Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

インフラエンジニアから見たRedmine redmine.tokyo #9

6,775 views

Published on

主にRedmineのチューニングのこと。ホントにさわりだけで深掘りしていないのでお恥ずかしい。

Published in: Software
  • Be the first to comment

インフラエンジニアから見たRedmine redmine.tokyo #9

  1. 1. インフラエンジニアから見た Redmine 2015/11/28 redmine.tokyo LT Sho DOUHASHI (Agileware Inc.)
  2. 2. 30秒で自己紹介 •Sho DOUHASHI (どうはし しょう) •Agileware Inc. CTO •プログラマ / インフラエンジニア •Redmine使用歴: 4,5年? •初redmine.tokyo参加 (懇親会も出ます)
  3. 3. 話したいこと •Redmine、チューニングしてますか? •ちょっとだけ宣伝させてください(30秒)
  4. 4. 突然ですが。
  5. 5. あなたのRedmine、
  6. 6. もしかして、
  7. 7. インストールしたままの状態 だったりしませんか?
  8. 8. あなたのRedmine、
  9. 9. こんな問題、抱えてませんか?
  10. 10. Redmineってどんどん遅くなる… •長く使ってるとモッサリする… •大量のチケットを出すと遅い… •ユーザ数が増えてから重くなった…
  11. 11. そんなときは、
  12. 12. Redmineのチューニングしましょう!
  13. 13. そんなんわかってるけど。。でも、
  14. 14. チューニングってよくわかんない!
  15. 15. めんどくさい!
  16. 16. そんなあなた!
  17. 17. そんなあなたのために、
  18. 18. 手っ取り早くできるチューニング、 用意しました。
  19. 19. こんな環境だったら効果あり!
  20. 20. こんな状態のRedmine限定 •Redmineをインストールしたままの状態。 •設定も参考Webのまんま。 •CPUを複数積んでる。
  21. 21. 方法は
  22. 22. ワーカー増やすだけ。
  23. 23. Redmineって、
  24. 24. メモリの搭載量あんま意味ないです。 (ワーカー数分メモリ確保できれば)
  25. 25. CPUの数がモノをいいます
  26. 26. 実際のベンチマーク見てみましょう
  27. 27. 検証環境
  28. 28. 検証環境 •AWS m4.4xlarge • vCPU 16 • mem 64GB •Ubuntu 14.04 • Redmine 3.1.2 (nginx + unicorn) • MySQL(EC2内にインストール) • チケット数 1万強(あんま関係ない)
  29. 29. HTTPベンチマークツール「wrk」 • https://github.com/wg/wrk.git • 使い方は↓みたいな感じ • wrk -t 10 –c 100 -d 10 http://redmine.server/issues • 10スレッド / 同時100コネクション / 10秒間
  30. 30. 検証方法 • チケット一覧の表示 (シンプルにこれだけ) • wrk -t 10 –c 100 -d 10 http://redmine.server/issues • スレッド10個で100リクエストを10秒間
  31. 31. それでは結果行ってみましょう
  32. 32. Unicornワーカー 2台 Running 10s test @ http://localhost/issues 10 threads and 100 connections Thread Stats Avg Stdev Max +/- Stdev Latency 1.02s 567.30ms 1.95s 57.14% Req/Sec 9.74 6.58 30.00 61.73% 213 requests in 10.02s, 7.25MB read Socket errors: connect 0, read 0, write 0, timeout 171 Requests/sec: 21.26 Transfer/sec: 741.33KB
  33. 33. Unicornワーカー 16台 Running 10s test @ http://localhost/issues 10 threads and 100 connections Thread Stats Avg Stdev Max +/- Stdev Latency 1.07s 184.42ms 1.42s 87.14% Req/Sec 14.95 12.04 80.00 69.10% 894 requests in 10.08s, 30.44MB read Requests/sec: 88.67 => 4倍! Transfer/sec: 3.02MB
  34. 34. ポイントは 「CPU数分ワーカー増やすこと」 (それ以上だとあんま意味ないです)
  35. 35. これだけでも相当効果あります!
  36. 36. お試しあれ!
  37. 37. コレでダメなら、分散考えましょう!
  38. 38. 相談のりますよ!
  39. 39. 最後に
  40. 40. 宣伝させてください!
  41. 41. Redmineの保守が大変な方に、
  42. 42. こんなん用意しました!
  43. 43. •AWS でRedmineをSaaSで運用します。 •LycheeRedmine製品バンドル! •プラグイン導入自由!(僕が入れます) •HA構成 / 他いろいろなオプションあります! •手厚いサポート (主に僕がします) •詳しくは、 http://cloud.lychee-redmine.jp
  44. 44. ご清聴ありがとうございました

×