組込Android本の執筆環境

4,386 views

Published on

執筆環境の今とこれから

0 Comments
8 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,386
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
236
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
8
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

組込Android本の執筆環境

  1. 1. 組込Android本 の執筆環境 でむらなりかず  a.k.a 黄色トゲトゲ
  2. 2. 自己紹介
  3. 3. この本の著者です
  4. 4. 監修の協力を いただき ありがとうございました
  5. 5.
  6. 6. 今回は執筆の流れや手法に ついて
  7. 7. 執筆に携わる方 の参考と なるように
  8. 8. 執筆環境 図表レビュー 校正 今後
  9. 9. 執筆環境 図表レビュー 校正 今後
  10. 10. 原稿はPlainText
  11. 11. Emacs + Google  日本語入力+ DropBox
  12. 12. ちなみに
  13. 13. 以前はskk使い
  14. 14. 執筆では左手小指が死ぬ ので辞めた
  15. 15. メリット
  16. 16. OSに左右され ない環境
  17. 17. 自宅 :Xubuntu外出先:WindowsMacも使う
  18. 18. カスタマイズ の柔軟性
  19. 19. バックアップ、 同期が完璧
  20. 20. うっかり上書きしてもファイル 救出可能
  21. 21. 編集者さんとの データ共有も らくらく
  22. 22. タグ入力が楽
  23. 23. タグ入力?
  24. 24. タグ(記号)を文の先頭に入れて区別 例えば● 大見出し(h1相当)☆ 小見出し(h2相当)▼ 図表指定(img相当)
  25. 25. 出版社別にタグの違いはあるが 基本同じ
  26. 26. 問題が...
  27. 27. タグ指定でいちいち変換するのは面倒
  28. 28. 出版社別にタグが覚えられない
  29. 29. そこでEmacs
  30. 30. 出版社別にメジャーモード を定義
  31. 31. テキストの先頭に おまじない-*- mode: c-and-r;-*-
  32. 32. html-modeと同じ操作でタグ 入力
  33. 33. らくちんでHappy!
  34. 34. 執筆環境 図表レビュー 校正 今後
  35. 35. 図表はつきもの
  36. 36. たとえば
  37. 37. 図の指示を出し後で清書しても らう
  38. 38. 元絵
  39. 39. 当初はiPadで 作画
  40. 40. 効率UPするはずが...(個人の感想です)
  41. 41. ソフトウェアキーボードの日本語入力
  42. 42. ソフトのVerUpに伴う バグ混入
  43. 43. 最終的にLibreOffceDrawで作画
  44. 44. さくさく進むよ orz
  45. 45. 思わぬ落とし穴に填まった感じ
  46. 46. 適切なツールを 使いましょう
  47. 47. 執筆環境 図表レビュー 校正 今後
  48. 48. 原稿に突っ込みを入れてもらう
  49. 49. GoogleDocs
  50. 50. コメントのハイライト、入力 共有化が楽
  51. 51. レビューに合わせ てタグ付け
  52. 52. あと
  53. 53. 生原稿は可読性が 悪い...
  54. 54. GoogleDocs で簡単に レイアウト
  55. 55. 原稿が読みやすくなる
  56. 56. 以降、レビュー の原稿を修正
  57. 57. 校正
  58. 58. ゲラ(レイアウト済み原稿)を修正していく
  59. 59. 修正対象は 2通り
  60. 60. - 紙に書込み- PDFに書込み
  61. 61. PDFを 選択
  62. 62. - 輸送時間- コピーを残す
  63. 63. iPad+Upad を利用
  64. 64. 校正指示基本的に手書き
  65. 65. 長文の入替のみ テキスト入力
  66. 66. 効率、可読性文字入力 < 手書き
  67. 67. これはうまくいった
  68. 68. 今後
  69. 69. もう一歩先に 進めて
  70. 70. Markdown 形式で執筆 http://ja.wikipedia.org/wiki/Markdown
  71. 71. Blogもmarkdownで 書いてます
  72. 72. メリット
  73. 73. 出版社別のタグから解放される
  74. 74. 出版社別にコンバータを 用意
  75. 75. Kramdown(ruby)を利用
  76. 76. htmlへの変換 が容易
  77. 77. htmlに変換するメリット
  78. 78. 見出しの文字サイ ズが変化する
  79. 79. つまり、文章が読 みやすくなる
  80. 80. 誤字脱字、変な日本語が見つけ やすい
  81. 81. 図表の不足も 一目瞭然
  82. 82. 割とお勧め
  83. 83. 執筆中な方がんばってくだ さい
  84. 84. 私もがんばります...
  85. 85. ご静聴ありがとうございました

×