Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
● Usage 1 - Resampler と wavtool 両方で機能する
ために、MoresamplerにおけるCache(合成時の
歌声ファイル中間出力先)の使い方はほかの
ResamplerとWavtoolはある程度異なる。よってこ
...
Usage 1 - UTAU の設定
こちらのオプションをオ
フしてください。
(通常はオフなので大
体の場合は特にいじ
る必要がありません)
オプション→レンダリング
Usage 1 - UTAU の設定
このオプションを有効
してください
(デフォルト有効となっ
てますので通常は
いじらなくでいいは
ず)
オプション→キャッシュ
Usage 1 – ファイルをコピーする
● そしてMoresamplerのアーカイブのすべてのファイルを置けたい場
所に解凍してください。
● Moresampler.exeとmoreconfig.txtは同じフォルダーに置く必要が
あります...
Usage 1 – プロジェクト設定
● そろそろ終わります。最後はプロジェクトの中にMoresamplerを
Resamplerとwavtoolとして使うことを指定してください。
Usage 1 – プロジェクト設定
● もしPresampを使う場合、Preditをこう設定してくだ
さい。
Usage 2
● Moresamplerと他のwavtoolと連携を取るため、
Moresamplerのこれらの設定をオフする必要あり
ます。(sampling rateは44100Hzより低くするな
ど)
● moreconfig.txtを...
調整の仕方
● 合成品質を高めるため、Moresamplerは多数の設定をmoreconfig.
txtに用意した。注意を払えば調整によってよい合成品質が得られま
す。
● 主は三種類に分かれる
− Output Settings(出力
− S...
設定の各所属
● Moresamplerは変数式合成器であり、こういう流れで処理を行いま
す。
Read .wav
Analysis
(wave to
LLSM)
LLSM Parameter
Modification
Synthesis
(L...
Output Settings(出力設定)
● 出力WAVのフォーマットを設定する
○ 文法はoutput-sampling-rate <frequency>
○ Hz付けない
● 例: output-sampling-rate 44100
●...
Output Settings(出力設定)
● output-bit-depth 8/16/24/32
● 出力の量子化精度。
8/16/24/32に出来ます。
● 例: output-bit-depth 24
● 24bit推奨
● 他のWA...
Output Settings(出力設定)
● resampler-compatibility on/off
● Resamplerモードで合成時WAVは出力する(on)か
否か(off)
● 例:resampler-compatibility...
Synthesis Settings(合成設定)
● これらの設定はMoresamplerはどのように歌声を調整することを影
響します。
● synthesis-utau-style-normalization full/voiced/off
...
Synthesis Settings(合成設定)
● synthesis-utau-style-normalization(続き)
● この項目は 以降のオプションがあります:full/voiced/off
− full - 声部分とノイズ部分...
Synthesis Settings(合成設定)
● synthesis-utau-style-normalization (続き)
● このオプション(UTAU式ノーマライズ)のもう一つの問題を引き起こ
すのが、ラウンドネスより増幅量の絶対値...
Synthesis Settings(合成設定)
● synthesis-loudness-preservation on/off
● 前述の不整合性を解決するために、このオプションを導入しました。
● Hynek Hermansky教授の等当...
Synthesis Settings(合成設定)
● synthesis-duration-extension-method
auto/stretch/loop
このオプションはMoresamplerがどのように原音の伸縮部を処理する
方式を設...
Synthesis Settings(合成設定)
● synthesis-duration-extension-method (続き)
ループ: 重複するパターンが見えます(時々見えつらいが)
Synthesis Settings(合成設定)
● synthesis-duration-extension-method (続き)
伸縮: パターンはないけれど時々伸縮部がぼけてしまう
Synthesis Settings(合成設定)
● synthesis-duration-extension-method (続き)
Auto:
原音の長さを見てループもしくは伸縮式を自動選択する
(大抵の場合そんなに変わらない)
原音の発声...
Analysis Settings(分析設定)
● 分析は初回実行だけ行います。
毎回新しいWAV使う場合Moresamplerはそれを
LLSMへ変換し増し。ただその分析結果の(良さ悪
さ)によって出力結果が変わることが予想できる。
● 再分...
Analysis Settings(分析設定)
● load-frq on/strict/off
場合によってMoresamplerは音高分析失敗するので、このオプション
によって(frq存在する場合)それを基ついて音高予測を行います。
onに...
Analysis Settings(分析設定)
● load-frq on/strict/off
このオプションはonとstrictにすることをオススメしません。
Moresamplerがまったく分析がうまく行かない場合だけにしてくださ
い。(...
Analysis Settings(分析設定)
● analysis-biased-f0-estimation on/off
もしMoresamplerの出力が粗い場合はこのオプショ
ンを試してください。
テスト機能でありますが、特定のノイジー...
Analysis Settings(分析設定)
● analysis-f0-min <frequency>
● analysis-f0-max <frequency>
( 'Hz' 書かない。例 analysis-f0-max 800 )
● ...
Analysis Settings(分析設定)
● analysis-noise-reduction on/off
● 有効すると、分析時自動的ノイズキャンセリング機能
が働く
● 原音の頭に長い無音段階がある場合が有効
● 波形エディターより...
Analysis Settings(分析設定)
● analysis-noise-reduction (続き)
例:
Q&A
● Moresamplerは他のresamplerと連携できますか?
○ 出来ません。
WavtoolモードにおいてMoresamplerは独自の変数式言語合成
フォーマット(.llsm)だけ処理可能のため、WAVは処理できませ
ん。
...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Moresampler 0.2.0 の使い方

935 views

Published on

Moresampler 0.2.0 のリリースに当たって、大幅に増えた設定ファイル項目などを解説。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Moresampler 0.2.0 の使い方

  1. 1. ● Usage 1 - Resampler と wavtool 両方で機能する ために、MoresamplerにおけるCache(合成時の 歌声ファイル中間出力先)の使い方はほかの ResamplerとWavtoolはある程度異なる。よってこ こには一部のUTAU設定を変更する必要が生む。 ● Usage 2 -もしMoresamplerをResamplerとしてだ け使う場合は、他のResamplerと同じ使い方で大 丈夫です。Moresampler.exeとmoreconfig.txtは 同じフォルダーにあることだけ確認してください。 Moresampler - 使い方
  2. 2. Usage 1 - UTAU の設定 こちらのオプションをオ フしてください。 (通常はオフなので大 体の場合は特にいじ る必要がありません) オプション→レンダリング
  3. 3. Usage 1 - UTAU の設定 このオプションを有効 してください (デフォルト有効となっ てますので通常は いじらなくでいいは ず) オプション→キャッシュ
  4. 4. Usage 1 – ファイルをコピーする ● そしてMoresamplerのアーカイブのすべてのファイルを置けたい場 所に解凍してください。 ● Moresampler.exeとmoreconfig.txtは同じフォルダーに置く必要が あります。 ● このデモではUTAUのインストールフォルダーに置きました。
  5. 5. Usage 1 – プロジェクト設定 ● そろそろ終わります。最後はプロジェクトの中にMoresamplerを Resamplerとwavtoolとして使うことを指定してください。
  6. 6. Usage 1 – プロジェクト設定 ● もしPresampを使う場合、Preditをこう設定してくだ さい。
  7. 7. Usage 2 ● Moresamplerと他のwavtoolと連携を取るため、 Moresamplerのこれらの設定をオフする必要あり ます。(sampling rateは44100Hzより低くするな ど) ● moreconfig.txtを編集: # === Output settings === output-sampling-rate 44100 output-bit-depth 16 resampler-compatibility on
  8. 8. 調整の仕方 ● 合成品質を高めるため、Moresamplerは多数の設定をmoreconfig. txtに用意した。注意を払えば調整によってよい合成品質が得られま す。 ● 主は三種類に分かれる − Output Settings(出力 − Synthesis Settings(合成) − Analysis Settings(分析) ● 「可能性の獣を解き放て!」
  9. 9. 設定の各所属 ● Moresamplerは変数式合成器であり、こういう流れで処理を行いま す。 Read .wav Analysis (wave to LLSM) LLSM Parameter Modification Synthesis (LLSM to wave) Write .wav Analysis Settings Synthesis SettingsOutput Settings
  10. 10. Output Settings(出力設定) ● 出力WAVのフォーマットを設定する ○ 文法はoutput-sampling-rate <frequency> ○ Hz付けない ● 例: output-sampling-rate 44100 ● 上下限などあらずどんな正整数でも可能です(例えば通常は使わな い「12345」とか) ● サンプリングレートを原音に合わせる必要はございません。 (100Hzより低い設定できないようですが) ● 他のWAVTOOLに連携する場合、44100に設定してください。
  11. 11. Output Settings(出力設定) ● output-bit-depth 8/16/24/32 ● 出力の量子化精度。 8/16/24/32に出来ます。 ● 例: output-bit-depth 24 ● 24bit推奨 ● 他のWAVTOOLに連携する場合、16に設定してくださ い。
  12. 12. Output Settings(出力設定) ● resampler-compatibility on/off ● Resamplerモードで合成時WAVは出力する(on)か 否か(off) ● 例:resampler-compatibility on ● Usage 2の使い方において、ONしてください。 ● Usage 1の使い方において、オフすると時間節約 出来て品質は影響しません。
  13. 13. Synthesis Settings(合成設定) ● これらの設定はMoresamplerはどのように歌声を調整することを影 響します。 ● synthesis-utau-style-normalization full/voiced/off プロジェクト中の各セクトの声の増幅量を一致するために、今まで各 Resamplerはピッチ調整後、ボリュームを特定値(デフォルトは 100%、最大値の50%)に合わせてリニア調整をしました。 50%
  14. 14. Synthesis Settings(合成設定) ● synthesis-utau-style-normalization(続き) ● この項目は 以降のオプションがあります:full/voiced/off − full - 声部分とノイズ部分を同時にノーマライズ − voiced - 声部分だけ調整 − off - ノーマライゼーション ● (UTAUの仕様によって)このオプションはオリジナル音声の声量比 例を変更するのため、録音するときで保留したい特徴(囁き声など) はいじられてしまう。意図的オフする場合がございます。 ● 原音の音量自体特に整合性をとってない場合はFULLに設定してく ださい(通常UTAU通り合わせる想定となります)
  15. 15. Synthesis Settings(合成設定) ● synthesis-utau-style-normalization (続き) ● このオプション(UTAU式ノーマライズ)のもう一つの問題を引き起こ すのが、ラウンドネスより増幅量の絶対値(ピーク)だけを考慮する こと。 ● 絶対値だけを考慮すると、人間の聴覚が予期する(=声の強さ/弱さ はどう聞こえるか=ラウンドネス)と不整合性が出てしまう。
  16. 16. Synthesis Settings(合成設定) ● synthesis-loudness-preservation on/off ● 前述の不整合性を解決するために、このオプションを導入しました。 ● Hynek Hermansky教授の等当量ラウンドネス曲線[1]に合わせて、 音声ピーチ編集する以前で(原音に対して)音量を補正します。 ● このオプションをUTAU式ノーマライズに合わせて使用することも可 能。(音量整合とってないライブラリーは両方オンしてください) [1] H. Hermansky, "Perceptual linear predictive (PLP) analysis of speech", J. Acoust. Soc. Am., vol. 87, no. 4, pp. 1738-1752, Apr. 1990.
  17. 17. Synthesis Settings(合成設定) ● synthesis-duration-extension-method auto/stretch/loop このオプションはMoresamplerがどのように原音の伸縮部を処理する 方式を設定します。 以降伸長をする場合を例にします
  18. 18. Synthesis Settings(合成設定) ● synthesis-duration-extension-method (続き) ループ: 重複するパターンが見えます(時々見えつらいが)
  19. 19. Synthesis Settings(合成設定) ● synthesis-duration-extension-method (続き) 伸縮: パターンはないけれど時々伸縮部がぼけてしまう
  20. 20. Synthesis Settings(合成設定) ● synthesis-duration-extension-method (続き) Auto: 原音の長さを見てループもしくは伸縮式を自動選択する (大抵の場合そんなに変わらない) 原音の発声が短促の場合、明示的伸縮にすることを オススメします。
  21. 21. Analysis Settings(分析設定) ● 分析は初回実行だけ行います。 毎回新しいWAV使う場合Moresamplerはそれを LLSMへ変換し増し。ただその分析結果の(良さ悪 さ)によって出力結果が変わることが予想できる。 ● 再分析したい場合は原音フォルダーの特定.llsm ファイルを削除することでMoresamplerは再分析を 行います。
  22. 22. Analysis Settings(分析設定) ● load-frq on/strict/off 場合によってMoresamplerは音高分析失敗するので、このオプション によって(frq存在する場合)それを基ついて音高予測を行います。 onに設定する場合、自前予測が清音、frqは濁音のときfrqの内容を信 頼する。 strictに設定する場合、Moresamplerは自前の音高抽出をスキップして frqの内容を強制使用する。
  23. 23. Analysis Settings(分析設定) ● load-frq on/strict/off このオプションはonとstrictにすることをオススメしません。 Moresamplerがまったく分析がうまく行かない場合だけにしてくださ い。(そして作者にご連絡お願いします) *:これは現状の分析アルゴリズムは正確な清音、濁音の判断するこ とを強く依存してますが、現存のfrq編集ツールはそれをご提供で きませんゆえ。
  24. 24. Analysis Settings(分析設定) ● analysis-biased-f0-estimation on/off もしMoresamplerの出力が粗い場合はこのオプショ ンを試してください。 テスト機能でありますが、特定のノイジー、粗い音声 には有効になる場合があります。
  25. 25. Analysis Settings(分析設定) ● analysis-f0-min <frequency> ● analysis-f0-max <frequency> ( 'Hz' 書かない。例 analysis-f0-max 800 ) ● 音高分析の上下限を設定する。 ● デフォルト値は相当広く設定してます。録音した原 音の基本周波数に合わせて設定すると、予測エ ラーを抑えることが出来ます。
  26. 26. Analysis Settings(分析設定) ● analysis-noise-reduction on/off ● 有効すると、分析時自動的ノイズキャンセリング機能 が働く ● 原音の頭に長い無音段階がある場合が有効 ● 波形エディターより、Moresamplerのノイズキャンセリ ング機能を使用する利点は、通常のノイズ低減方式よ り原音に対する音質低下が少ない。
  27. 27. Analysis Settings(分析設定) ● analysis-noise-reduction (続き) 例:
  28. 28. Q&A ● Moresamplerは他のresamplerと連携できますか? ○ 出来ません。 WavtoolモードにおいてMoresamplerは独自の変数式言語合成 フォーマット(.llsm)だけ処理可能のため、WAVは処理できませ ん。 ○ 今後Moresamplerを他のWAVTOOLへwav出力は引き続き可 能です。

×