続マスタN対スレーブ1レプリケーションの作り方

11,791 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
11,791
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
8,663
Actions
Shares
0
Downloads
19
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

続マスタN対スレーブ1レプリケーションの作り方

  1. 1. マスタn対スレーブ1レプリケーションの 作り方2012/04/19 MySQL Casual Talks Vol.3 do_aki
  2. 2. do_aki (どぅーあき)|所属| > 株式会社もしも (ドロップシッピング・アフィリエイトASP)|仕事| > インフラ(サーバ管理)兼 Webアプリケーション開発|出現| > 渋谷・山手線沿線|特性| > PHPer http://do-aki.net/
  3. 3. 前回までのあらすじ
  4. 4. 一般的なレプリケーション Master 1:nSlave:1 Slave:2 … Slave:n …
  5. 5. n:1 レプリケーション Master Master A B 詳しくは、前回の スライドを参照 http://www.slideshare.n Slave et/do_aki/20110809-my- AB sql-casual-talks-vol2
  6. 6. 時間がない
  7. 7. 今回のまとめ
  8. 8. 現在はマスタ切り替えを、 半年間基本2秒ごとに 無停止 無故障 数100qps 程度なら ば問題な 稼働中 く捌いて いる
  9. 9. 7月に稼働開始• 8月に MySQL Casual Talks Vol.2 での発表• 感想やアドバイスをいただいた
  10. 10. SBR / RBR について• クエリによっては、ステートメントベースレ プリケーションだとNG なケースもある• それぞれのマスタは、共通のDBスキーマ/ テーブルを持っていないので問題なかった!• 1テーブルをシャーディングしているならば 行ベースレプリケーションを使った方が良い
  11. 11. それスパについて それ Spider ※プライバシー保護のため一部修正しております でできるよ ※Spider Storage Engine のこと
  12. 12. ACCIDENT!
  13. 13. 11月頭に停止• 原因は、 max_allowed_packet の値がマス タに比べて小さすぎたこと• マスタとスレーブの設定は基本的には合 わせるべき (鍵本 p339)
  14. 14. それ以降• 今に至るまで、障害は一切発生せず• Perl スクリプト一本勝負 • https://github.com/do-aki/SwitchMaster• daemontools とかsupervisor とかmonit とか なにそれおいしいの?
  15. 15. 運用する上での注意点• エラーログが膨れあがる(マスタ切り替 えの度に吐かれる)• 本当のエラーが埋もれる• 定期的なパージをする必要も• マイナバージョンによって、 FLUSH LOGS の挙動が異なるので気をつけましょう。 参考:MySQL のエラーログを削除する際の注意点 http://d.hatena.ne.jp/do_aki/20120221/1329820114
  16. 16. 半年間無停止無故障稼働中
  17. 17. ありがとうございました
  18. 18. blank page

×