when browsers disapper

899 views

Published on

Mozilla 勉強会@東京 3rd で渡邊恵太さんに「ブラウザはいつなくなるのか? 〜生活に溶けゆく Web ブラウザの将来〜」というタイトルで講演していただいたスライドです。
https://dev.mozilla.jp/events/workshop04/
オリジナルのスライドでは動画やアニメーションが多数含まれていましたものが SlideShare ではご覧になれませんがご容赦ください。

Published in: Technology, Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
899
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
12
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

when browsers disapper

  1. 1. ブラウザはいつなくなるのか? ∼生活に溶け込むWebブラウザの将来∼ Mozilla勉強会@東京 3rd 2010年5月15日 TKP東京丸の内会議室 渡邊 恵太 慶應義塾大学SFC研究所2010年5月21日金曜日
  2. 2. ブラウザはいつなくなるのか? ∼生活に溶け込むWebブラウザの将来∼ Mozilla勉強会@東京 3rd 2010年5月15日 TKP東京丸の内会議室 渡邊 恵太 慶應義塾大学SFC研究所2010年5月21日金曜日
  3. 3. 「ブラウザってこれからどうなるの?」 慶應SFC OPEN RESEARCH FORUM 2009にて。2010年5月21日金曜日
  4. 4. ブラウザ戦争2010年5月21日金曜日
  5. 5. 自己紹介 • 渡邊恵太 • 博士(政策・メディア) • JST ERATO 五十嵐デザインインタフェースプロジェクト • 慶應義塾大学 SFC研究所 • インタフェースの勉強するために、 慶應SFCの安村研究室に行く。2010年5月21日金曜日
  6. 6. JST ERATO 五十嵐デザインインタフェースプロジェクト • ロボットの行動をどう指示するか?2010年5月21日金曜日
  7. 7. iPhoneにしたら ブラウザをあまり使わなくなった2010年5月21日金曜日
  8. 8. データ+専用のクライアントの使いやすさ 背景 WebAPIの充実2010年5月21日金曜日
  9. 9. ブラウザー作るのはやめた Adobe 2009 • Adobe AIR FlashPlayer, AIR はWebのプロトタイプとして興味深い2010年5月21日金曜日
  10. 10. Gmailは実は使いにくい?2010年5月21日金曜日
  11. 11. 生活視点、家電、Web API2010年5月21日金曜日
  12. 12. CASTOVEN キャストオーブン 待ち時間が楽しくなる未来の電子レンジ YouTubeの動画をあたため時間ぴったり に再生する電子レンジ。待ち時間を利用 し、生活の流れの中でコンテンツを消費 できる生活を実現する。2010年5月21日金曜日
  13. 13. 2010年5月21日金曜日
  14. 14. CastOven のデモ DEMO2010年5月21日金曜日
  15. 15. 2010年5月21日金曜日
  16. 16. しくみ2010年5月21日金曜日
  17. 17. 2010年5月21日金曜日
  18. 18. 2010年5月21日金曜日
  19. 19. 2010年5月21日金曜日
  20. 20. コンセプト2010年5月21日金曜日
  21. 21. 2010年5月21日金曜日
  22. 22. 2010年5月21日金曜日
  23. 23. 2010年5月21日金曜日
  24. 24. 2010年5月21日金曜日
  25. 25. 2010年5月21日金曜日
  26. 26. 2010年5月21日金曜日
  27. 27. 2010年5月21日金曜日
  28. 28. 時間の使いにくさ2010年5月21日金曜日
  29. 29. 2010年5月21日金曜日
  30. 30. 2010年5月21日金曜日
  31. 31. 2010年5月21日金曜日
  32. 32. 2010年5月21日金曜日
  33. 33. 私たちの生活にコンテンツが合わせてくれる世界2010年5月21日金曜日
  34. 34. 私たちの生活にコンテンツが合わせてくれる世界 生活の流れの中でコンテンツを消費する2010年5月21日金曜日
  35. 35. 私たちの生活にコンテンツが合わせてくれる世界 生活の流れの中でコンテンツを消費する2010年5月21日金曜日
  36. 36. 2010年5月21日金曜日
  37. 37. 2010年5月21日金曜日
  38. 38. 2010年5月21日金曜日
  39. 39. 背景 • 現在Googleの把握しているURLは1兆を超える。 • その一方で、人がWebにアクセスする手法がPCか ケータイにほぼ限られており、有益な情報発見の機会 を損失している。 • 家庭へのブロードバンドの普及率は推定60%となって いるが、実際の利用は1∼3時間が最多で、ネットは時 間としては85%も利用されていない*1。 (*1:ネット接続可能な21.9時間のうち)2010年5月21日金曜日
  40. 40. インターネットは本当の魅力、性能を 引き出せているのか?2010年5月21日金曜日
  41. 41. 常時接続ブロードバンドであるにもかかわらず、 現状はデバイスも時間も限定されている。 ケータイ PC インターネットTV デジタル写真立て 人は能動的に使わなければ、その恩恵を受けら れない。電源ONにしなければ、価値がない2010年5月21日金曜日
  42. 42. 常時接続が活きていない2010年5月21日金曜日
  43. 43. インターネットは本質的に常時接続で、コンピューターとコン ピューターでどんなコミュニケーションができるかというところ から設計が始まっている。ブロードバンド以前のインターネット は電話線網の仮設。 慶應義塾大学環境情報学部教授 http://www.watch.impress.co.jp/broadband/etc/soukan/ 村井 純2010年5月21日金曜日
  44. 44. インターネットはこんなもんじゃない。 検索エンジンは掘削エンジン 地中の情報を掘り出している2010年5月21日金曜日
  45. 45. Webを地上へ 膨大なWebの情報と接する機会をつくる。 掘削ではなく、「Webの地上化」 つまりWebをもっと日常化する2010年5月21日金曜日
  46. 46. ブラウザはあちら側の世界の入り口?2010年5月21日金曜日
  47. 47. ブラウザはあちらの世界の出口でしょ? 独自の世界 2003卒論より2010年5月21日金曜日
  48. 48. Memorium 2002 すきま時間を利用したアプリケーション • ユーザの興味と近いWeb上にある情報に日常生活の 中で接する機会を提供するシステム • すきま時間を利用した「新しい情報のと出会い方」            → 偶然性を積極的に利用 弱いキーワードから意外な展開 google x 知覚 = 自分のブログ 形容詞同士の組み合わせ2010年5月21日金曜日
  49. 49. Memoriumの背景 • 常時接続時代。 • 常時ONになる。 • 時間的浸透を狙ったモノ(対ユビキタス) • スクリーン、CPU,ネットワークをフル活 用する • 眺めるインタフェース • 生活のすき間時間を活用する 水を飲みに行く、トイレ、休憩、2010年5月21日金曜日
  50. 50. Feed-tv • Webをテレビのように眺める • 増井さん •2010年5月21日金曜日
  51. 51. わずか半年で売り上げ4.5倍増、 急成長するデジタルフォトフレーム フィルムカメラ時代は、とりあえず現像・プリントし、簡易アルバムに入れて楽しんだものだ。デジタル時代の今、プリントして楽しむ人は少数派なのではないだろうか。と はいえ、撮りっぱなしではもったいない。 デジカメの画像はPCのモニタでも表示することはできるが、身近なところに置いて日常的に楽しむというニー ズには応えられない。そこで注目されているのがデジタルフォトフレームだ。「これからは液晶サイズも大きくなり、高画素数・高精細のモデルが増えていくと思う。これ が求めやすい価格になってくれば、さらに需要が高まるだろう」(同)。市場の拡大基調はしばらく続きそうだ。(BCN・山下彰子) http://bcnranking.jp/news/0806/080625_11071.html2010年5月21日金曜日
  52. 52. ブラウザの根本的な疑問 • ブラウザって道具なのか? • ビューワー? • 意外とリンク面倒じゃないか? • ハイパーテキストを超えられないか? • クリックなしにWebを楽しむには?2010年5月21日金曜日
  53. 53. 生活に溶け込むブラウザのために • 情報の出口としての設計を考える。 • パソコンを前提にしない。 • 音だけのブラウザ • ミドルウェア的な存在 • センサとの連携2010年5月21日金曜日
  54. 54. 注目させないこと。2010年5月21日金曜日
  55. 55. シングルインタラクション パラレルインタラクション できるだけ拘束し 互いに、遠慮しても 利便性を提供したい うまく生活に入り込ませたい 配慮・遠慮→時間配分 システム利用に伴う副作用(ノーマン) 複数のシステムに渡るメタな 時間が奪われる→時間が使いにくい 設計視点として時間2010年5月21日金曜日
  56. 56. ほしいもの2010年5月21日金曜日
  57. 57. 手軽に ブラウザで得られる情報とデバイス融合させたい2010年5月21日金曜日
  58. 58. こういうの簡単に作りたい。2010年5月21日金曜日
  59. 59. PCが必要2010年5月21日金曜日
  60. 60. PCが必要2010年5月21日金曜日
  61. 61. 簡単にブラウザを組み込みたい 時計のように組み込みたい2010年5月21日金曜日
  62. 62. 2010年5月21日金曜日
  63. 63. 議論 • Webがなくなることはない。 • Webの情報はより増加する。 • ユーザ体験として、図書館の蔵書検索とあま り代わらない。 • 生活シーンとWebの新しい関係を築くため の、Webブラウザのあり方は。テ • たとえば、テレビのブラウザは?2010年5月21日金曜日
  64. 64. 100kw 渡邊恵太2010年5月21日金曜日

×