Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
日本のIT企業、ベンチャー、M&A
~課題と行方~
激変する世界のビジネス環境
5つの脅威に対抗するべく
「6つの感性」を磨く
イノベーションのジレンマとの戦い
人材の時価評価・処遇
学生のエリートコースはベンチャー
人生多毛作
5つの脅威
豊かさ、The Wordl is flat
アジア、I...
日本企業の蹉跌の原因
左脳重視、改良重視
イノベーションのジレンマから抜け出られない
終身雇用制
学生のエリートコースは、相変わらず大企業と官僚
ソフトウェア会社の課題
多重請負と人材派遣業
低リスク、低利益に甘んじるマネジメント層の怠慢
ソフトウェア会社の技術レベルの低さ
最新技術知識の不足
プロマネ、ビジネスアナリスト、アーキテクト不足
顧客企業の無能(業務知識、ITリテラシイー)
...
ソフトウェア会社の課題
データは語る
ソフトウェア会社の課題
現状 VS 目指すべき姿
1. 既存企業の自己破壊とM&A
終身雇用制廃止へ踏み出し、海外の人材を活用
M&Aを活用して、ピラミッド構造から脱却
規模を稼いで体力をつける
R&Dへの投資
プライマリー中心の仕事
技術、尖がった人材を入手
新しい分野の製品、サービス、顧客...
1. 技術、プラットフォームのベンチャーが少ない
2. グローバルに勝負できるほど成長しない
A. マインドセットの問題
リスクをとらない
内向き
技術を磨かない
プロとしてのグローバル
スタンダードを知らない
B. エコシステムの欠落
人材の...
全体動向
数はそこそこだが、額は小さい
買収目的のレベルの低さ
数を買う、顧客を買う
異質な頭脳や文化は買わない
買収側の問題
純資産偏重とのれん償却
Post M&Aマネジメント能力
「買った方が偉い」の傲慢
非買収側の問題
高い時に売らず、...
日本のM&Aの実績
件数
金額
日米のベンチャー買収金額
買収の目的
M&Aの企業価値評価法
PV = SUM (CF (1 / (1 + r) ) + V (1 / (1 + r) )
PV: 現在価値
CF: 経済的利益(キャッシュフロー)
r: 割引率(資本コスト)
t: 期間 (1 - n)
V : 第n...
失われた25年を15年で取り戻す
自己破壊それとも、ベンチャー?
Risk Taker にのみ開かれた可能性
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

日本のIT企業 高木さん

791 views

Published on

私のスライドではありません。高校の先輩のスライドをとりあえず、ココに入れています。

  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Be the first to like this

日本のIT企業 高木さん

  1. 1. 日本のIT企業、ベンチャー、M&A ~課題と行方~
  2. 2. 激変する世界のビジネス環境 5つの脅威に対抗するべく 「6つの感性」を磨く イノベーションのジレンマとの戦い 人材の時価評価・処遇 学生のエリートコースはベンチャー 人生多毛作 5つの脅威 豊かさ、The Wordl is flat アジア、IT化、Dog Year 6つの感性
  3. 3. 日本企業の蹉跌の原因 左脳重視、改良重視 イノベーションのジレンマから抜け出られない 終身雇用制 学生のエリートコースは、相変わらず大企業と官僚
  4. 4. ソフトウェア会社の課題 多重請負と人材派遣業 低リスク、低利益に甘んじるマネジメント層の怠慢 ソフトウェア会社の技術レベルの低さ 最新技術知識の不足 プロマネ、ビジネスアナリスト、アーキテクト不足 顧客企業の無能(業務知識、ITリテラシイー) すなわち、 開発途上国でないと成立しない産業構造に留まっている
  5. 5. ソフトウェア会社の課題 データは語る
  6. 6. ソフトウェア会社の課題 現状 VS 目指すべき姿
  7. 7. 1. 既存企業の自己破壊とM&A 終身雇用制廃止へ踏み出し、海外の人材を活用 M&Aを活用して、ピラミッド構造から脱却 規模を稼いで体力をつける R&Dへの投資 プライマリー中心の仕事 技術、尖がった人材を入手 新しい分野の製品、サービス、顧客の入手 2. ベンチャーとして、真っ白なキャンバスで再出発 解決への道筋 いずれも容易ではない
  8. 8. 1. 技術、プラットフォームのベンチャーが少ない 2. グローバルに勝負できるほど成長しない A. マインドセットの問題 リスクをとらない 内向き 技術を磨かない プロとしてのグローバル スタンダードを知らない B. エコシステムの欠落 人材の非流動性 大学教育のレベルの低さ 少ないエンジェル VCの非力 経営もビジネスも技術も素人 ポケットが浅い 素人相場の新興市場 政府の金の無駄使い ベンチャーの2つの課題
  9. 9. 全体動向 数はそこそこだが、額は小さい 買収目的のレベルの低さ 数を買う、顧客を買う 異質な頭脳や文化は買わない 買収側の問題 純資産偏重とのれん償却 Post M&Aマネジメント能力 「買った方が偉い」の傲慢 非買収側の問題 高い時に売らず、安くなって売りたがる 「お山の大将」への未練で、株主、社員、顧客を道連れ 若いベンチャーには、合理的な社長も ボトルネックは、40歳代以上の創業者、特に老害 IT会社のM&A OR
  10. 10. 日本のM&Aの実績 件数 金額
  11. 11. 日米のベンチャー買収金額
  12. 12. 買収の目的
  13. 13. M&Aの企業価値評価法 PV = SUM (CF (1 / (1 + r) ) + V (1 / (1 + r) ) PV: 現在価値 CF: 経済的利益(キャッシュフロー) r: 割引率(資本コスト) t: 期間 (1 - n) V : 第n期末における 残存価値(Terminal Value) t t n n n PV = 時価純資産 + CF x (3~5) PV = Multiple x 対象財務数値 ex:PV = 類似公開会社のPER x 純利益 Discounted Cash Flow (DCF) 年買法 類似会社比較法 非流動性ディスカウント コントロール・プレミアム 買収プレミアム 調整項
  14. 14. 失われた25年を15年で取り戻す 自己破壊それとも、ベンチャー? Risk Taker にのみ開かれた可能性

×