Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
前
半年~1年後
情シス:できました
ちょっと違うんだよなぁ
事業部門
要望 標準化 予算・実装
事業部門 主管スタフ 情シス
後
実物
良
お話すること お話しないこと
J
8m 1w
A
シンプル,自
J
VS ♥
福井 知宏
Tomohiro Fukui
安藤 寿之
Toshiyuki Ando
DevOps-Team
Product Owner
/ Manager
Coach
1章 黎明期
8m
VS
▶
≠
実践
ステルス
20
▶
100馬身差
約30分
1800秒
約150秒
リリース手順書レス
リリース作業自動化
▶
8m 8m
VSVS
2章 転換期
Microsoft
牛尾 剛氏
@sandayuu
幹部の説得
DevOps講義
Value Stream Map
▼
組織のムダや課題を可視化
Ops(管理職)幹部
▶ 大きなロット(要求/IDEA)
▶ 一括請負
要件
インフラ
▶ 年度予算&多重承認
▶ 手動構築&手動台帳管理
開発
▶ 全件ウォータフォール
▶ 非効率なテスト(手動,画面HC)
デプロイ
▶ 手順書&画面HC信仰:統制
▶ 手作業&目視&クロスチェック
これって10年前のままじゃ・・・
8ヶ月 1週間
まじっすか?
幹部の説得 2
▶
出典:「文化の壁をぶち壊せ!日本でも出来る本物の DevOps ジャーニー」MS牛尾氏資料より抜粋
▶
出典:「文化の壁をぶち壊せ!日本でも出来る本物の DevOps ジャーニー」MS牛尾氏資料より抜粋
ま
ず
は
例
外
扱
い
(
高
純
度
)
現
行
プ
ロ
セ
ス
(
重
厚
長
大
)
大きなロット
一括請負
年度予算&多重承認
手動構築&手動台帳管理
全件ウォータフォール
非効率なテスト
手順書&画面HC信仰
手作業&目視&クロス...
技術的課題を
有識者(技術イケメン)と一緒に
一気に集中して(1週間缶詰)解決
▼
垂直立ち上げ
32bit
4GB
HDD
無
OS:
メモリ:
ディスク:
ディスプレイ:
とある技術サイト:
とあるクラウドストレージ:
とあるスライド共有サイト:
とある動画共有サイト:× (要申請)
× (要申請)
× (要申請)
×(要申請)
マイクロソフトのDevOpsの
知見を活用した、オンプレの
本番環境を含めたパイプライン。
それまで使っていたOSSは
(DockerやSpring Framework)
置き換えることなく移行完了。
「がっとやる」 「先人の知恵」
8m 8m
VSVS ♥
いけるかも
3章 修行期
32bit
4GB
HDD
無
64bit
16GB
SSD
有
▶
▶
禁止 除外▶
motivation-up.com
PO :不安
チーム:不安
成長には
時間が必要
ほんと小型案件でよかった
VSVS
8m 8m 1w
♥ ♥
Agile,
シンプル,自動
Agile,
シンプル,自動
4章 本番期
多 独自
ISMS
HR
WF
認証
権限
ログ
気づき
Coach
快適さ スゴさ
Devエンジニア
Opsマネージャ
1章 黎明期 2章 転換期
小さなシステムの
本番デプロイ
MS牛尾氏による
DevOps勉強会
幹部、関連部署を
巻き込みVSM作成、
ハックフェスト
https://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/book_data/search/9784621087862.html
1章 黎明期 2章 転換期
小さな成功(2)
ステップバイステップ(3)
著名人を招く (27)
外部のお墨付き (12)
経営層の支持者 (28)
みんなを巻き込む (33)
小さなシステムの
本番デプロイ
MS牛尾氏による
DevOps勉強...
Product Owner / Manager
チーム成果
SH感覚
過渡期はGAP有り
出典:東京都 NIOSH職業性ストレスモデル
✔
✔
出典:東京都 NIOSH職業性ストレスモデル
✔
✔
解決すべき課題が難しいほど効果的
知見に知見
を重ね
© 2017 Microsoft Corporation. All rights reserved.
本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話

1,903 views

Published on

安藤 寿之
NECソリューションイノベータ株式会社
情報システム部
アジャイル開発支援担当

福井 知宏
NECソリューションイノベータ株式会社
情報システム部
アプリケーション開発G マネージャ

ウォータフォールが主流な保守的な組織での DevOps ジャーニーをご紹介します。マイクロソフト DevOps エバンジェリストと、VSTS、Azure の力を借り、1990 年代の開発から、201x の開発に踏み出した情報システム部の開発チーム。勉強会から始まり、ステークホルダーの巻き込みを経て、DevOps にチャレンジ、リードタイムを最短1週間に短縮するまでの道のりと、そこで起こったマネージャや開発チームの変化を赤裸々にご説明します。

受講対象: DevOps の導入をこれから検討されているエンジニア、DevOps の導入効果を把握されたい方はぜひご参加ください。

製品/テクノロジ: DevOps/Microsoft Azure/OSS/TFS/VSTS/アーキテクチャ/運用/事業継続

Published in: Technology
  • Login to see the comments

[DO01] DevOps でリードタイムを8ヶ月から最短1週間まで短縮!!  マネージャや開発チーム変化の赤裸々話

  1. 1. 前
  2. 2. 半年~1年後 情シス:できました
  3. 3. ちょっと違うんだよなぁ 事業部門
  4. 4. 要望 標準化 予算・実装 事業部門 主管スタフ 情シス
  5. 5.
  6. 6. 実物
  7. 7.
  8. 8. お話すること お話しないこと J
  9. 9. 8m 1w A シンプル,自 J VS ♥
  10. 10. 福井 知宏 Tomohiro Fukui 安藤 寿之 Toshiyuki Ando DevOps-Team Product Owner / Manager Coach
  11. 11. 1章 黎明期
  12. 12. 8m VS
  13. 13. ▶ ≠
  14. 14. 実践
  15. 15. ステルス
  16. 16. 20
  17. 17.
  18. 18. 100馬身差 約30分 1800秒 約150秒 リリース手順書レス リリース作業自動化
  19. 19.
  20. 20. 8m 8m VSVS
  21. 21. 2章 転換期
  22. 22. Microsoft 牛尾 剛氏 @sandayuu
  23. 23. 幹部の説得
  24. 24. DevOps講義 Value Stream Map ▼ 組織のムダや課題を可視化
  25. 25. Ops(管理職)幹部
  26. 26. ▶ 大きなロット(要求/IDEA) ▶ 一括請負 要件
  27. 27. インフラ ▶ 年度予算&多重承認 ▶ 手動構築&手動台帳管理
  28. 28. 開発 ▶ 全件ウォータフォール ▶ 非効率なテスト(手動,画面HC)
  29. 29. デプロイ ▶ 手順書&画面HC信仰:統制 ▶ 手作業&目視&クロスチェック
  30. 30. これって10年前のままじゃ・・・
  31. 31. 8ヶ月 1週間 まじっすか?
  32. 32. 幹部の説得 2
  33. 33. ▶ 出典:「文化の壁をぶち壊せ!日本でも出来る本物の DevOps ジャーニー」MS牛尾氏資料より抜粋
  34. 34. ▶ 出典:「文化の壁をぶち壊せ!日本でも出来る本物の DevOps ジャーニー」MS牛尾氏資料より抜粋
  35. 35. ま ず は 例 外 扱 い ( 高 純 度 ) 現 行 プ ロ セ ス ( 重 厚 長 大 ) 大きなロット 一括請負 年度予算&多重承認 手動構築&手動台帳管理 全件ウォータフォール 非効率なテスト 手順書&画面HC信仰 手作業&目視&クロスチェック ロットの小型化 Azure/VSTS/IaC Agile/TDD/CI/CD 承認プロセス再考 Point
  36. 36. 技術的課題を 有識者(技術イケメン)と一緒に 一気に集中して(1週間缶詰)解決 ▼ 垂直立ち上げ
  37. 37. 32bit 4GB HDD 無 OS: メモリ: ディスク: ディスプレイ: とある技術サイト: とあるクラウドストレージ: とあるスライド共有サイト: とある動画共有サイト:× (要申請) × (要申請) × (要申請) ×(要申請)
  38. 38. マイクロソフトのDevOpsの 知見を活用した、オンプレの 本番環境を含めたパイプライン。 それまで使っていたOSSは (DockerやSpring Framework) 置き換えることなく移行完了。
  39. 39. 「がっとやる」 「先人の知恵」
  40. 40. 8m 8m VSVS ♥
  41. 41. いけるかも
  42. 42. 3章 修行期
  43. 43. 32bit 4GB HDD 無 64bit 16GB SSD 有 ▶ ▶ 禁止 除外▶
  44. 44. motivation-up.com
  45. 45. PO :不安 チーム:不安 成長には 時間が必要 ほんと小型案件でよかった
  46. 46. VSVS 8m 8m 1w ♥ ♥ Agile, シンプル,自動 Agile, シンプル,自動
  47. 47. 4章 本番期
  48. 48. 多 独自 ISMS HR WF 認証 権限 ログ
  49. 49. 気づき
  50. 50. Coach
  51. 51. 快適さ スゴさ
  52. 52. Devエンジニア Opsマネージャ
  53. 53. 1章 黎明期 2章 転換期 小さなシステムの 本番デプロイ MS牛尾氏による DevOps勉強会 幹部、関連部署を 巻き込みVSM作成、 ハックフェスト
  54. 54. https://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/book_data/search/9784621087862.html
  55. 55. 1章 黎明期 2章 転換期 小さな成功(2) ステップバイステップ(3) 著名人を招く (27) 外部のお墨付き (12) 経営層の支持者 (28) みんなを巻き込む (33) 小さなシステムの 本番デプロイ MS牛尾氏による DevOps勉強会 幹部、関連部署を 巻き込みVSM作成、 ハックフェスト
  56. 56. Product Owner / Manager
  57. 57. チーム成果 SH感覚
  58. 58. 過渡期はGAP有り
  59. 59. 出典:東京都 NIOSH職業性ストレスモデル ✔ ✔
  60. 60. 出典:東京都 NIOSH職業性ストレスモデル ✔ ✔
  61. 61. 解決すべき課題が難しいほど効果的 知見に知見 を重ね
  62. 62. © 2017 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

×