Windows Azureロードマップ@PDC2010日本語訳

5,324 views

Published on

http://www.microsoft.com/presspass/press/2010/oct10/10-28PDC2010PR.mspxの日本語訳です。日本マイクロソフトによる公式な訳ではないので、間違い等があっても責任はとれません。your own riskでご参照ください。
早く公開できることを優先して訳したので、ちょっとこなれていないところもありますが、ご容赦を。
リリース時期のlater this yearを「年末に」と訳していますが、もう11月になるし、いいですよね(^^;

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,324
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
23
Actions
Shares
0
Downloads
68
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Windows Azureロードマップ@PDC2010日本語訳

  1. 1. 翻訳者注:以下の訳は、日本マイクロソフトによる公式の訳ではありません。正確な情 報は、http://www.microsoft.com/presspass/press/2010/oct10/10-28PDC2010PR.mspx にある原文を参照してください。 Server and Tools Business News PDC 2010: Oct. 28, 2010 究極的には、開発者や企業がクラウドの真の価値を見いだすのは Platform as a service (PaaS)になるで しょう。そして、Platform as a service のオペレーティングシステムが Windows Azure です。Windows Azure および SQL Azure から構成される Windows Azure platform は、Microsoft 社の豊富な開発ツール、 管理やサービスによってサポートされています。Windows Azure platform は柔軟性で、クラウドが約束 するパワーを達成するために顧客が選択したテクノロジーを、顧客が利用できるように構築されています。 Professional Developers Conference (PDC)において、Microsoft は Platform as a service への移行や、 既存のアプリケーションや処理の拡張、下位層のプラットフォームのすべての利点を活かせるようなアプ リケーションの変更を容易にする、多くの機能拡張やサービスをアナウンスしています(Microsoft のク ラウドが提供するものについてのより詳しい情報については、Cloud Computing: A Guide for IT Leaders にアクセスしてください)。 以下が、PDC におけるアナウンスの詳細です。 既存のアプリケーションの移行と、より効率的な動作を容易にするために、Microsoft は IaaS から PaaS へのブリッジを提供します。  Windows Azure Virtual Machine Role は、既存の Windows Server アプリケーションから Windows Azure へのマイグレーションを、コストのかかるアプリケーションの修正の必要を排し、 顧客が既存のビジネスデータにクラウドから素早くアクセスできるようにすることで、容易にし ます。本日 PDC 2010 において、Microsoft は Windows Azure における Virtual Machine Role support for Windows Server 2008 R2 をアナウンスしました。public beta は、2010 年末までに 利用可能になります。  Server Application Virtualization を利用すれば、顧客は仮想化されたアプリケーションのイメ ージを、Windows Azure の VM Role ではなく、Worker ロール(単一ロール、単一インスタンス) にデプロイできます。このアプローチを通じて、顧客は既存のアプリケーションを書き換えたり、 VM にパッケージ化したりする必要なく、より容易に Windows Azure に移行することができます。 いったんアプリケーションを Windows Azure の Serveer Application Virtualization を使ってデ プロイしてしまえば、顧客は自動コンフィグレーションや継続的なオペレーティングシステムの 管理を含む、Windows Azure の自動化されたサービス管理機能の利点を享受できます。Server Application Virtualization for Windows Azure は、community technology preview (CTP)とし て 2010 年末までに利用可能となり、最終リリースは 2011 年の後半に顧客に提供されます。  クラウド中での VM role イメージの構築。Microsoft は、開発者や IT プロフェッショナルが、VM イメージを直接クラウド中で構築できるようにしようとしています。これは、イメージをオンプ レミスで構築し、インターネットを通じてアップロードするという現在のアプローチに変わる選 択肢として提供されます。このアップデートは、2011 年に利用可能になります。  VM Role における Windows Server 2003 および Windows Server 2008 SP2 のサポート。 Microsoft は、 ゲスト OS として Windows Server 2008 R2 をサポートします。2011 年には、 Microsoft は Windows Server 2003および Windows Server 2008 SP2のサポートを追加します。
  2. 2. リ ッチな新サービス及び機能による、アプリケーションや処理の拡張。  SQL Azure Reporting を利用すれば、開発者は Windows Azure のアプリケーション中にレポー トを埋め込むことができます。このレポートには、リッチなデータの可視化機能や、Microsoft Word、Microsoft Excel、PDF といった広く使われているフォーマットでのエクスポート機能も 含まれるので、こういったアプリケーションの利用者は、SQL Azure データベースに保存されて いる line-of-business アプリケーションのデータからより多くの見識を得て、行動することがで きるようになります。顧客は、2010年末までに CTP が利用可能になります。SQL Azure Reporting の最終リリースは、2011 年前半に一般に利用可能となります。  SQL Azure Data Sync は、開発者が Microsoft のクラウドデータベースを使って Windows Azure プラットフォーム上で素早くクラウドアプリケーションを開発できるようにするための、もう 1 つの重要なビルディングブロックです。SQL Azure Data Sync を使えば、開発者はジオレプリケ ーションされた SQL Azure のデータを使ったアプリケーションを構築し、オンプレミスとクラウ ド及びモバイルアプリケーションの同期を取ることが可能になります。CTP は 2010 末までに利 用可能になります。SQL Azure Data Sync の最終リリースは、2011 年前半にリリースが予定さ れています。  Database Manager for SQL Azure は、新たに用意された SQL Azure 用の軽量の Web ベースの データベース管理及びクエリの機能です。この機能は、以前は“Project Houston”と呼ばれていた もので、ツールを一切ダウンロードすることなく、顧客が Web ブラウザー内でスムーズな体験を 得られるようにするものです。Database Manager for SQL Azure は、2010 年末までに一般に利 用可能になります。  Windows Azure AppFabric は、開発者が Windows Azure プラットフォーム上でクラウドアプリ ケーションを素早く開発できるよう支援します。 o AppFabric Caching は、開発者によるアプリケーションのパフォーマンス向上を支援し ます。 o AppFabric Service Bus 機能拡張は、サードパーティやモバイルデバイスとの間での、信 頼性のある、エンタープライズ品質のアプリケーションのデータやメッセージの配信機能 の、開発者による構築を支援します。 CTP は PDC において利用可能になり、これらの重要なビルディングブロック技術は、どちらも 2011 年前半に一般に利用可能になります。  Windows Azure Marketplace は、開発者や IT プロフェッショナルが、競争力のある Windows Azure プラットフォームのアプリケーションを構築するのに必要な、ビルディングブロックコン ポーネントやトレーニング、サービス、完成済みのサービスやアプリケーションを、共有、検索、 購入、販売するための、1 つのオンラインマーケットプレースです。開発者や ISV には、このマ ーケットプレースがクラウドの顧客に対し、自分たちの提供するものをマネタイズし、広めるた めの理想的な手段であることをご理解いただけることでしょう。顧客には、このマーケットプレ ースがワンストップで様々な技術を購入できる場所であることをご理解いただけることでしょう。 DataMarket は、Windows Azure Marketplace の「商品が陳列されている棚の間の通路」であり、 開発者やインフォメーションワーカーに対し、一級品のサードパーティ製データや Web サービス、 あるいは自分でリッチなアプリケーションを構築するために使うことができる、セルフサービス のビジネスインテリジェンスや分析機能へのアクセスを提供するものと考えてもらえばよいでし ょう。現時点で、35 以上のデータプロバイダーが、DataMarket でデータを提供しており、100 以上のデータプロバイダーがまもなく加わります。 DataMarket (以前は“Dallas”というコードネームでした)は、PDC 2010 で Web にリリースさ れ、Windows Azure Marketplace bet は今年末までにリリースされます。
  3. 3.  TFS on Windows Azure. Microsoft は、クラウド上でホストされるアプリケーションライフサイ クルマネージメントに向かうステップが踏み出されたことを示す、Team Foundation Server on Windows Azure のデモを行いました。これはまた、Windows Azure が、最低限の労力のみで Team Foundation Server のような、複雑なエンタープライズの処理を実行できることを示すものです。 CTP は、2011 年中に利用可能になります。  Windows Azure AppFabric o Windows Azure AppFabric Access Control 拡張機能は、組織の境界をまたぐアプリケー ションをセキュアなものにするために通常必要となる複雑なプログラミングをすること なく、アプリケ-ションやサービスにフェデレーテッド承認機能の、顧客による構築を支 援します。ルールやクレームのシンプルな宣言モデルをサポートすることで、アクセス制 御のルールは容易かつ柔軟に、様々なセキュリティ上の要求や、様々なアイデンティティ 管理のインフラストラクチャを扱うように設定できます。これらの拡張機能は、現時点 で顧客が利用可能です。 o Windows Azure AppFabric Connect を利用すれば、顧客は既存の line-of-business(LOB) インテグレーションに対する投資を、Windows Azure AppFabric Service Bus を使い、 Windows Server AppFabric を実行するオンプレミスの複合アプリケーションに接続す ることで、Windows Azure へ橋渡しできます。この単純化されたツールの新しい集合は、 Microsoft BizTalk Server 2010 を拡張し、ハイブリッドなオンプレミス及びオフプレミ スの複合アプリケーションのシナリオを加速させます。このシナリオは、ハイブリッドア プリケーションの開発を始める顧客にとって、極めて重要なものです。このサービスは、 現時点で無料で利用できます。  Windows Azure Virtual Network.新たな機能が、Windows Azure Virtual Network という名の 下に登場します。Windows Azure Connect(これまでは"Project Sydney"として知られていまし た)によって、オンプレミスと Windows Azure のリソースとの間で、IP ベースのネットワーク コネクティビティをセットアップするための、シンプルで管理の容易なメカニズムが実現されま す。Windows Azure Virtual Network の最初の機能は Windows Azure Connect と呼ばれるもの です。Windows Azure Connect の CTP は、2010 末までに利用可能になり、2011 年前半には一 般に利用可能になります。  Extra Small Windows Azure Instance. PDC 2010 において、Microsoft は Extra Small Instance をアナウンスしました。これは、コンピュート時間あたり 0.05 ドルで提供されるもので、 開発者がテストやトライアルを容易に行えるようにします。これによって、より小規模 なアプリケーションを動作させたい開発者にとって、Windows Azure プラットフォーム はより身近なものになります。このロールのベータは、2010 年末までに利用可能になります。  Remote Desktop を利用すれば、IT プロフェッショナルはアプリケーションを実行中のインスタ ンスに接続し、動作状況をモニタリングしたり、一般的な問題のトラブルシューティングを行え るようになります。Remote Desktop は、今年の年末頃に一般に利用可能となります。  Elevated Privileges. VM role および Elevated Privileges によって、アプリケーションの環境を 開発者が完全にコントロールすることができない原因となっていた障害物が取り除かれます。 Internet Information Service(IIS)の設定や、Microsoft Software Installer(MSI)のインス トールといった小規模な修正には、Elevated Privileges 管理者アクセス機能を使うことを、 Microsoft はお勧めします。このアプローチは、小規模な変更に最適化されており、開発者は、ゲ
  4. 4. スト OS やアプリケーションのレベルでの自動サービス管理を有効なままにしておくことができ ます。Elevated Privileges は、今年の年末頃に一般に利用可能となります。  完全な IIS のサポートによって、Windows Azure を使ってより完全なアプリケーションを開発で きるようになります。Web role は、まもなく完全な IIS の機能を提供するようになり、1 つの Web role が複数の IIS のサイトをホストしたり、IIS のモジュールをインストールすることがで きるようになります。完全な IIS の機能を利用すれば、開発者は Windows Azure のインスタン スから、さらなる価値を引き出せるようになります。完全な IIS のサポートは、今年の年末頃に 顧客が一般に利用可能となります。  Windows Server 2008 R2 Roles. Windows Azure は、Web、Worker、VM role において Windows Server 2008 R2 をサポートします。この新しいサポートによって、IIS 7.5、AppLocker、拡張さ れたコマンドラインおよび Powershell Version 2.0 を使って自動化された管理といった、 Windows Server 2008 R2 の機能のすべてを顧客は活用できるようになります。このアップデー トは、今年の年末頃に一般に利用可能となります。  複 数の管理者. Windows Azure は、まもなく複数の Windows Live ID による、同じ Windows Azure アカウントの管理者権限の所有をサポートします。これが目的とするのは、チーム内でそ れぞれが Windows Live ID を使いながら、同じ Windows Azure のアカウント上で作業できるよ うにすることです。複数管理者のアップデートは、今年の年末頃に一般に利用可能となります。  動的コンテンツのキャッシング. この新しい機能を使うと、Windows Azure のアプリケーション が返したコンテンツをキャッシュするように、Windows Azure CDN を設定できます。動的コン テンツのキャッシングは、2011 年に顧客が利用可能になります。  CDN SSL 配信. Windows Azure CDN のユーザーは、コンテンツを SSL/TLS で暗号化されたチ ャネル経由で配信できるようになります。このアップデートは、2011 年に利用可能となります。  グローバルな接続性の改善. Microsoft は 2011 年に、新たな Windows Azure CDN ノードを中東 に追加し、アメリカ及びブラジルにおける接続性を改善します。  Java の利用性の改善. Microsoft は、Java を Windows Azure における第一級市民とすることを 計画しています。このプロセスには、Java のパフォーマンスや、Windows Azure での Eclipse のツール化やクライアントライブラリの改善が含まれるでしょう。顧客は、好きな Java 環境を 選択し、それを Windows Azure 上で実行できるようになります。改善された Java の利用性は、 2011 年に顧客が利用可能となります。 高いスケーラビリティと高可用性を持つ新しいやり方で、新しいことを行えるような、アプリケーション の 変換  Windows Azure AppFabric Composition Model および Composite App Service は、エンドトウ エンドの「複合」アプリケーションの開発環境を提供し、クラウドにおいて Web、ミドル層、デ ータベースにまたがるさまざまな自社製並びにサードパーティ製のサービスを、開発者が作成、 管理、デプロイするプロセスをスムーズなものにします。 o AppFabric Composition Model は、開発者が.NET Framework の機能拡張を使って Windows Azure プラットフォーム上でアプリケーションを合成し、それらすべてを新し い Microsoft Visual Studioベースの設計体験を通じてまとめ上げていくのを支援します。 CTP は、2011 年前半に利用可能となります。 o AppFabric Composite App Service を利用すれば、開発者は Composition Model を採用 し、アプリケーションのデプロイメント、設定、制御、モニタリング、トラブルシューテ
  5. 5. ィング、レポーティング、最適化を、通常の手動のステップを踏むことなく、自動化する ことができます。この CTP も、2011 年の前半に利用可能になります。  Windows Azure の機能拡張.開発者及び IT プロフェッショナルは、Windows Azure による管理 業務の負荷の減少を歓迎していますが、アプリケーションやサービスのクラウドにおける動作を 監視し、制御する際の柔軟性が保たれていることにも高い価値を見いだしています。開発者及び IT プロフェッショナルにとっては、クラウドアプリケーションがはっきり見えると共に、それら の動作状況を高いレベルで制御できることが必要なのです。 開発者及び IT プロフェッショナルの要求に応えるために、Microsoft は開発者及びオペレーター 向けの機能拡張を PDC 2010 においてアナウンスします: o 改善された、直感的なユーザー体験を保証する、完全に再設計された Silverlight ベース の Windows Azure portal o ロールをクリックすることで、そのタイプとデプロイメントの時刻を調べられる機能を含 む、新たな診断情報 o Windows Azure へのサインアップに必要なステップ数を劇的に削減する、サインアップ の プロセス o より効率よく疑問に回答し、知識を共有するための、新しいシナリオベースの Windows Azure Platform フォーラム これらの Windows Azure の機能拡張は、2010 年末までに一般に利用可能となります。  “Windows Azure Platform Cloud Essentials for Partners”は、Microsoft の既存のパートナーへ のオファーを置き換えるものです。このオファーは 2011 年 1 月 7 日に go live となり、毎月 750Extra Small Instance 時間と SQL Azure データベースを含む Windows Azure プラットフォ ームへのアクセスが、追加課金無しでご利用いただけます。パートナーは、Cloud Essentials Pack に http://www.microsoftcloudpartner.com からサインアップできます。 報 道関係者向けの、より詳しい情報についての連絡先: Rapid Response Team, Waggener Edstrom Worldwide, (503) 443-7070, rrt@waggeneredstrom.com

×