Mebic Creative Business Forum 2013

1,661 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,661
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
18
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Mebic Creative Business Forum 2013

  1. 1. クリエイティブビジネスフォーラムスマートフォン&タブレット アプリビジネスの今後を読むSmartiumEGAWA Androidの現状と可能性SessionSmartium 株式会社 / 江川 崇
  2. 2. 江川 崇 EGAWA Takashi twitter: @t_egg Google+: t.egawa@gmail.com● Smartium株式会社(http://smartiums.com)代表取締役● Google API Expert(https://developers.google.com/experts/)● ㈱カトマック・情報技術開発㈱・㈱トップゲート 技術顧問● Androidプログラミング 改訂2版● IMoNi、L10N
  3. 3. Google Android プログラミング入門 改訂2版● 江川崇、神原健一、山田暁通● 佐藤徹郎、郷田まり子 共著● 定 価 3,570円(本体3,400円)● 発売日 2012年8月31日● 形 態 B5変(448ページ)● ISBN 978-4-04-886068-0● アスキー・メディアワークス● 達人出版会からPDF版もあり● サンプルを全て詰めたアプリアリマス● https://play.google.com/store/apps/details&id=ip.asciimw.androidbooks
  4. 4. 【宣伝】Remote TestKit● カトマックが提供するAndroid用 リモートテスト環境● 必要な端末を必要な時間だけ借りて リモートでテスト● ADBが繋がる● PCから画面の操作も可能● http://appkitbox.com/testkit
  5. 5. 私が本日お話しすること● 比較的iOS系の方が多いとお聞きしていましたので、 ● 現在iOSに取り組んでいて、今後Androidへの取り組みを考 えていたりAndroidのことが気になっているデベロッパーの 方に向けて、 ● あるいは ● Androidがクソだと思っている ● iOS以外はゴミみたいなものだと思っている ● などの理由でiOSしかやらないと堅く誓っているデベロッ パーの方に向けて、 ● Androidを取り巻く現状についてiOSとの関連性を織り交ぜ ながらお話しします。
  6. 6. 私が本日お話しすること● Androidに既に取り組んでいる方にも、現状の理解とし て役立つ内容になるよう配慮したつもりです。● Androidをやらない人も意味のある内容です。きっと。● デベロッパーではない方も理解できます。プログラミン グの話はしませんので、技術的な話に御興味がある方は 交流会で声をかけて下さい。● Agenda● モバイルデバイスの状況● アプリマーケットの状況● 現状の振り返り、今後について
  7. 7. モバイルデバイスの状況
  8. 8. 全世界のモバイルデバイスOS別販売台数 4Q2011(Source: Gartner)● 世界のスマフォ購入者 Android iOS Research In Motion Bada が4人いたとしたら... Symbian Microsoft ●2人はAndroid Others 4Q2011 ●1人はiOS ●1人はそれ以外 12% 1% 2% 2% 9% 51% 24%
  9. 9. 全世界のモバイルデバイスOS別販売台数 3Q2012(Source: Gartner)● 世界のスマフォ購入者 Android iOS Research In Motion Bada が4人いたとしたら... Symbian Microsoft ●3人はAndroid Others 3Q2012 ●1人はAndroid以外 3%0% 3% 2% 5% 14% 72%
  10. 10. 全世界のモバイルデバイスOS別販売台数(Source: Gartner) Android iOS Research In Motion Bada Symbian Microsoft Others 4Q2011 3Q2012 12% 1% 2% 3%0% 3% 2% 5% 2% 9% 14% 51% 24% 72%
  11. 11. 国毎のユーザー成長率● Android          ( Google I/O 2012 Keynoteより) ● 200 - 300%:   日本、フランスなど ● 500 % 超 :   ブラジル、インド、タイ、インドネシア など● iOS                 (distimo より) ● 100%超:   ロシア、中国、台湾など ● 500 % 超 :   日本
  12. 12. 全世界のモバイルデバイスメーカー別販売台数(Source: Gartner) Samsung Nokia Apple ZTE LG Others 2011 3Q2012 18% 23% 45% 45% 24% 19% 5%3%5% 3% 6% 4%
  13. 13. NokiaをSamsungが上回る2011年までは長年Nokiaが1位であったが、●2012年ついにSamsungが超えた Androidの約4割はSamsung製のデバイスだ ● と言われている ●Badaも少ないが着実に伸びている●Appleも堅実にシェアを確保している
  14. 14. 【参考】iOSのデバイスのバリエーション source:wikipedia iPhoneiPod Touch iPad※ + iPad mini, Apple TV ...
  15. 15. 【参考】AndroidのデバイスのバリエーションAndroid 1.5以降をサポートしているAPKの例●(2013.2.13時点で、2500デバイス)
  16. 16. 【まとめ】●Android ●デバイスの種類・数共に大量 ●シェアはSamsungが大きく占める ●主に新興国のユーザーの増加が顕著●iOS ●洗練された機種で堅実にシェアを確保 ●日本など、所謂先進国のユーザーが多い
  17. 17. アプリマーケットの状況
  18. 18. 無料ソフトダウンロードシェア 2012.5月時点(Source : distimo)● Google Playでのダウン 1 ロード数はApp Store 100% (iPhone)を上回る 0.75 82% 0.5● 上位アプリの1日あたり 平均ダウンロード数 0.25 20%● iPhone : 400万以上 0 10% 2%● Android : 500万以上 Google Play AppStore (iPhone) AppStore (iPad) Amazon Windows
  19. 19. 上位アプリ売上シェア 2012.5月時点(Source : distimo )● Google Playでの上位 1 アプリの売上規模は、 100% iPhoneの3割程度 0.75 64% 0.5 0.25 29% 0 0% 0% Google Play AppStore (iPhone) AppStore (iPad) Amazon Windows
  20. 20. アプリマーケットシェア●Google PlayとApp Storeが独占している。無料アプリのダウンロード数では、Google Play●は、App Store ( iPhone + iPad)と拮抗状態。現時点ではGoogle Playが超えている見込み。アプリの売上は、App Storeが他の追随を許さ●ない。Google Playはあまり売れない。
  21. 21. 【考察】売上シェアの差異の理由iOSデバイスは所得が高い裕福なユーザーが利用●する傾向にあり、アプリの購入割合も高いAndroidデバイスの多くは新興国で安価に売られ●ているGoogle Play は、最近まで月額課金ができな●かった(現在は対応)
  22. 22. では、iOSだけでいいのか? Google Playが儲からないなら、iOSだけでいい?● Google Playの売上は、絶対数としては少ないもの の、伸び率は一年間で300%超 (App Storeは13%)● 日本の売上額は世界1位(日本:29%、米国:24%) Source: appannieiOSに比べるとまだ少ないものの、伸びている世界的に見ても、日本のAndroidユーザーはお金を ●払っている
  23. 23. では、日本だけでいいのか? 日本(やアメリカ)だけ見ておけばいいか?● App Store無料アプリダウンロード数は2倍以上に増加 ● ただし、米国のシェアが年々減少しており、 中国が2位の シェアを獲得、次いで日本が続く。● App Store有料アプリダウンロード数は15%の増加に留まる ● トップアプリの売上は伸びているものの、全体での平均販売 価格は16%減少しており、売上-5%となる Source: distimo人気アプリにならなければ買ってもらえないが、人気アプリになるためには所得の低い国からもユーザーを獲得 ●しなければ厳しくなりつつあるというジレンマ
  24. 24. 【参考】あるWEBサイトのアクセス状況 ※兵庫県の産婦人科のサイト Windows Android iOS 90 81% 67.5 45 37% 34% 33% 31% 32% 22.5 25% 9% 0 2% 2011年前半 2012年中頃 現在(2013年1月)
  25. 25. 【考察】日本のWEBサイトアクセス数WEBサイトのアクセス数は、利用者数と深い相●関があるため、利用者数の参考情報と見做せる。世界を対象にせずに日本のみで商売するから●Androidは関係ないとは言えない。日本(関西)でも、Windowsだけ、iOSだけ、Androidだけ、という観点では救えないケースが既に発生している。 女性が利用するサイトほど、この傾向が顕著に ● 現れているように思える ex.) エステサロン
  26. 26. 現状の振り返り、今後について
  27. 27. 【考察】現状の振り返り● 全世界的には ● ユーザー数が多いのはAndroid ● お金を払ってくれる人が多いのはiOS● ただし... ● Google Playの売上成長率はiOSの30倍であり市場としては魅力有 ● App Storeに出したとしても、上位の人気アプリにならない限り、 アプリあたりの売上単価は下がりつつある ● Play, AppStore共に中国やアジア圏のユーザーが伸びつつある。特 にApp Storeは日米の市場シェアの現象は顕著になりつつある。● 日本でも、関西でも ● 業態によっては、Androidのユーザー数はiOSに匹敵する
  28. 28. 【考察】今後について● マルチプラットフォーム ● (日本のみで商売する場合でも)「どれに」取り組むか、ではな く「どれも」取り組むことが必要な時代 派閥は無い、優先順位がある。 ● ● マルチプラットフォーム対応の仕組みの利用 ● CPUに依存しないLLVMの利用 ● OpenGL ESの利用● マルチランゲージ ● 日本語の外に大きな市場がある (日本の売上は、Play: 29% / App Store: 14%) ● 今後増えるであろうユーザーも日本語は使えない
  29. 29. 【考察】今後について● マルチデバイス ● 利用シーンの異なる様々なデバイスへの対応 ● ユーザーはスマフォよりもタブレットにお金を払う傾向にある ● 画面が大きければ価値も大きい ● Androidは多種多様なデバイスに対応する為のノウハウや仕組 みが蓄積されていて、Androidデベロッパーはその登竜門を必 ずくぐっている。iOS開発でも利用できる考え方は数多く存在す る。● マルチカントリー ● ダウンロード数を活かしたマネタイズ ● 新興国のシェアを活用するならユーザーから直接対価をもらう モデルは厳しい(広告、リワード .etc)
  30. 30. 【考察】今後について● バウンダリデバイス ● フロントエンドとしてのデバイス数を増やし、バックエンドサー ビスとの相乗効果による課金など ● プラットフォーム毎の栄枯盛衰に縛られにくい ● また、特にAndroidはGoogle Serviceとの親和性が高く、 Google製バックエンドとの連携が容易な側面有り ● Google アカウントを軸にした、App Engine、Storage、 Plus、Driveとの連携など
  31. 31. 【考察】今後について● スペシャライズドデバイス ● 特定用途や限定された環境に特化したデバイス、またはアプリ ● 特にAndroidの場合、多種多様なデバイスが世に出ている ● 例) ● USBホスト機能があり様々なUSB機器と繋がる ● Wi-Fi、Bluetooth ● 常駐するアプリやホーム画面の書き換えも容易、自由度が高い ● 特定の用途、あるいは特定の組み合わせに特化して着実に。
  32. 32. ご清聴ありがとうございました 江川 崇  EGAWA Takashi

×