Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Fumoto 100912

symposium presentation

  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

Fumoto 100912

  1. 1. 伝統的構法の継手・仕口について 古典建築書にみる継手・仕口 伝統的構法の設計法作成および性能検証実験検討委員会 第 1 回シンポジウム  金沢 構法・歴史部会 主査  名古屋工業大学 教授 麓 和善
  2. 2. 1.はじめに   明治期以降 木造建築の近代化 -> 耐震化  濃尾震災の翌明治 25 年 6 月  〈震災予防調査会〉設立  明治 27 年  山形県酒田地方震災の復興家屋構造の指針  「木造耐震家屋構造要領」発表  明治 25 ~ 26 年  伊藤為吉が『建築雑誌』に発表した提案   日本家屋構造の欠陥    ① 屋根重量の過大なること    ② 柱が孤立していること    ③ ほぞ穴等継手・仕口の部材の切り欠きが多いこと    ④ 貫や楔による固定が一時的であること   その対策    ① 筋違や土台の設置の必要性    ② 木造各部の固定金物の考案とその使用法
  3. 3. 佐野利器 『家屋耐震構造論』 ( 大正5年刊 ) 木造家屋 「土台ハ柱脚ヲ連結スルニ最モ有効ナリ  ( 中略 )    土台ハ側石上端ニ太枘又ハボルトニ依テ固定セラルベシ」 「柱ハ凡テ枘立トナスベク土台トノ接合ニハ鍄、筋違ボルト  又ハソノ他ノ鉄物ヲ用フベシ」 その後の耐震性能向上の考え方 土台および柱足元を基礎に緊結し、 接合部には、より強度の高い継手・仕口や金物を用い、 部材欠損部を補うために部材断面寸法を大きくしてきた。 しかしながら、これは、柱を礎石に緊結しない構法を、 科学的に十分検証した結果とはいいがたい。
  4. 4. 本委員会の目的 石場建てを含む伝統構法のすぐれた変形性能を構造力学的に解明 そのためには明治期以降に近代化された構法を用いるのではなく、 また最初から「伝統技術を用いた新構法」の提案をするのでもなく、 明治期以前の伝統構法、そして住宅を主対象とするのであれば 江戸時代以後、すなわち江戸時代から明治期の伝統構法を用いて、 その性能検証実験を行う必要がある。 構法・歴史部会が最初になすべきこと 江戸時代から明治期にかけて著述刊行された古典建築書や、 実際の建物の事例として文化財修理工事報告書を調べ、 本来の伝統構法を明らかにする。
  5. 5. 古典建築書に見る継手・仕口 「構法雛形」は 約 80 本、そのうち「継手・仕口雛形」 25 本 若山滋・麓和善編著『日本建築古典叢書8       近世建築書-構法雛形』 ( 大龍堂書店  1993 年刊 ) 継手・仕口雛形全 25 本に記載された継手・仕口は 105 種類 部位・部材別に用いられる継手 ・仕口の種類 継手・仕口の変化・発展過程等について考察
  6. 6. 『匠家仕口雛形』 <ul><li>年 代 享保13年 (1728) 中秋 (8 月 ) 写 </li></ul><ul><li>著 者 甲良若狭棟利 </li></ul><ul><li>所 蔵 東京都立中央図書館 </li></ul><ul><li>備 考 甲良家は幕府作事方大棟梁で棟利は </li></ul><ul><li>      その 5 代目。享保 11 年 (1726) 跡式、同 </li></ul><ul><li>      20 年没。継手・仕口雛形としては初見の </li></ul><ul><li>      史料である。主に継手・仕口に関する斜 </li></ul><ul><li>      投象の図と名称が記されている。 </li></ul>
  7. 18. 『御作事方仕口之図』 <ul><li>年 代 享保1 4 年 (1729) 3 月記 </li></ul><ul><li>著 者 甲良宗員 </li></ul><ul><li>所 蔵 東京都立中央図書館 </li></ul><ul><li>備 考 幕府作事方大棟梁甲良家4代志摩宗員〔元禄 </li></ul><ul><li>       12 年 (1699) 跡式、享保 18 年没〕による建ち絵 </li></ul><ul><li>      図主体の史料。水盛・礎石据・継手・仕口から </li></ul><ul><li>      屋根葺きまで、工程順に構法を図解したうえで、 </li></ul><ul><li>      柵・門・井戸・雪隠など多岐にわたる雑作が収 </li></ul><ul><li>      録されており、作事方の標準設計における構 </li></ul><ul><li>      法教書と見られる。継手・仕口の図法に正投象 </li></ul><ul><li>      を用いている。 </li></ul>
  8. 22. 『 継目仕口扣 』 寛政 5 年 (1793) 夏記 幕府作事方大棟梁辻内飛騨竝昌 東京国立博物館所蔵 『匠家仕口雛形』 と類似の図が多く収録されているが、噛み合わせ付きの小根枘・四方差に用いる舟枘・筏枘・宮島継・箱台持ち継・繋鎌継・地獄枘などは、本史料を初出とする。
  9. 24. 『 御殿向作事堅書図解 』 寛政 5 年 (1793) 夏記 西尾市立図書館岩瀬文庫所蔵 江戸時代後期の御殿作事仕様である本途帳と同時期のもの。両目違2枚鎌継・二枚寄せ蟻などは、本史料を初出とする。
  10. 26. 『 ( 鎌繾之図等 ) 』 江戸時代後期 加賀藩御大工清水家 金沢市立図書館
  11. 28. 『大工雛形 規矩鑑集 蔕指口』 寛政末 ( 1800 ) 頃 若杉家 国会図書館所蔵 香の図差しなどの差物の仕口や、阿弥陀鎌・安芸様継など意匠を重視した継手で初見のものが見える。
  12. 29. 『万宝柱立 番匠往来 全』 文政 6 年 (1823) 正月吉日 謙堂文庫他
  13. 31. 『番匠作事往来』 嘉永 (1850) 頃  整軒玄魚 ( 校 )  落合大賀範国 ( 図 )   東京大学他所蔵 造作材に用いる意匠的な継手を多く収録。 特に四方金輪継・四方松川継・大筋違継・ 雲霞継・水流継などは、本史料を初出とする。
  14. 33. むすび 継手・仕口雛形として最古の『匠家仕口雛形』が、享保 13 年 (1728) の書写。 古典建築書の中でも、継手・仕口雛形は後発のもの。 『匠家仕口雛形』や『御作事方仕口之図』が幕府作事方大棟梁甲良家の史料であり、 『継目仕口扣』・『大工雛形規矩鑑集蔕指口』・『継手仕口絵図』が小普請方や作事方の正統的技術陣による史料である以上、決して軽視されてはいない。 史料の継手・仕口を総覧すると、『匠家仕口雛形』が、すでに全史料の技術的内容を ほぼカバーしているほどの完成度。 以後明治期にいたるまで多くの史料にそのまま引用されている。 構造材の接合方法である基本的な継手・仕口は、 1700 年頃までには完成。 以後明治期にいたるまでほとんど変化がない。 一方、 1800 年頃からは、宮島継・箱台持ち継・阿弥陀鎌・安芸様継など造作材の見え隠れ面に複雑な細工を施し、化粧面は極力目立たないように苦心した継手が多い。 さらに幕末になると、四方金輪継・四方松川継・大筋違継・雲霞継・水流継など、 あえて継手を意匠的に見せるものが出現。

×