SlideShare a Scribd company logo
1 of 9
Download to read offline
2012/02/01
Version 1.0       オープンクラウド・キャンパス



               Gitによるカーネルソース考古学
              「合言葉は blame-show-checkout!」




                             中井悦司
                        Twitter @enakai00
Linux Kernel Source Archaeology with Git


自己紹介
 中井悦司(なかいえつじ)
     – Twitter @enakai00

 日々の仕事
   – Senior Solution Architect
        and Cloud Evangelist at Red Hat K.K.
        企業システムでオープンソースの活用を希望される
        お客様を全力でご支援させていただきます。                   第3弾鋭意執筆中!

 昔とった杵柄
     – 素粒子論の研究(超弦理論とか)
     – 予備校講師(物理担当)
     – インフラエンジニア(Unix/Linux専門)




                                                       Open Cloud Campus
Linux Kernel Source Archaeology with Git


ソースコードを読むだけの簡単な・・・




                                           自主規制




                                                  Open Cloud Campus
Linux Kernel Source Archaeology with Git


いやまぢです。




                                           自主規制




                  fose2011.uwanolab.jp/FOSE2011_SourceCodeParadise.pdf



                                                                         Open Cloud Campus
Linux Kernel Source Archaeology with Git


「ソースコードを読む」という観点でgitを活用

 gitリポジトリには、すべての変更のコミットログが記録されており、

     – 「いつ誰が」「何のために」「どんな変更をしたのか」

  をすべて後から読み解くことができます。




        ハッシュ値                              ハッシュ値             ハッシュ値
        ソースコードの差分(diff)                    ソースコードの差分(diff)   ソースコードの差分(diff)
        コミットログ(コメント)                       コミットログ(コメント)      コミットログ(コメント)



        「何をするのか」はソースコードからわかりますが、
      「何をしたいのか」はコミットログをみないとわかりません。

                                                                       Open Cloud Campus
Linux Kernel Source Archaeology with Git


例
 カーネル起動メッセージを表示する部分のソースコード:

Jan 26 09:00:00 kakinoha kernel: Linux version 2.6.32-220.4.1.el6.x86_64
(mockbuild@x86-002.build.bos.redhat.com) (gcc version 4.4.6 20110731 (Red Hat
4.4.6-3) (GCC) ) #1 SMP Thu Jan 19 14:50:54 EST 2012



         1 /*
         2 * linux/init/version.c
         3 *
         4 * Copyright (C) 1992 Theodore Ts'o
         5 *
         6 * May be freely distributed as part of Linux.
         7 */                                                なぜ固定文字列でないと
         8                                                   いけないのか、分かりますか?
・・・
       40 /* FIXED STRINGS! Don't touch! */
       41 const char linux_banner[] =
       42         "Linux version " UTS_RELEASE " (" LINUX_COMPILE_BY "@"
       43         LINUX_COMPILE_HOST ") (" LINUX_COMPILER ") " UTS_VERSION "n";
       44
       45 const char linux_proc_banner[] =
       46         "%s version %s"
       47         " (" LINUX_COMPILE_BY "@" LINUX_COMPILE_HOST ")"
       48         " (" LINUX_COMPILER ") %sn";




                                                                                   Open Cloud Campus
Linux Kernel Source Archaeology with Git


例
 結論としては、Linusが書いたこのパッチ:
  – SLES9のmkinitrdは、カーネルバイナリに埋め込まれたカーネルバージョンの固定文字
        列を見ていた。
     – sprintfでフォーマットして表示するように変更したら、SLES9のmkinitrdが動かなく
       なった。orz
     commit 8993780a6e44fb4e7ed34e33458506a775356c6e
     Author: Linus Torvalds <torvalds@woody.osdl.org>
     Date:   Mon Dec 11 09:28:46 2006 -0800

           Make SLES9 "get_kernel_version" work on the kernel binary again

           As reported by Andy Whitcroft, at least the SLES9 initrd build process
           depends on getting the kernel version from the kernel binary. It does
           that by simply trawling the binary and looking for the signature of the
           "linux_banner" string (the string "Linux version " to be exact. Which
           is really broken in itself, but whatever..)

           That got broken when the string was changed to allow /proc/version to
           change the UTS release information dynamically, and "get_kernel_version"
           thus returned "%s" (see commit a2ee8649ba6d71416712e798276bf7c40b64e6e5:
           "[PATCH] Fix linux banner utsname information").

           This just restores "linux_banner" as a static string, which should fix
           the version finding. And /proc/version simply uses a different string.

           To avoid wasting even that miniscule amount of memory, the early boot
           string should really be marked __initdata, but that just causes the same
           bug in SLES9 to re-appear, since it will then find other occurrences of
           "Linux version " first.                                                    Open Cloud Campus
Linux Kernel Source Archaeology with Git


ライブコードリーディング with Git!



                      $ git blame init/version.c
                      $ git show c71551ad
                      $ git checkout c71551ad^

                      $ git blame init/version.c
                      $ git show 3eb3c740
                      $ git checkout 3eb3c740^

                      $ git blame fs/proc/proc_misc.c
                      $ git show 8993780a



                                                        Open Cloud Campus
オープンクラウド・キャンパス



  みなさんもGitで
  カーネルソースを
  楽しんでください




         中井悦司
    Twitter @enakai00

More Related Content

What's hot

5分でなんとなーくわかるDocker
5分でなんとなーくわかるDocker5分でなんとなーくわかるDocker
5分でなんとなーくわかるDockerYuta Ohashi
 
MenohにおけるC++実装 / C API / C++API
MenohにおけるC++実装 / C API / C++APIMenohにおけるC++実装 / C API / C++API
MenohにおけるC++実装 / C API / C++APIShintarou Okada
 
Docker on RHEL & Project Atomic 入門 - #Dockerjp 4
Docker on RHEL & Project Atomic 入門 - #Dockerjp 4Docker on RHEL & Project Atomic 入門 - #Dockerjp 4
Docker on RHEL & Project Atomic 入門 - #Dockerjp 4Emma Haruka Iwao
 
Dockerをすこーしさわってみる
DockerをすこーしさわってみるDockerをすこーしさわってみる
DockerをすこーしさわってみるYuta Ohashi
 
Linuxのユーザーランドをinitから全てまるごとgolangで書く
Linuxのユーザーランドをinitから全てまるごとgolangで書くLinuxのユーザーランドをinitから全てまるごとgolangで書く
Linuxのユーザーランドをinitから全てまるごとgolangで書くTetsuyuki Kobayashi
 
組み込みLinuxでのGolangのススメ
組み込みLinuxでのGolangのススメ組み込みLinuxでのGolangのススメ
組み込みLinuxでのGolangのススメTetsuyuki Kobayashi
 
VMwareユーザのためのdocker入門 ~Re:Virtualization Night #1~
VMwareユーザのためのdocker入門 ~Re:Virtualization Night #1~VMwareユーザのためのdocker入門 ~Re:Virtualization Night #1~
VMwareユーザのためのdocker入門 ~Re:Virtualization Night #1~Masaomi Kudo
 
root権限無しでKubernetesを動かす
root権限無しでKubernetesを動かす root権限無しでKubernetesを動かす
root権限無しでKubernetesを動かす Akihiro Suda
 
Debianのstart-stop-daemonがLXC対応じゃないのでいじってたら何故かkFreeBSDも触ることになった話
Debianのstart-stop-daemonがLXC対応じゃないのでいじってたら何故かkFreeBSDも触ることになった話Debianのstart-stop-daemonがLXC対応じゃないのでいじってたら何故かkFreeBSDも触ることになった話
Debianのstart-stop-daemonがLXC対応じゃないのでいじってたら何故かkFreeBSDも触ることになった話Genta Iha
 
[Docker Tokyo #35] Docker 20.10
[Docker Tokyo #35] Docker 20.10[Docker Tokyo #35] Docker 20.10
[Docker Tokyo #35] Docker 20.10Akihiro Suda
 
DockerでGUIアプリケーションを動かす
DockerでGUIアプリケーションを動かすDockerでGUIアプリケーションを動かす
DockerでGUIアプリケーションを動かすigjit
 
第一回コンテナ情報交換会@関西
第一回コンテナ情報交換会@関西第一回コンテナ情報交換会@関西
第一回コンテナ情報交換会@関西Masahide Yamamoto
 
[CNDT] 最近のDockerの新機能
[CNDT] 最近のDockerの新機能[CNDT] 最近のDockerの新機能
[CNDT] 最近のDockerの新機能Akihiro Suda
 
Docker入門~word press環境を作ってみる ハンズオン編 ver1.4~ pulic
Docker入門~word press環境を作ってみる ハンズオン編 ver1.4~ pulicDocker入門~word press環境を作ってみる ハンズオン編 ver1.4~ pulic
Docker入門~word press環境を作ってみる ハンズオン編 ver1.4~ puliccyberblack28 Ichikawa
 
pkgsrc とは何か? - よもやま話
pkgsrc とは何か? - よもやま話pkgsrc とは何か? - よもやま話
pkgsrc とは何か? - よもやま話Akio OBATA
 
「Dockerはいいぞ」 for Laboratory LT
「Dockerはいいぞ」 for Laboratory LT「Dockerはいいぞ」 for Laboratory LT
「Dockerはいいぞ」 for Laboratory LTShimpeiIwamaru
 
Using LXC on Production
Using LXC on ProductionUsing LXC on Production
Using LXC on ProductionIsao Shimizu
 
コマンドラインツールとしてのDocker
コマンドラインツールとしてのDockerコマンドラインツールとしてのDocker
コマンドラインツールとしてのDocker74th
 

What's hot (20)

Docker超入門
Docker超入門Docker超入門
Docker超入門
 
5分でなんとなーくわかるDocker
5分でなんとなーくわかるDocker5分でなんとなーくわかるDocker
5分でなんとなーくわかるDocker
 
MenohにおけるC++実装 / C API / C++API
MenohにおけるC++実装 / C API / C++APIMenohにおけるC++実装 / C API / C++API
MenohにおけるC++実装 / C API / C++API
 
Docker on RHEL & Project Atomic 入門 - #Dockerjp 4
Docker on RHEL & Project Atomic 入門 - #Dockerjp 4Docker on RHEL & Project Atomic 入門 - #Dockerjp 4
Docker on RHEL & Project Atomic 入門 - #Dockerjp 4
 
Dockerをすこーしさわってみる
DockerをすこーしさわってみるDockerをすこーしさわってみる
Dockerをすこーしさわってみる
 
Linux Namespaces
Linux NamespacesLinux Namespaces
Linux Namespaces
 
Linuxのユーザーランドをinitから全てまるごとgolangで書く
Linuxのユーザーランドをinitから全てまるごとgolangで書くLinuxのユーザーランドをinitから全てまるごとgolangで書く
Linuxのユーザーランドをinitから全てまるごとgolangで書く
 
組み込みLinuxでのGolangのススメ
組み込みLinuxでのGolangのススメ組み込みLinuxでのGolangのススメ
組み込みLinuxでのGolangのススメ
 
VMwareユーザのためのdocker入門 ~Re:Virtualization Night #1~
VMwareユーザのためのdocker入門 ~Re:Virtualization Night #1~VMwareユーザのためのdocker入門 ~Re:Virtualization Night #1~
VMwareユーザのためのdocker入門 ~Re:Virtualization Night #1~
 
root権限無しでKubernetesを動かす
root権限無しでKubernetesを動かす root権限無しでKubernetesを動かす
root権限無しでKubernetesを動かす
 
Debianのstart-stop-daemonがLXC対応じゃないのでいじってたら何故かkFreeBSDも触ることになった話
Debianのstart-stop-daemonがLXC対応じゃないのでいじってたら何故かkFreeBSDも触ることになった話Debianのstart-stop-daemonがLXC対応じゃないのでいじってたら何故かkFreeBSDも触ることになった話
Debianのstart-stop-daemonがLXC対応じゃないのでいじってたら何故かkFreeBSDも触ることになった話
 
[Docker Tokyo #35] Docker 20.10
[Docker Tokyo #35] Docker 20.10[Docker Tokyo #35] Docker 20.10
[Docker Tokyo #35] Docker 20.10
 
DockerでGUIアプリケーションを動かす
DockerでGUIアプリケーションを動かすDockerでGUIアプリケーションを動かす
DockerでGUIアプリケーションを動かす
 
第一回コンテナ情報交換会@関西
第一回コンテナ情報交換会@関西第一回コンテナ情報交換会@関西
第一回コンテナ情報交換会@関西
 
[CNDT] 最近のDockerの新機能
[CNDT] 最近のDockerの新機能[CNDT] 最近のDockerの新機能
[CNDT] 最近のDockerの新機能
 
Docker入門~word press環境を作ってみる ハンズオン編 ver1.4~ pulic
Docker入門~word press環境を作ってみる ハンズオン編 ver1.4~ pulicDocker入門~word press環境を作ってみる ハンズオン編 ver1.4~ pulic
Docker入門~word press環境を作ってみる ハンズオン編 ver1.4~ pulic
 
pkgsrc とは何か? - よもやま話
pkgsrc とは何か? - よもやま話pkgsrc とは何か? - よもやま話
pkgsrc とは何か? - よもやま話
 
「Dockerはいいぞ」 for Laboratory LT
「Dockerはいいぞ」 for Laboratory LT「Dockerはいいぞ」 for Laboratory LT
「Dockerはいいぞ」 for Laboratory LT
 
Using LXC on Production
Using LXC on ProductionUsing LXC on Production
Using LXC on Production
 
コマンドラインツールとしてのDocker
コマンドラインツールとしてのDockerコマンドラインツールとしてのDocker
コマンドラインツールとしてのDocker
 

Viewers also liked

インタークラウドを実現する技術 〜 デファクトスタンダードからの視点 〜
インタークラウドを実現する技術 〜 デファクトスタンダードからの視点 〜インタークラウドを実現する技術 〜 デファクトスタンダードからの視点 〜
インタークラウドを実現する技術 〜 デファクトスタンダードからの視点 〜Etsuji Nakai
 
10年効く分散ファイルシステム技術 GlusterFS & Red Hat Storage
10年効く分散ファイルシステム技術 GlusterFS & Red Hat Storage10年効く分散ファイルシステム技術 GlusterFS & Red Hat Storage
10年効く分散ファイルシステム技術 GlusterFS & Red Hat StorageEtsuji Nakai
 
A Brief History of My English Learning
A Brief History of My English LearningA Brief History of My English Learning
A Brief History of My English LearningEtsuji Nakai
 
TensorFlowで学ぶDQN
TensorFlowで学ぶDQNTensorFlowで学ぶDQN
TensorFlowで学ぶDQNEtsuji Nakai
 
Introducton to Convolutional Nerural Network with TensorFlow
Introducton to Convolutional Nerural Network with TensorFlowIntroducton to Convolutional Nerural Network with TensorFlow
Introducton to Convolutional Nerural Network with TensorFlowEtsuji Nakai
 

Viewers also liked (6)

インタークラウドを実現する技術 〜 デファクトスタンダードからの視点 〜
インタークラウドを実現する技術 〜 デファクトスタンダードからの視点 〜インタークラウドを実現する技術 〜 デファクトスタンダードからの視点 〜
インタークラウドを実現する技術 〜 デファクトスタンダードからの視点 〜
 
10年効く分散ファイルシステム技術 GlusterFS & Red Hat Storage
10年効く分散ファイルシステム技術 GlusterFS & Red Hat Storage10年効く分散ファイルシステム技術 GlusterFS & Red Hat Storage
10年効く分散ファイルシステム技術 GlusterFS & Red Hat Storage
 
A Brief History of My English Learning
A Brief History of My English LearningA Brief History of My English Learning
A Brief History of My English Learning
 
Life with jupyter
Life with jupyterLife with jupyter
Life with jupyter
 
TensorFlowで学ぶDQN
TensorFlowで学ぶDQNTensorFlowで学ぶDQN
TensorFlowで学ぶDQN
 
Introducton to Convolutional Nerural Network with TensorFlow
Introducton to Convolutional Nerural Network with TensorFlowIntroducton to Convolutional Nerural Network with TensorFlow
Introducton to Convolutional Nerural Network with TensorFlow
 

Similar to Linux kernelsourcearchaeologywithgit public_20120130

Dockerを支える技術
Dockerを支える技術Dockerを支える技術
Dockerを支える技術Etsuji Nakai
 
ソフトウェア工学2023 14 ビルド
ソフトウェア工学2023 14 ビルドソフトウェア工学2023 14 ビルド
ソフトウェア工学2023 14 ビルドToru Tamaki
 
Dockerだけではないコンテナのはなし
DockerだけではないコンテナのはなしDockerだけではないコンテナのはなし
DockerだけではないコンテナのはなしKatsunori Kanda
 
ラズパイ2で動く Docker PaaS
ラズパイ2で動く Docker PaaSラズパイ2で動く Docker PaaS
ラズパイ2で動く Docker PaaSnpsg
 
Dockerクイックツアー
DockerクイックツアーDockerクイックツアー
DockerクイックツアーEtsuji Nakai
 
Docker ComposeでMastodonが必要なものを梱包する話
Docker ComposeでMastodonが必要なものを梱包する話Docker ComposeでMastodonが必要なものを梱包する話
Docker ComposeでMastodonが必要なものを梱包する話Masahito Zembutsu
 
Kubernetes Meetup Tokyo #8 Self-hosted Kubernetes を調べてみた
Kubernetes Meetup Tokyo #8 Self-hosted Kubernetes を調べてみたKubernetes Meetup Tokyo #8 Self-hosted Kubernetes を調べてみた
Kubernetes Meetup Tokyo #8 Self-hosted Kubernetes を調べてみたAkihito Inoh
 
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討Masahito Zembutsu
 
Docker入門-基礎編 いまから始めるDocker管理【2nd Edition】
Docker入門-基礎編 いまから始めるDocker管理【2nd Edition】Docker入門-基礎編 いまから始めるDocker管理【2nd Edition】
Docker入門-基礎編 いまから始めるDocker管理【2nd Edition】Masahito Zembutsu
 
今だからこそ知りたい Docker Compose/Swarm 入門
今だからこそ知りたい Docker Compose/Swarm 入門今だからこそ知りたい Docker Compose/Swarm 入門
今だからこそ知りたい Docker Compose/Swarm 入門Masahito Zembutsu
 
JellyBeanのソースをとりあえず眺めてみた(手抜き)
JellyBeanのソースをとりあえず眺めてみた(手抜き)JellyBeanのソースをとりあえず眺めてみた(手抜き)
JellyBeanのソースをとりあえず眺めてみた(手抜き)l_b__
 
LibreOfficeをビルドしてみよう(Windows)
LibreOfficeをビルドしてみよう(Windows)LibreOfficeをビルドしてみよう(Windows)
LibreOfficeをビルドしてみよう(Windows)Masataka Kondo
 
CAMPHOR- day 2020 - Docker 超入門
CAMPHOR- day 2020 - Docker 超入門CAMPHOR- day 2020 - Docker 超入門
CAMPHOR- day 2020 - Docker 超入門KokiMakita1
 
【18-E-3】クラウド・ネイティブ時代の2016年だから始める Docker 基礎講座
【18-E-3】クラウド・ネイティブ時代の2016年だから始める Docker 基礎講座【18-E-3】クラウド・ネイティブ時代の2016年だから始める Docker 基礎講座
【18-E-3】クラウド・ネイティブ時代の2016年だから始める Docker 基礎講座Masahito Zembutsu
 
Debianで組み込み環境
Debianで組み込み環境Debianで組み込み環境
Debianで組み込み環境Youhei SASAKI
 
qemuのriscv64にDebianを入れてみた
qemuのriscv64にDebianを入れてみたqemuのriscv64にDebianを入れてみた
qemuのriscv64にDebianを入れてみたKazuhiro Nishiyama
 
最近良く聞く Kubernetes を体験してみた イントロ + 活用編
最近良く聞く Kubernetes を体験してみた イントロ + 活用編最近良く聞く Kubernetes を体験してみた イントロ + 活用編
最近良く聞く Kubernetes を体験してみた イントロ + 活用編Fuminobu Takeyama
 
使いこなせて安全なLinuxを目指して
使いこなせて安全なLinuxを目指して使いこなせて安全なLinuxを目指して
使いこなせて安全なLinuxを目指してToshiharu Harada, Ph.D
 
Introduction of Rancher at OSC Tokyo 17 Spring
Introduction of Rancher at OSC Tokyo 17 SpringIntroduction of Rancher at OSC Tokyo 17 Spring
Introduction of Rancher at OSC Tokyo 17 SpringGo Chiba
 
SELinux_Status_PoC_20170516
SELinux_Status_PoC_20170516SELinux_Status_PoC_20170516
SELinux_Status_PoC_20170516SecureOSS-Sig
 

Similar to Linux kernelsourcearchaeologywithgit public_20120130 (20)

Dockerを支える技術
Dockerを支える技術Dockerを支える技術
Dockerを支える技術
 
ソフトウェア工学2023 14 ビルド
ソフトウェア工学2023 14 ビルドソフトウェア工学2023 14 ビルド
ソフトウェア工学2023 14 ビルド
 
Dockerだけではないコンテナのはなし
DockerだけではないコンテナのはなしDockerだけではないコンテナのはなし
Dockerだけではないコンテナのはなし
 
ラズパイ2で動く Docker PaaS
ラズパイ2で動く Docker PaaSラズパイ2で動く Docker PaaS
ラズパイ2で動く Docker PaaS
 
Dockerクイックツアー
DockerクイックツアーDockerクイックツアー
Dockerクイックツアー
 
Docker ComposeでMastodonが必要なものを梱包する話
Docker ComposeでMastodonが必要なものを梱包する話Docker ComposeでMastodonが必要なものを梱包する話
Docker ComposeでMastodonが必要なものを梱包する話
 
Kubernetes Meetup Tokyo #8 Self-hosted Kubernetes を調べてみた
Kubernetes Meetup Tokyo #8 Self-hosted Kubernetes を調べてみたKubernetes Meetup Tokyo #8 Self-hosted Kubernetes を調べてみた
Kubernetes Meetup Tokyo #8 Self-hosted Kubernetes を調べてみた
 
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
 
Docker入門-基礎編 いまから始めるDocker管理【2nd Edition】
Docker入門-基礎編 いまから始めるDocker管理【2nd Edition】Docker入門-基礎編 いまから始めるDocker管理【2nd Edition】
Docker入門-基礎編 いまから始めるDocker管理【2nd Edition】
 
今だからこそ知りたい Docker Compose/Swarm 入門
今だからこそ知りたい Docker Compose/Swarm 入門今だからこそ知りたい Docker Compose/Swarm 入門
今だからこそ知りたい Docker Compose/Swarm 入門
 
JellyBeanのソースをとりあえず眺めてみた(手抜き)
JellyBeanのソースをとりあえず眺めてみた(手抜き)JellyBeanのソースをとりあえず眺めてみた(手抜き)
JellyBeanのソースをとりあえず眺めてみた(手抜き)
 
LibreOfficeをビルドしてみよう(Windows)
LibreOfficeをビルドしてみよう(Windows)LibreOfficeをビルドしてみよう(Windows)
LibreOfficeをビルドしてみよう(Windows)
 
CAMPHOR- day 2020 - Docker 超入門
CAMPHOR- day 2020 - Docker 超入門CAMPHOR- day 2020 - Docker 超入門
CAMPHOR- day 2020 - Docker 超入門
 
【18-E-3】クラウド・ネイティブ時代の2016年だから始める Docker 基礎講座
【18-E-3】クラウド・ネイティブ時代の2016年だから始める Docker 基礎講座【18-E-3】クラウド・ネイティブ時代の2016年だから始める Docker 基礎講座
【18-E-3】クラウド・ネイティブ時代の2016年だから始める Docker 基礎講座
 
Debianで組み込み環境
Debianで組み込み環境Debianで組み込み環境
Debianで組み込み環境
 
qemuのriscv64にDebianを入れてみた
qemuのriscv64にDebianを入れてみたqemuのriscv64にDebianを入れてみた
qemuのriscv64にDebianを入れてみた
 
最近良く聞く Kubernetes を体験してみた イントロ + 活用編
最近良く聞く Kubernetes を体験してみた イントロ + 活用編最近良く聞く Kubernetes を体験してみた イントロ + 活用編
最近良く聞く Kubernetes を体験してみた イントロ + 活用編
 
使いこなせて安全なLinuxを目指して
使いこなせて安全なLinuxを目指して使いこなせて安全なLinuxを目指して
使いこなせて安全なLinuxを目指して
 
Introduction of Rancher at OSC Tokyo 17 Spring
Introduction of Rancher at OSC Tokyo 17 SpringIntroduction of Rancher at OSC Tokyo 17 Spring
Introduction of Rancher at OSC Tokyo 17 Spring
 
SELinux_Status_PoC_20170516
SELinux_Status_PoC_20170516SELinux_Status_PoC_20170516
SELinux_Status_PoC_20170516
 

More from Etsuji Nakai

「ITエンジニアリングの本質」を考える
「ITエンジニアリングの本質」を考える「ITエンジニアリングの本質」を考える
「ITエンジニアリングの本質」を考えるEtsuji Nakai
 
Googleのインフラ技術に見る基盤標準化とDevOpsの真実
Googleのインフラ技術に見る基盤標準化とDevOpsの真実Googleのインフラ技術に見る基盤標準化とDevOpsの真実
Googleのインフラ技術に見る基盤標準化とDevOpsの真実Etsuji Nakai
 
Googleにおける機械学習の活用とクラウドサービス
Googleにおける機械学習の活用とクラウドサービスGoogleにおける機械学習の活用とクラウドサービス
Googleにおける機械学習の活用とクラウドサービスEtsuji Nakai
 
Spannerに関する技術メモ
Spannerに関する技術メモSpannerに関する技術メモ
Spannerに関する技術メモEtsuji Nakai
 
Googleのインフラ技術から考える理想のDevOps
Googleのインフラ技術から考える理想のDevOpsGoogleのインフラ技術から考える理想のDevOps
Googleのインフラ技術から考える理想のDevOpsEtsuji Nakai
 
TensorFlowプログラミングと分類アルゴリズムの基礎
TensorFlowプログラミングと分類アルゴリズムの基礎TensorFlowプログラミングと分類アルゴリズムの基礎
TensorFlowプログラミングと分類アルゴリズムの基礎Etsuji Nakai
 
TensorFlowによるニューラルネットワーク入門
TensorFlowによるニューラルネットワーク入門TensorFlowによるニューラルネットワーク入門
TensorFlowによるニューラルネットワーク入門Etsuji Nakai
 
Using Kubernetes on Google Container Engine
Using Kubernetes on Google Container EngineUsing Kubernetes on Google Container Engine
Using Kubernetes on Google Container EngineEtsuji Nakai
 
Lecture note on PRML 8.2
Lecture note on PRML 8.2Lecture note on PRML 8.2
Lecture note on PRML 8.2Etsuji Nakai
 
Machine Learning Basics for Web Application Developers
Machine Learning Basics for Web Application DevelopersMachine Learning Basics for Web Application Developers
Machine Learning Basics for Web Application DevelopersEtsuji Nakai
 
Your first TensorFlow programming with Jupyter
Your first TensorFlow programming with JupyterYour first TensorFlow programming with Jupyter
Your first TensorFlow programming with JupyterEtsuji Nakai
 
Deep Q-Network for beginners
Deep Q-Network for beginnersDeep Q-Network for beginners
Deep Q-Network for beginnersEtsuji Nakai
 
DevOpsにおける組織に固有の事情を どのように整理するべきか
DevOpsにおける組織に固有の事情を どのように整理するべきかDevOpsにおける組織に固有の事情を どのように整理するべきか
DevOpsにおける組織に固有の事情を どのように整理するべきかEtsuji Nakai
 
Exploring the Philosophy behind Docker/Kubernetes/OpenShift
Exploring the Philosophy behind Docker/Kubernetes/OpenShiftExploring the Philosophy behind Docker/Kubernetes/OpenShift
Exploring the Philosophy behind Docker/Kubernetes/OpenShiftEtsuji Nakai
 
「TensorFlow Tutorialの数学的背景」 クイックツアー(パート1)
「TensorFlow Tutorialの数学的背景」 クイックツアー(パート1)「TensorFlow Tutorialの数学的背景」 クイックツアー(パート1)
「TensorFlow Tutorialの数学的背景」 クイックツアー(パート1)Etsuji Nakai
 
Docker活用パターンの整理 ― どう組み合わせるのが正解?!
Docker活用パターンの整理 ― どう組み合わせるのが正解?!Docker活用パターンの整理 ― どう組み合わせるのが正解?!
Docker活用パターンの整理 ― どう組み合わせるのが正解?!Etsuji Nakai
 
Open Shift v3 主要機能と内部構造のご紹介
Open Shift v3 主要機能と内部構造のご紹介Open Shift v3 主要機能と内部構造のご紹介
Open Shift v3 主要機能と内部構造のご紹介Etsuji Nakai
 
分散ストレージソフトウェアCeph・アーキテクチャー概要
分散ストレージソフトウェアCeph・アーキテクチャー概要分散ストレージソフトウェアCeph・アーキテクチャー概要
分散ストレージソフトウェアCeph・アーキテクチャー概要Etsuji Nakai
 

More from Etsuji Nakai (20)

PRML11.2-11.3
PRML11.2-11.3PRML11.2-11.3
PRML11.2-11.3
 
「ITエンジニアリングの本質」を考える
「ITエンジニアリングの本質」を考える「ITエンジニアリングの本質」を考える
「ITエンジニアリングの本質」を考える
 
Googleのインフラ技術に見る基盤標準化とDevOpsの真実
Googleのインフラ技術に見る基盤標準化とDevOpsの真実Googleのインフラ技術に見る基盤標準化とDevOpsの真実
Googleのインフラ技術に見る基盤標準化とDevOpsの真実
 
Googleにおける機械学習の活用とクラウドサービス
Googleにおける機械学習の活用とクラウドサービスGoogleにおける機械学習の活用とクラウドサービス
Googleにおける機械学習の活用とクラウドサービス
 
Spannerに関する技術メモ
Spannerに関する技術メモSpannerに関する技術メモ
Spannerに関する技術メモ
 
Googleのインフラ技術から考える理想のDevOps
Googleのインフラ技術から考える理想のDevOpsGoogleのインフラ技術から考える理想のDevOps
Googleのインフラ技術から考える理想のDevOps
 
TensorFlowプログラミングと分類アルゴリズムの基礎
TensorFlowプログラミングと分類アルゴリズムの基礎TensorFlowプログラミングと分類アルゴリズムの基礎
TensorFlowプログラミングと分類アルゴリズムの基礎
 
TensorFlowによるニューラルネットワーク入門
TensorFlowによるニューラルネットワーク入門TensorFlowによるニューラルネットワーク入門
TensorFlowによるニューラルネットワーク入門
 
Using Kubernetes on Google Container Engine
Using Kubernetes on Google Container EngineUsing Kubernetes on Google Container Engine
Using Kubernetes on Google Container Engine
 
Lecture note on PRML 8.2
Lecture note on PRML 8.2Lecture note on PRML 8.2
Lecture note on PRML 8.2
 
Machine Learning Basics for Web Application Developers
Machine Learning Basics for Web Application DevelopersMachine Learning Basics for Web Application Developers
Machine Learning Basics for Web Application Developers
 
Your first TensorFlow programming with Jupyter
Your first TensorFlow programming with JupyterYour first TensorFlow programming with Jupyter
Your first TensorFlow programming with Jupyter
 
Deep Q-Network for beginners
Deep Q-Network for beginnersDeep Q-Network for beginners
Deep Q-Network for beginners
 
DevOpsにおける組織に固有の事情を どのように整理するべきか
DevOpsにおける組織に固有の事情を どのように整理するべきかDevOpsにおける組織に固有の事情を どのように整理するべきか
DevOpsにおける組織に固有の事情を どのように整理するべきか
 
PRML7.2
PRML7.2PRML7.2
PRML7.2
 
Exploring the Philosophy behind Docker/Kubernetes/OpenShift
Exploring the Philosophy behind Docker/Kubernetes/OpenShiftExploring the Philosophy behind Docker/Kubernetes/OpenShift
Exploring the Philosophy behind Docker/Kubernetes/OpenShift
 
「TensorFlow Tutorialの数学的背景」 クイックツアー(パート1)
「TensorFlow Tutorialの数学的背景」 クイックツアー(パート1)「TensorFlow Tutorialの数学的背景」 クイックツアー(パート1)
「TensorFlow Tutorialの数学的背景」 クイックツアー(パート1)
 
Docker活用パターンの整理 ― どう組み合わせるのが正解?!
Docker活用パターンの整理 ― どう組み合わせるのが正解?!Docker活用パターンの整理 ― どう組み合わせるのが正解?!
Docker活用パターンの整理 ― どう組み合わせるのが正解?!
 
Open Shift v3 主要機能と内部構造のご紹介
Open Shift v3 主要機能と内部構造のご紹介Open Shift v3 主要機能と内部構造のご紹介
Open Shift v3 主要機能と内部構造のご紹介
 
分散ストレージソフトウェアCeph・アーキテクチャー概要
分散ストレージソフトウェアCeph・アーキテクチャー概要分散ストレージソフトウェアCeph・アーキテクチャー概要
分散ストレージソフトウェアCeph・アーキテクチャー概要
 

Linux kernelsourcearchaeologywithgit public_20120130

  • 1. 2012/02/01 Version 1.0 オープンクラウド・キャンパス Gitによるカーネルソース考古学 「合言葉は blame-show-checkout!」 中井悦司 Twitter @enakai00
  • 2. Linux Kernel Source Archaeology with Git 自己紹介  中井悦司(なかいえつじ) – Twitter @enakai00  日々の仕事 – Senior Solution Architect and Cloud Evangelist at Red Hat K.K. 企業システムでオープンソースの活用を希望される お客様を全力でご支援させていただきます。 第3弾鋭意執筆中!  昔とった杵柄 – 素粒子論の研究(超弦理論とか) – 予備校講師(物理担当) – インフラエンジニア(Unix/Linux専門) Open Cloud Campus
  • 3. Linux Kernel Source Archaeology with Git ソースコードを読むだけの簡単な・・・ 自主規制 Open Cloud Campus
  • 4. Linux Kernel Source Archaeology with Git いやまぢです。 自主規制 fose2011.uwanolab.jp/FOSE2011_SourceCodeParadise.pdf Open Cloud Campus
  • 5. Linux Kernel Source Archaeology with Git 「ソースコードを読む」という観点でgitを活用  gitリポジトリには、すべての変更のコミットログが記録されており、 – 「いつ誰が」「何のために」「どんな変更をしたのか」 をすべて後から読み解くことができます。 ハッシュ値 ハッシュ値 ハッシュ値 ソースコードの差分(diff) ソースコードの差分(diff) ソースコードの差分(diff) コミットログ(コメント) コミットログ(コメント) コミットログ(コメント) 「何をするのか」はソースコードからわかりますが、 「何をしたいのか」はコミットログをみないとわかりません。 Open Cloud Campus
  • 6. Linux Kernel Source Archaeology with Git 例  カーネル起動メッセージを表示する部分のソースコード: Jan 26 09:00:00 kakinoha kernel: Linux version 2.6.32-220.4.1.el6.x86_64 (mockbuild@x86-002.build.bos.redhat.com) (gcc version 4.4.6 20110731 (Red Hat 4.4.6-3) (GCC) ) #1 SMP Thu Jan 19 14:50:54 EST 2012 1 /* 2 * linux/init/version.c 3 * 4 * Copyright (C) 1992 Theodore Ts'o 5 * 6 * May be freely distributed as part of Linux. 7 */ なぜ固定文字列でないと 8 いけないのか、分かりますか? ・・・ 40 /* FIXED STRINGS! Don't touch! */ 41 const char linux_banner[] = 42 "Linux version " UTS_RELEASE " (" LINUX_COMPILE_BY "@" 43 LINUX_COMPILE_HOST ") (" LINUX_COMPILER ") " UTS_VERSION "n"; 44 45 const char linux_proc_banner[] = 46 "%s version %s" 47 " (" LINUX_COMPILE_BY "@" LINUX_COMPILE_HOST ")" 48 " (" LINUX_COMPILER ") %sn"; Open Cloud Campus
  • 7. Linux Kernel Source Archaeology with Git 例  結論としては、Linusが書いたこのパッチ: – SLES9のmkinitrdは、カーネルバイナリに埋め込まれたカーネルバージョンの固定文字 列を見ていた。 – sprintfでフォーマットして表示するように変更したら、SLES9のmkinitrdが動かなく なった。orz commit 8993780a6e44fb4e7ed34e33458506a775356c6e Author: Linus Torvalds <torvalds@woody.osdl.org> Date: Mon Dec 11 09:28:46 2006 -0800 Make SLES9 "get_kernel_version" work on the kernel binary again As reported by Andy Whitcroft, at least the SLES9 initrd build process depends on getting the kernel version from the kernel binary. It does that by simply trawling the binary and looking for the signature of the "linux_banner" string (the string "Linux version " to be exact. Which is really broken in itself, but whatever..) That got broken when the string was changed to allow /proc/version to change the UTS release information dynamically, and "get_kernel_version" thus returned "%s" (see commit a2ee8649ba6d71416712e798276bf7c40b64e6e5: "[PATCH] Fix linux banner utsname information"). This just restores "linux_banner" as a static string, which should fix the version finding. And /proc/version simply uses a different string. To avoid wasting even that miniscule amount of memory, the early boot string should really be marked __initdata, but that just causes the same bug in SLES9 to re-appear, since it will then find other occurrences of "Linux version " first. Open Cloud Campus
  • 8. Linux Kernel Source Archaeology with Git ライブコードリーディング with Git! $ git blame init/version.c $ git show c71551ad $ git checkout c71551ad^ $ git blame init/version.c $ git show 3eb3c740 $ git checkout 3eb3c740^ $ git blame fs/proc/proc_misc.c $ git show 8993780a Open Cloud Campus
  • 9. オープンクラウド・キャンパス みなさんもGitで カーネルソースを 楽しんでください 中井悦司 Twitter @enakai00