Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
制作会社・代理店・クライアント
みんなが幸せ!
現場担当者のための
サイトリニューアル
自己紹介
株式会社デジタルアイデンティティ
SEO Div. チーフコンサルタント
金子 睦朗
SEOアナリストとしてさまざまな規模・業種の
サイトを担当。リフォーム、婚活、ジュエリーなど
コンテンツを中心としたSEOが重要な業種へのコンサルテ...
弊社からSEOの本が出ました!
現場のプロから学ぶSEO技術バ
イブル(マイナビ出版)
私はお手伝いとして参加しました🙏
弊社のブログが絶好調です!
「PDCA」1位、「UX」2位
など、色々なキーワードで
上位獲得😜
今日お話すること
SEO担当者としてサイトリニューアルに関わるときに感じたこと、やったこと、できていなく
て指示したことなどをお話します。
ここにいる方のバックグラウンド調査
「サイトリニューアル」で思い浮かぶ工程
● 要件定義
● 構造設計
● デザイン
● コーディング
● システム開発
👩 👨 👨💻👔
営業 デザイナー ディレクター エンジニア
忘れてませんか?集客のこと
● どこからどうやってサイトに来てる?
● ユーザーが自分のサイトに来る目的は?
● アクセスが一番多いページはどれ?
SEO担当としてリニューアルに関わると感じること
● サイト構造を大幅に変えてしまう
● 流入の多いページを削除してしまう
● 下層ページからの流入がメインであることが認識されていない
● カテゴリ構造が検索需要を加味しきれていない
● 検索エ...
SEO担当としてリニューアルに関わると感じること
● サイト構造を大幅に変えてしまう
● 流入の多いページを削除してしまう
● 下層ページからの流入がメインであることが認識されていない
● カテゴリ構造が検索需要を加味しきれていない
● 検索エ...
SEO担当としてリニューアルに関わると感じること
● サイト構造を大幅に変えてしまう
● 流入の多いページを削除してしまう
● 下層ページからの流入がメインであることが認識されていない
● カテゴリ構造が検索需要を加味しきれていない
● 検索エ...
ディレクター・デザイナー
と設計段階で話し合うこと
👨👩
ディレクター・デザイナーと設計段階で話し合うこと
● サイト構造を大幅に変えてしまう
● 流入の多いページを削除してしまう
● 下層ページからの流入がメインであることが認識されていない
● カテゴリ構造が検索需要を加味しきれていない
設計段階でSEOを無視すると何がいけないの?
● サイト構造を大幅に変えてしまう
→流入を集めていた上層階層のページで流入減が発生する
● 流入の多いページを削除してしまう
→単純に流入が減る(他のページでのリカバーは時間が掛かる)
● 下層ペ...
実際に起きてしまった事例
設計段階で行うこと
● 現状の流入数の把握(Google Analytics)
※チャネルごとに確認
● 現状の流入キーワードの把握(Search Console)
※流入数の多いページはページごとに確認
● 検索需要の高いキーワードでの順位状...
現状の流入数・流入キーワードの把握
現状の流入数・流入キーワードの把握
トップページから流入してくる人っている?
エンジニアと
開発しながら解決すること
👨💻
エンジニアと開発しながら解決すること
● 検索エンジンから認識されにくい技術を使ってしまう
● URL構造が検索エンジンフレンドリーでない
● URLが変わってもリダイレクトされていない
● sitemap.xmlが更新されていない
● rob...
検索エンジンってどこまで理解できるの?
検索機能を持つサイト
https://www.example.com/search.php?a0978b35551fb05282f6d49eddd406b
15f4a68957c3e4535d0f7288e4c73a4158fa264fbb6b...
検索機能で失敗してしまった事例
URLってどうしたらいいの
https://www.example.com/
https://www.example.com/product/
https://www.example.com/product/hoge/
https://www....
絶対に忘れてはいけない「リダイレクト」
● URL対応表を作って、URLが変更になるページは基本すべてリダイレクト
● 検索エンジンのためだけでなく、ユーザーのためにも
● ステータスコードは基本「301」
↓実際の案件で使っているリダイレクト...
Javascriptってどうしたらいいの
● 検索からの流入が重要なコンテンツには使わないほうがよい
マーケ担当と公開直前に
話し合うこと
マーケ担当と公開直前に話し合うこと
● 解析タグ・広告タグが整理されていない
● サーチコンソールを見ていない
● Google Analyticsを見ていない
解析タグ・広告タグ抜け漏れ問題
● リニューアル後からGoogle Analyticsの数値が取れてなかった
● 同、広告のコンバージョンが計測できていなかった
● リターゲティング広告がうまく動いていなかった
● 広告効果測定ツール(アドエビ...
パラメータの付与ルールが変わってたのにGAの設定し
てなかった
&utm_source=ydn&utm_medium=remark&
utm_campaign=●●● みたいなやつ
抜け漏れないようにするために
● マーケ担当に、今入っているタグの一覧をもらうこと
● タグマネージャーで管理していれば、タグマネージャー管理外のタグがないかどう
か確認すること
● サンクスページのURLに変更があればその旨を伝えること
● ...
サーチコンソールは見ていますか?
● 正しくURL変更できているか確認する
● ドメインごと変更になる場合は「アドレス変更ツール」を使う
● Googlebotがちゃんとサイトに来てくれているか確認する
● 検索エンジンからの見え方を「Fetc...
Google Analyticsはみていますか?
● リニューアル前後で流入数に変化がないか
● 異常なアクセス変化がないか
まとめ
● サイト構造やページ構成が大きく変わるときは、GAやサーチコンソール、順位取得
ツールなどで現状の流入数、流入キーワード、順位を把握しておく
● URL構造やページ生成ルール、CMSなどのシステムが変更になるときは、検索エン
ジンでも...
宣伝:デジタルアイデンティティのリニューアル
【MTDDCMeetupTokyo2018】制作会社・代理店・クライアント みんなが幸せ! 現場担当者のためのサイトリニューアル
【MTDDCMeetupTokyo2018】制作会社・代理店・クライアント みんなが幸せ! 現場担当者のためのサイトリニューアル
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

【MTDDCMeetupTokyo2018】制作会社・代理店・クライアント みんなが幸せ! 現場担当者のためのサイトリニューアル

55 views

Published on

みんなが幸せ!というタイトルではありますが、今日は、SEO担当者としてサイトリニューアルに関わったときのことを事例を交えて紹介したいと思います。

直近、SEO担当者としてサイトリニューアルに関わる機会が多くて。。ありがたいことに。。3案件くらいずっと並行して。。
基本的にやることは変わらないんですが、どれかが抜けるとどっかの工程、もしくは公開後に何かしら問題が起こるので、
問題が起きないようになにをしたのか、ご紹介できればと思います。

Published in: Marketing
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

【MTDDCMeetupTokyo2018】制作会社・代理店・クライアント みんなが幸せ! 現場担当者のためのサイトリニューアル

  1. 1. 制作会社・代理店・クライアント みんなが幸せ! 現場担当者のための サイトリニューアル
  2. 2. 自己紹介 株式会社デジタルアイデンティティ SEO Div. チーフコンサルタント 金子 睦朗 SEOアナリストとしてさまざまな規模・業種の サイトを担当。リフォーム、婚活、ジュエリーなど コンテンツを中心としたSEOが重要な業種へのコンサルティングを得意と する。 直近は大型サイトを含むサイトリニューアルにおけるSEO部分の担当を多く行う。 さら にHTMLやCMSなどにも精通しており、制作・システムサイドとのスムーズな連携が行 えることも強み。
  3. 3. 弊社からSEOの本が出ました! 現場のプロから学ぶSEO技術バ イブル(マイナビ出版) 私はお手伝いとして参加しました🙏
  4. 4. 弊社のブログが絶好調です! 「PDCA」1位、「UX」2位 など、色々なキーワードで 上位獲得😜
  5. 5. 今日お話すること SEO担当者としてサイトリニューアルに関わるときに感じたこと、やったこと、できていなく て指示したことなどをお話します。
  6. 6. ここにいる方のバックグラウンド調査
  7. 7. 「サイトリニューアル」で思い浮かぶ工程 ● 要件定義 ● 構造設計 ● デザイン ● コーディング ● システム開発 👩 👨 👨💻👔 営業 デザイナー ディレクター エンジニア
  8. 8. 忘れてませんか?集客のこと ● どこからどうやってサイトに来てる? ● ユーザーが自分のサイトに来る目的は? ● アクセスが一番多いページはどれ?
  9. 9. SEO担当としてリニューアルに関わると感じること ● サイト構造を大幅に変えてしまう ● 流入の多いページを削除してしまう ● 下層ページからの流入がメインであることが認識されていない ● カテゴリ構造が検索需要を加味しきれていない ● 検索エンジンから認識されにくい技術を使ってしまう ● URL構造が検索エンジンフレンドリーでない ● URLが変わってもリダイレクトされていない ● sitemap.xmlが更新されていない ● robots.txtでサイト全体をブロックしたまま公開されている ● 解析タグ・広告タグが整理されていない ● サーチコンソールを見ていない ● Google Analyticsを見ていない
  10. 10. SEO担当としてリニューアルに関わると感じること ● サイト構造を大幅に変えてしまう ● 流入の多いページを削除してしまう ● 下層ページからの流入がメインであることが認識されていない ● カテゴリ構造が検索需要を加味しきれていない ● 検索エンジンから認識されにくい技術を使ってしまう ● URL構造が検索エンジンフレンドリーでない ● URLが変わってもリダイレクトされていない ● sitemap.xmlが更新されていない ● robots.txtでサイト全体をブロックしたまま公開されている ● 解析タグ・広告タグが整理されていない ● サーチコンソールを見ていない Webディレクター・デ ザイナーとともに設計 段階で 解決できること エンジニアとともに開 発段階で解決 できること マーケ担当とともに 公開直前〜公開後に 解決できること
  11. 11. SEO担当としてリニューアルに関わると感じること ● サイト構造を大幅に変えてしまう ● 流入の多いページを削除してしまう ● 下層ページからの流入がメインであることが認識されていない ● カテゴリ構造が検索需要を加味しきれていない ● 検索エンジンから認識されにくい技術を使ってしまう ● URL構造が検索エンジンフレンドリーでない ● URLが変わってもリダイレクトされていない ● sitemap.xmlが更新されていない ● robots.txtでサイト全体をブロックしたまま公開されている ● 解析タグ・広告タグが整理されていない ● サーチコンソールを見ていない Webディレクター・デ ザイナーとともに設計 段階で 解決できること エンジニアとともに開 発段階で解決 できること マーケ担当とともに 公開直前〜公開後に 解決できること 時間の許す限り お話しします🙏
  12. 12. ディレクター・デザイナー と設計段階で話し合うこと 👨👩
  13. 13. ディレクター・デザイナーと設計段階で話し合うこと ● サイト構造を大幅に変えてしまう ● 流入の多いページを削除してしまう ● 下層ページからの流入がメインであることが認識されていない ● カテゴリ構造が検索需要を加味しきれていない
  14. 14. 設計段階でSEOを無視すると何がいけないの? ● サイト構造を大幅に変えてしまう →流入を集めていた上層階層のページで流入減が発生する ● 流入の多いページを削除してしまう →単純に流入が減る(他のページでのリカバーは時間が掛かる) ● 下層ページからの流入がメインであることが認識されていない →下層ページの設計が疎かになり使いにくいサイトに… ● カテゴリ構造が検索需要を加味しきれていない →ページごとのまとまりで評価されにくく、全体的に検索エンジンから  評価されにくくなる
  15. 15. 実際に起きてしまった事例
  16. 16. 設計段階で行うこと ● 現状の流入数の把握(Google Analytics) ※チャネルごとに確認 ● 現状の流入キーワードの把握(Search Console) ※流入数の多いページはページごとに確認 ● 検索需要の高いキーワードでの順位状況 ● 変更後のサイト構造と検索ニーズの照らし合わせ
  17. 17. 現状の流入数・流入キーワードの把握
  18. 18. 現状の流入数・流入キーワードの把握
  19. 19. トップページから流入してくる人っている?
  20. 20. エンジニアと 開発しながら解決すること 👨💻
  21. 21. エンジニアと開発しながら解決すること ● 検索エンジンから認識されにくい技術を使ってしまう ● URL構造が検索エンジンフレンドリーでない ● URLが変わってもリダイレクトされていない ● sitemap.xmlが更新されていない ● robots.txtでサイト全体をブロックしたまま公開されている
  22. 22. 検索エンジンってどこまで理解できるの?
  23. 23. 検索機能を持つサイト https://www.example.com/search.php?a0978b35551fb05282f6d49eddd406b 15f4a68957c3e4535d0f7288e4c73a4158fa264fbb6b688ebfa67c3ecfd0b87a3 99192eceaf2131fc780be27a82c155c0 https://www.example.com/search.php https://www.example.com/search/men/tshirt/ https://www.example.com/search/men/tshirt/blue/ https://www.example.com/search.php?gen=men&cat=tshirt&color=blue
  24. 24. 検索機能で失敗してしまった事例
  25. 25. URLってどうしたらいいの https://www.example.com/ https://www.example.com/product/ https://www.example.com/product/hoge/ https://www.example.com/news/ https://www.example.com/news/pressrelease/ https://www.example.com/news/pressrelease/hoge/ https://www.example.com/search.php?color=red&size=s
  26. 26. 絶対に忘れてはいけない「リダイレクト」 ● URL対応表を作って、URLが変更になるページは基本すべてリダイレクト ● 検索エンジンのためだけでなく、ユーザーのためにも ● ステータスコードは基本「301」 ↓実際の案件で使っているリダイレクト対応表
  27. 27. Javascriptってどうしたらいいの ● 検索からの流入が重要なコンテンツには使わないほうがよい
  28. 28. マーケ担当と公開直前に 話し合うこと
  29. 29. マーケ担当と公開直前に話し合うこと ● 解析タグ・広告タグが整理されていない ● サーチコンソールを見ていない ● Google Analyticsを見ていない
  30. 30. 解析タグ・広告タグ抜け漏れ問題 ● リニューアル後からGoogle Analyticsの数値が取れてなかった ● 同、広告のコンバージョンが計測できていなかった ● リターゲティング広告がうまく動いていなかった ● 広告効果測定ツール(アドエビスなど)がちゃんと動いていなかった ● ヒートマップツールがちゃんと動いていなかった
  31. 31. パラメータの付与ルールが変わってたのにGAの設定し てなかった &utm_source=ydn&utm_medium=remark& utm_campaign=●●● みたいなやつ
  32. 32. 抜け漏れないようにするために ● マーケ担当に、今入っているタグの一覧をもらうこと ● タグマネージャーで管理していれば、タグマネージャー管理外のタグがないかどう か確認すること ● サンクスページのURLに変更があればその旨を伝えること ● 入稿URLを変更する必要があるかもしれないので、URLが変わる場合は広告担当 者にもその旨を共有すること
  33. 33. サーチコンソールは見ていますか? ● 正しくURL変更できているか確認する ● ドメインごと変更になる場合は「アドレス変更ツール」を使う ● Googlebotがちゃんとサイトに来てくれているか確認する ● 検索エンジンからの見え方を「Fetch as Google」で確認する ● リニューアル後の流入数をチェックする
  34. 34. Google Analyticsはみていますか? ● リニューアル前後で流入数に変化がないか ● 異常なアクセス変化がないか
  35. 35. まとめ ● サイト構造やページ構成が大きく変わるときは、GAやサーチコンソール、順位取得 ツールなどで現状の流入数、流入キーワード、順位を把握しておく ● URL構造やページ生成ルール、CMSなどのシステムが変更になるときは、検索エン ジンでも認識できる仕様かどうかチェックする ● 広告タグ・解析タグは「今、何を使っているのか」「何を埋めればいいのか」を要 チェック
  36. 36. 宣伝:デジタルアイデンティティのリニューアル

×