Everyplayで遊んでみよう2

1,070 views

Published on

EVERYPLAYで遊んでみようの応用版です。実況に焦点を当ててみました。

Published in: Mobile
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,070
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
15
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Everyplayで遊んでみよう2

  1. 1. EVERYPLAYで遊んでみよう2 ~UNITY開発者の皆様へ〜 Unity Technologies Japan 菅野 信
  2. 2. DISCLAIMER 早めに出して、修正していくスタイルです コードは超実験レベルです (間違ってたらごめんなさい)
  3. 3. EVERYPLAYで遊んでみよう 前回は簡単なテストでした
  4. 4. EVERYPLAYで遊んでみよう 第2回目はこんなことを試してみます ネイティブコンポーネントの日本語化 実況動画 ボタンのカスタマイズ マイゲームのビデオを選んで表示
  5. 5. EVERYPLAYの日本語化 iOSネイティブ部分は英語のまま (以下の説明、Androidでは必要ないです) XCodeで少々作業を
  6. 6. EVERYPLAYの日本語化 1. UnityプロジェクトをiOSプロジェクトとしてエキスポートしてください。 2. iOSプロジェクトのルートディレクトリにおいて、以下の様に 言語サポートディレクトリ及びファイルを作成してください。 # mkdir {en,ja}.lproj # touch {en,ja}.lproj/Localizable.strings
  7. 7. EVERYPLAYの日本語化 プロジェクトを左クリックし、"Add Files to YOUR_PROJECT"を選択してください en.lprj及びja.lprjよりLocalizable.stringsファイル を追加してください
  8. 8. EVERYPLAYの日本語化 ネイティブ側の日本語化ができました
  9. 9. 実況について 玄人、素人を問わず 言葉が違っても 実況動画は面白い
  10. 10. 実況:テストボタンからLIVEで テストボタンでFacecamをオンにしてく ださい。 後は、Facecamを意識しながら、ゲー ムプレイしてみてください。
  11. 11. 実況:テストボタンから後付けで レコーディングボタンから、ビデオアイコ ンを選択してみてください。 後付けで、実況できます。
  12. 12. 自動でLIVE実況(APIの使用) Check Permission UNITY > Open Assets/UnityChan2D/Demo/Scripts/StartController.cs Apply the patch here: https://gist.github.com/domaemon/592a229632bf747b7ec8
  13. 13. 自動でLIVE実況(APIの使用) Start Facecam Session UNITY > Open Assets/UnityChan2D/Demo/Scripts/Demo.cs Apply the patch here: https://gist.github.com/domaemon/9929d1ed92b6837f030a
  14. 14. 実況うながしUX もうちょっと親切なUXを考えてみましょう スタート画面で選択ボタンを表示
  15. 15. LIVE実況うながしUX スタート画面に、ライブ実況機能の設定ボ タンを実装しました。 OFF: デフォルト、LIVE実況は無し Audio: 音声のみのLIVE実況 Video: ビデオでLIVE実況
  16. 16. LIVE実況うながしUX 1. 画像素材の準備 2. LiveCommentaryButtons.cs の実装 3. StartController.cs の拡張 4. Demo.cs の拡張
  17. 17. LIVE実況うながしUX PSDファイルのダウンロード ボタン用の画像素材 今回用にレイヤーを切ったものはgithubに 元素材はこちらから http://static.everyplay.com/everyplay/everyplay-live-facecam-assets.psd.zip
  18. 18. LIVE実況うながしUX LiveCommentaryButtons.cs の実装 3-wayトグルボタンのためのクラス Touchイベントで画像更新および実況モードの保存 実況モードの保存にはPlayerPrefsを使用 Texture2Dを利用して泥臭く実装 github https://github.com/domaemon/unitychan2d/blob/feature/ep_demo/Assets/UnityChan2D/Demo/Scripts/LiveCommentaryButtons.cs
  19. 19. LIVE実況うながしUX StartController.cs の拡張 ゲームスタート画面のコントロールスクリプト ここで3-wayトグルボタンクラスのインスタンス化 github https://github.com/domaemon/unitychan2d/blob/feature/ep_demo/Assets/UnityChan2D/Demo/Scripts/StartController.cs
  20. 20. LIVE実況うながしUX Demo.cs の拡張 シーン遷移を管理するスクリプト ここでEP録画及び実況機能を実装 PlayerPrefs から実況モードを読み込む github https://github.com/domaemon/unitychan2d/blob/feature/ep_demo/Assets/UnityChan2D/Demo/Scripts/Demo.cs
  21. 21. マイゲームの動画フィード せっかくなので、もう一つ 自分のゲームの動画フィードを
  22. 22. マイゲームの動画フィード “Watch Replay!”のボタンを用意しました。 クリックするとマイゲームのビデオフィード画面に移動します。
  23. 23. マイゲームの動画フィード 1. 画像素材の準備 2. WatchReplayButton.cs の拡張
  24. 24. マイゲームの動画フィード ボタン用画像のダウンロード ボタン用の画像素材 今回使用した画像はgithubに 元素材はこちらから http://static.everyplay.com/everyplay/everyplay-integration-assets.zip
  25. 25. マイゲームの動画フィード WatchReplayButton.cs の拡張 動画フィード用のラッパーボタンクラス github https://github.com/domaemon/unitychan2d/blob/feature/ep_demo/Assets/UnityChan2D/Demo/Scripts/WatchReplayButton.cs
  26. 26. EVERYPLAYで遊んでみよう http://japan.unity3d.com/company/contact/

×