Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

丸の内アナリティクス 2016 10-28 「マーケティング×データサイエンスハッカソンを開催してみました」

489 views

Published on

2016年10月28日に開催された「丸の内アナリティクス バンビーノ」で発表した資料です。なお、社名、氏名は出していますが、基本的には個人の考えの表明です。

Published in: Marketing

丸の内アナリティクス 2016 10-28 「マーケティング×データサイエンスハッカソンを開催してみました」

  1. 1. マーケティング×データサイエンス ハッカソンを開催してみました 株式会社マクロミル デジタルマーケティング事業部 田中 健太 丸の内アナリティクス バンビーノ 2016-10-28
  2. 2. 自己紹介 田中健太(@data_sciesotist) 株式会社マクロミル デジタルマーケティング事業部  デジタル領域のデータ分析を担当  大学院で教育工学、障害者支援を研究(※中退)  2010年 メーカー系教育サービス企業に入社 ビッグデータ、データサイエンス系の研修を担当  2016年4月 マクロミル入社  データサイエンスやオープンソースソフトウェア系 のコミュニティで開発・発表など積極的に活動中  「競馬」×「データサイエンス」のイベントを 主催、人工知能で馬券を当てることを目指す © Macromill, Inc. 2
  3. 3. アイデアソン / ハッカソンの概要  アイデア(企画)やハック(開発)などイベントの主旨をあらわす語と、 マラソンを組み合わせた造語で、日本では2010年代に注目が高まった  マラソン(thon)の意味について明確な定義はないが、基本的には「同じ場所」 で、「泊まり込みなど短期間で」ゴールを目指す意味合いで使われることが多い ※ただし、同日に各地で・オンラインで、といった同時多発的なイベントも  OSSコミュニティでは、昔から「開発合宿」などの名目で同様のイベントが行わ れているが、それとはイベントの性質、参加者、雰囲気などが異なる © Macromill, Inc. 3 Idea Hack Hack:問題を(乱暴な、アドホックな) やり方でうまく解決すること (Mara)thon Ideathon Hackathon アイデアの実現
  4. 4. 「MarkeTech」ハッカソンを開催しました!  9/18(日)、19(祝)の 2日間、当社を会場に 「MarkeTech」ハッカソン を開催しました  コンセプトに MarkeTech を掲げ、マーケティング データに最新技術のエッ センスを加えることで、 マーケティングを変える ようなプロダクトを生む ことを目的にしました  ハックの材料として、 当社の「AccessMill」と 「MHS」のデータを “ほぼ丸ごと”提供しました © Macromill, Inc. 4 マクロミルハッカソン 調べると、もしかしたら MarTech / MadTech なのかもしれない...
  5. 5. 提供したデータ(サービス)の紹介 © Macromill, Inc. 5 http://www.macromill.com/landing/mhs.html http://www.macromill.com/landing/digital.html できたて 新ロゴです! 100万人のアクセスログを収集! PC / SDに対応し、 プロフィールと紐づけて調査ができます。(※アプリ計測は要相談) 2万人の消費行動を収集! アプリで費目、金額、店舗位置情報など を蓄積、データベースとして提供します。 MHSモニタの1年間の消費行動ログと それに紐づくWeb上の回遊ログを提供 MHS:1662万行、3.6GB AccessMill:2144万行、6.6GB
  6. 6. 当日の様子(1)  シルバーウィーク、別の大規模ハッカソンが開催中にも 関わらず、14名が参加(イベントページ上では22名だが...)  提供データの説明を行った後、アイデアソンからスタート  マーケターの「お作法」に拘らない自由な発想が続出 © Macromill, Inc. 6
  7. 7. 当日の様子(2)  方向性の似たアイデアを持った人どうしで4チームを結成  1日目の午後からは、ひたすらハック!ハック!ハック!  それぞれの得意分野(技術、デザイン、プロマネ)の スキルを発揮し、1日半でプロダクトを作ることを目指す © Macromill, Inc. 7
  8. 8. 当日の様子(3)  ハックの成果をプレゼンテーション  MHSデータと自社のGISサービスを活用し、「自分と似た 人」がどこで買い物したり、外食をしているかなどを地図上 に可視化するiPhoneアプリを開発したグループも © Macromill, Inc. 8
  9. 9. 当日の様子(4)  参加者とスタッフ全員で記念写真  転職早々から、「ハッカソンやりたいっす!」とワーワー 言っていたのが、やっと形になった  集客、提供データなど課題もあったが、次に活かしたい © Macromill, Inc. 9
  10. 10. まとめ  マクロミルが保有するマーケティングリサーチ データを提供し、ハッカソンを開催した  マーケターの「お作法」に拘らない、自由なデータ 活用のアイデアが、私達にも参考になった  connpass、Twitterでの告知が主だったが集客に課題  とりあえず全量データを提供したが、巨大すぎて 逆に扱い辛い様子だったビッグデータも良し悪し  AccessMillのサイト横断ログがあまり活用されな かったデータの価値についてのオリエンが重要 © Macromill, Inc. 10
  11. 11. おわりに © Macromill, Inc. 11 今回は、とりあえず マクロミルだけでやってみた いろんな会社のいろんなデータ をミックスすれば、もっと面白 いアイディアが出るんじゃ... いっしょにやりませんか!? 興味がある方はぜひ後でお声掛けください

×