JACET Kanto 2013 CLIL Presentation 02

2,282 views

Published on

小学校外国語活動における
CLIL実践とその展開
CLIL practices in primary school:
its future development

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
2,282
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,064
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

JACET Kanto 2013 CLIL Presentation 02

  1. 1. 小学校外国語活動におけるCLIL実践とその展開- 授業実践からみた可能性 –山野有紀(yuki.yamano@sophia.ac.jp)
  2. 2. Why CLIL at elementary school in Japan?What is CLIL? (The 4Cs of CLIL)Content & CognitionCommunication & Community/CulturePotentials of CLIL in foreign languageactivities.Contents
  3. 3. 小学校外国語活動における課題指導内容・指導方法日本英語検定協会・英語教育研究センター (2012)『小学校の外国語活動に関する現状調査(小学校対象)調査結果報告』より
  4. 4. 小学校教諭の知識を活かし児童の年齢・興味に合う内容と思考活動を取り入れた外国語活動の実践をめざす「指導内容や活動については,児童の興味・関心にあったものとし国語科,音楽科,図画工作科などの他教科等で児童が学習したことを活用するなどの工夫により,指導の効果を高めるようにすること。」(文部科学省・外国語活動指導要領(2009)より)
  5. 5. CLILの「4つのC」(池田, 2011, p.5)Content内容Cognition思考Community(Culture)協学Communication言語
  6. 6. Communication (3つの言語)Language throughLearning(池田,2011, p.6)Language for learningLanguage of learning学習の言語学習のための言語 学習を通しての言語
  7. 7. Contents&Cognition
  8. 8. Science(東京都内公立小学校)Content Communication Cognition Community/Culture「理科・生命の誕生第1回目卵生・胎生の動物の分類を知る。第2回目卵生の動物について知る。第3回児童が調べてきた卵生の動物について知る。」[学習の言語]動 物 (frog, penguin,alligator, butterfly,dinosaur, snake, whale,kangaroo,Seahorseなど) ,場所 (ground, skyなど) の単語やWhat’s this? What arethese? Whose egg is this?Whose eggs are these?It lives in the ground. などの英語表現に慣れ親しむ。[学習のための言語]色,数に関する単語What animals do youlike? How do you say ~ in学習言語の暗記・理解。学習言語を使っての卵生と胎生の動物の区別を考える。分類卵生の動物の卵からその親を考える。推測学習言語を使用して班ごとに,卵生と胎生の生き物を分類する。学習言語を使用して班ごとに卵生の動物とその卵を一致させる。児童一人一人が卵生の動物について調べ学習を行い,クラス全員の前で発表する。生き物の学習を通じて人間を含めた世界に生きる生き物を知り,いのちのつながりに気づく。
  9. 9. Social studies & Moral Education(山口県公立小学校)Content Communication Cognition Community/Culture「社会科・食品の産地調べと日本の輸入の現状」「道徳・日本の飽食・海外留学生の驚き」学習の言語食品名,国名What’s this?It’s ~.,What are these?They are ~.,We eat (食品名) from (輸入国名). などの英語表現に慣れ親しむ。学習のための言語感情を表す英語表現など学習言語の理解・記憶。学習言語を使って自分の調べた食品と国名を取り入れて表現する。適用環境問題について日本にいる自分の現状と照らし合わせて考える。比較・検討産地調べについての発表と環境問題について考える個別の学び。自分の意見を英語で表現するために教師と対話を行う。環境問題についてグループ討論・クラスでの発表。
  10. 10. Communication&Community/Culture
  11. 11. Japanese & Social studies(長野県公立小学校)Content Communication Cognition Community/Culture「国語・詩・『朝のリレー』谷川俊太郎・作」と「社会科・世界の国々」[学習の言語]国名,What’s this? It’s ~. ,What are these?They are ~. ,Where is ~ (国名) ?Which country ~?[学習のための言語]色名,形名,数What color ~? など[学習を通しての言語]It’s hard.It’s very hard.学習言語の理解。学習言語を通して国旗を探す。実践・応用学習言語を通し国旗を探す。世界の国旗や国について知り,国旗や国の位置の確認など児童同士で学び合う。世界の国々の世界遺産や世界の人々の生活について知る。
  12. 12. Home Economics(埼玉県公立小学校)Content Communication Cognition Community/Culture「家庭科・調理実習( パ ン ケ ー キ 調理) 」を英語で行う。[学習の言語]食 材 名 (milk, eggs,flour, oilなど) ,器 具 名 (bowl, fryingpan, whiskなど) ,Put ~ (食材名) into thebowl. , Mix them withthe whisk. など,What do you want?I want~. を使った英語表現に慣れ親しむ。[学習のための言語]果 物 の 名 前 (banana,orangeなど)What’s this? It’s ~.[学習を通しての言語]One more, please.パンケーキ調理の際に必要な学習言語の暗記・理解。学習言語を使用しての調理実践・言語の適用。学習言語を使いながら,班ごとに協力してパンケーキを作成する。班ごとにパンケーキ作成を終了次第,指導者と英語でコミュニケーションをとり,好きなフルーツをもらって、そ れ ぞ れ の パ ンケーキ作成を完了する。ATLの国の食文化について知る。
  13. 13. (山野, 2013)児童の知的・思考レベルに考慮した体験的学習(Cognition)協同学習の質の向上と文化・国際理解の促進(Community/Culture)小学校教諭の教科に関する知識を活かした児童の興味にあう内容の充実(Content)多様な文脈の中で、外国語に慣れ親しみ、言語活動に対する意欲を高め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成(Communication)外国語活動におけるCLILの可能性
  14. 14. 1. CLILを取り入れた指導案・教材作成・生徒の年齢や興味にあった内容と言語をどのように結びつけるか。・教科内容を扱うことにより、学習者のレベルより高い語彙がでてくる場合、いかに理解可能なインプットを与えるか。(例:Authentic materials の使用など)・学習した内容と言語をいかした意味ある思考活動と協学の機会をどのように取り入れるか。2. 授業内における偶発的な言語やコミュニケーションに対する教員の前向きな姿勢外国語活動におけるCLILの課題
  15. 15. ScienceSocial StudiesMoral EducationJapaneseHome EconomicsBut we have more!本日のCLIL実践・取り入れた教科
  16. 16. 池田真(2011) 「CLILの基本原理」 渡部良典、池田真、和泉伸一共著 (2011) 『CLIL –内容言語統合型学習- 上智大学外国語教育の新たなる挑戦 第一巻』 . (p. 1- p. 13). 上智大学出版 笹島茂 編著 (2011). 『CLIL新しい発想の授業』. 三修社. 佐藤学 (2006). 『学校の挑戦―学びの共同体を創る』. 小学館. 霜田光一他(2008)『小学校理科・5年』 東京書籍 東京書籍 (2012)『新しい社会・5年 』. 東京書籍 日本英語検定協会・英語教育研究センター (2012)『小学校の外国語活動に関する現状調査(小学校対象)調査結果報告』 Retrieved fromhttp://www.eiken.or.jp/news/kyoukai/120518r01.html 光村図書編集部 (2010)『国語五年』. 光村図書 文部科学省(2010)『小学校外国語活動 指導要領』. 文部科学省 文部科学省(2012)『Hi, friends! 1』. 東京書籍 山野有紀(2013, in printing)「小学校外国語活動におけるCLIL(内容言語統合型学習)の実践と可能性」 『STEP BULLETIN 』. 25号参考文献
  17. 17. LOGOThank you for your kind attention!

×