SlideShare a Scribd company logo
1 of 61
Download to read offline
ドメイン駆動設計
再入門
グロースエクスパートナーズ(株)
ITアーキテクト 和智 右桂
Developers Summit 2015
和智 右桂
JavaEE勉強会 所属
グロースエクスパートナーズ株式会社 勤務
Yukei Wachi
@digitalsoul0124
Digital Romanticism
http://d.hatena.ne.jp/digitalsoul
ネコ好き
Photo by @digitalsoul0124 All rights reserved.
IT アーキテクト
時々翻訳をしています
Coming
Soon !
• DDD nutshell
• DDDの魅力
• システムの中のDDD
• まとめ
アジェンダ
Photo by @digitalsoul0124 All rights reserved.
スライド中で使用されている画像について、
その著作権の全部または一部は、 クレジットに示した著者によって保留されています。
DDD nutshell
基礎
https://www.flickr.com/photos/pgoyette/2280685630/
モデルとは?
モデルとは、
知識の表象である
- Trygve Reenskaug
1979
http://www.flickr.com/photos/knilram/64366434/
メンタルモデルを写し取るもの
出典:http://heim.ifi.uio.no/~trygver/themes/mvc/mvc-index.html by Trygve M. H. Reenskaug
Mental Model
MVCからDCIへ
DCIアーキテクチャ
モデル・ビュー・コントローラ
http://d.hatena.ne.jp/digitalsoul/20100913/1284330448
http://d.hatena.ne.jp/digitalsoul/20100131/1264925022
Domain-Driven Design http://www.flickr.com/photos/hlegius/3072942016/in/photostream/ by Hélio Costa
https://www.flickr.com/photos/kakutani/608079788/
本に書かれていること
第1部
ドメインモデルを
機能させる
モデルの基本的な用法
1. モデルと設計の核心の相互作用
• モデルと設計/実装を結びつける
• →モデル駆動設計
2. コミュニケーションの基盤
• モデルの言葉を会話でも使う
• →ユビキタス言語
3. 蒸留された知識
• ドメインエキスパートの知識の表現
http://www.flickr.com/photos/biker_jun/4450890981/
モデルはソフトウェアの中核となる
モデルはビジネスパーソンと開発者をつなぐ
https://www.flickr.com/photos/adriansnood/14252302357/
第2部
モデル駆動設計の
構成要素
モデルの実装のために
1. モデルのためのレイヤを作る
• UIおよび永続化層との分離
• →レイヤ化アーキテクチャ
2. ドメインレイヤ内でモデルを実装する
• パラダイムとしてのオブジェクト指向
オブジェクト
オブジェクト
Search
Small Pop-Up
Pop-Up Menu
Small Combo
Combo Box
Bits
BobsThings
Stuff
OKCancel
Label
Ends
Odds
Help
Tag
Explanotext
A Very Nice Window Indeed
SIDEBAR
Search
Odds
Ends
UI
データベース
リポジトリクライアント
オブジェクト
ドメイン層
ドメイン層とは、モデルが息づく場所
第3部
より深い洞察へ向かう
リファクタリング
モデルの深化
• 時間をかけてモデルは深まっていく
• モデリングは発見のプロセス
• ブレイクスルー
• 深いモデルを作るためのテクニック
• 暗黙的な概念の明示化
• しなやかな設計
• 先達からの学習
• デザインパターン
第4部
戦略的設計
モデリングのスケールアップ
• モデルの整合性
• モデルの境界設計
• 蒸留
• 本質の抽出
• 大規模な構造
• 巨大なシステムの俯瞰
https://www.flickr.com/photos/gulfu/15704325507/
後に続く本
モデルを核としたシステム観
• GOOS (2009)
• Steve Freeman、Nat Pryce
• テストをガイドとして、オブジェク
ト指向のシステムを育てる
• DSL (2010)
• Martin Fowler
• DSLは、モデルの表層を取り巻く
ベニヤのようなものである
DDDの魅力
https://www.flickr.com/photos/ideacreamanuelapps/3541399009/
ある抽象度でのモデリングは絶対に必要
ソフトウェアとしての本筋
https://www.flickr.com/photos/shoobydooby/389551020
SIの現場への福音
https://www.flickr.com/photos/ideacreamanuelapps/3541399009/
現場の閉塞感とは?
サイロ
https://www.flickr.com/photos/jesusbelzunce/7235172294
滝
https://www.flickr.com/photos/spyker3292/5562267244/
規律
https://www.flickr.com/photos/mythoto/2441449507
http://www.flickr.com/photos/symphoney/76513801/
トランザクションスクリプト
• 顧客と会話しながら
• イテレーティブかつインクリメンタルに
• 変化に柔軟に対応しながら
• 技術的に難易度の高いものを作る
https://www.flickr.com/photos/dariobn/15460074140
Agile
ただし
バランスが大切
https://www.flickr.com/photos/cs-fotografie/15448459660/
システムの中の
DDD
広告 注文 請求
広告を
作る
広告を
参照する
注文する
請求書を
作る
請求書を
送る
Alister Cockburn Writing Effective Use Cases Addison-Wesley 2001 p.62
モデルをどこまで保つべきか?
作るのは
ドメインモデルだけでいいのか?
ドメインレイヤの外側
• ユーザーインターフェイス
• 永続化層
• 他システムとの統合層
オブジェクト
オブジェクト
Search
Small Pop-Up
Pop-Up Menu
Small Combo
Combo Box
Bits
BobsThings
Stuff
OKCancel
Label
Ends
Odds
Help
Tag
Explanotext
A Very Nice Window Indeed
SIDEBAR
Search
Odds
Ends
UI
データベース
リポジトリクライアント
オブジェクト
ドメイン層
すべてを統合する
https://www.flickr.com/photos/ofernandezberrios/2719742541
すべての機能は複雑なのか?
・トランザクションスクリプト
 ・ユーザーの要求を満たす手続き
・ドメインモデル
  ・複雑なロジックを
   オブジェクト指向で解決する
機能追加の
コスト
ロジックの複雑度
トランザクションスクリプト
ドメインモデル
損益分岐点を見極める
複雑さは囲い込む
https://www.flickr.com/photos/24354425@N03/15735373141
慣れた人に任せるしかないよね
-- Martin Fowler(PofEAA)
http://www.flickr.com/photos/52086903@N07/5611639409/
何を対象とするのか?
デザインするのは
メンタルモデルだけでいいのか?
ドメイン
ドメイン
ドメイン
ユーザー
ドメイン
システムの外側で
起きることへの配慮
https://www.flickr.com/photos/mtsofan/14303159072/
顧客と同じものを見る
成長するのは
モデルだけなのか?
システムを取り巻く流れ
• 企業のビジネス
• システムを使う人の動き
• 社会の状況
https://www.flickr.com/photos/pablolfc/8508796272/
https://www.flickr.com/photos/pablolfc/8508796272/
システム全体のフィードバックループを設計する
https://www.flickr.com/photos/brewbooks/7358153986
チームも成長する
https://www.flickr.com/photos/brent_nashville/15623635958/
まとめ
https://www.flickr.com/photos/kanaka/3002744372/
DDDは素晴らしい構想
https://www.flickr.com/photos/gsfc/6074582633/
システム全体で考えよう
最後に
https://www.flickr.com/photos/antontwang/10221284164/
世界に対するエンジニアの貢献は
コードの優劣では決まらない
システムを通じて
社会に貢献する
ありがとうございました!
Photo by @digitalsoul0124 All rights reserved.

More Related Content

What's hot

DDD x CQRS 更新系と参照系で異なるORMを併用して上手くいった話
DDD x CQRS   更新系と参照系で異なるORMを併用して上手くいった話DDD x CQRS   更新系と参照系で異なるORMを併用して上手くいった話
DDD x CQRS 更新系と参照系で異なるORMを併用して上手くいった話Koichiro Matsuoka
 
エンジニアの個人ブランディングと技術組織
エンジニアの個人ブランディングと技術組織エンジニアの個人ブランディングと技術組織
エンジニアの個人ブランディングと技術組織Takafumi ONAKA
 
これからSpringを使う開発者が知っておくべきこと
これからSpringを使う開発者が知っておくべきことこれからSpringを使う開発者が知っておくべきこと
これからSpringを使う開発者が知っておくべきこと土岐 孝平
 
CircleCIのinfrastructureを支えるTerraformのCI/CDパイプラインの改善
CircleCIのinfrastructureを支えるTerraformのCI/CDパイプラインの改善CircleCIのinfrastructureを支えるTerraformのCI/CDパイプラインの改善
CircleCIのinfrastructureを支えるTerraformのCI/CDパイプラインの改善Ito Takayuki
 
データベース設計徹底指南
データベース設計徹底指南データベース設計徹底指南
データベース設計徹底指南Mikiya Okuno
 
イミュータブルデータモデルの極意
イミュータブルデータモデルの極意イミュータブルデータモデルの極意
イミュータブルデータモデルの極意Yoshitaka Kawashima
 
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!mosa siru
 
例外設計における大罪
例外設計における大罪例外設計における大罪
例外設計における大罪Takuto Wada
 
イミュータブルデータモデル(入門編)
イミュータブルデータモデル(入門編)イミュータブルデータモデル(入門編)
イミュータブルデータモデル(入門編)Yoshitaka Kawashima
 
モノリスからマイクロサービスへの移行 ~ストラングラーパターンの検証~(Spring Fest 2020講演資料)
モノリスからマイクロサービスへの移行 ~ストラングラーパターンの検証~(Spring Fest 2020講演資料)モノリスからマイクロサービスへの移行 ~ストラングラーパターンの検証~(Spring Fest 2020講演資料)
モノリスからマイクロサービスへの移行 ~ストラングラーパターンの検証~(Spring Fest 2020講演資料)NTT DATA Technology & Innovation
 
世界一わかりやすいClean Architecture
世界一わかりやすいClean Architecture世界一わかりやすいClean Architecture
世界一わかりやすいClean ArchitectureAtsushi Nakamura
 
それはYAGNIか? それとも思考停止か?
それはYAGNIか? それとも思考停止か?それはYAGNIか? それとも思考停止か?
それはYAGNIか? それとも思考停止か?Yoshitaka Kawashima
 
ソフトウェアにおける 複雑さとは何なのか?
ソフトウェアにおける 複雑さとは何なのか?ソフトウェアにおける 複雑さとは何なのか?
ソフトウェアにおける 複雑さとは何なのか?Yoshitaka Kawashima
 
強いて言えば「集約どう実装するのかな、を考える」な話
強いて言えば「集約どう実装するのかな、を考える」な話強いて言えば「集約どう実装するのかな、を考える」な話
強いて言えば「集約どう実装するのかな、を考える」な話Yoshitaka Kawashima
 
Swaggerで始めるモデルファーストなAPI開発
Swaggerで始めるモデルファーストなAPI開発Swaggerで始めるモデルファーストなAPI開発
Swaggerで始めるモデルファーストなAPI開発Takuro Sasaki
 
OSS+AWSでここまでできるDevSecOps (Security-JAWS第24回)
OSS+AWSでここまでできるDevSecOps (Security-JAWS第24回)OSS+AWSでここまでできるDevSecOps (Security-JAWS第24回)
OSS+AWSでここまでできるDevSecOps (Security-JAWS第24回)Masaya Tahara
 
マイクロサービス 4つの分割アプローチ
マイクロサービス 4つの分割アプローチマイクロサービス 4つの分割アプローチ
マイクロサービス 4つの分割アプローチ増田 亨
 
どこに何を書くのか?
どこに何を書くのか?どこに何を書くのか?
どこに何を書くのか?pospome
 

What's hot (20)

DDD x CQRS 更新系と参照系で異なるORMを併用して上手くいった話
DDD x CQRS   更新系と参照系で異なるORMを併用して上手くいった話DDD x CQRS   更新系と参照系で異なるORMを併用して上手くいった話
DDD x CQRS 更新系と参照系で異なるORMを併用して上手くいった話
 
エンジニアの個人ブランディングと技術組織
エンジニアの個人ブランディングと技術組織エンジニアの個人ブランディングと技術組織
エンジニアの個人ブランディングと技術組織
 
これからSpringを使う開発者が知っておくべきこと
これからSpringを使う開発者が知っておくべきことこれからSpringを使う開発者が知っておくべきこと
これからSpringを使う開発者が知っておくべきこと
 
CircleCIのinfrastructureを支えるTerraformのCI/CDパイプラインの改善
CircleCIのinfrastructureを支えるTerraformのCI/CDパイプラインの改善CircleCIのinfrastructureを支えるTerraformのCI/CDパイプラインの改善
CircleCIのinfrastructureを支えるTerraformのCI/CDパイプラインの改善
 
Google Cloud で実践する SRE
Google Cloud で実践する SRE  Google Cloud で実践する SRE
Google Cloud で実践する SRE
 
データベース設計徹底指南
データベース設計徹底指南データベース設計徹底指南
データベース設計徹底指南
 
イミュータブルデータモデルの極意
イミュータブルデータモデルの極意イミュータブルデータモデルの極意
イミュータブルデータモデルの極意
 
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
 
例外設計における大罪
例外設計における大罪例外設計における大罪
例外設計における大罪
 
NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話
NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話
NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話
 
イミュータブルデータモデル(入門編)
イミュータブルデータモデル(入門編)イミュータブルデータモデル(入門編)
イミュータブルデータモデル(入門編)
 
モノリスからマイクロサービスへの移行 ~ストラングラーパターンの検証~(Spring Fest 2020講演資料)
モノリスからマイクロサービスへの移行 ~ストラングラーパターンの検証~(Spring Fest 2020講演資料)モノリスからマイクロサービスへの移行 ~ストラングラーパターンの検証~(Spring Fest 2020講演資料)
モノリスからマイクロサービスへの移行 ~ストラングラーパターンの検証~(Spring Fest 2020講演資料)
 
世界一わかりやすいClean Architecture
世界一わかりやすいClean Architecture世界一わかりやすいClean Architecture
世界一わかりやすいClean Architecture
 
それはYAGNIか? それとも思考停止か?
それはYAGNIか? それとも思考停止か?それはYAGNIか? それとも思考停止か?
それはYAGNIか? それとも思考停止か?
 
ソフトウェアにおける 複雑さとは何なのか?
ソフトウェアにおける 複雑さとは何なのか?ソフトウェアにおける 複雑さとは何なのか?
ソフトウェアにおける 複雑さとは何なのか?
 
強いて言えば「集約どう実装するのかな、を考える」な話
強いて言えば「集約どう実装するのかな、を考える」な話強いて言えば「集約どう実装するのかな、を考える」な話
強いて言えば「集約どう実装するのかな、を考える」な話
 
Swaggerで始めるモデルファーストなAPI開発
Swaggerで始めるモデルファーストなAPI開発Swaggerで始めるモデルファーストなAPI開発
Swaggerで始めるモデルファーストなAPI開発
 
OSS+AWSでここまでできるDevSecOps (Security-JAWS第24回)
OSS+AWSでここまでできるDevSecOps (Security-JAWS第24回)OSS+AWSでここまでできるDevSecOps (Security-JAWS第24回)
OSS+AWSでここまでできるDevSecOps (Security-JAWS第24回)
 
マイクロサービス 4つの分割アプローチ
マイクロサービス 4つの分割アプローチマイクロサービス 4つの分割アプローチ
マイクロサービス 4つの分割アプローチ
 
どこに何を書くのか?
どこに何を書くのか?どこに何を書くのか?
どこに何を書くのか?
 

Viewers also liked

ドメイン駆動設計 ( DDD ) をやってみよう
ドメイン駆動設計 ( DDD ) をやってみようドメイン駆動設計 ( DDD ) をやってみよう
ドメイン駆動設計 ( DDD ) をやってみよう増田 亨
 
ざっくり DDD 入門!!
ざっくり DDD 入門!!ざっくり DDD 入門!!
ざっくり DDD 入門!!Yukei Wachi
 
ドメイン駆動設計のためのオブジェクト指向入門
ドメイン駆動設計のためのオブジェクト指向入門ドメイン駆動設計のためのオブジェクト指向入門
ドメイン駆動設計のためのオブジェクト指向入門増田 亨
 
ドメイン駆動設計と サーバサイドと私
ドメイン駆動設計と サーバサイドと私ドメイン駆動設計と サーバサイドと私
ドメイン駆動設計と サーバサイドと私Noriaki Kadota
 
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装までドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで増田 亨
 
オブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツ
オブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツオブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツ
オブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツ増田 亨
 
オブジェクト指向プログラミングのためのモデリング入門
オブジェクト指向プログラミングのためのモデリング入門オブジェクト指向プログラミングのためのモデリング入門
オブジェクト指向プログラミングのためのモデリング入門増田 亨
 
ドメイン駆動設計 基本を理解する
ドメイン駆動設計 基本を理解するドメイン駆動設計 基本を理解する
ドメイン駆動設計 基本を理解する増田 亨
 
コードに語らせるために
コードに語らせるためにコードに語らせるために
コードに語らせるためにYukei Wachi
 
リッチなドメインモデル 名前探し
リッチなドメインモデル 名前探しリッチなドメインモデル 名前探し
リッチなドメインモデル 名前探し増田 亨
 
テスト駆動開発の進化
テスト駆動開発の進化テスト駆動開発の進化
テスト駆動開発の進化Yukei Wachi
 
コードで学ぶドメイン駆動設計入門
コードで学ぶドメイン駆動設計入門コードで学ぶドメイン駆動設計入門
コードで学ぶドメイン駆動設計入門潤一 加藤
 
ヤマオススメ@NGK2014
ヤマオススメ@NGK2014ヤマオススメ@NGK2014
ヤマオススメ@NGK2014Ryo RKTM
 
設計書からの卒業
設計書からの卒業設計書からの卒業
設計書からの卒業Fumiyasu Sumiya
 
ドメイン駆動設計 の 実践 Part3 DDD
ドメイン駆動設計 の 実践 Part3 DDDドメイン駆動設計 の 実践 Part3 DDD
ドメイン駆動設計 の 実践 Part3 DDD増田 亨
 
ドメイン駆動設計という仕事の流儀
ドメイン駆動設計という仕事の流儀ドメイン駆動設計という仕事の流儀
ドメイン駆動設計という仕事の流儀増田 亨
 
キレイなコードの書き方
キレイなコードの書き方キレイなコードの書き方
キレイなコードの書き方Takuya Kitamura
 

Viewers also liked (20)

ドメイン駆動設計 ( DDD ) をやってみよう
ドメイン駆動設計 ( DDD ) をやってみようドメイン駆動設計 ( DDD ) をやってみよう
ドメイン駆動設計 ( DDD ) をやってみよう
 
ざっくり DDD 入門!!
ざっくり DDD 入門!!ざっくり DDD 入門!!
ざっくり DDD 入門!!
 
ドメイン駆動設計のためのオブジェクト指向入門
ドメイン駆動設計のためのオブジェクト指向入門ドメイン駆動設計のためのオブジェクト指向入門
ドメイン駆動設計のためのオブジェクト指向入門
 
ドメイン駆動設計と サーバサイドと私
ドメイン駆動設計と サーバサイドと私ドメイン駆動設計と サーバサイドと私
ドメイン駆動設計と サーバサイドと私
 
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装までドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで
 
オブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツ
オブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツオブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツ
オブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツ
 
オブジェクト指向プログラミングのためのモデリング入門
オブジェクト指向プログラミングのためのモデリング入門オブジェクト指向プログラミングのためのモデリング入門
オブジェクト指向プログラミングのためのモデリング入門
 
ドメイン駆動設計 基本を理解する
ドメイン駆動設計 基本を理解するドメイン駆動設計 基本を理解する
ドメイン駆動設計 基本を理解する
 
コードに語らせるために
コードに語らせるためにコードに語らせるために
コードに語らせるために
 
tvOS tips
tvOS tipstvOS tips
tvOS tips
 
リッチなドメインモデル 名前探し
リッチなドメインモデル 名前探しリッチなドメインモデル 名前探し
リッチなドメインモデル 名前探し
 
テスト駆動開発の進化
テスト駆動開発の進化テスト駆動開発の進化
テスト駆動開発の進化
 
コードで学ぶドメイン駆動設計入門
コードで学ぶドメイン駆動設計入門コードで学ぶドメイン駆動設計入門
コードで学ぶドメイン駆動設計入門
 
ヤマオススメ@NGK2014
ヤマオススメ@NGK2014ヤマオススメ@NGK2014
ヤマオススメ@NGK2014
 
設計書からの卒業
設計書からの卒業設計書からの卒業
設計書からの卒業
 
Rrdtool基礎から応用
Rrdtool基礎から応用Rrdtool基礎から応用
Rrdtool基礎から応用
 
ドメイン駆動設計 の 実践 Part3 DDD
ドメイン駆動設計 の 実践 Part3 DDDドメイン駆動設計 の 実践 Part3 DDD
ドメイン駆動設計 の 実践 Part3 DDD
 
ドメイン駆動設計という仕事の流儀
ドメイン駆動設計という仕事の流儀ドメイン駆動設計という仕事の流儀
ドメイン駆動設計という仕事の流儀
 
Scala with DDD
Scala with DDDScala with DDD
Scala with DDD
 
キレイなコードの書き方
キレイなコードの書き方キレイなコードの書き方
キレイなコードの書き方
 

Similar to ドメイン駆動設計再入門

ゆらぎのある決定
ゆらぎのある決定ゆらぎのある決定
ゆらぎのある決定Yukei Wachi
 
ドメイン駆動設計のプラクティスでカバーできること、できないこと[DDD]
ドメイン駆動設計のプラクティスでカバーできること、できないこと[DDD]ドメイン駆動設計のプラクティスでカバーできること、できないこと[DDD]
ドメイン駆動設計のプラクティスでカバーできること、できないこと[DDD]Koichiro Matsuoka
 
Dddをもっと身近に
Dddをもっと身近にDddをもっと身近に
Dddをもっと身近にYukei Wachi
 
ドメイン駆動設計入門
ドメイン駆動設計入門ドメイン駆動設計入門
ドメイン駆動設計入門Yukei Wachi
 
「攻めのIt」を実現するアーキテクチャーとdev opsの関係
「攻めのIt」を実現するアーキテクチャーとdev opsの関係「攻めのIt」を実現するアーキテクチャーとdev opsの関係
「攻めのIt」を実現するアーキテクチャーとdev opsの関係Yukei Wachi
 
Aws Dev Day2021 「ドメイン駆動設計のマイクロサービスへの活用とデベロッパーに求められるスキル」参考資料(松岡パート)
Aws Dev Day2021 「ドメイン駆動設計のマイクロサービスへの活用とデベロッパーに求められるスキル」参考資料(松岡パート)Aws Dev Day2021 「ドメイン駆動設計のマイクロサービスへの活用とデベロッパーに求められるスキル」参考資料(松岡パート)
Aws Dev Day2021 「ドメイン駆動設計のマイクロサービスへの活用とデベロッパーに求められるスキル」参考資料(松岡パート)Koichiro Matsuoka
 
【19-B-5】出張!DDD難民救済キャンプ
【19-B-5】出張!DDD難民救済キャンプ【19-B-5】出張!DDD難民救済キャンプ
【19-B-5】出張!DDD難民救済キャンプkentaro watanabe
 
俺たちの自分戦略 - namikawa (DevLOVE Conference 2012)
俺たちの自分戦略 - namikawa (DevLOVE Conference 2012)俺たちの自分戦略 - namikawa (DevLOVE Conference 2012)
俺たちの自分戦略 - namikawa (DevLOVE Conference 2012)Yuuki Namikawa
 
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜Yukei Wachi
 
Live2Dの描画の裏側の話
Live2Dの描画の裏側の話Live2Dの描画の裏側の話
Live2Dの描画の裏側の話Naoki Aso
 
SGT技術トークス 継続的デリバリー
SGT技術トークス 継続的デリバリーSGT技術トークス 継続的デリバリー
SGT技術トークス 継続的デリバリーYukei Wachi
 
プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話
プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話
プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話Yoh Nakamura
 
プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話
プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話
プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話GuildWorks
 
ドメイン駆動設計におけるシナリオテストの活用
ドメイン駆動設計におけるシナリオテストの活用ドメイン駆動設計におけるシナリオテストの活用
ドメイン駆動設計におけるシナリオテストの活用Takehiro Inoue
 
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumiKaoru NAKAMURA
 
Microsoft MVPとは?コミュニティ活動のすすめ
Microsoft MVPとは?コミュニティ活動のすすめMicrosoft MVPとは?コミュニティ活動のすすめ
Microsoft MVPとは?コミュニティ活動のすすめTomomitsuKusaba
 
ドメイン駆動設計を実践するプログラマーの悩み
ドメイン駆動設計を実践するプログラマーの悩みドメイン駆動設計を実践するプログラマーの悩み
ドメイン駆動設計を実践するプログラマーの悩みhaljik Seiji
 
設計と実装で 抑えておきたい サービスクラスと例外
設計と実装で 抑えておきたい サービスクラスと例外設計と実装で 抑えておきたい サービスクラスと例外
設計と実装で 抑えておきたい サービスクラスと例外Takuya Sato
 

Similar to ドメイン駆動設計再入門 (20)

ゆらぎのある決定
ゆらぎのある決定ゆらぎのある決定
ゆらぎのある決定
 
ドメイン駆動設計のプラクティスでカバーできること、できないこと[DDD]
ドメイン駆動設計のプラクティスでカバーできること、できないこと[DDD]ドメイン駆動設計のプラクティスでカバーできること、できないこと[DDD]
ドメイン駆動設計のプラクティスでカバーできること、できないこと[DDD]
 
Dddをもっと身近に
Dddをもっと身近にDddをもっと身近に
Dddをもっと身近に
 
ドメイン駆動設計入門
ドメイン駆動設計入門ドメイン駆動設計入門
ドメイン駆動設計入門
 
「攻めのIt」を実現するアーキテクチャーとdev opsの関係
「攻めのIt」を実現するアーキテクチャーとdev opsの関係「攻めのIt」を実現するアーキテクチャーとdev opsの関係
「攻めのIt」を実現するアーキテクチャーとdev opsの関係
 
Aws Dev Day2021 「ドメイン駆動設計のマイクロサービスへの活用とデベロッパーに求められるスキル」参考資料(松岡パート)
Aws Dev Day2021 「ドメイン駆動設計のマイクロサービスへの活用とデベロッパーに求められるスキル」参考資料(松岡パート)Aws Dev Day2021 「ドメイン駆動設計のマイクロサービスへの活用とデベロッパーに求められるスキル」参考資料(松岡パート)
Aws Dev Day2021 「ドメイン駆動設計のマイクロサービスへの活用とデベロッパーに求められるスキル」参考資料(松岡パート)
 
【19-B-5】出張!DDD難民救済キャンプ
【19-B-5】出張!DDD難民救済キャンプ【19-B-5】出張!DDD難民救済キャンプ
【19-B-5】出張!DDD難民救済キャンプ
 
俺たちの自分戦略 - namikawa (DevLOVE Conference 2012)
俺たちの自分戦略 - namikawa (DevLOVE Conference 2012)俺たちの自分戦略 - namikawa (DevLOVE Conference 2012)
俺たちの自分戦略 - namikawa (DevLOVE Conference 2012)
 
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜
 
Live2Dの描画の裏側の話
Live2Dの描画の裏側の話Live2Dの描画の裏側の話
Live2Dの描画の裏側の話
 
SGT技術トークス 継続的デリバリー
SGT技術トークス 継続的デリバリーSGT技術トークス 継続的デリバリー
SGT技術トークス 継続的デリバリー
 
プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話
プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話
プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話
 
プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話
プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話
プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話
 
ドメイン駆動設計におけるシナリオテストの活用
ドメイン駆動設計におけるシナリオテストの活用ドメイン駆動設計におけるシナリオテストの活用
ドメイン駆動設計におけるシナリオテストの活用
 
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
 
雲の上の継続的デリバリー
雲の上の継続的デリバリー雲の上の継続的デリバリー
雲の上の継続的デリバリー
 
雲の上の継続的デリバリー - Cloudforce Japan 2012
雲の上の継続的デリバリー - Cloudforce Japan 2012雲の上の継続的デリバリー - Cloudforce Japan 2012
雲の上の継続的デリバリー - Cloudforce Japan 2012
 
Microsoft MVPとは?コミュニティ活動のすすめ
Microsoft MVPとは?コミュニティ活動のすすめMicrosoft MVPとは?コミュニティ活動のすすめ
Microsoft MVPとは?コミュニティ活動のすすめ
 
ドメイン駆動設計を実践するプログラマーの悩み
ドメイン駆動設計を実践するプログラマーの悩みドメイン駆動設計を実践するプログラマーの悩み
ドメイン駆動設計を実践するプログラマーの悩み
 
設計と実装で 抑えておきたい サービスクラスと例外
設計と実装で 抑えておきたい サービスクラスと例外設計と実装で 抑えておきたい サービスクラスと例外
設計と実装で 抑えておきたい サービスクラスと例外
 

More from Yukei Wachi

エヴァンス本から今学べること
エヴァンス本から今学べることエヴァンス本から今学べること
エヴァンス本から今学べることYukei Wachi
 
価値の源流に向かう旅
価値の源流に向かう旅価値の源流に向かう旅
価値の源流に向かう旅Yukei Wachi
 
スモールリーダーシップ読書会ワークショップ
スモールリーダーシップ読書会ワークショップスモールリーダーシップ読書会ワークショップ
スモールリーダーシップ読書会ワークショップYukei Wachi
 
「言葉の地図」でチームの議論をスムーズに
「言葉の地図」でチームの議論をスムーズに「言葉の地図」でチームの議論をスムーズに
「言葉の地図」でチームの議論をスムーズにYukei Wachi
 
知識から反射へ
知識から反射へ知識から反射へ
知識から反射へYukei Wachi
 
エッセンシャルスクラムのエッセンス
エッセンシャルスクラムのエッセンスエッセンシャルスクラムのエッセンス
エッセンシャルスクラムのエッセンスYukei Wachi
 
世界をすこしだけ前に進めるということ
世界をすこしだけ前に進めるということ世界をすこしだけ前に進めるということ
世界をすこしだけ前に進めるということYukei Wachi
 
教科書と現場のあいだ
教科書と現場のあいだ教科書と現場のあいだ
教科書と現場のあいだYukei Wachi
 
Future Center@Junkudo
Future Center@JunkudoFuture Center@Junkudo
Future Center@JunkudoYukei Wachi
 
Growing Grails Software, Driven by Domain
Growing Grails Software, Driven by DomainGrowing Grails Software, Driven by Domain
Growing Grails Software, Driven by DomainYukei Wachi
 
戦略的設計入門
戦略的設計入門戦略的設計入門
戦略的設計入門Yukei Wachi
 
DDD Part3 Retrospective
DDD Part3 RetrospectiveDDD Part3 Retrospective
DDD Part3 RetrospectiveYukei Wachi
 
Behaviour And Model
Behaviour And ModelBehaviour And Model
Behaviour And ModelYukei Wachi
 

More from Yukei Wachi (14)

エヴァンス本から今学べること
エヴァンス本から今学べることエヴァンス本から今学べること
エヴァンス本から今学べること
 
価値の源流に向かう旅
価値の源流に向かう旅価値の源流に向かう旅
価値の源流に向かう旅
 
スモールリーダーシップ読書会ワークショップ
スモールリーダーシップ読書会ワークショップスモールリーダーシップ読書会ワークショップ
スモールリーダーシップ読書会ワークショップ
 
「言葉の地図」でチームの議論をスムーズに
「言葉の地図」でチームの議論をスムーズに「言葉の地図」でチームの議論をスムーズに
「言葉の地図」でチームの議論をスムーズに
 
知識から反射へ
知識から反射へ知識から反射へ
知識から反射へ
 
エッセンシャルスクラムのエッセンス
エッセンシャルスクラムのエッセンスエッセンシャルスクラムのエッセンス
エッセンシャルスクラムのエッセンス
 
世界をすこしだけ前に進めるということ
世界をすこしだけ前に進めるということ世界をすこしだけ前に進めるということ
世界をすこしだけ前に進めるということ
 
教科書と現場のあいだ
教科書と現場のあいだ教科書と現場のあいだ
教科書と現場のあいだ
 
Future Center@Junkudo
Future Center@JunkudoFuture Center@Junkudo
Future Center@Junkudo
 
Growing Grails Software, Driven by Domain
Growing Grails Software, Driven by DomainGrowing Grails Software, Driven by Domain
Growing Grails Software, Driven by Domain
 
戦略的設計入門
戦略的設計入門戦略的設計入門
戦略的設計入門
 
Model on Grails
Model on GrailsModel on Grails
Model on Grails
 
DDD Part3 Retrospective
DDD Part3 RetrospectiveDDD Part3 Retrospective
DDD Part3 Retrospective
 
Behaviour And Model
Behaviour And ModelBehaviour And Model
Behaviour And Model
 

Recently uploaded

論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayersToru Tamaki
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一瑛一 西口
 
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptxssuserbefd24
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose EstimationToru Tamaki
 
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)keikoitakurag
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑Akihiro Kadohata
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計atsushi061452
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521Satoshi Makita
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )iwashiira2ctf
 
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdfAyachika Kitazaki
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員Sadaomi Nishi
 

Recently uploaded (11)

論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
 
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
 
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
 
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
 

ドメイン駆動設計再入門