ハイブリッドPDF」にしていますので、PDFをLibreOfficeを開くとODFファイルとして編集できます。

Published in: Business

リーンスタートアップ・ワークショップinKDF_2014-05-07

  1. 1. リーンスタートアップ・ワークショップ in Kobe Dream Field 2014/5/7 榎 真治 shinji.enoki@gmail.com This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License.
  2. 2. 2 アジェンダ イントロダクション: 15分 自己紹介 ゴールの確認 リーンスタートアップの簡単な紹介 ワークショップ: 120分 仮説を考える フィードバックを得て、再検討する 発表する 振り返り: 15分 振り返りと質疑 リーンスタートアップのおさらい
  3. 3. 3 自己紹介 LibreOfficeコミュニティ LibreOffice日本語チーム(主にイベントで活動) 関西LibreOffice勉強会 その他のコミュニティ 大阪リーンスタートアップ勉強会主催 日本UNIXユーザ会幹事 KOFスタッフ、LILOなど LibreOfficeのサポート、コンサルティング、トレーニング、執 筆(フリー)
  4. 4. 4 LibreOfficeとは 統合オフィスソフト ワープロ、表計算、プレゼンテーション(今プレゼンしている)、 データベース、図形描画 オープンソース 自由に利用、改変、配布できる 無料でwebからダウンロードできる 様々な環境で動作 Windows, Mac, Linux 世界中の多くの言語で利用 110以上に webサイト: https://ja.libreoffice.org/
  5. 5. 5 今日のゴール 構築-計測-学習を短いサイクルで回してみて 新規ビジネスを進めるリーンスタートアップを感じる (このやり方を活用してもらえたらうれしい)
  6. 6. 6 リーンスタートアップの簡単な説明
  7. 7. 7 そもそも 新規ビジネスを立ち上げる際、 どうすればよいか最初はわからない やみくもにやっても、うまくいかない 不確実な中で、起業をマネジメントする手法の1つが リーンスタートアップ
  8. 8. 8 検証による学び アイデア 製品データ 学ぶ 構築する 計測する いかにすばやく回して学ぶか
  9. 9. 9 顧客のニーズからスタートする 顧客のニーズ (課題) 最小限の製品 そのニーズって本当にあるの? その製品でニーズを満たせるの? 仮説を立てて、検証する
  10. 10. 10 うまくいきそうになかったら... 検証の結果うまくいきそうにない場合に方向転換する 顧客へのインタビューでニーズが確認できなかった時 最小限の製品を見せても反応がよくない時 お金になりそうにない時 この方向転換をピボットと呼ぶ あらたな仮説を立てる
  11. 11. 11 やってみよう!
  12. 12. 12 ニーズと製品の仮説を立てる 2-3人1組になって抱えている課題を聞く:10分 課題とターゲットに対して どのような製品やサービスで解決するかを考える:5分 質問した方、された方、それぞれが1人で考える エレベータピッチを1人30秒で行う 質問した側だけでなく、された側も行う 課題とターゲット、製品orサービスについて簡潔に説明する 投資家に説明する機会のつもりで
  13. 13. 13 どうやって仮説を立てる? 行動を観察する インタビューや行動を観察してニーズや課題を探す 自分や周りの人の課題を探す もっとも簡単で、深い情報が集められる 課題に対して、ペルソナをつくってみる 架空の人物を想定して、課題を解決するシナリオを描く手法 ターゲット層だけではイメージしづらく ペルソナを作ることで具体的に考えることができる
  14. 14. 14 リーンキャンバス ソリューション 独自の価値提案課題 圧倒的な優位性 顧客セグメント コスト構造 収益の流れ 主要指標 チャネル アーリーアダ プター 既存の代替品 主な課題 3つくらい 他の人とコミュニケーションする際に便利 抜け漏れチェックにもなる 別に使わなくても良い
  15. 15. 15 エレベータピッチについて 対象顧客はどんな人々か? 顧客ニーズはどのようなものか? 製品名は何にするか? その製品はどの市場分野に属しているか? 最大の長所はなにか? 競合製品はなにか? 際立った差別化要因はなにか? 参考書籍:「ゲームストーミング」
  16. 16. 16 エレベータピッチのテンプレート (顧客ニーズ)を欲している (対象顧客)向けの (製品名)は (市場分野)の製品で (最大の長所)を持っている (競合相手)とは違い この製品には(際立った差別化要因)がある テンプレートはあくまで抜け漏れを防ぐためのもの これにとらわれる必要はない
  17. 17. 17 グループ分け 学年順に1列にならんで順番に1-3を割り振る 言われた数字のグループに行く
  18. 18. 18 仮説を掘り下げる グループで1つ仮説を選んで、グループで議論する:20分 誰かがピッチしたものでも、新たに作っても良い リーンキャンバスは使っても使わなくても良い 仮説のストーリーをエレベータピッチする 1グループあたり2分 どのように計測するか(主要指標)も含める
  19. 19. 19 休憩
  20. 20. 20 仮説を検証する:30分 顧客候補に聞きにいく 会場を出て周りで聞く 電話して聞く プランを再検討する
  21. 21. 21 発表 フィードバックを受けて今後どうするかを発表 どのようなフィードバックを得たのか 1グループ2分
  22. 22. 22 振り返り
  23. 23. 23 KPTと質問を書き出す:5分 付箋にKPTの内容と質問を書き出して貼る Keepから順に書く。いくつ書いてもOK 1枚の付箋に1つだけ書く Keep(よかったこと) Problem(課題だったこと) Try(挑戦したいこと)
  24. 24. 24 KPTを整理、質問受付
  25. 25. 25 リーンスタートアップのおさらい リーンスタートアップは不安定な新規ビジネスを マネジメントする手法 構築-計測-学習のループを素早く回す インタビューや最小限の製品(MVP)などで計測して、 仮説を検証する 外に出て直接フィードバックを受けてみよう うまくいきそうにないときにはピボットする
  26. 26. 26 お勧めの参考書籍 トヨタ生産方式 (ISBN:978-4478460016) リーンの大本になった考え方 アントレプレナーの教科書 (ISBN:978-4798117553) リーンスタートアップの原点 顧客開発手法 リーンスタートアップ (ISBN: 978-4822248970) リーンスタートアップを考案したエリック・リースが、考え方や 事例を説明したもの RUNNING LEAN (ISBN:978-4873115917) リーンキャンバスやインタビューなどの方法が詳しく説明され ている
  27. 27. 27 Thank you!

×