Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

株式会社Imagineers' Guild 開発事例 2021/03

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 21 Ad

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to 株式会社Imagineers' Guild 開発事例 2021/03 (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

Advertisement

株式会社Imagineers' Guild 開発事例 2021/03

  1. 1. 株式会社Imagineers’ Guild 開発事例 as of 2021/03
  2. 2. ★ 代表者略歴
 ○ 株式会社Imagineers’ Guild 
 Chief Imagineering Officer
 ○ 1978年生まれ。慶應義塾大学SFC卒。
 ○ メーカーにて、通信機器、カラオケ再生装置、映像 投影装置、体験広告や、キャンペーン頒布用デバ イスなどの開発・製品化に従事。
 ○ 近年のリーンスタートアップをはじめとする、サービ ス駆動型の製品開発に惹かれ、ハッカソンやアイ デアソンの企画・運営業務に従事
 
 ○ 現在は、イマジニア(Imagineer = Imagination + Engineer)として、主にス タートアップや新規事業における、検証用プロトタイプや、製品開発・量 産(数個~15,000個程度)に従事
 ○ プライベートでは、リアルなマテリアルを組み合わせた作品を好んで制 作
 ○ 夢の国の技術を愛する浦安市民なトランスジェンダー女子(MtF)
 

  3. 3. ★ 得意とする業務範囲
 ○ 中国・深センのエコシステムを活用した上で日本の品質要求に対応した、 部品・部材手配 / 小ロットの量産立ち上げ
 ○ IoT等の電子デバイスにおける、プロトタイプ~量産設計/実行
 ○ サービス投入を前提としたIoTデバイス(ハードウェア)のプロトタイプ~開発
 ○ サービスや体験装置における、物理的な入出力デバイスの提案~プロトタ イプ~量産設計/実行
 ○ PoC等における実証装置の協同設計及び製造
 
 ★ 対応可能領域
 ○ アーキテクチャ設計
 ○ 電子回路設計
 ○ 組込ソフトウェア開発
 ○ サーバサイド プログラム開発
 ○ 簡易的な機構設計・制作

  4. 4. IoTデバイス スマートハレタ 企画提案のためのプロトタイプから携わり、デバイスの試作・設計・量産設計・工場と共同しての量産立上のデバイス製造に関するプロセスを担当。
 及び、クラウド/アプリを連携させる全体アーキテクチャの設計を担当
 
 【概要】ライオン衣料用洗剤史上初のIoTデバイス。商品をデバイスから持ち上げると、その日の天気に合わせたオススメの干し方を光と声でお知らせ。
 デバイスに商品を戻すと、残量を計測し、専用アプリに洗濯の豆知識が送信され、残量が少なくなるとつめかえタイミングを通知。
 プレゼントキャンペーンで募集したモニター1000名に無償配布。 https://youtu.be/La7g1KwA-rM
 ライオン株式会社
  5. 5. 調理ロボット 製品化支援 「調理をロボットで革新する」ことを目的とした、コネクテッドロボティクス株式会社にて、
 調理ロボットの開発における、プロトタイプ開発支援 / 製品・量産化アドイバイザリーを担当。
 
 【概要】
 ソフトクリームロボットの製品・量産化する上で必要となる作業やアドバイスや、必要な会社の紹介等の実施。
 料理の残量を監視し、必要に応じて調理開始指示を出す、「残量ウォッチャー」の、プロトタイプ開発統括。
 (コネクテッドロボティクス株式会社)
  6. 6. 拍手ロボット 製品化支援 どこでも拍手で盛り上げるロボット、クラッピーシリーズの時期モデルにおける、電子回路設計及び、製品・量産化アドイバイザリーを担当。
 
 
 
 (バイバイワールド株式会社)
  7. 7. クリエイターは、普段自分が創りたいものを創り、社会に発信しているが、その「創り」「社会に発信する」事を、他人の課題や社会課題を 解決するということに試みる取り組み。
 
 
 新価値創造活動(Creators' Hub)
  8. 8. 制帽装着型アイシールド 施設側との共創作業、機構部分の設計・試作・製造、現場での試験導入及びヒヤ リング等、製品化の為の一連の業務を担当。
 
 【概要】マスクのみでは眼からの感染を防ぐことができない一方で、現在流通しているフェイスシールドは、鉄道従事者にとって、日常の業務の妨げになることもある形状のた め、感染予防機能を果たしながら、業務の支障となる装着負荷の軽減を実現する「制帽装着型アイシールド」の開発を行った
 
 
 https://news.kotsu.co.jp/Search/20201022/f0898e9e-f4e0-464a-a84b-5afe9f86c3c4
  9. 9. 背負えるネオン “セオイネオン” ネオン管を点灯・制御の電気周り、及び、筐体を背負えるようにするための電気・機構部分を担当。及 び、町工場・クリエイター 両者間のコーディネートを担当
 
 【概要】LED表示機やテープLEDを身につけているクリエイターと、ネオンを使った新しい活用を模索して いるネオン工場をお繋ぎし、背負えるネオン”セオイネオン”を制作。
 
 https://twitter.com/1_design/status/1317748733778391043
  10. 10. 電動キックボード 国内適法化対応 中国・深センにあるメーカーの電動キックボードを、日本国内の法律に対応させる業務。適法化に必要な電装周りの改造、及び、ナンバープレートの番号灯フレームの設計・ 試作・小ロット量産。
 
 【概要】株式会社マイメリットが国内で展開準備中の統合型モビリティサービスの実証実験にて使用されている電動キックボード。
 海外製品を利用する為、日本国内で利用するためには日本国内の法律に即した改造が必要となる。その対応についての設計・試作・小ロット量産業務。
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000035120.html

  11. 11. もし壁 企画原案となる、手を乗せることで動作するバイタルセンサの発案及びプロトタイプを実施。
 もし壁に応用した際の全体アーキテクチャ設計、ハードウェア設計・製造を担当
 
 筐体内で行われる“相互壁ドン”によって、どれだけドキドキしたかを手のひらの脈拍・発汗・温度のセンシングによって測定し、お互いのドキドキが一定値を超えるこ とで、事前入力したメッセージが交換できるという仕組みの体験デバイス。 https://youtu.be/xr0w2khjQGY
 
 
 https://pfq.jp/works/moshikabe/
  12. 12. だるまオトす 伝統的な玩具を現代化するという基本アイデアの企画立案、システム全体アーキテクチャの設計、だるまが落下する機構や木槌型マイクの設計・製造
 
 誰もが知る日本の伝統的な玩具「だるま落とし」を、デジタルの力で全く新しいゲームへアップデート。従来の「叩いてオトす」フィジカル的体験から、「口説いてオトす」 というメンタル的体験へと変更することで、インタラクティブなコンテンツへと昇華。音声認識機能で体験者の様々な言葉を判別したり、距離センサーで体験者と筐体と の距離を感知したり、表情認識用カメラで対話中の表情を解析したりと、自然で自由度の高いコミュニケーション設計を目指した。 https://youtu.be/7SYLhpeOnwk 
 
 https://pfq.jp/works/daruma-otosu/ 

  13. 13. 音声制御での巻き網制御のプロトタイプ PCからの漁網システム(PLC)制御システムの設計及び実装、音 声認識フレームワークの構築及びつなぎ込みを担当 漁船に設置される設備メーカーでのプロトタイプ試作 音声の指示により魚網につながったロープの巻き上げや繰り出 しをするロボットウインチシステムのプロトタイプ
  14. 14. wordee: Fun & Educational Light Drawing Robot Toy 試作(電子,ファーム) 量産(電子回路,ファーム,組立設計,基板テスタ, テストプログラム(iOS), 委託先管理等) 
 クラウドファンディングの企画、実施、運営も担当 
 
 蓄光シートに、紫外線LEDの光でお絵かきするロボットおもちゃ 
 https://www.amazon.co.jp/d/dp/B071WTYC3G/
  15. 15. デリセンス システム全体設計及び実装、各デバイスの設計 と製造を担当 一流シェフの「デリさん」が光と振動を使って楽し く料理をガイドしてくれるデバイス。まな板がディ スプレーになっており、そこに必要な映像を表示 しながら、デリさんが声で調理の工程を教えてく れる。まな板の放火にも震動で適量を教えてくれ るソース等がある 玉ねぎのみじん切りが必要だけどユーザーが分 からないと言えば、クックパッドの「料理の基本」 をディスプレーに表示するなどガイドしてくれる。 https://www.intothefabric.org/blog20180909/
  16. 16. メイクを快適にするスマートミラー スマートミラー自体の設計及び製造、画像認識システムの設計及び開発を担当 メイクの進捗具合を画像認識で判定し、その日のスケジュールを提示しながら、 メイクにどれくらい時間をかけて良いかを提示し、メイクの時間を快適にするスマートミラー。
  17. 17. ままデジ - IoTおままごとツール アイデア原案、ハードウェア・ファームウェア設計/制作、作品ディレクション 光ったり震えたりして、料理をしている感を体感できるIoTおままごと。 焼きすぎ等もアプリから教えてくれる https://markezine.jp/article/detail/24591 https://youtu.be/gafoKKyWSZ0

  18. 18. ボールを投げてインクをぶちまけ! センサ(ボール位置・衝突検出 ハードウェア/ソフトウェア) 物理的にボールを投げるのが楽しく、当たったところからインクがはじけるインタラクション https://youtu.be/ArvOxFnAUqI
  19. 19. デジタル仏壇『色即是空』 アイデア原案、線香挿入センサ 電子設計・ファーム実装、プロジェクション機構 ソーシャル時代の人の弔い方の提案。リアルな家を知らなくても弔うことができる http://blog.sideriver.com/flick/2016/02/

  20. 20. コミュニティ活動 「電子工作x?の会」とは作りたいものがある人が、作れるようになる為の、いわゆるもくもく会。この会を主催 しています。 参加者それぞれが作れるものの知識を共有し、主催者は、電子工作領域を中心としたものづくり全般のナレッ ジを参加者にシェアしています。 ものづくりができる人を増やす他、「課題があるが解決できない人」が少しでも減って、よりよいサービスが世 の中に出てくるお手伝いをしたいと思っています。 https://electronic.connpass.com/
  21. 21. お問い合わせ先 query@imagineers-guild.biz https://www.facebook.com/dan.imagineer

×