エンジニア生存戦略

5,272 views

Published on

2012/09/15 @寺子屋ギーク

Published in: Career
0 Comments
20 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,272
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,290
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
20
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • \n
  • 2006年、梅田望夫。元はてなの役員。\n羽生善治さんの言葉が載っている.。\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • ・新しい概念が出た後は、ベンチャービジネスが活性化する\n
  • ・次に何が来るか\n・チャンスをどうつかむか\n
  • こんなことはとても言えない時代となっている\n
  • 環境変化にスピードを持って対応していかないと、あっという間に危機に陥る\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • croudworks吉田浩一郎\nhappyelements新井もとき\nサマソニ\n\n
  • \n
  • \n
  • Mitchell Baker (Mozilla Foundationのプレジデント) and ジョナサン (元CTO of Sun)\n2005年 日本で盛り上がる前夜でのイベント\n\n
  • テクノロジーと概念の図\nたくさんのベンチャーが生まれた\n
  • このとき、たくさんのベンチャーが生まれた\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • ビジネスモデルは広告しかなかった\n
  • ビジネスモデルは広告しかなかった\n
  • \n
  • \n
  • 奇跡のように運が良いサービスだけ\n
  • 儲からないことに気づかれた\n\n
  • \n
  • \n
  • プラットフォーム=ソーシャル\n
  • 煩わしい仕事がなくなった\n
  • \n
  • プラットフォーム=ソーシャル\n
  • スタートアップやベンチャー問わずに、サービスにおけるセンスが高く、一人で企画から開発・リリースできる人間\nどんな能力かというと\n
  • の両方を持っているエンジニアが求められている\n組み合わせの力\n
  • \n
  • スピード感が失われる\n
  • スピード感が失われる\n
  • スピード感が失われる\n
  • 結局いざとなったときに。\nクラウドのサービスは、先端じゃない。\nメジャになったときにサービスになる。\n
  • 経験豊富で狭く深い知識があるエンジニアがどの時代にもニーズ高い\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • 表面をなぞるだけでなく、実務で使う\nOSSコミュニティで活躍する\n\n
  • 2本目の専門と広い知識を付ける\nたとえばゲーム、心理学、UI、UX\nクリエイタとして活躍する\n\n
  • たぶん分かるでしょう?\nただし、高速道路に乗り、乗り続けることは必ずやる必要があります\n\n\n
  • ヘンタイの説明をします\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n\n\n
  • 追いつくために必死なイメージがあるので\n\n\n
  • \n\n\n
  • \n\n\n
  • ・普通の人\n・賢いひと\n・ただのヘンタイ\n\n\n
  • ・ハッカーの精神\n
  • でありつづけることを目指しています。\n今のフェーズ\n\n\n
  • \n\n
  • まとめます\n
  • \n
  • 期待を超える!\n
  • エンジニア生存戦略

    1. 1. エンジニア生存戦略 ∼知的ヘンタイが世界を変える∼ @寺子屋ギーク© DRECOM
    2. 2. 羽生善治氏の言葉—— ITとネットの進化によって将棋の世界に起きた最大の変化は、将棋が強くなるための高速道路が一気に敷かれたということです。でも高速道路を走り抜けた先では大渋滞が起きています。
    3. 3. 高速道路とは、棋界の最高峰とぶつかり稽古できる環境までがネット上に整備されていることを指す。そして、その高速道路に乗って将棋の勉強に没頭しさえすれば、昔に比べて圧倒的に早いスピードで、かなりのレベルまで強くなることができるようになった。そこが将棋の世界で起きている一番大きな変化なのだ。
    4. 4. 情報を重視した最も効率の良い、しかし同質の勉強の仕方でたどりつけるのは、プロの一歩手前までだ。ただ、そのあたりまで到達した者たち同士の競争となると、勝ったり負けたりの状態になり、そこを抜け出すのは難しい。一方、後ろからもさらに若い連中が同じ『高速道路』を駆け抜けて次から次へと追い越してくるから、自然と『大渋滞』が起きる。
    5. 5. 結果として若き一群は、前の世代の並みのプロを抜き去るのだが、そうやって直面した『大渋滞』を抜け出すためには全く別の要素が必要になってくる。そして、次なる当然の問は『大渋滞を抜け出すためには何が必要なのか』であり、まさにこれこそが『人間の能力の深淵』に関わる難問であり、ここを考え抜くことが、次のブレイクスルーにつながる——
    6. 6. ネットの登場で • 知識習得の高速道路が整備された • 誰でもある程度たどり着ける • 高速道路先は大渋滞© DRECOM
    7. 7. エンジニアの世界でも当然起こっている
    8. 8. 高速道路を 抜け出さなければあっという間に埋もれる
    9. 9. ドッグイヤーイヌは人間の7倍のスピードで成長することから。1990年代後半に使われた。
    10. 10. マウスイヤーネズミは人間の18倍のスピードで成長することから。2000年代前半に使われた。
    11. 11. 7倍
    12. 12. 7倍 18倍
    13. 13. ?7倍 18倍 ?倍
    14. 14. 5000万ユーザ獲得まで LINE発表資料より
    15. 15. 5000万ユーザ獲得まで 399日 LINE発表資料より
    16. 16. 時代は加速している • どんどん時代の流れが速くなる • 当然技術進化も加速する • 以前のテクノロジーがすぐに陳腐化© DRECOM
    17. 17. 1999年∼2000年
    18. 18. ポータル1999年∼2000年
    19. 19. 2005年∼2006年
    20. 20. 検索・CGM2005年∼2006年
    21. 21. 2010年∼2011年
    22. 22. ソーシャル2010年∼2011年
    23. 23. 1999年∼2000年
    24. 24. 1999年∼2000年 2005年∼2006年
    25. 25. 1999年∼2000年 2005年∼2006年 2010年∼2011年
    26. 26. 1999年∼2000年 2005年∼2006年5年ごと 2010年∼2011年 ? 2015年?
    27. 27. 時代は周期的に 変化している • 約5年ごとにトレンドが変化 • ビジネスが大きく変化する • 変化の谷間で新陳代謝する© DRECOM
    28. 28. 大企業に就職したら 一生大丈夫だ
    29. 29. 大企業も生き残りに必死
    30. 30. われわれはどういう選択をし
    31. 31. どう生きていけば 良いのか
    32. 32. 生存戦略、しましょうか!
    33. 33. エンジニア生存戦略 ∼知的ヘンタイが世界を変える∼© DRECOM
    34. 34. 自己紹介 • よしだ てつひろ • @yoshitetsu • 京都出身 • 2005年 インターンで入社 • エンジニアと採用と育成 • ももクロ© DRECOM
    35. 35. coding.drecom.jp • よしてつ侍が研究室やサークル にコーディング対決を挑む • よしてつ≠よしてつ侍© DRECOM
    36. 36. もう少し歴史をふりかえってみる
    37. 37. (c) jurvetson http://www.flickr.com/photos/44124348109@N01/49989240/
    38. 38. http://www.flickr.com/photos/kosmar/62381076/
    39. 39. 熱狂的な空気の中多くのサービスが 生まれた
    40. 40. 当時、エンジニア主導のサービス作りが流行った
    41. 41. そしてその殆どが 歴史に消えた
    42. 42. 良いサービスを作る
    43. 43. 良いサービスを作る人とお金が集まる
    44. 44. 良いサービスを作る人とお金が集まるいつか何とかなる
    45. 45. IPO
    46. 46. 売却
    47. 47. 狭き門だった
    48. 48. ブームが過ぎ去り、 表舞台からエンジニアが消える
    49. 49. 現在
    50. 50. 新しい波を捉えた起業・サービスブーム
    51. 51. クラウドサーバ強力な開発ツール強いプラットフォーム
    52. 52. 一エンジニアの価値向上 • インフラはクラウド • プロジェクト管理もクラウド • 売上管理もクラウド 本質的価値向上に注力可能な環境が整う© DRECOM
    53. 53. 再び注目される
    54. 54. サービス開発能力の高いエンジニア
    55. 55. 一人でサービスが 作れる
    56. 56. 企画力+技術力
    57. 57. 一方で、技術を極めたエンジニア のニーズ
    58. 58. クラウドサーバ
    59. 59. クラウドサーバ 障害発生
    60. 60. クラウドサーバ 障害発生サポートに連絡
    61. 61. クラウドサーバ 障害発生サポートに連絡 遅い
    62. 62. 新しい技術より良い方法 の判断力
    63. 63. 技術指向性の高いエンジニア
    64. 64. エンジニア生存戦略 ∼知的ヘンタイが世界を変える∼© DRECOM
    65. 65. 求められるエンジニアは分かった
    66. 66. この先生きのこるには
    67. 67. 1. 高速道路に乗る 情報収集 情報公開© DRECOM
    68. 68. 1. 高速道路に乗る 情報収集 情報公開© DRECOM
    69. 69. 1. 高速道路に乗る 情報収集 情報公開© DRECOM
    70. 70. 1. 高速道路に乗る 情報収集 情報公開 いかに高速に回転させるか いかに入力を増やすか© DRECOM
    71. 71. pull request 情報収集 情報公開 watch fork© DRECOM
    72. 72. 2. 高速道路に乗り続ける • 最新技術を追い続ける • 最新ビジネスを追い続ける • 勉強会に出席する© DRECOM
    73. 73. 新しいビジネスは新しい技術と近しい
    74. 74. Web2.0
    75. 75. Web2.0 Ajax、RSS、API、マッシュアップ...
    76. 76. Web2.0 Ajax、RSS、API、マッシュアップ...ソーシャル
    77. 77. Web2.0 Ajax、RSS、API、マッシュアップ...ソーシャル opensocial、OAuth、BigData...
    78. 78. githubの言語© DRECOM
    79. 79. Ruby (サーバサイド) • シリコンバレーのスタートアップは PythonかRuby • 新しいサービス、ミドルウェアに Rubyが多い • 高速道路の最先端© DRECOM
    80. 80. Javascript (クライアントサイド) • HTML5 • 高速道路の最先端© DRECOM
    81. 81. 3-1. 技術指向でその先へ スキルの幅 ス キ ル の 深 さ 技 術© DRECOM
    82. 82. 3-2. サービス指向でその先へ スキルの幅 ス キ ル の 技 深 さ 術© DRECOM
    83. 83. あなたはどちらのタイプ?
    84. 84. エンジニア生存戦略 ∼知的ヘンタイが世界を変える∼© DRECOM
    85. 85. 内藤 裕紀
    86. 86. with Entertainment
    87. 87. 2008年 ソーシャルゲームへの投資を開始
    88. 88. 2009年 日本初のリワード広告poncanをリリース
    89. 89. 2010年 ソーシャルラーニング事業の立ち上げ
    90. 90. ソーシャルゲーム事業
    91. 91. ソーシャルゲーム事業ソーシャル広告事業
    92. 92. ソーシャルゲーム事業 ソーシャル広告事業ソーシャルラーニング事業
    93. 93. ポータル
    94. 94. ポータル 検索/CGM
    95. 95. ポータル 検索/CGM ソーシャル
    96. 96. ポータル 検索/CGM ソーシャル
    97. 97. 最も強いものや賢いものが生き残るのではない。最も変化に敏感なものが生き残るのだ。 ̶̶ダーウィン
    98. 98. 変わり続けるビジネスと技術
    99. 99. サバイブ
    100. 100. 積極的に変革の先端へ
    101. 101. へんたい 知的
    102. 102. へんたい 知的
    103. 103. 大事にしたい • 自由 • 情報へのアクセス • 共有 • 知的好奇心 • いたずら心© DRECOM
    104. 104. 第一線で活躍し続けるエンジニア
    105. 105. 世界への挑戦
    106. 106. エンジニア生存戦略 ∼知的ヘンタイが世界を変える∼© DRECOM
    107. 107. まとめ • まずは高速道路に乗ろう • 高速道路に乗り続けよう • 技術指向で突破 • サービス指向で突破© DRECOM
    108. 108. ご静聴ありがとうございました Any question?

    ×