Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

APL紹介

1,757 views

Published on

2017/08/19
JSDT2017 日本デジタル教科書学会
第6回年次大会(東京大会)@青山学院

Published in: Internet

APL紹介

  1. 1. 電子書籍(EPUB)の 標準化動向 Advanced Publishing Lab. 2017.08.19 イースト株式会社 下川 和男 shimokawa@est.co.jp
  2. 2. 2 Advanced Publishing Lab.(APL) 寄付講座 Advanced Publishing Lab. 日本電子出版協会 慶應義塾大学 講談社 小学館 集英社 KADOKAWA 出版デジタル機構 EPUB 3,3.1,4.0WG アクセシビリティWG 日本語組版WG etc. 寄 付 協 力 村井純教授ほか 2017年6月 慶應大学SFC研究所と出版大手4社が提携 概要、ニュース
  3. 3. 2011年1月 ブラウザで日本語組版 (C) 2012-17 EAST Co.,Ltd. K.Shimokawa 3 EPUB
  4. 4. •Open Type Font •MP3 Audio •H.264 Video?? • …etc. EPUB: HTMLと表裏一体 (C) 2012-17 EAST Co.,Ltd. K.Shimokawa •HTML5 • SMIL • SVG •CSS3 • Math ML EPUB 3 .epub(=.zip) <Text> HTML <Styles> CSS <Images> ・・・ W3C IDPF サービス vs プロダクツ スクロール vs 改頁(リフロー) EPUB 4
  5. 5. フォーマットはすべてEPUB 3 (C) 2012-17 EAST Co.,Ltd. K.Shimokawa 入稿 コンテンツと配信ビジネスの分離 電書協EPUB 3 制作ガイド 様々な電子書店が対応 EPUB 5
  6. 6. HTML5はプラットフォーム  Tim Berners Lee(URL、HTTP、HTML)、 Jeff Jaffe(CEO) ↓2017.03@慶應  HTML5はデバイスを越え、OSを跨ぐ 2012.06@フジテレビ 6 EPUB (C) 2012-17 EAST Co.,Ltd. K.Shimokawa
  7. 7.  EPUBは電子出版の国際標準規格(ISO 30135)  Amazonも出版社や個人からの入稿に活用  デジタル教科書のフォーマットとしても、欧米で活用  しかし、日本では「教科書のレイアウトが複雑」  InDesign(DTP)を使い倒したような美しいレイアウト  HTML5をベースとしたEPUBでは表現できない  拡大教科書や読上げ用で、教科書出版社がEPUBを採用  東大AccessReadingとイーストWordTalker  本来は「教科書のレイアウトをシンブルにすべき」 7 デジタル教科書とEPUB
  8. 8.  2017年2月1日 EPUBの推進団体 IDPFが、W3Cとの統合を発表  IDPFとして、EPUB 3以降の仕様 策定は無理 ⇒ W3Cの仕事  この動きに呼応し、大手出版社とW3C東アジア担当の慶應大学 SFC研究所が提携  寄付講座+日本での仕様策定を推進  出版社内の技術者育成  O‘Reilly、Wiley、Pearson、Hachette、・・・ W3Cで社員が活躍 8 なぜ? APL
  9. 9.  EPUB WG 金井剛志リーダー  SONY BBeB、EPUB 2、EPUB 3策定メンバー  IDPFよりW3Cに移管された電子書籍標準規格のEPUB 3.0/3.0.1 について、日本国内での利用、保守管理、研究を担う。さらに今 後の電子書籍企画の標準化について、国内の様々な業界から の意見集約を行い、これを国際的な標準化活動の中で海外に 向けて発信していく。  本WGメンバーは、継続的に行われるW3CのTV会議に参加し、 必要に応じて国外で行われるF2Fミーティングに参加する。 9 EPUB WG
  10. 10.  Accessibility WG 村田真リーダー  EPUB 3国際化(i17n)責任者、XML 1.0策定メンバー、工学博士  障害者差別解消法(2016年4月施行)の精神に則ったデジタル 技術の活用によるアクセシビリティの研究を行う。とくに、W3C およびISO/IEC JTC1における標準化、EPUBをアクセシブルにす るためのガイドライン制定を目指す。 10 Accessibility(a11y) WG
  11. 11.  JLreq(日本語組版の要件) WG 小林龍生リーダー  Jlreq策定メンバー、元Unicode.org理事、文字情報技術促進協議会会長  EPUB 3策定にあたって大きな影響を与えたJLreq(Requirements for Japanese Text Layout)を電子化における優先順位の観点で記述し直 す。JLreqの個々の要件が、どういう理由で何のために成立したかを活 版印刷以前の和本の伝統にまで遡って検証し(日本語書記技術の機 能論的検討)、これによってW3CでのCSS、EPUBの規格に日本語組版 要件を適切に反映させることを目指し、次いで電子書籍制作、閲覧、 Webブラウザー等への実装を促進する。  W3Cへの提言には、中国、台湾、韓国のエキスパートとも連携し、 CJKreq(Requirements for CJK Text Layout)といったWorking Group Noteの形式とする。  また、日本語書記技術の機能論的検討の 成果は、『日本語書記技術 論集』(仮題)として論文集の形態で出版することも目指す。 11 日本語組版の要件(Jlreq) WG
  12. 12.  LCP(コンテンツ保護) WG 三瓶徹リーダー  元日立研究所、工学博士 EDRLabと連携  商用DRMは利用者の利便性を損なうだけではなく、出版する側 にとってのデメリットも大きいという指摘がある。商用DRMに代わ る方法として、「DRMのないEPUBをそのまま配布する」、「オープ ンなDRMであるLCPを用いたEPUBを配布する」、「ストリーミング によって閲覧させEPUBは配布しない」という三つの選択肢がある。  このWGでは、オープンなDRMであるLCP(Licensed Content Protection)の欧米・韓国での動向を調査し、その国際標準化動 向を把握する。目的は商用DRMに代わる方法が必要になったと き、その選択肢をどのようにして採用するかの判断材料を提供 することである。 12 コンテンツ保護(LCP) WG

×